大人気の日本郵政株に潜む影 - 貴方を幸福にするFXブログ

大人気の日本郵政株に潜む影

ハンバーガーを注文
それを買っていいの!? ((((;゚Д゚)))))))

11/4に日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の3社が同時に東証に上場しました。
いずれも初値が公募価格を上回り、かんぽ生命に至ってはストップ高になるほどの大人気でした。

これに資金を吸い取られたのか日経は軟調気味でしたが、とりあえずは順調な滑り出しですね。

6178日本郵政株価チャート

それにしても、すごい上昇です。
上場ゴールなんて、まずありえない。

かつてのNTT上場のように、大相場の到来でしょうか?
エセ賢者も、郵政株買いたいんだけど・・・

そんなこんなで上場の熱気にあてられてゆうちょやかんぽに手を伸ばそうとしたエセ賢者ですが、SBI証券の買い注文を押す直前に、ふと我に還りました。

あれ、郵政株なんて買ってどうすんの?

郵政と言えば、日本を代表する半国営企業。
民営化されたとはいえ、資金力も安定性もケタ違い。
その株を買うのは、間違いではないはず・・・

しかし、よく考えてみよう。

郵便ってなんだ?

何をする会社だ?

そうだ、切手やはがきを販売して、知人に配達する仕事だよな。

・・・って、

時代遅れにもほどがあるわ!! (♯`∧´)

猫賢者のイメージは50年前で止まっているので正確ではないでしょうが、郵便業務って現在絶賛衰退中の仕事ですよね。
近年電子メールの発達ではがきの量は年々減少し、年末の年賀状ですらメールにとって代わられる有様。
今も昔も猫賢者に年賀状を出す人は皆無だが、それでも斜陽産業であるのは間違いない。

手紙を書く猫
たまには手紙も書くけどね。

そんな株に私財を投じて、成長を期待するというのは、どこかおかしくないでしょうか?
もちろん、マネーゲームに実態はないのはわかっているんですが・・・

無論、ゆうちょは銀行業務だし、かんぽ生命は保険業務だし、郵政にだって色々な業務がある。
しかし、それが民間のベンチャー企業を押しのけて成長し、グーグルやアマゾンと張り合うとは、とても思えないんですよねぇ。

これらの株を買うのはマネーゲームに乗るという意味では正解ですが、将来有望な企業に投資するという意味では間違っている気がします。

そもそも、今回の郵政3社の同時上場には、何らかの思惑が込められている気がします。
っていうか、親会社と子会社が同時上場って、おかしくない?

ゆうちょ銀行とかんぽ生命は日本郵政の子会社であり、その資本は日本郵政の一部です。
資産価値で言えば日本郵政の15兆円で全部であり、それが株式として販売されるなら、他を上場させる意味がない。
3社全部上場させたら、同じ物を重複して売ってることにならないか?

この考えが正しいのかはよくわかりませんが、わざわざ郵政という知名度の高い会社を、しかも3社同時に上場させるということは、何らかの意図があると考えるのが自然。
普通に考えれば、安倍政権による株式市場の流動策でしょうか?

私達若者(自称17歳!)にとっては、ハガキなんて過去の遺物ですが、年配の方には非常に馴染み深い。
郵便局の株が自由に購入できるとなれば、ぜひ買いたいと考えるのではないでしょうか?
もしかしたら、年金を全部郵政につぎ込んで、利回りで暮らそうとする年寄りだっているかもしれない。

件を構える老婆
年寄りの本気は怖い・・・

郵政3社同時上場というビッグイベントを開催することで、日本国民の老後の蓄えを株式市場に誘った。
これこそがアベノミクスの狙いの一つではないかと、エセ賢者は思います。

全ての国策には、何らかの目論みが潜んでいます。
大きなチャンスに惹かれて注目の株式を買うのもいいですが、その裏にある思惑にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

アベノミクスの結果
誰のための政治なんだろ?
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-11-06 21:14 | from -

Re: タイトルなし

> ぼんやりした人間なのでわかりません、教えて下さい賢者さん。日本政府は日本人の資産を守りたいと思ってますか?それとも、アメリカが欲しいって言ったらあげなくちゃな…と思ってるんですか?
> いろいろな出来事が、どこに向かってるのかわからないんです。

スポンサーはいっぱいいて、いろんな思惑が絡んでいるのでしょう。
日本人とかアメリカ人とか大雑把なカテゴリではなく、
特定の企業や個人のために働いているんだと思いますよ。

わかりやすいのは、
アベノミクスの目的が、国債の買い支えであること。
消費税の目的が、輸出企業に対する払い戻し税の給付であること。
マイナンバーの目的が、国民の資産の把握と奪取にあること。

目的は一つずつではないでしょうが、
常に誰かを富ませるために働いています。
日本政府は頑張り屋さんですね。

2015-11-06 21:32 | from 幸福賢者

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-11-06 21:42 | from -

Re: タイトルなし

> そうなんですね…富裕層から超富裕層になるための政策ですね。超富裕層は何になりたいんでしょうね…。やっぱり不老不死でしょうか…

不老不死程度なら、私がとっくに実現・・・

どんなに満たされても、さらに満たされたいと思うのが人の性。
持てば持つほど、失う恐怖が強まるのも、人の性。
彼等の行動原理も、私達とそう差はないはず。

2015-11-06 23:00 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/864-416e8a98