マイナス金利で黒田総裁は家を買った - 貴方を幸福にするFXブログ

マイナス金利で黒田総裁は家を買った

女子高生を食べたい
気持ちはわかるけど、それは選んじゃダメ!Σ(゚д゚|||)

日銀がマイナス金利を導入してから株価や為替は軟調に推移していますが、その一方で不動産市場はにわかに活気づいているようです。
既に住宅ローンの金利引き下げは過去最低を更新し、1%を下回る低金利が続々登場しています。

このチャンスに夢のマイホームを手に入れようとする人は多く、モデルルームや住宅展示場が盛況です。
ホームレスのニート賢者には関係のない話だがな・・・

不動産業界が活気づく中、先んじて高額のマイホームを購入した人がいます。
その名は、黒田東彦
我等が日本銀行の総裁です。

総裁が購入したのは、東京都世田谷区の高級マンションの最上階。
値段は1億円を超える、いわゆる億ションというヤツらしい。

購入には金利の下がった住宅ローンを使用したかと思いきや、実はキャッシュで一括購入したらしい。
億越えの住宅を現金で買えるとか。
総裁って給料高いんですね・・・

※日銀総裁の年収は約5000万円で、総理大臣より高い

黒田は消費税を上げたい
上級公務員の給与を引き下げれば、消費税は必要ないんじゃないか?

多分黒田総裁がローンを組まなかったのは、インサイダーの疑いをかけられないためでしょう。
自分の借金のために金利を引き下げたら、利益誘導になりかねないし。

既に71歳の彼が今更新居を買ったところで、あと30年も住めるとは思えない。
いずれ老人ホームに入ることを考えれば、20年も怪しい。

それでも敢えて億ションを買うのは、
「今後の値上がりが期待されている」
か、
「今が買い時だと民衆に知らしめたい」
のどちらかでしょう。

彼は日本で不動産バブルでも起こしたいのかな?
お隣の中国では、上海不動産バブルが過熱して、とんでもないことになっているというのに・・・

いずれにせよ、日本の金融のトップが不動産を購入したことは、マイホーム購入へのアジテートと捉えられるに違いない。
土地も家も余っている田舎はともかく、都心の不動産市場はしばらく活況が続きそうです。

黒田総裁三次元緩和
目的のためなら身銭も切る姿勢は、実にご立派。
けれど、方策が間違っているなら、どんなパフォーマンスも無駄ではなかろうか。

関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-03-08 22:49 | from -

Re: タイトルなし

> え~っ、1億円の最上階!その部屋から見下ろすのですね、私達の住む下界を!まさに天守閣ですね!殿様なのですね!江戸時代は終わってなかったのですね!

元総理も近所に住んでるみたいです。
金持ちって、下界を見下ろすのが好きですよね。

2016-03-08 22:56 | from 幸福賢者

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-03-08 23:16 | from -

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/972-55174b32