朗報♪ レート配信停止でDMMが損失補填を実施! - 貴方を幸福にするFXブログ

朗報♪ レート配信停止でDMMが損失補填を実施!

パプアニューギニアの神様の呪い
これじゃ、返すしかないよな・・・

再来する悪夢 ZAR/JPYの急落が再発!
でDMM FXが急落時にレート配信の停止を行い、顧客の被害を増大させたことをお伝えしましたが、今回は朗報です。

なんと、DMMが強制ロスカットに遭った顧客の被害を補填しました。

正直信じられない話ですが、真実らしい。

話をまとめると、8/24の深夜に注文が殺到した事により、AUD/JPYやNZD/JPY等で約定遅延が発生。
22時10分~50分にかけて、レート停止や約定遅延が発生。
ドル円116~117で、取引が完全無効になったとの報告あり。

これにより強制ロスカットが遅れ、本来のロスカット値よりも被害が増加した顧客が続出。
中には口座残高がゼロ近くになった人も。

そこでDMMは、強制ロスカットの方で約定遅延が発生した全ての客に対し、強制ロスカットレートピッタリで約定したと計算し直し、差額の返金を実施
残念ながら、逆指値注文の方、及び成行注文の方への約定遅延や約定不可が発生したことへの返金等の予定はない。

被害者が多すぎて問題になると思ったのか、実際に強制ロスカットに不具合があったのか、スイスフランショックで訴えられたのが地味に効いたのかわかりませんが、DMMは今回強制ロスカット者に対して返金する決断をしたようです。

<DMMサポートからのメール>
『DMM.com証券 カスタマーサポートでございます。
このたび、重要なお知らせがございますので、
ご連絡を差し上げております。

2015年8月24日(月) 22時10分頃から22時50分にかけて、世界的な
株式市場の下落による影響をうけた相場の急変動によりご注文が
殺到し、約定処理の遅延が発生しておりました。

そのため、○○様の発注されました決済逆指値注文が発注時
の注文レートより乖離して約定しておりました。

つきましては、今回の決済逆指値約定価格と発注時の注文レート
の差額分をお取引口座へご入金(値合調整金)することで調整
いたしましたことを、ご報告申し上げます。』


元々FX業者には金融庁から課せられたロスカット義務があるため、強制ロスカット注文が約定遅延したことに対して補償を行うのは当然のこと。
しかし、これまで自身の過失を一切認めなかったDMMが初めてまともな対応をしたことは、大きな前進だと思っています。

半年ちょっと前のスイスフランショックで、裁判や証券取引委員会への通報、消費者センターからの苦情、毎日のクレームメールを食らいまくったので、少しぐらいは反省してくれたのかもしれませんね。
・・・やったのは、全部猫賢者ですが。

ぬこ「モンスタークレーマー怖い・・・」

強制ロスカットに対して一定の補償がなされたとはいえ、成り行きの約定拒否や逆指値滑りで損失を受けた人は何の補償もされていません。
スイスフランショックで被害を受けた方々も、全く返金を受けていません。

被害を受けた方は、
・金融庁
・証券取引委員会
・消費者センター

にクレームを入れた上で、金融専門の弁護士を通じて賠償を請求しましょう。
貴方の行動が、この先のFX業界の未来を変えるのです。

⇒金融被害に強い弁護士

なお、急落時にレート配信が止まらず、安心して取引できたのは、SBIだけでした。
トレーダーの皆さんは、安心して取引できる業者を選択しましょう。



関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

よかったですね~
あ、引越ししました。

これからもおもしろさを追求するために頑張ります!

2015-08-29 19:21 | from ゆきこ

No title

>なんと、DMMが強制ロスカットに遭った顧客の被害を補填しました。

正直信じられない話ですが、真実らしい。
。。。笑顔。。。幸福賢者さん朗報というより~当たり前ではないでしょぉ~か。。。特に低中高年齢の個人投資で、ベテラン初心者のお客様に対する対応が、ブラック的すぎます。。。ので信頼回復はぁ~まだまだではないのかなと思います。。。
>スイスフランショックで訴えられたのが地味に効いたのかわかりませんが、DMMは今回強制ロスカット者に対して返金する決断をしたようです。
。。。訴えられて地味に効いたのかは、、、まあまだだとぉ~。。。人に言われてなる前に、じぶんでSBIFXの様に、みずから
動かない所が、、、よろしくない。。。スイスフランショックで、
りふじん的な相場でいいのかと、しかし今回の相場で生き残る事が
できない。良い勉強体験だと思います。。。
さてぇ~。。。幸福賢者さんGPIFの件で質問。。。
(ブルームバーグ):年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF )が進める日本株買いと国内債売りが終盤に向かっている。昨秋に設定した新たな資産構成の目標値への進捗率は8割近くに達成した。

GPIFの6月末の運用資産額は過去最高の141.1兆円。年金特別会計で管理する2.88兆円も加えた積立金全体に占める国内債の構成比は37.95%と比較可能な2008年度以降で最低を更新した。国内株は23.39%、外株は22.32%と、いずれも最高。外債は13.08%と昨年末に次ぐ高さとなった。短期資産は3.27%。全体の5%を上限とするオルタナティブ(代替)投資は0.05%だった。

ブルームバーグの試算によると、積立金全体144兆円のうち国内債の残高は約54.6兆円、国内株は約33.7兆円、外債は約18.8兆円、外株は約32.1兆円、GPIFと年金特会の短期資産は約4.7兆円。国内債を3月末より約2.1兆円減らす一方、国内株は約2兆円、外債は約0.7兆円、外株は約2.1兆円、それぞれ増やした計算だ。

GPIFは昨年10月末の資産構成見直しで、国内債の目標値を60%から35%に下げる一方、内外株式はそれぞれ12%から25%、外債は11%から15%へ引き上げた。5%だった短期資産は各資産に分散して管理。国内債への偏重から、株式と債券が半分ずつで国内資産6割・外貨建て資産4割という分散型に変えた。

国内債と国内株の6月末の構成比は、新資産構成の公表前の昨年9月末から目標値へ至るのに必要な変更幅の78%進捗した水準だ。外債は39%、外株は67%それぞれ進捗している。6月末の積立金全体を基にした試算では、国内債は満期償還分も含め、さらに約4.2兆円の削減余地がある。国内株は値上がり分も込みで約2.3兆円、外債は為替損益も含めて約2.8兆円、外株は約3.9兆円の積み増しが必要だ。

足元の余地

GPIFは新たな資産構成への移行に際し、大規模な売買で市場に悪影響を及ぼさないよう、期間や期限は設けなかった。27日公表した4-6月期の運用状況では昨年10-12月期と同様、各資産の残高を記載せず、年金特会を含む積立金全体に占める構成比のみを開示。厚生労働省が年金特会の6月末の残高は2.88兆円と説明した。

SMBC日興証券の末沢豪謙金融財政アナリストは、GPIFは「4月以降、自らあまり大きく動かなくても、株高・円安によって目標値に近づいてきた」と指摘。足元では「株安・円高で、内外株式に国内債から資金を振り向ける余地がまた広がった。実際にそういう売買が出ているもようで、相場の下支え要因になっている」と言い、「外債は金利低下と円高の影響が相殺している」と述べた。

4-6月期の収益率は前年同期を上回る1.92%で5四半期連続の黒字。国内株が5.89%と前期より鈍化する一方、外株は2.38%に改善し、外債は0.65%とプラス圏に戻った。国内債はマイナス0.10%と2期連続の損失。前身の年金資金運用基金として自主運用を始めてから14年余りの累積収益額は53.4兆円に膨らんだ。

GPIFが参照する運用指標の収益率は4-6月期に国内債がマイナス0.13%、国内株が5.84%だった。10年物国債利回りは6月末に0.46%と3月末から6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇。TOPIX は5.7%高の1630.40だった。外債の収益率は0.75%、外株は2.29%だが、現地通貨建てだとマイナス3.14%、マイナス0.89%。円相場は1ドル=122円37銭と約2%下げた。

収益マイナス転落も

世界の株式時価総額は中国による11日の人民元切り下げをきっかけに急速に縮小し、26日には昨年2月以来の低水準を記録した。その2週間で、上海総合指数 は25%、TOPIX は12%それぞれ下げた半面、円はドルに対して年初来高値に迫る場面があった。27日のGPIFの記者会見では、内外株安への対応や対中投資に関する質問が相次いだ。

GPIFの青木重仁審議役は会見で、具体的な投資行動への言及は控えたが、リスク管理については「経済環境コンサルタントを活用しつつ、投資委員会で議論している」と述べた。外株パッシブ運用の指標とするMSCI-ACWI(日本を除く)指数に占める中国株の構成比は6月末時点で約3%だと指摘。人民元建ての債券は外債の運用指標に入っていないと説明した。

BNPパリバ証券の藤木智久チーフ債券ストラテジストの推計によると、今月の株価急落で国内債の構成比が26日現在で40.8%程度に上昇した。仮に40%まで引き下げるなら約4500億円売却する必要があり、国内株に1500億円、外債に700億円、外株には2300億円前後の流入につながると読む。市場変動に伴う調整は「引き続き否定されない」としている。
。。。GPIFと年金特会の短期資産は約4.7兆円。国内債を3月末より約2.1兆円減らす一方、国内株は約2兆円、外債は約0.7兆円、外株は約2.1兆円、それぞれ増やした計算だと言うがもし反対も考えられる。。。GPIFと年金特会の短期資産はリスク分散と言う観点で見ると非常に異常な事態をしているのでは。。。」

2015-08-29 21:49 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

Re: No title

> よかったですね~
> あ、引越ししました。

私自身は何も得してないのですが、DMMが非を認めたのは
大事な一歩だと思います。

> これからもおもしろさを追求するために頑張ります!

FXブログで面白さを追求するのに、いったい何の意味が・・・
画像やギャグに頼るのは、投資ブログとしてあるまじき姿だと思います。
(見事なブーメラン)

2015-08-29 22:06 | from 幸福賢者

Re: No title

> 。。。笑顔。。。幸福賢者さん朗報というより~当たり前ではないでしょぉ~か。。。特に低中高年齢の個人投資で、ベテラン初心者のお客様に対する対応が、ブラック的すぎます。。。ので信頼回復はぁ~まだまだではないのかなと思います。。。
> >スイスフランショックで訴えられたのが地味に効いたのかわかりませんが、DMMは今回強制ロスカット者に対して返金する決断をしたようです。
> 。。。訴えられて地味に効いたのかは、、、まあまだだとぉ~。。。人に言われてなる前に、じぶんでSBIFXの様に、みずから
> 動かない所が、、、よろしくない。。。スイスフランショックで、
> りふじん的な相場でいいのかと、しかし今回の相場で生き残る事が
> できない。良い勉強体験だと思います。。。
> さてぇ~。。。幸福賢者さんGPIFの件で質問。。。
> (ブルームバーグ):年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF )が進める日本株買いと国内債売りが終盤に向かっている。昨秋に設定した新たな資産構成の目標値への進捗率は8割近くに達成した。
>
> GPIFの6月末の運用資産額は過去最高の141.1兆円。年金特別会計で管理する2.88兆円も加えた積立金全体に占める国内債の構成比は37.95%と比較可能な2008年度以降で最低を更新した。国内株は23.39%、外株は22.32%と、いずれも最高。外債は13.08%と昨年末に次ぐ高さとなった。短期資産は3.27%。全体の5%を上限とするオルタナティブ(代替)投資は0.05%だった。
>
> ブルームバーグの試算によると、積立金全体144兆円のうち国内債の残高は約54.6兆円、国内株は約33.7兆円、外債は約18.8兆円、外株は約32.1兆円、GPIFと年金特会の短期資産は約4.7兆円。国内債を3月末より約2.1兆円減らす一方、国内株は約2兆円、外債は約0.7兆円、外株は約2.1兆円、それぞれ増やした計算だ。
>
> GPIFは昨年10月末の資産構成見直しで、国内債の目標値を60%から35%に下げる一方、内外株式はそれぞれ12%から25%、外債は11%から15%へ引き上げた。5%だった短期資産は各資産に分散して管理。国内債への偏重から、株式と債券が半分ずつで国内資産6割・外貨建て資産4割という分散型に変えた。
>
> 国内債と国内株の6月末の構成比は、新資産構成の公表前の昨年9月末から目標値へ至るのに必要な変更幅の78%進捗した水準だ。外債は39%、外株は67%それぞれ進捗している。6月末の積立金全体を基にした試算では、国内債は満期償還分も含め、さらに約4.2兆円の削減余地がある。国内株は値上がり分も込みで約2.3兆円、外債は為替損益も含めて約2.8兆円、外株は約3.9兆円の積み増しが必要だ。
>
> 足元の余地
>
> GPIFは新たな資産構成への移行に際し、大規模な売買で市場に悪影響を及ぼさないよう、期間や期限は設けなかった。27日公表した4-6月期の運用状況では昨年10-12月期と同様、各資産の残高を記載せず、年金特会を含む積立金全体に占める構成比のみを開示。厚生労働省が年金特会の6月末の残高は2.88兆円と説明した。
>
> SMBC日興証券の末沢豪謙金融財政アナリストは、GPIFは「4月以降、自らあまり大きく動かなくても、株高・円安によって目標値に近づいてきた」と指摘。足元では「株安・円高で、内外株式に国内債から資金を振り向ける余地がまた広がった。実際にそういう売買が出ているもようで、相場の下支え要因になっている」と言い、「外債は金利低下と円高の影響が相殺している」と述べた。
>
> 4-6月期の収益率は前年同期を上回る1.92%で5四半期連続の黒字。国内株が5.89%と前期より鈍化する一方、外株は2.38%に改善し、外債は0.65%とプラス圏に戻った。国内債はマイナス0.10%と2期連続の損失。前身の年金資金運用基金として自主運用を始めてから14年余りの累積収益額は53.4兆円に膨らんだ。
>
> GPIFが参照する運用指標の収益率は4-6月期に国内債がマイナス0.13%、国内株が5.84%だった。10年物国債利回りは6月末に0.46%と3月末から6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇。TOPIX は5.7%高の1630.40だった。外債の収益率は0.75%、外株は2.29%だが、現地通貨建てだとマイナス3.14%、マイナス0.89%。円相場は1ドル=122円37銭と約2%下げた。
>
> 収益マイナス転落も
>
> 世界の株式時価総額は中国による11日の人民元切り下げをきっかけに急速に縮小し、26日には昨年2月以来の低水準を記録した。その2週間で、上海総合指数 は25%、TOPIX は12%それぞれ下げた半面、円はドルに対して年初来高値に迫る場面があった。27日のGPIFの記者会見では、内外株安への対応や対中投資に関する質問が相次いだ。
>
> GPIFの青木重仁審議役は会見で、具体的な投資行動への言及は控えたが、リスク管理については「経済環境コンサルタントを活用しつつ、投資委員会で議論している」と述べた。外株パッシブ運用の指標とするMSCI-ACWI(日本を除く)指数に占める中国株の構成比は6月末時点で約3%だと指摘。人民元建ての債券は外債の運用指標に入っていないと説明した。
>
> BNPパリバ証券の藤木智久チーフ債券ストラテジストの推計によると、今月の株価急落で国内債の構成比が26日現在で40.8%程度に上昇した。仮に40%まで引き下げるなら約4500億円売却する必要があり、国内株に1500億円、外債に700億円、外株には2300億円前後の流入につながると読む。市場変動に伴う調整は「引き続き否定されない」としている。
> 。。。GPIFと年金特会の短期資産は約4.7兆円。国内債を3月末より約2.1兆円減らす一方、国内株は約2兆円、外債は約0.7兆円、外株は約2.1兆円、それぞれ増やした計算だと言うがもし反対も考えられる。。。GPIFと年金特会の短期資産はリスク分散と言う観点で見ると非常に異常な事態をしているのでは。。。」

返金は当たり前ですが、その当たり前ができないのが日本の証券会社です。
これを機に、他の被害者の補償も応じてくれると良いのですが。

GPIFは相当高値で買い上げているので、
少し下げただけで損失になってしまうでしょう。
日本人の年金をギャンブルにつぎ込むのは、感心しませんね。

2015-08-29 22:09 | from 幸福賢者

No title

今回の暴落って
そんなにすごかった?
スイスフランとは規模が違う!
南アフリカランド円?
このぐらいの暴落で
ロスカットに
なるひとがいる?
スワップポイント狙いだと思うが
そんなトレードしてたら
早かれ遅かれ
破産するだろう
その人たちは。

2015-08-30 08:19 | from 名も無き天才投資家

Re: No title

> 今回の暴落って
> そんなにすごかった?
> スイスフランとは規模が違う!
> 南アフリカランド円?
> このぐらいの暴落で
> ロスカットに
> なるひとがいる?
> スワップポイント狙いだと思うが
> そんなトレードしてたら
> 早かれ遅かれ
> 破産するだろう
> その人たちは。

スイスフランと比べれば大抵の下落はたいしたことないでしょうが、
これまでAUD、NZD、ZARが1000pips以上継続して下落してきましたので、
含み損のポジションが溜まっていたのでしょう。

2015-08-30 10:06 | from 幸福賢者

No title

>返金は当たり前ですが、その当たり前ができないのが日本の証券会社です。
これを機に、他の被害者の補償も応じてくれると良いのですが。
。。。幸福賢者さんまぁ~なにかぁ~どんな国の会社でもぉ~往く年経っても必ずとしてお膝元的なそしてお約束的な事が、表向きには出さないで、していて基本~言わない。。。がぁ~また(必ずとしてお膝元的なそしてお約束的な事が、表向きには出さないで、していて)しないと、会社経営が出来ないのもぉ~如何な物なのかぁ~。。。

>GPIFは相当高値で買い上げているので、
少し下げただけで損失になってしまうでしょう。
日本人の年金をギャンブルにつぎ込むのは、感心しませんね。
。。。笑顔。。。幸福賢者さぁ~ん外国株25%の国内株25%+国内債権35%の外国債券15%。。。
このぉ~ーん~----~~~。。。運用比率でFXの通貨取引のみで変換するとぉ~-。。。。、すぐつぶれますぅ~。。。
>今回の暴落って
そんなにすごかった?
スイスフランとは規模が違う!
南アフリカランド円?
このぐらいの暴落で
ロスカットに
なるひとがいる?
。。。Fではぁ~目立ちませんがぁ~株、先物などは~。。。
そこそこなぁ~所でぇ~。。。
株とFは、そこそこなぁ~動きがぁ~。。。

2015-08-30 10:13 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

No title

幸福賢者さぁ~ん前は外国株12%の国内株12%+国内債権60%の外国債券11%これでも、とんとんかぁ~と言う運用比率なのにぃ~外国株25%の国内株25%+国内債権35%の外国債券15%すぐつぶれますぅ~と言う方が良いのかぁ~直債務作りますぅ~と言う方が良いのかぁ~ほぼ給付してもらう年齢が来た時の私たちにはぁ~
失望なのでしょぉ~かぁ~。。。
給付してもらう年齢が来た時の私たちにはぁ~この消費税増税で、まかなえるのでしょ~か???
たぶん無理ではないのですか???
基本~日本人の年金積立金約140兆日銀金融緩和年間80兆~そう見るとぉ~GPIFてぇ~何て少ないのかぁ~。。。

2015-08-30 11:43 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

Re: No title

> 幸福賢者さぁ~ん前は外国株12%の国内株12%+国内債権60%の外国債券11%これでも、とんとんかぁ~と言う運用比率なのにぃ~外国株25%の国内株25%+国内債権35%の外国債券15%すぐつぶれますぅ~と言う方が良いのかぁ~直債務作りますぅ~と言う方が良いのかぁ~ほぼ給付してもらう年齢が来た時の私たちにはぁ~
> 失望なのでしょぉ~かぁ~。。。
> 給付してもらう年齢が来た時の私たちにはぁ~この消費税増税で、まかなえるのでしょ~か???
> たぶん無理ではないのですか???
> 基本~日本人の年金積立金約140兆日銀金融緩和年間80兆~そう見るとぉ~GPIFてぇ~何て少ないのかぁ~。。。

年金は現役世代が今の高齢者を補助するものであって、
将来のための貯蓄ではありません。
ギャンブルにつぎ込むべきではありませんが、堅実に使ってもらう分には
問題ないかと思います。

2015-08-30 20:01 | from 幸福賢者

No title

これ本当ですか?

自分はカブドットコム証券でランド円のポジションを持っていたため、bid7.592でask8.765と約15%のスプレッドが開いて、約500万円ほど一瞬でロスカットされました。

損失補填になるから、補償できないとカブドットコム証券から言われたのですが、補償している証券会社もあるのですね。

もう追証は入金してしまったので、後の祭りでしょうかね。

2015-09-27 22:48 | from 8.24被害者

Re: No title

> これ本当ですか?
>
> 自分はカブドットコム証券でランド円のポジションを持っていたため、bid7.592でask8.765と約15%のスプレッドが開いて、約500万円ほど一瞬でロスカットされました。
>
> 損失補填になるから、補償できないとカブドットコム証券から言われたのですが、補償している証券会社もあるのですね。
>
> もう追証は入金してしまったので、後の祭りでしょうかね。

本当ですよ。
といっても、補償したのは二社だけですが。
一応裁判で返還請求を行うことはできますが、結構な手間と費用がかかります。

2015-09-27 22:52 | from 幸福賢者

No title

返信ありがとうございます。

>といっても、補償したのは二社だけですが。

数多くあるFX業者のうち、二社だけということですね。カブドットコム証券なんてお高くとまっているから、自主的にというのは無理でしょうねえ。

>一応裁判で返還請求を行うことはできますが、結構な手間と費用がかかります。

結局、弱小投資家は泣き寝入りということですね。もうカブドットコム証券は子々孫々に至るまで使いません。家訓として残します。

スイスフラン裁判の件、ご健闘お祈り申し上げます。
ご返信ありがとうございました。

2015-09-27 23:20 | from 8.24被害者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/795-bcd8edea