GBinarysで70万円の利益没収! - 貴方を幸福にするFXブログ

GBinarysで70万円の利益没収!

焼きそばペペロンチーノ
もう焼きそばですらない・・・ (´д⊂)

毎度おなじみ、誰の得にもならない悪徳金融業者の紹介コーナーです。
今回も張り切って、詐欺行為を働く業者を吊るし上げていきましょう。

・・・こんなことばっかやってるから、サイバー攻撃で酷い目に遭うんだよな。
おのれ、アノニマス。

今回のバイナリーオプション業者は、GBinarys。
肉食ベジタリアンのTさんより、GBinarysで利益没収を受けたとの連絡を頂きました。

<相談メール>
GBinarysという会社をご存じでしょうか?

https://gbinarys.com/

この会社から利益没収されました。
理由は詐欺行為をしているから規約違反との事。

もちろんそのような行為はしておらず、普通に取引していただけです。
どの規約に違反しているのか訪ねても答えられないの一点張り。

違反した証拠を見せて欲しいと言っても無視・・・
二週間近く経ちましたが元金すら戻ってきていません。
ご相談に乗って頂けると助かります。


<GBinarysからのメール>
本日弊社の監視システムより報告を受けましたので連絡させていただきました。
以下が監視システムからの報告になりますのでご確認下さい。

監視システムより取引において詐欺行為が検出されたため、監査部が詳細を調査させていただきました。
上記行為は禁止事項であり、GBinarysでは利用規約の遵守ができる方のみが取引をしていただけます。
弊社での取引にて不正が発覚した場合はお客様の入金額と、最後のポジションによる利益を除いた額が返金されます。

また、払い戻し手続きが完了後、口座は閉鎖となります事をご了承下さい。
上記は最終判断となります事をお知らせ致します。
上記における話し合いは一切禁じられており、行われないことをお知らせ致します。


バイナリーオプションで勝ちまくったところ、理由も告げずに不正取引のレッテルを貼られ、利益を全て没収されたそうです。
その後1月ほどして元金は回収できたものの、これまでも勝ち分は全てパー。
酷い話もあったものですね。

Gbinarys側は一切話し合いに応じなかったので、FinalCashBackを通じて確認してもらいました。
結果として、
「大元のバイナリーオプションプラットフォームプロバイダ側(SpotOption)よりソフトまたは、利用禁止のツールまたは手法による取引と判断された」
との返答がありました。
SpotOptionが問題なのか、Gbinarysの言い訳なのかわかりませんが、いずれにしろ要注意ですね。

Gbinarysの住所・運営元を調べてみたところ、
BINEXT SOLUTIONS SRL LTD (Bucharest, 17 Baba Novac Street, Romania) is a subsidiary of BINEXT GLOBAL LTD (Marshall Islands).
となっていました。
マーシャル諸島にバイナリーオプション業者なんてあるんでしょうか?
嘘を付くならもっとマシな嘘を付け、と言いたい。

ライアーゲーム実写版嘘

ちなみに、カスタマーサポートの電話番号はもっと酷い。

サポート:support@GBinarys.com
TEL: 03-4588-9173 (東京までの国内通話料金がかかります)
営業時間 月~木曜日:日本時間15:00~23:00、金曜日:日本時間15:00~20:00


どう見ても、東京の電話番号です。
しかも、日本時間しか対応していないというアホっぷり。
公式サイトも日本語ばかりで、英語表記にしても日本語が残ります。

おそらく、日本の詐欺グループが日本人を嵌めるために作った業者でしょう。
日本人の敵は日本人ということかな?

Gbinarysほど露骨な業者は珍しいものですが、実際に日本人を標的にした業者は少なくありません。
きっとお人良しで騙されい日本人は、美味しい獲物に見えるんでしょうね。
業者選びの際は、「その会社が本当に海外で活動しているか?」も調べておきましょう。

今回のTさんはキャッシュバックサイトを経由せず取引をしていましたが、FinalCashBackに協力してもらい、事の次第を明らかにすることができました。
業者に直接クレームを付けても相手にされない時は、キャッシュバックサイトや入金元に相談するのも手です。
どこぞのエセ賢者よりよっぽど頼りになりますので、ぜひご利用ください。

ファイナルキャッシュバック

関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


登録している業者の一つで、怪しいなと思ったらやっぱりそうでしたか
うちからも追い込みかけときますわ

2016-01-07 08:37 | from 名も無き天才投資家

No title

つまりファイナルキャッシュバックの宣伝ということですね。

2016-01-07 09:30 | from 名も無き天才投資家

Re: タイトルなし

> 登録している業者の一つで、怪しいなと思ったらやっぱりそうでしたか
> うちからも追い込みかけときますわ

どんどん追い込んでやってください。
これ以上の被害を食い止めるためにも。

2016-01-07 17:36 | from 幸福賢者

Re: No title

> つまりファイナルキャッシュバックの宣伝ということですね。

まさにその通り!

ですけど、Tさんに
「Gバイナリーに天誅を!」
と頼まれたのもホントですよ。

2016-01-07 17:37 | from 幸福賢者

No title

>おそらく、日本の詐欺グループが日本人を嵌めるために作った業者でしょう。
日本人の敵は日本人ということかな?
。。。いやぁ~絶対にぃ~。。。でしょうぅ~???
>新年早々、アノニマスのサイバー攻撃で虫の息です。
???それぇ~何ですかぁ~???
。。。わかぁ~らぁ~ん~???

2016-01-07 20:17 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

No title

。。。アノニマスぅ~???
。。。アベノミクスぅ~ならぁ~解るけどぉ~???
なんやろぉ~???
。。。わかぁ~らぁ~ん~???

2016-01-07 20:21 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

Re: No title

> 。。。アノニマスぅ~???
> 。。。アベノミクスぅ~ならぁ~解るけどぉ~???
> なんやろぉ~???
> 。。。わかぁ~らぁ~ん~???

イスラム国のテロや日本の捕鯨に抗議してサイバー攻撃を仕掛けてくる、
迷惑なハッカー集団です。
過激派エロテロリストである私にも、容赦なくウィルスを送ってくる模様。

2016-01-07 20:45 | from 幸福賢者

No title

起源[編集]

>新年早々、アノニマスのサイバー攻撃で虫の息です。
。。。検索。。。



アノニマスのメンバー
アノニマス(Anonymous)とは「匿名の」という意味を持つ形容詞。語源は、ギリシャ語 ἀνώνυμος anṓnumos アノーヌモス:an-, “without”+ ónoma, “name” つまり、 “without name”「名前のない」からきている。 インターネットにおいては掲示板に画像やコメントを投稿する時の名前の無いというところから使用されている。この共有人格的な意味での使われ方のアノニマスは匿名画像掲示板が発祥である。この掲示板では、名を名乗らずコンテンツを投稿する人(名無しさん等のように)に対して「アノニマス」というタグがつけられる。掲示板においてアノニマスという言葉は、本物の人間を表すようになっていった。4chanが流行するにしたがって、アノニマス=名もなき個人の集団という考え方は一種のインターネットミームとして定着していった[5]。つまり、概念的な話となるが、アノニマスは広く、名付けられていない集団を示している。その定義では、簡単に一括りに出来ないと言うことが強調され、その量の大きさを示す警句で示される。



インターネットを基礎にした最初の集合的無意識である。アノニマスは、烏合の衆が集団であるという意味で集団である。その集団をどう認識するかって? 彼らが同じ方向を向いて動いてるからだ。いつでも参加し、離れ、どっかへ行ってしまう。

— クリス・ランダース、ボルチモアシティペーパー, April 2, 2008.[6]

活動[編集]

オーストラリア政府への攻撃[編集]

インターネット規制に抗議する形でオーストラリア政府にサイバー攻撃とデモなどの合法的な抗議活動を行っている。アノニマスは、これをOperation Titstormと呼んでいる。詳細は2010年2月オーストラリアサイバー攻撃の項目参照。

アラブの春[編集]

2010年から2011年にかけて起こっていたアラブ世界での反政府デモや騒乱(アラブの春)に関連して、アノニマスも活動を行っていることを示す報道が見受けられる。

チュニジアでのウィキリークス情報の検閲と、2010年から2011年にかけてチュニジアで起こった「ジャスミン革命」における情報統制に関連して、8つの政府のウェブサイトがアノニマスのDoS攻撃のターゲットとなった[7]。アノニマスは自らの作戦を「チュニジア作戦(Operation Tunisia)」とし、政府の規制に対する非難声明を記した公開書簡の形のウェブページで、チュニジア政府のサイトを書き換えた[8]。

2011年1月26日「Operation Egypt」(エジプト作戦)と名付けられたプレスリリースが公開され、エジプト政府は検閲を行い人々の言論や宗教の自由が抑圧されていると非難した。そしてエジプトの人々に対して、発言の自由や情報発信の権利を守るために現実世界とインターネットの両方の世界に置いて、共に立ち上がろうと呼びかけた[9][10]。2月初頭、アノニマスは反政府活動を行なう人々の支援を受け、エジプト情報省とムバーラク大統領のウェブサイトを攻撃しオフライン化させた[11]。

「アラブの春」も参照

麻薬組織への対抗[編集]

2011年10月6日、アノニマスのメンバーを名乗る者が、メキシコの麻薬組織セタスにさらわれた仲間を助けるため、セタスに協力している人物の情報を公開するとYouTube上にアップロードした動画で脅した[12]。これにより、同年11月4日に仲間は解放された[13]。

違法ダウンロード刑事罰化への対抗[編集]

2012年、6月20日に日本で可決された違法ダウンロード刑事罰化に対する抗議活動を行うことを6月23日に宣言[14](米東部標準時25日、日本標準時26日午前2時ごろ)にTwitterでも宣言されたため、一部25日との報道あるが、実際は23日)[15]。26日に財務省、自民党、民主党などの公式ウェブサイトを[16]、翌27日夜には日本音楽著作権協会(JASRAC)[17]公式ウェブサイトをサーバダウンさせている。今後、日本国政府と日本レコード協会に対する攻撃をほのめかしており、日本の警視庁は、不正アクセス禁止法違反の容疑で、本格的な捜査に乗り出すことを発表した[18]。

その一方、「国土交通省霞ヶ浦河川事務所」を攻撃(「大飯原発再稼働反対」を訴える画像などを掲載)したものの、日本のネットユーザーから「『 霞ヶ関(かすみがせき)』を『霞ヶ浦(かすみがうら)』と間違えているのでは?」と指摘され、アノニマス側は「やっぱり日本語は難しい」とTwitterで述べている[19][20]。

北朝鮮への対抗[編集]

2013年、朝鮮民主主義人民共和国当局に対し人工衛星「光明星3号2号機」打ち上げを「弾道ミサイル発射実験」であるとして、また2012年の米国の核実験や米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」「フォールイーグル」に対抗する一連の措置を採ったことについて「核実験を行った」として一方的な抗議活動を行い、関係の複数サイトを攻撃。サイト「わが民族同士」をハッキングした問題で、サイトに関する情報などを公開した。  

過激派組織ISILへ宣戦布告[編集]

2015年2月8日、中国メディア・澎湃新聞網は、アノニマスが過激派組織ISILへ宣戦布告したと伝えた。ISILはあらゆるSNSやインターネットを巧妙に利用し、世界中から参加者や賛同者を募っており、プロパガンダの重要なツールとしている。アノニマスはこうしたISILの態度に対し、「われわれはお前たちを追いかけ、アカウント、電子メール、個人情報のすべてを暴く。お前らはウイルスで、われわれは治療者だ」と宣言し、数日間でISILに関するフェイスブックやツイッターのアカウント数100件を削除したとした上で、世界中のハッカーに対し、ネット上のISILのプロパガンダに対抗するよう呼びかけた[21]。一方でISILのアカウントを削除することで彼らの動きがつかみにくくなるマイナス面を指摘する声もある[22][23]。

2015年11月17日、「ISフランス州」名義でパリ同時多発テロ事件の犯行声明を出したことを受けて、大規模なサイバー攻撃を仕掛けると予告する動画をYouTubeにて公開した[24][25]。

ネットいじめの犯人探し[編集]

カナダの15歳の少女がネットいじめによって自殺したことを受け、アノニマスはいじめの主犯格とされる男の名前と住所をネット上に公開した[26]。

KKK名簿の公表[編集]

2015年11月5日、クー・クラックス・クランの支持者とする約1000人の名前を公表した。ハッキングではなく、専門家への取材とデジタル諜報やソーシャル・エンジニアリングを使ったとしている[27]。

映画[編集]

We Are Legion: The Story of the Hacktivists[編集]

アノニマスを映画化したものに、『We Are Legion: The Story of the Hacktivists』(en:We_Are_Legion)が存在する。米Luminant Media社2012年制作。93分続くドキュメンタリー映画作品で、関連ニュース番組、元アノニマス(逮捕者およびその家族含む)、現アノニマス、アノニマスを研究している大学教授、関係が深いマスコミ記者などの専門家やアノニマスに攻撃されたセキュリティ会社元社長など複数のインタビュー取材を集積したものでアノニマスの真相に迫る作品として日本ではNHKが2013年3月5日に邦題「アノニマス〜“ハッカー”たちの生態〜」として放送した[28]。現在、日本語字幕を付け短く編集された編集版がYoutubeにアップロードされ公開されている[29]。LAダウンタウン映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞ほか複数の受賞が公式HP上にて確認できる。公式サイトには「私たちは多数あるハクティビストの物語」つまり続編の制作を発表している[30]。

プランBエンターテインメントによる映画化[編集]

2014年4月ブラッド・ピットが所有する映画制作会社プランBエンターテインメントはアノニマスの逮捕者 Deric Lostutter(デリク・ロスタッター)および彼が暴いた事件の映画化権利を獲得した、とハリウッド系メディア[31][32]とイタリアメディア[33]は報じている。実際の制作スケジュールやキャストあるいは題名・公開予定日などは不明。
。。。やっぱりぃ~オージぃ~はぁ~硬いぃ~のぉ~。。。

2016-01-07 20:50 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

No title

。。。よければyoutubeのドキュメンタリー アノニマス~"ハッカー"たちの生態~ 1/5 やりてみたいですね。。。

2016-01-07 20:58 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

バイオプという業者も詐欺のようです

バイオプという業者も詐欺なようですね。
入金ボーナスにつられて入金したものの出金できない被害が出ているようですよ。1年以上待っていますってどれだけお人よしなのか、とも思いますが。

http://binary-60support.com/kouza-nyusyukin/binaryoption-syukkin-suujitu/

入金ボーナス100%!!とかは要注意なんですかね。

2016-01-10 11:21 | from maru

Re: バイオプという業者も詐欺のようです

> バイオプという業者も詐欺なようですね。
> 入金ボーナスにつられて入金したものの出金できない被害が出ているようですよ。1年以上待っていますってどれだけお人よしなのか、とも思いますが。
>
> http://binary-60support.com/kouza-nyusyukin/binaryoption-syukkin-suujitu/
>
> 入金ボーナス100%!!とかは要注意なんですかね。

情報提供ありがとうございます。
バイナリーオプションは詐欺業者が多いみたいですね。

2016-01-10 11:40 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/922-00327ba7