アリとキリギリスが逆転する現代社会 - 貴方を幸福にするFXブログ

アリとキリギリスが逆転する現代社会

ブラック企業の従業員募集
ブラック企業にもほどがある。

世の中堅実が一番です。
真面目にコツコツ働くのが美徳であり、楽して儲けようなんて愚の極みです。

誰もが小学生の頃読んだイソップ童話にも、そんな教訓がありました。
そうそう、たしかこんな話でした。

<アリとキリギリス 現代版>

夏のある日、キリギリスが路上ライブをしていると、アリ(社畜)たちがぞろぞろ歩いてきました。

「おい、アリくんたち。どこへ行くんだい?」

「これはキリギリスさん、私達は今月の給料を貯金するために銀行に向かっているんですよ」

「ふーん、せっかく給料が出たなら、パーと使えばいいじゃない」

「でもね。キリギリスさん。
 今は会社に勤めていからお金がたくさんあるけど、定年になったら収入はなくなってしまいますよ。
 今のうちにたくさんのお金を貯めておかないと、あとで困りますよ」

アリたちがそう言うと、キリギリスはバカにした様に、
「ハハハハハハッ」
と、笑って。
「まだ早いよ。老後の事は後から考えればいいのさ」
そう答えると、また歌を歌い始めました。

さて、それからも毎日キリギリスはバンド活動を続け、アリたちはせっせと貯蓄に励みました。

やがて好景気が終わり、不景気が来ました。

会社のために賢明に働いていたアリは、人員整理の為に解雇されることになりました。
十分にあると思っていた貯蓄は、インフレにより予想以上に減っていました。

さらに政府が金融破綻を起こし、預金封鎖により一日60ユーロしか引き出せなくなりました。
再就職しようとハローワーク向かっても、ECBに義務付けられた緊縮策により、なかなか新しい仕事は見つかりません。

貧困に陥ったアリは、
「ギリシャだったのかよ!」
と叫びました。

一方、路上バンドに勤しんでいたキリギリスはプロデュサーにスカウトされ、ソロデビューすることになりました。
狭いギリシャを飛び出し、世界を股にかけるスーパースターとなり、印税で暮らすようになりました。

めでたしめでたし。


うろ覚えなので詳細はあやふやですが、だいたいの流れは合っていると思います。
確か原作ではキリギリス⇒セミでしたが、たいした違いはあるまい。

いくらでも変わりのいる仕事に埋没した社畜は会社の都合で解雇され、社会の変化によって貯蓄さえ奪われる。
自身の夢を追い求めた若者は大成し、より広いステージで活躍し、金銭に囚われない生活を送る。

まさに社会の縮図。
子供に対する最高の道徳教育ですね。
イソップさんすげぇ。

この話を聞いて間違っていると思う人もいるでしょうが、実際にこのような現象は世界中で起きています。
少なくともギリシャでは、アリと同じような境遇の人が沢山いるはず。

機械技術の急速な発達と生産性の向上により、代替が可能な仕事に対する対価は著しく低下しました。
大抵の仕事がアウトソーシングで賄えるようになったことで、新卒で正社員を雇い入れて育てるシステムは、殆ど崩壊しかけています。
雇用関連の法律の改正により、現在の正社員ですらいつまでその地位を維持できるか怪しくなってきています。

誰でもできる仕事を忠実にこなす時代は、既に終わりました。
これから先は、本人の希望に関わらず、誰もが自分でビジネスを立ち上げなければ生き残れない時代です。

「アリをやめてキリギリスになるべき」
というわけではなく、社会によってキリギリスであることを強制される時代なのです。

イソップ童話の教訓から、人生の舵取りを学んでいきましょう。

人生の混沌
子供とはいえ、侮るなかれ。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

たしかに
複雑な時代だね。
でも
一つだけ言えることは
一生懸命働いた
アリは
働くことにより
いろいろな
やさしさに触れ
みんなのために働くことにより
我慢を学び
アリとして
人生をかみしめることができました。
しかし
会社のために
賢明に働いていたアリは、
人員整理の為に
解雇されることになりました。
十分にあると思っていた貯蓄は、
インフレにより予想以上に
減っていました。
さらに政府が金融破綻を起こし、
預金封鎖により
一日60ユーロしか引き出せなくなりました。
再就職しようと
ハローワーク向かっても、
ECBに義務付けられた緊縮策により、
なかなか新しい仕事は見つかりません。
でも
お金はなくなって
貧しい家庭で
ひときれのパンを
家族で分け合って
その日暮らしで
過ごしていたが
お金じゃ買えない
一生懸命額に汗を流すことでしか
学べない
大切なことを学んでいた
アリは
幸せに満ち溢れた
家族と
幸せに
暮らしたとさ。

2015-07-24 23:16 | from 名も無き天才投資家

Re: No title

> アリは
> 幸せに満ち溢れた
> 家族と
> 幸せに
> 暮らしたとさ。

私もアリでありたかった。
けれど、それは許されなかった。
だから、こうしてキリギリスをやってるんですよ。

2015-07-25 09:34 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/761-a4198eca