未来はわからないが、将来の人口を知ることはできる - 貴方を幸福にするFXブログ

未来はわからないが、将来の人口を知ることはできる

今何が必要か
とりあえず髪をくれ。

FXやCFD、株式先物は、将来の経済動向を先読みするゲームです。
将来衰退しそうな国家、企業、商品を売り、値上がりが予想されるものを買えばよい。

しかしながら、どの国・企業・商品が値上がりするか読み解くのは難しく、なかなか的中できるものではありません。
2年前に日経平均2万円、原油40ドルを予想していた人は億万長者でしょうが、そんな人いないでしょ。
ノストラダムスが生きていれば話は別ですが・・・

地震予測が良い例ですが、大抵の未来予測は当てになりません。
経済アナリストの言うことも、ほとんどデタラメです。

しかし、マクロ視点で見るとほぼ確実に当たる予測があります。
それが将来の人口分布を示す『人口推計』です。

日本の人口ピラミッド

上の図は日本の人口ピラミッドです。
昭和46年~49年の第二次ベビーブームが終焉して以来、ずっと子供が減り続けているのが読み取れますね。
この間殆どの政権を握っていた自民党がいかに少子化政策を推進していたのかよくわかります。
これだけ出生率が低下してもなお熱心に『女性の社会進出』を掲げる姿勢には、ホント頭が下がります。

日本を奴隷にする安倍
女性SHINE!

人口ピラミッドは時間の経過に従って確実に上に動いていきますので、最下層以外の部分はほぼ確実に予測することができます。
数千万人の移民や天変地異による膨大な人口減少があれば話は別ですが、まずないので大丈夫。

人口推計

我が大日本帝国の総人口は、今後長期の人口減少過程に入り、2026年に人口1億2,000万人を下回るものと予測されています。
その後も減少を続け、2048年には1億人を割って9,913万人となり、2060年には8,674万人になると推計されています。
もちろん少子高齢化も進み、人口の半分以上が60歳以上の高齢者になります。

「高齢化を止めるには高齢者の定義を変更して、100歳以上を高齢者にすればいい」
なんてジョークもありますが、存外笑えない話です。

ちなみに、どんなに年齢を引き上げようが、エセ賢者が高齢者であるという事実は変わりません。

人口が減り、生産年齢が占める割合が減れば、自然と国家の経済力も弱体化します。
現在かろうじて世界3位をキープしているGDPも、次第に転落していくのは間違いありません。
少なくとも、少子化を推進する与党が居座る限りは。

株式と人口の明確な相関データは存在しませんが、一般的には人口ボーナスにより消費が活発化し、株価や物価が上昇する傾向にあると言われています。
大雑把な概念ではありますが、日本のように『高齢化が進む国』より『これから若者が増えていく国』に投資するのが無難でしょう。

これまでめざましい経済成長を遂げてきた中国、韓国、香港、シンガポールはこの2015年に人口ボーナスが終了するそうです。
これからは緩やかな成長に切り替わって、日本の後を追うのでしょうか。

ベトナム、マレーシアは2020年頃、
インドネシアは2030年頃、
インドは2035年頃、
それぞれ人口ボーナスが終了するので、それまでは投資の妙味があるかもしれません。

将来の細かな出来事は予測できませんが、人口動態は嘘を付きません。
抜本的な改革を取らない限り日本は緩やかに衰退し、出生率の高い国は繁栄の道を進むでしょう。

長期投資をお考えの方は、そんな事情にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

人口推移
高齢化なんて恐れるには及ばない。
高齢者の下限を200歳にすれば、全て解決するさ!
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

別に少子化自体が悪いわけじゃないんだろうけど、お金使って経済回さないと…ってことなんでしょうね。少子化対策で3人産んでくれって産婦人科の先生に言われたけど、2人でも大変ですよ~、お金かかりすぎて。そこの心配なければ、あと2人くらい産み育ててみたいです。

2015-04-09 19:56 | from チョビ | Edit

Re: タイトルなし

> 別に少子化自体が悪いわけじゃないんだろうけど、お金使って経済回さないと…ってことなんでしょうね。少子化対策で3人産んでくれって産婦人科の先生に言われたけど、2人でも大変ですよ~、お金かかりすぎて。そこの心配なければ、あと2人くらい産み育ててみたいです。

頑張ってますね。
昔の女性は5人くらい普通に生んでましたから、たいしたものだと思います。
世の中が便利になって家事も簡単になったのに、育児の大変さが変わらないのは
なぜでしょうか?

2015-04-09 22:04 | from 幸福賢者

No title

これを見る限り、日本の閉塞感は根本的な所にあるんでしょうね。

高齢者の増加と若者の減少で若者に金が回らず、若い人材が冷遇されてしまいます。数の力で言えば当然ですが。


特に年功序列や儒教の影響が強い日本では、この人口をただす抜本的な改革も難しい。

少子化の病巣は、ただ子供が減少しているってだけではなくて、おそらくは社会全体の老化とそれに伴う閉塞感と保守化なのかもしれません。実際今の日本は、まさに「老人」そのものですし。

現時点でこれなのですから、近い将来平均年齢が50歳を超えた頃はいったいどんな状態になっているのか…恐ろしいです。

若い人はとにかく、スキルを身に着けて世界のどこでも生きていける気概と能力を持つ必要があるでしょうね。否応なしにそうなるかもしれませんが。

2015-04-11 15:23 | from 通りすがり

Re: No title

> これを見る限り、日本の閉塞感は根本的な所にあるんでしょうね。
>
> 高齢者の増加と若者の減少で若者に金が回らず、若い人材が冷遇されてしまいます。数の力で言えば当然ですが。

有権者の大半が高齢者で為政者がほぼ全て高齢者なので、
若者に勝ち目はありません。

> 特に年功序列や儒教の影響が強い日本では、この人口をただす抜本的な改革も難しい。
>
> 少子化の病巣は、ただ子供が減少しているってだけではなくて、おそらくは社会全体の老化とそれに伴う閉塞感と保守化なのかもしれません。実際今の日本は、まさに「老人」そのものですし。
>
> 現時点でこれなのですから、近い将来平均年齢が50歳を超えた頃はいったいどんな状態になっているのか…恐ろしいです。
>
> 若い人はとにかく、スキルを身に着けて世界のどこでも生きていける気概と能力を持つ必要があるでしょうね。否応なしにそうなるかもしれませんが。

もう既にそうなっています。
いつの時代も、その環境に適応できた者だけが生き残ります。
それが自然の摂理。

2015-04-11 23:13 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/651-5996ed59