「何が」より「いつか」が大事 - 貴方を幸福にするFXブログ

「何が」より「いつか」が大事


危険な喫煙所
こんなところに喫煙所を作ったのは誰だ。

間違いなく日本の国家財政は破綻します。

もちろんギリシャも破綻します。

ついでに言うとアメリカだって例外じゃない。

なぜかというと、どれも持続不可能な状態だからです。

100兆円足らずの国家予算で、1053兆円の借金が返せるわけがない。
ただでさえ増える赤字でさらに借金が積み上がり、利払いすら危うくなっていくでしょう。
日本政府が破綻するのは、時間の問題です。

しかし、「それがいつ起こるのか?」という問いには、誰一人答えることができません。
起こることは予想するのは簡単でも、いつ起こるのかを予想するのは非常に難しいからです。

直近で一番可能性が高いのは、おそらく2017年。
バーゼル銀行監督委員会が国債をリスクとして認定すれば、一気に国債が売り叩かれるかもしれません。

あるいは、2020年の東京オリンピック直後というのもあるかもしれない。
オリンピックの開催に莫大な資金をつぎ込み、財政を悪化させた国は多い。
日本もまず間違いなく無駄金を費やして、さらに借金を膨らませてくれるだろう。

しかしながら、本当に2017年や2020年に危機が発生するかというと、それは誰にも断定できません。
あくまで強いストレスが発生する時期を指しているだけであり、『日本という生き物』がどこまで耐えられるかは神のみぞ知るからです。

ギリシャだって何度も破綻すると言われながら、なんだかんだで危機を乗り越えてきました。
アメリカの債務だって膨れ上がるばかりですが、何度も債務上限を繰り上げて破綻を先延ばししています。

無限にできる借金はありませんので、いつかは破綻するでしょう。
人が永遠に生きられないように、国家もいつかは滅びるでしょう。

けれど、病人がいつ亡くなるかわからないように、社会もいつ急変するのかわかりません。
変化の時は必ず来るけれど、その時期を当てるのは非常に難しい。

仮にこれから先に起こる出来事を全て知っていても、トレードでは勝てません。
トレードにはエントリータイミングとエキジットタイミングが必須だからです。
たとえ企業の破綻を予知して空売りしたとしても、その前に暴騰が来たら死ぬだけです。

トレードとは「何が起こるか」ではなく、「いつレートが動くか」を予測するゲームだと言えるでしょう。

靴べらの売り上げ
いつまで経っても動かねぇ。

時が来れば、日本は必ず破綻するでしょう。
東海大震災は必ず発生して、大きな被害をもたらすでしょう。

しかし、それがいつ起こるか確約する術はありません。
ただ出来事を知っていても、相場では役に立たないのです。

チャートの前の猫
いつになったら暴落が起こるのか。
もう待ちくたびれてしまったよ。

<合わせて読みたい記事>
⇒元手ゼロからリスクなしでFXを始める方法
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

>トレードとは「何が起こるか」ではなく、「いつレートが動くか」を予測するゲームだと言えるでしょう。

靴べらの売り上げ
いつまで経っても動かねぇ。

時が来れば、日本は必ず破綻するでしょう。
東海大震災は必ず発生して、大きな被害をもたらすでしょう。

しかし、それがいつ起こるか確約する術はありません。
ただ出来事を知っていても、相場では役に立たないのです。

チャートの前の猫
いつになったら暴落が起こるのか。
もう待ちくたびれてしまったよ。

。。。大震災はなったらなった時でしょう~。。。屋台屋さんが、はやるぅ~。。。

2015-05-21 20:36 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

Re: No title

> 。。。大震災はなったらなった時でしょう~。。。屋台屋さんが、はやるぅ~。。。

東海大震災が言及されてから何十年が経ったのか。
嘘ではないのだろうけど、いつかわからない情報は嘘よりタチが悪い。

2015-05-21 22:45 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/694-9b977552