増え続けるFX取引高とトレーダーの行方 - 貴方を幸福にするFXブログ

増え続けるFX取引高とトレーダーの行方

ヒヨコに乗られる猫
いつの間にか大変なことになっていた。

アベノミクス円安の影響で2012年以降、店頭FXの取引高は急激に増加しました。
2012年⇒2013年で倍以上に増加し、2015年現在も国家予算を遥かに凌ぐ額の取引が行われています。

店頭FXの取引高とドル円の推移

世界で最もFXをしている民族は、間違いなく日本人。
世界トップ3の全てを日本のFX会社が独占しています。

FXなんてゴミみたいな金融商品の何が良いのでしょうかね、まったく。
エセ賢者は経済人としてもブロガーとしても、FXの記事だけは書くまいと心に決めています。

なに?
ここは何のブログだって?

「猫を猫にする猫ブログ」
に決まっているでしょう。
言わせんなよ、恥ずかしい。

ギャグで言っているのか


さて、日本国内にFX業者は約60社ありますが、その顧客数は相当な差があります。
トップ2のGMOクリック証券とDMM証券が覇権を争う一方、下位の業者はろくな利用者がいません。
この差は一体どこから来るのでしょうかね?

FX取引高推移

エセ賢者は上位のほぼ全ての業者は使ったことがありますが、どこもそれほど大きな差がないと思っています。
確かにGMOやDMMのスプレッドは狭いが、それならSBIのほうが勝っている。
銘柄数にしてもGMOやDMMはそれほど良いほうではなく、IGマーケッツやサクソバンク、ヒロセには到底及ばない。
上位の殆どはDD業者で、NDDはまるで上位に来ない。

やはりこの差を生んでいる最も大きな要因は、『知名度』『宣伝』なのだと思います。

広告の多い業者ほど利用者が増え、クチコミと大勢が使っている安心感でさらに顧客が増える。
他社の尻馬に乗りたがる日本人の特性がはっきり出てた結果でしょう。

皆が使っている有名業者を使いたい方は、

GMOクリック証券

DMM.com証券

【YJFX!】
ヒロセ通商株式会社


あたりから好きな業者を選べばいいでしょう。
流石に利用者が多い業者にハズレはありません。

個人的にはスプレッド最小で指値有利滑りのあるか、
証拠金が極めて安い海外業者を進めますけどね。

いずれにしても、たいした違いではありません。
いくつか口座開設してみて、使いやすい業者を選べばいいでしょう。

どうせどの業者を選んだとしても、破産する奴は破産するのだから。
業者や通貨ペアを選ぶ前に、自身の手法と資金管理に細心の注意を払って欲しいとつくづく思います。

年々為替取引が活発になり、より多くの新人トレーダーが参入しています。
2015年も4月になって、フレッシュな新人が入ってきたことでしょう。

果たして、彼等の中の何割が成功し、何割が挫折を味わうのか?
FXを始めたことを後悔するのか、それとも大成して富と名誉を手にするのか?

とうに挫折を味わった落伍者としては、複雑な心境です。

キーボードを打つ猫
今や猫も杓子もFXをする時代。
手軽だからといって、誰でも成功するわけではないのだけれど。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/664-ae6b44c4