仕手はクソポジを助けてはくれない - 貴方を幸福にするFXブログ

仕手はクソポジを助けてはくれない

胸に空洞は失恋ではなく結核
放っておくと、大変なことになります。

黒田バズーカ3でほっとしたのも束の間。
再開した下落相場によって、エセトレーダーのポジションも猛烈に含み損になっています。

楽観的なエセ賢者は強い買いが入って含み損が解消されるのを期待していますが、多分助からないでしょう。
素人の損を帳消しにするためにわざわざ大量のロングを入れるファンドなんて、まずありませんから。
(ショートで損切りさせる輩はいっぱいいるが)

仕手株を仕掛ける人の立場に立って、考えてみましょう。
二つの銘柄があるとして、次のうちどちらを買いますか?

①個人が大量に買っている銘柄

②個人があまり買っていない、あるいは売り越しの銘柄

当然、後者ですね。
既に虫がたかっている果実を、わざわざ食べようとする獣はいません。

株や外貨を買って利益を得るためには、

①まず自分が買う

②他の誰かに買ってもらう


の順で、買値より高く吊り上げてもらわなくてはなりません。
利益を出すためには、他人より先んじることが何よりも大切なのです。

「誰も知らないうちに買い、
メディアを通じて素人を誘い、
素人より先に売り向ける」


これが仕手株の鉄則です。

もしも他人が先に買い集めた株を後から買えば、先人が先に利確して、自分が含み損を抱えることになる。
そんなことをして損するバカが、一体どこにいるというのか?

・・・ああ、エセ賢者がいたか。

投機ファンドはいつも有望な投資先を探していますが、その対象となるのは、
・個人が群がっていない
・カチ上げる材料がある

銘柄であって、私達が今取引している手垢にまみれた銘柄ではありません。
もちろん、GPIFや日銀なんてお邪魔虫が付いた株式も同様。

どんな有望株もメディアに露出し、私達素人がそこに引き寄せられた時点で賞味期限は切れています。
お宝を探そうと思ったら、皆と同じこと物を見て、同じことを考えていてはいけないのです。

水虫にかかっていない豚足
これは買いかな?
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/949-1e8c3041