クレジットヒストリー ローンや口座開設が断られる理由 - 貴方を幸福にするFXブログ

クレジットヒストリー ローンや口座開設が断られる理由

少女漫画ATM貯金箱
最近の女子は現実的だねぇ・・・ (´∀`*)

住宅ローンやクレジットカード、ローンカードなど、金融関係の申し込みにおいては個人の信用力が試されます。
申し込み内容に対して信用が不足している場合は、融資や取引を断られることも多い。

場合によっては、銀行やFXの口座が開設ができないこともあります。
普段は意識しないステータスですが、できることなら高く保ちたいものです。

信用度の基準と言えば、一般的に職業や年収と思われていますが、それ以外にも重要な要素があります。
それが、クレジットヒストリー
平たく言うと、クレジットカードの支払履歴ですね。

クレジット情報には以下のようなデータが蓄積されており、個人信用情報センターによって管理されています。

<クレジット情報の例>
・氏名
・生年月日
・電話番号
・住所
・勤務先
・契約の内容
・契約年月日
・契約終了予定日
・支払回数
・限度額/内キャッシング枠
・請求額
・入金額
・残債額
・返済状況


この中でも大事なのは、勤務先、限度額、残債額、返済状況あたりですかね。

・勤務先
公務員や教師なら借りやすいし、漁師や自営業は借りにくい。
ヤクザや無職なんてもってのほか。

・限度額、残債額
収入が高くても、それ以上にローンがあったら借りれるわけがない。
仮に全く借り入れがなくても、持っているクレジットカード・ローンカードによって借り入れ余力が尽きていると見なされる場合があります。

・返済状況
言うまでもないことですが、未払いや支払の遅れは事故として記録されます。
うっかり引き落とし日に入金を忘れたら、さあ大変。
一度クレジットヒストリーに傷が付いたら、融資が難しくなるのは間違いありません。

ご利用は計画的に。

借金する時点で無計画

このクレジットヒストリーですが、実は個人でも確認することができます
個人信用情報センターの窓口に申請すれば、手数料1000円で自分の「信用情報開示報告書」を取得することができます。

「なんで融資を断られたんだろう?」

「これから申請するけど、大丈夫かな?」

と思っている人は、調べてみるのもいいかもしれません。

普段の生活で認識することはありませんが、私達にはそれぞれ金融業界における格付けが決まっていて、投資や借金とは無縁の方であっても例外ではありません。
誰もが仕事と借入によって評価され、数字で冷酷に判断されます。
だから、クレジットカードは大切に使い、間違っても支払い忘れなどないようにしましょう。

『何の事故もない綺麗な履歴』って、意外と貴重です。
失ってみないと、わからないものですけどね。

もちろん、このエセ賢者のクレジットヒストリーは、潔白そのものですよ。
クレカは全て一括払いだし、ローンなんか組んだこともありません。

一流企業に勤めているサラリーマンなので、信用力も極めて高い。
プロミスでもアイフルでも、アコムでもモビットでも、即日融資が可能でしょう。

試しに、適当な銀行で融資の相談をしてみましょうか。
まぁ、楽勝に決まっていますが。


エセ賢者「よぉ、銀行員のねーちゃん。
       百万ほど用立ててくれや」

受付嬢「申し訳ありません。
      大変申し上げにくいのですが、当社では猫のお客様には貸付を行っておりません」



なん・・・だと!

凄い驚いた猫
やっぱりダメでした。ヽ( ´_`)丿


合わせて読みたい記事
・クレジットカード発行の前に考えるべきこと
・クレジットカード比較 最高の一枚を君に
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/925-3a124bd0