SDR構成通貨の変遷と中国元の国際化 - 貴方を幸福にするFXブログ

SDR構成通貨の変遷と中国元の国際化

米国と北朝鮮は仲良し
お前ら、実は仲良しか? (T_T)

国際通貨の特別引出権(SDR)構成通貨に中国元が加わることが、ほぼ確定したようです。

現在のSDR構成通貨はドル、ユーロ、円、ポンドですが、ここに人民元が加われば、欧州通貨はともかく、同じアジアの日本円は存在感を失うことになるでしょう。
もちろん、基軸通貨の米ドルだって無関係ではいられない。

そもそも自由通貨でない中国元がSDRに入ること自体おかしいのですが、最近の国際機関の動向を考えると、それも仕方ないのかもしれません。

IMFは日本に消費税10%以上の増税を求め、
ユネスコは南京大虐殺を記憶遺産に登録し、
国際連合は国連事務総長が韓国の潘基文。

既に米国の権威は衰え、もはや国際機関の大半が反日国の走狗となっているのかもしれない。
元々人の作る組織に中立性なんて期待していませんが、こうも露骨なのは流石に危険だと感じます。

韓国の主張
ちょっと本音を出しすぎじゃね?

既に中韓会談では人民元建て韓国国債の発行が言及されており、アジアにおける影響度も日々強まっています。
まだ米国が賛成しているわけではありませんが、このままいけば確実に中国元はハードカレンシーの仲間入りを果たすと思われます。

そうなれば必然的に現在の米ドルペッグからも外れ、独自の動きを始めるはず。
これまで安定して推移してきたUSD/CNHの通貨ペアも、大幅にボラティリティが増すことでしょう。
いずれポンド以上の殺人通貨になったりして・・・

現在はチャイナショックや天津爆発で揺れている中国ですが、長期的に見ればより発展し、国際社会への影響力も強まっていくのは間違いありません。
感情的にはいろいろ思うところがありますが、トレーダーとしては無視できない国であるのは確かです。

中国製ではない
中国じゃないことをそんなに強調したいのかっ!?
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

>中国じゃないことをそんなに強調したいのかっ!?
。。。ぅう~ん~。。。通貨の供給量と需要量が、増える。。。
。。。じゃぁ~価値が落ちるぅ~???いやいやぁ~まだ落ちる通貨ならぁ~たくさんあるしぃ~。。。

2015-11-02 19:40 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

Re: No title

> 。。。ぅう~ん~。。。通貨の供給量と需要量が、増える。。。
> 。。。じゃぁ~価値が落ちるぅ~???いやいやぁ~まだ落ちる通貨ならぁ~たくさんあるしぃ~。。。

直近は上昇傾向みたいですね。
確かに貿易黒字の中国元よりも、売るべき通貨は沢山ありそう。
飛行機墜落の影響を考えるとロシアルーブルあたりが狙い目か?

2015-11-02 20:28 | from 幸福賢者

No title

>飛行機墜落の影響を考えるとロシアルーブルあたりが狙い目か?
。。。笑顔。。。ぇえ~幸福賢者さん。。。チャックぅチャックぅ~。。。

2015-11-02 20:42 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/860-a898d961