引き寄せの法則の原理に関する科学的考察 - 貴方を幸福にするFXブログ

引き寄せの法則の原理に関する科学的考察

万引きで殺される
因果応報とはいえ、これは酷い。

前々から言っていますが、世間一般に伝わる「引き寄せの法則」は完全に間違っています。
きちんと原理を理解しない人が上辺だけをなぞって、あたかも自己実現の万能ツールのように使っています。

法則とは自然現象において必ず成り立つ真理を示すものであり、おまじないやテクニックではありません。
引き寄せの法則も法則である以上、確実に成立する概念なわけです。

引き寄せの原理は方法論ばかりが先行して、なぜそれが成り立つのか論理的に記述された書籍やサイトが一切存在しません。
(少なくとも私は知らない)
かのエイブラハムやバシャールでさえ、科学的な根拠を提示してはくれません。
原理もわからず、なぜ多くの人々がそれを信じるのかはなはだ疑問です。

引き寄せを語るのなら、その理屈をきちんと説明できなくてはならない。
そこで引き寄せの法則がどういった法則であるのか、科学的な見地から説明させて頂きたいと思います。

※あくまでエセ賢者が少ない脳味噌で考えたトンデモ理論です

☆法則とは真理の一部

引き寄せがどうこうの前に、「法則とは何か」について説明しましょう。
この世界は曖昧な空想の産物ではなく、きちんとしたルールに基づいて運営されています。
急に物体が転移したり、生身の人間が空を飛び回ったりといったおかしな現象は決して起こらないわけです。

世界を成り立たせているルールを真理と呼びますが、単一の視点しか持たない上にルールの内部しか見ることのできない人間は、その全貌を見通すことができません。

故に自身の視認できる範囲で微小な実験を繰り返し、理解できる部分だけを法則として記述するしかないのです。
かつてリンゴが落ちるのを見て、万有引力の法則を発見したニュートンのように。

我々人類は様々な実験を繰り返して真理の一部を解きほぐし、法則という形にしました。

・質量保存の法則
・エネルギー保存の法則
・運動量保存の法則
・角運動量保存の法則
・電荷の保存則
・慣性の法則
・引き寄せの法則


上記は中学生でも知っている基本法則に引き寄せの法則を加えたものですが、作為的に特定の法則を抽出しているのにお気付きでしょうか?

そう、これらは全て保存則に関する法則なのです。

保存則とは、一定の系において外から力が加えられないとき、その系の量の総和は変化しない、という法則です。
言い換えれば、
「万物は外部からエネルギーを加えなければ、永遠にその状態を保持する」
ということでもあります。

80キロの体重が、いきなり60キロになることはありません。
冷たい水が、勝手にお湯になることはありません。
惑星が衝突でもしない限り、地球が突然止まることはありません。
道具を使わなければ、手の平から火の玉や電撃が出ることはありません。

この世界はエネルギーの保存に対して非常に厳格であり、理由なしに変化が起こることは決してないのです。

また、変化が起こる場合も、その変化は連続的になります。
ダイエットは少しずつ体重を減らしていくことになり、お湯を沸かすときも少しずつ温度が上がっていきます。
過去と現在と未来は、必ず地続きになっているのです。

この保存性・連続性こそが多くの自然則の基本であり、真理の核であることは疑いようがありません。

☆引き寄せの法則は保存則

これまで無駄に連続性の話をしてきましたが、それが引き寄せの法則と何の関係があるのか疑問に思っておられるかと思います。
実際エセ賢者も自分で気付くまではチンプンカンプンでしたし。

引き寄せの法則では、
「悪いことを考えれば悪いことが起こり、良いことを考えれば良いことが起きる」
とよく言いますが、これは慣性の法則の、
「静止している物体は静止状態を続け、運動している物体は等速直線運動を続ける」
という概念と非常によく似ていないでしょうか?

実は保存則の通りに感情の波動を分析すると、全く同じ結論が得られます。
広義において引き寄せの法則は、保存則の一つと言えるのです。

以前お話しましたが、私達人間の正体はエネルギーです。
そして、思考もエネルギーであり、感情は波動に相当します。

喜びの波動は、高い周波数、つまり大きなエネルギー。
不満の波動は、低い周波数、つまり小さなエネルギー。

エネルギー保存則によりエネルギーは保存され、慣性の法則により物理的状態は維持されます。
これを精神波動に置き換えると、どうなるでしょうか?

喜びの波動を持っている人はその状態を維持されるわけだから、ずっと喜んだ状態を続ける。
不満の波動をもっている人はその状態を維持されるわけだから、ずっと不満な状態を続ける。

幸せな人はずっと幸せで、不幸な人はずっと不幸。
とても簡単な結論に辿りつくわけです。

引き寄せの法則で述べられている
「良き想いは良き結果をもたらす」
というのは、こういうことではないでしょうか?

笑う猫

潜在意識が汚れれば、汚れた状態が維持されるため、悪い結果がもたらされる。
逆に潜在意識が浄化されれば、綺麗な状態が維持されるため、良い結果にもたらされる。

何一つ引き寄せてはいません。
ただ、そのままの状態が維持されているだけのことです。

当然外からの影響や化学反応によりエネルギー状態は変化し、時間とともに波動も変わります。
しかし、以前のエネルギー状態が完全に無視されるわけではありません。

高温の物体は、10分後も高温である可能性が高いでしょう。
低温の物体は、10分後も低温である可能生が高いでしょう。

現在の良くなれば、自然と未来の期待値は高くなります。
あくまで連続性の観点から、現在と未来は近い状態で結ばれやすいということに過ぎませんが。

この説の課題点は、「感情と現象がなぜ結びつくのか?」ということ。
いくら感情が維持される方向に進むとしても、現実まで影響される理屈があるのかどうか。
精神波動が向上することによって結果が変わるメカニズムについて、明確な回答はありません。

物事の受け取り方が変わったから、プラスになったと思い込んでいるのかもしれない。
行動の変化が、結果に結びついているのかもしれない。
波動に応じて、適切なパラレルワールドに転移しているのかもしれない。

けれど、いずれにしたって結果は同じでしょう。
現在の貴方と連続した形で、未来の貴方が作られるのだから。

未来を変えたいと思うなら、現在を変えるしかありません。
幸せな未来を掴みたいと思うなら、今すぐ幸せになるしかないのですよ。

☆「幸せになるために幸せになる」

幸せになりたければ、幸せになるしかない。

なんと逆説的な理論でしょうか。
しかしながら真理に背いているようで、実際には真理を付いていたりするのかも。

結果と手段を混同しているようにも見えるかもしれない。
この意味不明な理論のせいで、一体どれだけの人々が引き寄せを断念したことか。

一般にはまるで通用しない話ですが、ここまで読んでくれた貴方は既にこの意味を理解しているでしょう。

・現実の幸福を手に入れるためには、まず貴方の心が幸福を受け入れなくてはならない
・貴方が幸福になれば、世界の保存則・連続性がそれを維持してくれる


ということです。

憎んでいれば、憎み続けます。
悲しんでいれば、悲しみ続けます。
笑っていれば、笑い続けます。
愛していれば、愛し続けます。

世界は何一つ否定しません。
何も引き寄せません。

ただ今の貴方を肯定するだけなのです。

笑顔の鹿
笑いたければ笑いましょう。
感謝したければ感謝しましょう。
宇宙は決して貴方を裏切りません。

参考記事:感情の周波数
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/591-d843f039