商品の原価率と家計が苦しい時の対処法 - 貴方を幸福にするFXブログ

商品の原価率と家計が苦しい時の対処法

いきいき鶏牛肉焼肉用
今月は苦しいので、牛肉は諦めて鶏肉にしようと思う。

☆商品の原価と原価率一覧
・ラーメンの麺:原価40円 20%
・焼肉食べ放題一人分:原価500円 50%
・ファミレスのハンバーグ:原価30円 10%
・焼き鳥1本:原価30円 30%
・牛丼:原価100円 30%
・かけそば一:原価120円 50%
・ハンバーガー:原価70円 40%
・ポテト:原価15円 8%
・ショートケーキ:原価20円 10%
・コーヒー1杯:原価40円10%
・紅茶1杯:原価15円 5%
・牛乳1リットル:原価13円 7%
・コーラ1缶:原価5円 5%
・ジュース1缶: 原価5円 5%
・ミネラルウォーター(500ml):原価60円 50%
・缶ビール:原価70円 30%
・たばこ一箱:原価80円:20%
・ライター:原価13円 13%
・音楽CD:原価30円 原価率?
・歯ブラシ:原価1円 1%
・ビニール傘: 原価10円 10%
・スーツ:原価3000円 10%


上記は商品の大体の原価と原価率をまとめたものです。
エセ賢者が大雑把に計算しただけなので、かなり適当です。

こうして見ると、どの商品も原価はかなり安いことがわかりますね。
基本的にどの商品も原価率は50%以下。
直販の倍以上の価格で小売されています。

ミネラルウォーターが若干高めなのに驚きますが、他の飲料はどれもかなり割高。
いかにぼったくられているかわかります。

一般に飲食店の原価率は30%程度と言われています。
業界によってばらつきはありますが、だいたいそんなものでしょう。

原価を30%とすると、残りの70%はどこに消えているのか?

それは、

・人件費
・輸送費
・場所代
・税金(消費税、関税、たばこ税など)
・ロイヤリティ(特許、著作権)

といった間接費になります。
物自体は極めて安いけれど、人を通して流通・加工・販売することにより、通常の3倍の価格に膨れ上がっているわけです。

貴方もスーパーに行って買い物をする際、商品が高いと感じることがあるでしょう。
その際は、約70%は原価ではなく、後から付加されて価格だということをちょっと思い出してみてください。

アイスクリームが高い
何が加算されているの?

主婦が生活費に困って、その原因がビジネスの失敗や借金にないとすれば、この間接費が大きなネックになっているはずです。
食品の値段が従来の30%で済むのなら、毎日家計簿とにらめっこして欝になる必要はないでしょう。

多くの場合、家計が苦しい原因は収入の不足ではなく、節約スキルの欠如にあります。
手間を惜しんでコンビニで済ませたり、頻繁な外食で間接比を引き上げているために、生活費が足りなくなるのです。

生の鶏肉と竜田揚げでは、後者のほうが高い。
玄米と無洗米では、後者のほうが高い。
マクドナルドのポテトと業務用スーパーのポテトでは、後者のほうが高い。

手間をかけた分だけコストを上乗せしているのだから、当たり前です。

一番高い餃子
無駄遣いにも程がある。

極端な話、もしも貴方が、
森で野草を集め、
自分で作物を栽培し、
徒歩で運んで、
自身で調理したなら、
食費は完全にゼロになるはず。

そうでなくても、
より安く販売している店を知り、
最低限の調理スキルを身につけ、
僅かな手間を惜しまなければ、
生活費は必ず減らせるということを覚えておいてください。

コストというのは知識と工夫によって、いくらでも削減できるものなのです。
安倍政権が推進する消費税だけはどうにもなりませんが。

無論それは家賃や医療費の場合も同じで、工夫するかどうかで大きな差が出ます。
エンゲル指数がどうこう言う前に、健康的な生活を心掛けるべき人は実に多い。

ただし、時間や手間をお金で買うというのなら、わざと上乗せコストを払うのもアリです。
コストを下げたい人はできるだけ自分で賄い、手間をかけたくない人は割高でも完成品を買う。
そうやって、世の中は上手く回っています。

出費の70%は常に不要なもので出来ています。
どんなに収入が低くても、知恵と工夫があれば生活に困ることはありません。

家計が火の車に陥って頭を抱えた時は、それを思い出してください。

焼き鳥弁当豚肉詐欺
家計のことを考えると、少々の妥協が必要になることもある。


関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

。。。確かに、食品の値段が従来より値上がりしてきてますねぇ~。。。いくら緩和政策作っても、追いつかずぅ~。。。いずれは
消費税10%になる時、庶民がほえるでしょ~う。。。

2015-04-19 21:59 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

No title

たとえば、野田さんの時の25万の給料と今の安部さんの25万の給料の価値がちがいます。たとえ28万になったとしても、消費税が上がるとぉ。。。あるいみぃ~野田さん時代の22万ぐらいになりますわなぁ~。。。

2015-04-19 22:07 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

Re: No title

> たとえば、野田さんの時の25万の給料と今の安部さんの25万の給料の価値がちがいます。たとえ28万になったとしても、消費税が上がるとぉ。。。あるいみぃ~野田さん時代の22万ぐらいになりますわなぁ~。。。

消費税が上がる度に数字の倍以上コストアップしています。
いくら節約しても、その分はどうにもなりません。

2015-04-19 22:51 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/661-c456f7a6