逆流する投機資金の行き先 - 貴方を幸福にするFXブログ

逆流する投機資金の行き先

熊のプーチンさん
プーさんも大変だねぇ。

年初から株式市場・為替市場の暴落が続き、まるで底が見えない状態です。
いずれこれも○○ショックと呼ばれる日が来るんでしょうか?

株価や為替レートが下落するということは、株式市場や為替市場から資金が流出していることに他なりません。
果たして、株を売ったお金はどこに行っているのでしょうか?

<資金の逃避先>
①産油国
②日本国債
③先物の空売り
④現金化


他にもあるでしょうが、だいたいこの四つのどれかでしょう。

①産油国

現在最も顕著になっているのが、産油国への資金の逆流。
要するにオイルマネーが祖国に還っているわけです。

なぜオイルマネーが戻るかというと、単純に原油価格が下がりすぎているから。
長い原油高でウハウハだった中東の国々が原油安に転換したことで窮乏し、生活レベルを維持するために株式相場から資金を引き揚げているようです。
その総額はざっと300兆円に及ぶと言われていますが、まだまだ増えるかもしれません。

②日本国債

次に目立ってきているのは、日本国債への資金流入ですか。
アベノミクスの初期は日本から海外へ資金が流出していましたが、最近は海外から国債市場市場が流入しています。

ただでさえ日銀の買い占めによって金利が下がっているというのに、海外の買いがさらにそれを加速させています。
既に国債金利は最低を更新し、国債バブルと言ってもいい状態です。

日銀が国債を品薄にしてくれたことで、世界中が安全資産に群がっているのかな?
だとしたら、日銀は緩和することで逆に円高をもたらしているということになるが・・・

黒田バズーカ

③先物の空売り


空売りの増加は、暴落時のお約束。
下落相場をチャンスとして捉えてショートを勧める投資家は多いし、トレンドフォローアルゴリズムは下落する銘柄を全力で叩き売ります。

下がり続ける限り、自動売買はショートの積み増しを止めません。
セリクラが起こってロンガーが全滅するまで、この勢いは止まらないかもしれませんね。

④現金化

金額面でいえば、一番大きいかも。
全ての資産を現金化して持っておけば、何が暴落しようと損はしません。
どんな物より、現金が一番小回りが利くのも確かですし。

こういった下げ相場では大半の投資家が財産をキャッシュに戻し、いつか来る再投資の時を待っています。
リーマンショックを経験した熟練トレーダーなら、なおさらのこと。

値段が下がったからといって、すぐに手を出してはいけません。
お買い得に思えても、じっと我慢です。
落ちるナイフを掴むのが、一番危険ですから。

外は危険な群馬県
外に出てたら死ぬぞ!

既にアベノミクス相場は終わり、明らかなダウントレンドに突入しています。
貴方が保身を望むのなら、上に書いたように現金や日本国債として持っておくのが賢明でしょう。

どこが底になるのか?
いつ反転するのか?

それは、後にならないとわかりません。

相場は常に予想を超えて、
どんなことも起こりうる。

それを覚えておいてください。

危険予知6項目
どんな危険もあり得ると知れ。

<合わせて読みたい記事>
⇒元手ゼロからFXを始める方法
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

>日銀は緩和することで逆に円高をもたらしているということになるが・・・
。。。幸福賢者さぁ~んまたこれからまだまだ円高傾向になるのでしょ~か???

2016-01-17 19:31 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

Re: No title

> >日銀は緩和することで逆に円高をもたらしているということになるが・・・
> 。。。幸福賢者さぁ~んまたこれからまだまだ円高傾向になるのでしょ~か???

客観的に見て、上昇よりは下降の確率が高い。
日銀も追加緩和は不要と発言しているし、あったとしても月末。
とりあえず今買うのは賢明ではないので、
荒れ相場が終了するまで様子見です。

2016-01-17 19:53 | from 幸福賢者

No title

>様子見です。
。。。笑顔。。。ぇえ~ものすご~ぃい~やばっこいぃ~状態ですしねぇ~。。。

2016-01-17 20:30 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/931-71d29b00