セルインメイ 休暇中のポジション持ち越しに注意! - 貴方を幸福にするFXブログ

セルインメイ 休暇中のポジション持ち越しに注意!

10年後のピカチュウジバニャンチョッパー
時代とともに姿は変わっても、やはりその本質は変わらない。

株式市場には古くから「Sell in May」という言葉があり、5月には株価が落ちると言われています。
5月に売ってバカンスに入り、9月にポジションを取り直すのが、欧米投資家のスタンスだとか。

今年は若干フライングしたのか、4月末日から株価が下がり、日経もダウも大幅な低下が発生しています。
アノマリーもバカにはできませんね。

なぜ5月に暴落が起こるのかには諸説ありますが、
「ファンドの半期決算が6月にあるから、その前の5月に利益確定の売りが入り易い」
という説が有力です。

実際には企業の決算時期はばらけているので、それが直接の原因ではないのでしょうが、皆が思い込めば現実になるのかもしれません。
単にゴールデンウィークのような長期休暇に備えて、ポジションの整理がされているだけと思ってもいい。

ただ、今年のGWに限っていえば、日銀の行動が原因ではないかと思います。

日銀は「戦力の逐次投入はしない」と言っていますが、4月30日に日銀の追加緩和を期待していた筋は多く、期待を裏切られたことによる下落は確実にあったでしょう。
インフレ率が0%近くなってきたこともあり、日銀がインフレターゲットを達成するために近々行動を起こすのは想像に難くない。

また、長期休暇となれば市場への介入が減り、日銀やGPIFによる株の下支えが弱まります。
基本的に日本の役人は休日に仕事をしませんから。

定休日
休み多すぎだろ・・・

クジラマネーの底上げに期待している投機筋も、援護射撃のない休暇にポジションを保持したいとは思わないでしょう。

相場を動かしている連中も一枚岩ではありませんので実際に軟調が続くかはわかりません。
しかし、現在のアベノミクス介入に支えられた相場では、役人が不在の休暇中が最も脆弱な時期であるのは確か。

そう考えると、GWに限らず連休中はショート目線でいたほうが良いのかもしれません。
少なくともロングポジションを放置してバカンスに行くのは、止めておいたほうがいいでしょう。

どうせ自民党は次の選挙対策の為に株価の吊り上げをやるでしょうから、休みが明けたらまた買えばいいだけのこと。
わざわざクジラマネーの動きにくい休暇に、個人投資家が頑張る必要はありません。

「5月に売れ」の格言に従って、連休を楽しんでください。


そもそもニート賢者には休暇なんかないけど!


自宅警備員警戒中

自宅を警備する男

部活やってないだけでニート
ニートにも休みをください・・・
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

>「5月に売れ」の格言に従って、連休を楽しんでください。

。。。きっとぉ~すべて売り買い戻すときなのですねぇ~。。。

2015-05-06 20:42 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/674-d4f269fd