すっぱいブドウを欲する勇気 - 貴方を幸福にするFXブログ

すっぱいブドウを欲する勇気

干物を狙う猫
手を伸ばせば、すぐそこにある。

たわわに実ったブドウを見つけた狐は、それを食べようと飛び上がったが、届かずに諦めた。
狐は怒りと悔しさを感じながら、
「どうせすっぱくてまずいだろう。誰が食べてやるものか。」
と捨て台詞を残して去った。

これが有名な『すっぱいブドウ』のお話です。
実際の狐にそういった感性があるのかは知りませんが、私達人間には手に入らない物をけなすことで安心を得ようとする傾向があります。

「トレーダーにならなくて良かった。
もしなっていたら、ポジションが心配で夜も眠れなかったろう。」

「お金持ちでなくて良かった。
もしもお金があったら、詐欺師に狙われていただろう。」

「結婚しなくて良かった。
もししていたら、奥さんの尻に敷かれて、しまいには慰謝料を請求されていただろう。」

出世しなくて良かった。
会社員でなくて良かった。
エリートでなくて良かった。

そんなポジティブなのかネガティブなのかわからない言葉で、自分を慰め続けるのが私達なのです。

人・物・地位・階級など、努力しても手が届かないものは沢山ある。
それを諦め、心の平安を得る行為を、誰が責められようか?

気休めに使うみじめな道具

けれど、思い出して欲しい。

それを誰よりも欲しがっていたのは、誰だったか?
夢を追いかけていた時の気持ちは、その程度のものだったのか?

諦めることは、決して悪いことではありません。
むしろ、さっさと見切りを付けて、次に向かったほうがいいことのほうが多い。

仮に無理してブドウを口に入れたとしても、それが甘いかどうかは誰にもわからない。
思った以上に酸っぱくて、後悔するかもしれない。

それでも、果実を望んだ事実は、決して消えはしません。
誰に嘘を付いても、結局自分の心だけは騙せない。

だったら、手を伸ばすしかありません。
身を乗り出して、
つま先をピンと伸ばして、
不格好でも懸命に掴もうとするしかありません。

多分、ブドウは甘くはないでしょう。
早熟で酸っぱくてたまらないか、既に傷んでいるかもしれません。
けれど、それを知るためには、努力するしかないのです。

ブドウの味なんか、誰も保証してくれない。
「がんばれ」とも言っていない。

それでも、貴方は挑戦するしかない。
誰がなんと言おうと、それが貴方の願いなのだから。

実ったブドウ
結果が伴うかは、誰にもわからない。
けれど、それを求めてやまない心は、間違いなく今ここに在る。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-02-06 20:06 | from -

Re: タイトルなし

> プレミアムなモノを欲しがる人、いますね。本来の価値を大切にしたいという事と、それにまとわりついた付加価値を得たいから付加価値を大切にしたいという事って、全然違うんですよね。でも、それがどんどん一緒になってる気がしてます…。
> 価値なんて、政治や経済によって簡単に変わるし、結局同じことなのかなぁ…。何が普遍の価値観なんでしょう…賢者さん教えて下さい!

価値とは、当人が決めるもの。
不変な価値感などありません。

誰もが同じ価格を付けるなら、商売もトレードも存在しません。
だって、交換する意味ないでしょ。
それぞれが別々の物を求めるから、経済が成り立つのですよ。

2016-02-06 21:39 | from 幸福賢者

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-02-06 22:09 | from -

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/948-898e6f88