恐怖や不安の正体と対策 - 貴方を幸福にするFXブログ

恐怖や不安の正体と対策

ハゲても安心
安心できねぇよ! (*`・з・´)

恐怖を感じることのできる人は、幸せです。

なぜなら、恐怖とは既に持っている物が失われる懸念であり、それを持たない人よりもずっと恵まれていることを示しているからです。

お金、家、健康、地位、恋人、子供・・・恐怖の裏には、必ず大切なものが隠れています。
不安でどうしようもなくなった時は、自身がむしろ羨望されるべき立場にあることを思い出してください。

失って惜しい人間関係もない

境地に陥った時、ただ恐怖に囚われて、それを遠ざけようとしてはいけません。
その気持ちの裏側にあるポジティブな側面に気付いてください。

相場の暴落を恐れるのは、貴方が他の人より裕福であるからです。
病気になりたくないと思うのは、これまで健康でいられたからです。
家族と別れるのが辛いのは、大切な人がいるからです。

恐怖の裏側には必ず、かけがえのない何かを守ろうとする意思があります。
それに気付くことが、恐れを乗り越える唯一の方法なのです。

私はかつて、恐怖とは良くない物だと思っていました。
悪い出来事を予期しているから恐れているのか、引き寄せの法則が言うように恐怖自体が悪い出来事を引き起こすのかはわからないけれど、恐怖の後には必ず悲劇が起こるものだと思い込んでいました。
今思えば、バカな考えでしかありませんが、本当にそれを信じていました。

困った事態や不利な状況失敗を表す言葉

けれど、違いました。
恐れるということは、大切なものがあるということ、
そして、それはまだ失われていないということを示していたのです。

もしも実際に消失してしまえば、恐怖は消えてなくなります。
だって、失うものがなければ、それを維持する必要もなくなりますから。

そういう意味では、流れに任せて喪失してしまうのも、一つの解決策かもしれませんね。
もっとも、私はそれを望みませんでしたが。

既に天涯孤独の身となり、己の命さえ惜しくなくなった私にさえ、まだ失いたくない物がある。
私にはまだ、戦ってでも守りたいものがある。

脅威に怯えて戸惑う心は、盛んにそれを教えてくれていたのですよ。

守りたい家

恐怖を感じた時は、そこから目を背けてはいけません。
不安から逃れることだけを考えて、短絡的な解決を求めてもいけません。
その対応はきっと、後悔を生むでしょうから。

膝が震え、心が折れかけたその時こそ、
自覚しなければなりません。

自分にはかけがえのない宝物があって、
今はそれを守る時なのだと。

失った過去には戻れない
逃げても立ち向かっても、今はこの一瞬しかない。
だから後悔しないように、頑張って生きてみよう。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-01-12 20:56 | from -

Re: タイトルなし

> 賢者さん天涯孤独なのですか… でも全然寂しそうじゃないです。強いのですね。
> そしてやっぱりニートじゃなかったんですね…!
> 賢者さんていったいどんな人なんでしょう。妄想は膨らむばかりです。

ブログ左上の写真の通りの人(?)ですよ。
我々野生動物は、生まれてすぐ親元を離れます。
孤独で当たり前なのですよ。

それに比べると、人の社会は恵まれすぎているようにも感じます。
あまりにも裕福な生活を送っていると、
かえって不安に苛まれるものかもしれません。

2016-01-12 21:03 | from 幸福賢者

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-01-12 22:01 | from -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-01-15 18:34 | from -

Re: お世話になっております。

> 幸福賢者さんは強くて、賢い人なんだろうな、と思います。
>
> でもそうですよね、野生動物も、飼われている動物も、
>
> 生まれてある程度成長したら、親元から離れて行くのが一般的なんですよね。
>
> ここでふさわしい話かは分かりませんが、
>
> 「自殺」をする人というのは、
> むしろ、「もう問題を放り出していいんだ」という
> 諸問題から開放されるポジティブな気持ちで
> 命を絶つことがある、というのをきいたことがあります。
>
> 本当に、生きる意味が何も無くなった人はそうなのかもしれないですね。
>
> 私もとあるSNSにいたとき、いろいろ誤解やすれ違いから人間関係をこじらせてしまいショックを受けたことがあったのですが、
> 「もうこのSNSに未練は無い。退会しちゃえばいいんだ!」と思ったら、今までの悩みがふきとんで
> かなり晴れ晴れした気持ちで退会できました。
>
> ↑自殺の問題とこれを同じにしたら怒られるかもしれないですけど、
> SNSを「この世」に例えると、
> 自分という存在がいなくなった後もSNSは続いていて、
> でも、他の人にコメントした発言は、
> 名前欄が消えても残ってるんですよね。
>
> 自分がこの世から去っても、
> 他の人と関わった痕跡は、
> その人がこの世から去らない限り残る、ということですよね。
> 良い発言も、悪い発言も。

会社でも、辞表を持った人が一番良い仕事をするといいます。
どんなこともいつか終わるのですから、
これが最後だというつもりで、全力で生きればいいと思います。

2016-01-15 19:01 | from 幸福賢者

そうだったのか〜、って、とても腑に落ちました。教えてくださってありがとうございます、楽になった♪

2016-09-15 11:13 | from モンマルトルのキキ

Re: タイトルなし

> そうだったのか〜、って、とても腑に落ちました。教えてくださってありがとうございます、楽になった♪

感情はどれも生きるために大切な役割を持っているんですが、
それに気付かないと邪険にしたり、振り回されたりしがちです。
ただ感情を変えるようとするのではなくて、その意味をよく考えてみてください。

2016-09-15 11:43 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/927-ed0cb61a