IMFのSDR入りで人民元は高騰するか? - 貴方を幸福にするFXブログ

IMFのSDR入りで人民元は高騰するか?

覇王の座は譲らぬが座席は譲る
これが覇王の余裕か・・・ (゚△゚;ノ)ノ

IMFは11/30の理事会で、SDRの算定基準となる通貨に中国元を加えることを決定しました。
2016年10月からはSDRの組み入れ比率は、

①米ドル$ 41.73%
②ユーロ€ 30.93%
③人民元\ 10.92%
④日本円\ 8.33%
⑤ポンド£ 8.09%


となります。

日本円と人民元の記号がどちらも\なのは、どう考えてもあてつけだよな・・・

まだSDR入りが決まっただけで、自由取引すらできていない人民元が既に日本円と英ポンドを上回っています。
驚くべき評価の高さですね。
名実ともに世界三大通貨の座は、人民元に移ったと考えるべきでしょう。

ところでチャイナさん、IMFにいくら渡したの?

中国製ではない

世界三大通貨入りで、中国元の国際利用が広がるのは間違いない。
しかし、それによって元の価値が上がり、USD/CNHが爆下げするかというと、そうでもないかもしれません。

歴史上SDRが始まってからそこに入ったのは欧州のユーロだけであり、IMFに認められることと為替レートの関係は未だはっきりしません。
そもそも為替は実需より投機の割合のほうが遥かに大きいため、国際利用や国家の外貨準備に組み入れるだけでは、たいして動かないはず。

現在規制によって対ドルレートを維持していることを考えれば、自由化によって介入がなくなり、下落する可能性のほうが高いのではないか?
確証があるわけではありませんが、そう感じます。
中国のインフレ率が他のSDR国より高いのも、下落要因の一つかも。

時代は移り変わり、日本円と中国元の立場も移り変わってきましたが、悲観する必要はありません。
私達はただ変化に身を任せて、有利な身を置けばいいのですから。

車より硬い自転車
ホントに大丈夫か、中国・・・

<合わせて読みたい記事>
⇒元手ゼロからFXを始める方法
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

not CHF but CNHです。

2015-12-02 18:41 | from ただし

Re: No title

> not CHF but CNHです。

しまった。
書き間違えた。
どうも私はスイスフランが好きでたまらないらしい。

ご指摘ありがとうございました。

2015-12-02 18:52 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/890-db4b40bf