大人と子供に境界線はない - 貴方を幸福にするFXブログ

大人と子供に境界線はない

大人とは
大人になるって大変だ。

レストランではお子様ランチに旗を立て、小学生から「もっと大人になれよ」と言われるエセ賢者ですが、世間的にはもうとっくに成人を超えている年齢です。
精神年齢は3歳児並みでも、溢れる加齢臭はどうにもならないのです。

とはいえ、エセ賢者自身に大人になった自覚は全くなく、今日も変わらずポケモンと妖怪ウォッチに精を出す日々を送っています。
脳の成長が幼稚園から止まっているのかもしれません。

どうすれば大人になれるのか?

それが長年の疑問でした。

大人の定義は人によってかなり違っていて、
単に成人年齢(18歳ないし20歳)に達していればいいと考える人もいれば、
社会的な義務(勤労、納税、子供の教育)を果たしている者、
あるいは全ての責任を自分で取る自覚のある人など、
色々な考え方があります。

いずれにしても、エセ賢者は大人にはなれませんね。
精神年齢3歳で、責任感皆無のニートですから。

ニートバカ

世の中には、本当にどうしようもない大人がいます。
お酒を飲んで家族に暴力を振るう父親、
ギャンブルで資金を全て溶かして破産する人、
金儲けのことしか考えない詐欺師、
猫のことしか頭にない似非賢者など、
救いようのない人がいっぱいいます。

酒もタバコも、株もFXも、風俗も賭け事も、成人にしか認められない行為だというのに、そういうのにのめりこんだ人は、世間から認められる大人から最も遠い。
実に矛盾した話ではありませんか。

そんなどうしようもない大人を見続けて、自分もそんなダメ人間になって気付いたことは、子供も大人も全く変わらないということです。

確かに小学生と中年サラリーマンでは、色々差異があるでしょう。
身長も体重も違うし、知識と経験も差がある。
扶養される側と、自分で稼ぐ者としての違いもある。

けれど、それがどれだけの違いだというのでしょうか?

私達は一人一人違っていて、体が大きい人もいれば、小さい人もいます。
頭の悪い人もいれば、とても賢い人もいます。
年収何千万の社長もいれば、病気で働けないナマポもいます。

年齢を除いたどんな定義を持ってきたとしても、彼等の誰が子供で、誰が大人なのか判別する術はないでしょう。
無限の多様性と連続性を持った事柄に、明確な区分など必要ないのです。

子供の頃は立派だと思っていた大人も、年を取ればハリボテだったことに気付きます。
会社では偉そうに部下に説教して上司も、心の中では常に怯えている小心者だったことに気付きます。
学校では絶対的であった教師も、たいして物を知らぬ若輩であったことに気付きます。

どんなに年齢差があっても、たったの100年足らず。
会社でも40年がせいぜい。
新人教師と生徒では、10歳も差がありません。
そんな僅かな差で、何を恐れる必要があるのでしょうか?

人は弱く、なかなか成長しないものです。
どんなに年を取っても、また同じ失敗を繰り返し、若い頃と同じように悩み苦しんでいます。
どれだけの時間を生きたって、そう簡単に理想の姿にはなれないのです。

無理に大人になる必要はありません。
どうせ誰もが子供なのですから。

それよりも大事なのは、自分の道を進むこと。
昨日の自分より今日の自分が一歩でも進んでいるのなら、それでいいのです。

毎日少しずつでもいいから、登り続けてください。
いつか気付いたときには、信じられないほど高い頂へ至っていることでしょう。

大人の階段
何十年かけても登りきれない階段。
それでも一歩一歩登り続けていくしかない。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

>何十年かけても登りきれない階段。
それでも一歩一歩登り続けていくしかない。
。。。幸福賢者さんよくぅ~耳にするのですが、個人投資家は、個人投資家どうし敵だと聞きますが、私は、そうは思いません。。。
仲間だとぉ~大きく言いたいぃ~。。。

2015-04-23 20:12 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

Re: No title

> >何十年かけても登りきれない階段。
> それでも一歩一歩登り続けていくしかない。
> 。。。幸福賢者さんよくぅ~耳にするのですが、個人投資家は、個人投資家どうし敵だと聞きますが、私は、そうは思いません。。。
> 仲間だとぉ~大きく言いたいぃ~。。。

実際に足を引っ張り合っている事実は否めませんが、
それでもいがみ合うべきではないでしょうね。
同じ境遇の者を憎むほど、悲しいことはないでしょうから。

2015-04-23 20:46 | from 幸福賢者

No title

>それでもいがみ合うべきではないでしょうね。
同じ境遇の者を憎むほど、悲しいことはないでしょうから。
。。。売る神もいるしぃ~買う神もいるぅ~のですが。。。それが、一体何を意味してることか、気ずく人は、最近何故かぁ~少ないですねぇ~。。。

2015-04-23 21:29 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/665-853e0992