中国人民元の切り下げは近い? - 貴方を幸福にするFXブログ

中国人民元の切り下げは近い?

ゼロ円札
一円札があるなら、零円札があってもいいと思う。

<中国、人民元の変動幅拡大へ 下げ余地拡大で輸出増狙う>
ソース:日経
中国国務院(政府)は24日、貿易促進策の一環として人民元の変動幅を一段と拡大する方針を表明した。
市場では米国の利上げ観測に加え、中国の景気減速を踏まえ、これから元安が進むという見方が多い。
変動幅を広げることで人民元の下落余地を大きくして、輸出増につなげる考えのようだ。

中国は今年、国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)の構成通貨への人民元の採用を目指している。
習近平国家主席の訪米を9月に控え、人民元改革が進展していることを国内外に訴える狙いもある。

国務院は変動幅拡大の時期や幅は示さず、中国人民銀行(中央銀行)など関係機関に具体的な検討を指示した。人民元の対ドル相場の変動幅は2014年3月から、毎日公表する基準値の上下2%とされている。
中国国内では人民元の対ドル変動幅が年内にも、1日当たり上下3%に拡大されるとの見方も浮上している。

中国は05年7月21日、人民元の対ドル相場について事実上の固定相場制を改め、一定の範囲内で相場を動かす管理変動相場制に移行。その後、1日当たりの変動幅を徐々に広げてきた。

米国は人民元について「依然として過小評価されている」との立場だが、中国景気は減速し、海外からの投資資金の流入も減っている。
市場では米中の金利差が広がるとの見方から、一方的に元高が進む状況にない。変動幅を拡大すれば元安が進み、輸出企業に有利に働く可能性が大きい。
人民元の変動幅を広げることは、将来の自由化に向けた改革の推進を印象づけ、SDR構成通貨入りへの後押しになるという思惑もあるようだ。

中国は6月の米中戦略・経済対話で為替介入を抑制すると約束した。ただ、これから変動幅を広げても中国当局が人民元相場を厳しく管理する体制は変わらず、元高を求める米国との摩擦は今後も続きそうだ。
中国国務院はこのほかにも貿易の促進策として、企業の為替変動リスクをヘッジ(回避)する金融商品の開発、貿易手続きにかかる諸費用の軽減、貿易信用保険の増強などを検討項目に掲げた。


株式市場の大幅安で騒がれている中国ですが、株価の値下がりに反して中国元の変動は緩やかです。
むしろ米国や英国と並んで、世界で最も強い通貨の一つでさえあります。

反対にオーストラリアドルは、中国の経済指標の悪化を受けて目下暴落中。
当事者が平然としているのに、貿易相手が落ちぶれるのはどういうわけやら。

中国製ではない
中国じゃないのに・・・

こんな景況でも中国元が堅調なのは、元が米ドルと連動しているからです。
ドルに対して元の変動幅が制限されているため、利上げ期待でUSDが上がれば、CNHもつられて上がります。

しかしながら、元の国際化を求める中国政府は、この状態を快くは思っていない模様。
着実に変動幅を広げ、ゆくゆくは自由に取引できるようにしたいと考えているようです。

当局の介入が解除されれば、間違いなく中国元は下落します。
5年前であったら上昇する確率が高かったでしょうが、現在なら下降に向かう可能性が極めて高い。

なぜかというと、米国の金融引き締めによってUSDとCNH(CNY)は高くなりすぎてしまったからです。
既にドルと元の価値は、2年前の1.5倍程度。
世界中の通貨やコモディティが安くなって、ドルと元ばかり高くなってしまっています。

かれこれ十年以上も中国元は米ドルに対して切り上げを要望されてきましたが、実際の所ほとんど切り上げられませんでした。
しかし、米ドルと中国元が共に上昇したことにより、他通貨に対しては強烈に切り上げられてきたのは皮肉な話。

もしかしたらドルが元を引き上げてきたのではなく、元がドルを引き上げてきたのかも・・・
中国が持つ100兆円の外貨準備(米国債)を考えると、あながち間違っているわけでもないのかもしれません。

いずれにせよ、現在の相場が米ドル中心に回っていることに違いはありません。
既に高値にある中国元は、自由化によって下落に向かう公算が高い。
そして、そうなれば自然と中国内の政治・経済的材料も、中国元の為替相場に素直に反映されるようになってくるでしょう。

実際に通貨の切り下げが行われるかは不明ですが、アベノミクス等の例を見る限り、切り下げがあれば間違いなく中国株は高騰します。
そう考えると、中長期的に中国株を買ったり、USD/CNHを買うのが手堅いのかな?

車より硬い自転車
中国の技術は世界一?
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/765-f08fcfed