猫に小判の本当の意味 - 貴方を幸福にするFXブログ

猫に小判の本当の意味


寿司を食べる猫
最近のヌコはグルメだなぁ。

「猫に小判」という有名な諺があります。

「享楽的で刹那的な動物である猫に小判(大金)を持たせると、たちまち無駄遣いしてしまう」
という意味ですね。
お金の大切さを知らない子供や猫に大金を預けてはいけない、という教訓を教えてくれます。

同じように「豚に真珠」という言葉もありますが、それは
「節約という概念を知らない豚は、全財産を食事に使ってしまう」
という意味です。
これもまた、資金管理の大切さを私達に教えてくれます。

可愛いニャンコが「FXをしたい」と言ってきても、決して許可してはいけません。
飼い猫が間違った道に進まないように指導するのも、飼い主の役割ですよ。

現金猫

猫や豚は言うに及ばず、私達人間もまた、大金には弱い生き物です。
貯金があれば使ってしまうし、給料日になれば自然と財布の紐が緩くなりがちです。

余裕のあるときこそきちんと貯蓄して有事に備えるべきだとわかっているのですが、実行に移すのはなかなか難しい。

一般の家計でも感じるこの問題ですが、FXトレーダーの中ではもっと深刻になることが多い。
FX口座に入れている資金が多くなるほど、その扱いが杜撰になってしまうことが多々あります。

<猫に小判なFXトレーダー>
・エントリーチャンスがなくても、ノーポジではいられない(ポジポジ病)
・証拠金の余裕があると、ついポジションを増やしてしまう。
・高レバレッジだと証拠金が少なくてすむので、その分ポジションを大きくしてしまう
・銀行の貯金が残っていると、FX口座や証券口座に入金してしまう


小判を盗む猫

FXでエントリーするためには、ポジションに応じた証拠金が必要です。
大雑把に言えば、1枚(1万米ドル)につき5万円くらい。
口座に10万円以上入れた状態で1枚しかポジションを取っていなかったら、なんとなく枚数を増やしたくなるのです。
資金管理を考えれば、1枚でも多すぎるのですが。

また、証拠金の大きさは最大レバレッジに反比例します。
最大レバレッジが10倍になれば、証拠金もだいたい1/10で済みます。
海外の高レバレッジ業者で国内業者よりずっと大きなポジションを取れるのは、そのためです。

国内と同じポジションを海外口座で取ると、証拠金維持比率は10倍以上になります。
やってみるとわかりますが、証拠金維持比率2000%とか見ると、なんか凄い金持ちになったような気分になります。
証拠金残高は全く変わっていないのに・・・

余力が多いからとポジションを増やしてしまうことが、海外FXの最大の危険でしょう。
その誘惑に打ち勝てるかが、第一の課題です。

余裕が出ると、人はそれを使いたがります。
ちょうど給料日にだけ豪遊して、後で後悔するサラリーマンのように。

どれだけ資金があろうが、私達が必要とする資金の額は変わりません。
トレードで取るべきリスクも、適切なポジションの大きさも変わりません。

余裕があるからといって、全てを使い切ってはいけません。
私達人間こそ「猫に小判」にならないように、気を付けなくてはいけないのです。

札束を着た猫
ずいぶん暖かそうだな、その毛布。
大事にしなよ。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

>ずいぶん暖かそうだな、その毛布。
大事にしなよ。
。。。しかしぃ~安部首相~アメリカ議会演説~はぁ~感動的でしたねぇ~。。。

2015-04-30 20:06 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

Re: No title

> 。。。しかしぃ~安部首相~アメリカ議会演説~はぁ~感動的でしたねぇ~。。。

人の書いた台本通りの演説に、何を感動すればいいのやら。
100兆円を超える米国債の有効活用でも述べてくれたら、
ホントに感動するんですがね。

2015-04-30 22:28 | from 幸福賢者

No title

>人の書いた台本通りの演説に、何を感動すればいいのやら。
100兆円を超える米国債の有効活用でも述べてくれたら、
ホントに感動するんですがね。
。。。うん。。。でも形てきには良かれかなぁ~。。。

2015-04-30 22:36 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/673-e9223462