イスラム口座にはなぜスワップポイントが付かないのか - 貴方を幸福にするFXブログ

イスラム口座にはなぜスワップポイントが付かないのか

定期預金で利子がつく
そんな時代もあったねえ。

スワップフリー口座(利子の付かない口座)の代表格とえば、イスラム教徒用のイスラム口座(シャリア口座)です。
日本人に提供してくれるかは交渉次第ですが、だいたいの海外FX業者はシャリア口座を用意しています。
これが手に入ると、毎日金利差でガッポガッポなのですが、誰でも簡単に手に入れられるわけでもなかったり。

ところで、スワップポイントの付与されない(利息の付かない)口座を、FX業者はなぜ提供しているのでしょうか?

それは「イスラム教が利子のやり取りを禁止している」からです。

<ムハンマドの教え>
「酒飲み過ぎは体に悪いし酔っ払って迷惑かけたらアカンで」
「むやみやたらと不特定多数とおま●こしたらアカンで」
「だからといってシコってばっかりなのも虚しいからアカンで」
「たまに断食して貧しい人の気持ちも考えなアカンで」
「利子で儲けるのは金持ちの搾取になるからアカンで」
「個人崇拝になるから偶像とかつくったらアカンで」
「神の元では人類皆平等。聖職者が特権階級というわけやないで」
「規則正しい生活のために決まった時間にお祈りするとええで」
「一生に一度はメッカに巡礼の旅をして世界を広く見るとええで」
「ユダヤ教やキリスト教の異教徒もワイ達の先輩やし尊重せなアカンで」
「まぁ色々言ったけど基本は個人の自由やしケース・バイ・ケースやで」


猫は神聖な動物
イスラム教って素晴らしい・・・

イスラム教で利子を含む不労所得は、『リバー』と呼ばれ、やりとりが禁止されています。
かつて交易商人であった開祖ムハンマドは商売による利益を尊び、金貸しによる利子を酷く嫌ったため、『リバー』の禁止を定めたとされています。
一説には「戦争資金をユダヤ人に借りたところ利子が高すぎてブチキレた」のが原因とも言われますが、実際のところは定かではない。

ムハンマドの個人的な感傷はともかく、現在のイスラム教圏では今も利子のやり取りをすることはできません。
銀行にお金を預けたとしても、一切利息が付きません。
また、お金を借りたとしても利息を請求することはできないと、一応なっています。

しかし、それでは金融自体が成り立ちません。
常に年利0%で借りることができるのなら、いつまでも借り放題になってしまいますから。

そこで出資には条件が付けられ、融資した事業が成功した場合には、それに応じた分配がされる契約になっているようです。
貸し出した期間に応じた利息は禁止でも、利益の分配はOKだということです。

また、住宅ローンや自動車ローンは「利子」の代わりに「使用料」を取り、貸し手が利益を得る仕組みになっています。
ローンが完済されるまでは住宅・自動車の所有権は移動せず、その間のリース代を払い続けることで、ローン制度が成立しています。

要するに「利子は付けないが、実際に利子を取っているのと同じ」わけです。
開祖ムハンマドも、草葉の陰で泣いているでしょうね。

商売において人が人に物品を貸し出す以上、必然的に何らかの対価が生じます。
それは日本や欧米の資本主義社会はもちろん、中東のイスラム教でも変わりません。

中東の銀行から金を借りて高金利のブラジルあたりで運用すれば利子だけで年利10%以上になりますが、そんな美味しい話はありません。
普通に考えれば手数料か為替レートあたりで、何らかの代償を払うことになるでしょう。

ということは、FXスワップフリー口座を提供するのも、何らかの歪みか特別措置がなされていると考えるのが自然。
クラウンフォレックスが破綻したり、ダイナミックトレードがスワップフリーを取り止めたのも、その辺に理由があるのかもしれませんね。

スワップフリー口座を探すのは構いませんが、個人的にこっそりやりましょう。
何も考えずに誰もが上手い汁が吸えるほど、金融の世界は甘くないのです。

金運兎

<参考記事>
⇒Instaforexスワップフリー口座
⇒Zarfxスワップフリー口座
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
ここ数週間のEUR/USDに翻弄され、心すり減らしているところで、過去の記事「異業者両建て応用編 海外FXで不労所得」を読み直しました。
記事の後半を読み、新たな希望を持つことが出来ました。裁量は止め、異業者両建て応用編を実践したいと思います。
「何も考えずに誰もが上手い汁が吸えるほど、金融の世界は甘くないのです。」そのとおりだと思います。英語が苦手な自分には、難しいかもしれませんが、チャレンジしてみます。

それでは失礼します。

2015-05-01 19:04 | from 名も無き天才投資家

Re: No title

> はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
> ここ数週間のEUR/USDに翻弄され、心すり減らしているところで、過去の記事「異業者両建て応用編 海外FXで不労所得」を読み直しました。
> 記事の後半を読み、新たな希望を持つことが出来ました。裁量は止め、異業者両建て応用編を実践したいと思います。
> 「何も考えずに誰もが上手い汁が吸えるほど、金融の世界は甘くないのです。」そのとおりだと思います。英語が苦手な自分には、難しいかもしれませんが、チャレンジしてみます。
>
> それでは失礼します。

裁量には裁量の、裁定には裁定の難しさがあります。
色々考えることがあると思いますが、頑張ってください。

2015-05-01 22:05 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/670-35f3d0eb