悪いことから目を反らすのは現実逃避? - 貴方を幸福にするFXブログ

悪いことから目を反らすのは現実逃避?

異物混入ドナルド
認めたくない気持ちはわかるが、今更それは通じない。

引き寄せの法則には、
「悪いことに焦点を当てず、良いことに焦点を当てなさい」
といった話がよく出てきます。

悪い出来事に集中していれば、悪い出来事を引き寄せてしまう。
だから綺麗さっぱり忘れて、気分転換することが勧められます。

しかし、一方で、
「それは現実逃避でしかない。現実と向き合うべき」
という考え方もあります。
さて、どちらが正しいのでしょうか?

猫賢者としては、どっちも正しくないと思います。

例えば相場で大損して、口座残高が激減したとしましょう。
貴方は真っ赤になった口座を怖くて見れないわけですが、貴方にとっての問題とは何でしょうか?

資金が少なくなったことでしょうか?
投機に負けたという事実でしょうか?

そうではありません。
既に起こった事実は変えられないし、貴方にできることは既にないからです。

過去を振り返っても、時間の無駄遣い。
だから「悪いこと(過去)」に焦点を当てるのは止めて、「(現在の)良いこと」に焦点を当てる必要があるのです。
悲劇から目を背けるのではなく、「過ぎ去った失敗は水に流して、より良い未来を作ろう」ということなのです。

そしてもう一つ、目を背けてはいけないものがあります。
それは、「悪いことが起こったとき、それに囚われてしまう弱い心」です

どんな事物も、それ自体に善悪はありません。

借金や事故、戦争や死別といった悲劇と見なされる出来事は確かにあります。
しかし、それをどう捉えるのかは自分次第です。

マイナスとされる出来事があったからといってそれで苦しむ必要はなく、いつまでも囚われ続ける必要もありません。

大損した口座を見れないのも、
将来が不安で決断できないのも、
振られるのが怖くて告白できないのも、
全て貴方の心が原因であって、現実の環境や出来事に起因するわけではありません。

向き合わなくてはならないのは悲劇そのものではなく、それに耐えられない精神の脆弱性。
些細なことに怒ったり、恐れたりする弱さを自身の欠点と認識して、乗り越えなければならないのです。

長い人生では、良いことも悪いこともあります。

悪いことに焦点を当てて、悲劇のヒーローを気取るのは止めましょう。
悪い出来事から無理に目を背けて、現実逃避するのも止めましょう。

焦点を当てるべきは現実ではなく、その現実を苦しみに変えてしまう自分自身です。
それを乗り越えて、また一つ成長してください。

きちんと決着が付きさえすれば、過去の過失に囚われることはありません。
全てを受け入れて乗り越えれば、自然と建設的な方向に目が向いて、好循環が始まるでしょう。

無理に現実を変えなくていい。
かといって、現実逃避する必要もありません。

貴方がきちんと成長してくれれば、それで十分なのです。

世界を変える
貴方が生まれてから、世界はずいぶん変わりました。
それはきっと、貴方が変わっていったからです。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

様々な情報をリサーチした上で、事細かい説明分もあり、とてもわかりやすくブログを更新しているので、
これからもためになる情報を配信していって下さい。
楽しみにしています。
TJサポートデスク 三島

2015-03-24 10:41 | from 「1日1記事たったの5分! 年間300億円を動かすプロ投資家が教え

世の理、本質を提起していて面白いです。
これからも楽しみにしてます

2015-03-24 12:25 | from まだ3年目 | Edit

Re: No title

> 様々な情報をリサーチした上で、事細かい説明分もあり、とてもわかりやすくブログを更新しているので、
> これからもためになる情報を配信していって下さい。
> 楽しみにしています。
> TJサポートデスク 三島

ありがとうございます。
これからも有益な情報を提供していきたいと思います。

2015-03-24 18:33 | from 幸福賢者

Re: タイトルなし

> 世の理、本質を提起していて面白いです。
> これからも楽しみにしてます

理や本質に意味があるわけではありません。
それを知り、実践することに意味があるのです。
不肖の身ですが、一緒に学んでいきましょう。

2015-03-24 18:35 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/634-6ead90db