会社が利益を上げる方法はたったの二つしかない - 貴方を幸福にするFXブログ

会社が利益を上げる方法はたったの二つしかない

最新式エレベータ
実にエコでローコストなエレベータですね。

世界には何万という会社が事業を行っていますが、利益を上げる方法はたったの二つしかありません。
顧客から搾取するか、従業員から搾取するか、の二つだけです。
政府の補助金や民間の寄付金から搾取する場合もありますが、顧客からの場合とほぼ同じなので無視します。

大抵の会社はどちらも行っていますが、近年になって後者の比率が著しく高くなってきている気がします。
鉱山や工場など劣悪な環境下で労働を強いられたかつての時代より、現代の資本主義社会のほうが搾取割合は高くなっているような気がします。

従業員から富を搾取する企業をブラック企業と言い、ブラック企業には以下のような特徴があります。

・低賃金
・長時間労働
・派遣社員などの保障されない雇用形態
・理不尽な叱責、罵倒
・過大なノルマ


ブラックな会社では、あの手この手で経費を削り、利益を拡大させることが正義となっています。
企業の本来の目的である売り上げ拡大よりも、経費削減に躍起になっていることも珍しくありません。

しかし、一番過酷なのが「社員に経営者意識を持たせる」という馬鹿げた考えです。
このような思想がまかり通っている企業こそ、最もブラックな会社と言えるでしょう。


就業形態が自由化し、様々な形で報酬が受け取れるようになった現代社会において、本当にできる人間は非効率極まりない会社などという組織には帰属しません。
個人でやっていけるだけのスキルもなく、経営者として人を指導する器もないから、サラリーマンに甘んじているわけです。
それに「経営者としての自覚と責任を持て」とは、完全に矛盾しています。

被雇用者は、経営者を選択しなかったから被雇用者なのです。
会社に勤めて他人の指示に従っている時点で、経営者としての意識などありません。
働き蜂には働き蜂の役割があり、そこに女王蜂の役割を押し付けるのは無理難題以外の何物でもありません。

それでも社員に経営者意識を持つべきと言うのなら
・会社の経営情報をすべて社員に開示し、
・経営者と同等の権限を与え、
・事業の成功度合いに報じた報酬体系にする

くらいのことはしなくてはいけません。

情報も権限も報酬もなしに、一体何をしろと言うのか?
いたずらに経営者意識を要求する企業は多くありますが、それに見合う対応をしている企業は皆無かと思われます。

従業員の多くは、会社の財務状況を知りません。
どこの銀行からいくら借り入れているのかを知りません。
他の社員の給料がいくらかを知りません。
自社の製品やサービスがどういったものなのか知りません。

経営者が教えないからです。

何も知らず、
何の権限も持たず、
いくら頑張っても給料が上がらない。

これで、経営者意識を持てというほうがおかしい。
せめて大事な情報は共有して、権限と給与体系を見直してからこういった話をするべきではないでしょうか?

雇用者と被雇用者という役割分担を破棄し、一方的に被雇用者に雇用者の職務を押し付ける。
これこそが最も非道な搾取構造であると、ニート賢者は思っています。

まったく、ニートの私がなぜ会社などの言いなりにならねばならんのか?
毎日会社に行く度に、いつもそう思ってます。

ニート軍

本来企業というのは多数の人間で分業して製品・サービスの提供を行い、顧客から対価を頂くための組織です。
それぞれのメンバーは別々の役割をこなし、成果は全員で分配するものです。

しかし、機械技術の向上とグローバル化に伴う生産性の著しい向上で労働力は代替可能になり、経営者は顧客よりも社員から搾取するほうが容易いという事実に気付いてしまいました。
これこそが、我々労働者にとって最大の不幸だったのかもしれません。

改善と言う名の横暴で社員からの搾取し、賃金は固定化して会社の利益だけを伸ばす。
会社の備品を社員の自腹で購入させる。
コンパや各種行事を名目に資金を徴収し、地域企業へ賄賂を流す。
さらには経営責任を社員に押し付け、自身の職務を放棄する始末。

こんな経営者が跋扈する社会は、やはり歪んでいるのでしょう。

21世紀は、人々を強制的に事業主に仕立て上げる時代です。
貴方が望むもうと望むまいと、経営者としての自覚と行動を求められます。
それは会社に帰属する者だけでなく、個人で確定申告を行うフリーターも同様です。

どこへ行っても、何の仕事をしても、経営者としての判断と独創的な改善案を求められます。
どんなに頭が悪くても、自分で考えて、最高の成果を出すことを求められます。
気楽なロボットのままではいられないのです。

貴方もいずれ無責任な責任者に、リーダーとしての振る舞いを求められるでしょう。
もしかしたら、既に要求されているかもしれませんね。

自己責任を人民に押し付けることが最も効率的な搾取構造であると、この国の政府が、いや資本主義社会そのものが気付いた以上、それは避けられないことなのです。

不条理な話ではありますが、求められるなら応えるしかありません。
無理を為してでも、全力を尽くしてやり遂げるしかありません。

できることなら、何の権限も持たない形だけの責任者ではなく、全体の利益を考える良き経営者であってください。
身内から搾取するのではなく、顧客から富を集め、仲間内で分配できる経営者であってください。

どんな大義名分があっても、身内を食い物にしてはいけないのです。

ニート株式会社
全員が取締役なら、一方的な搾取は起こるまい。
それで経営が上手く行くとも思えないけど・・・
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/644-7b14493d