パナマ文書 タックスヘイブンにおける脱税暴露 - 貴方を幸福にするFXブログ

パナマ文書 タックスヘイブンにおける脱税暴露

コーヒー代金の行方
知られざるお金の流れ・・・

パナマ文書とは、パナマの法律事務所が作成したオフショア会社に関する文書のことです。
1970年代から作成され、総数は1150万件。
カリブ海などのタックスヘイブンタックスに会社を作ることで、膨大な節税を成した企業や個人の名前が記載されているそうです。

4/3日に国際調査報道ジャーナリスト連合がその一部を公開したことで、世界中で大騒ぎになっています。
なぜか日本では報道されていませんが、近年稀に見る大きなスキャンダルですね。

最近急速に円高が進んでいるのも、これが原因かもしれません。

<パナマ文書に名前が上がっている政治家・著名人>
アイスランドのグンロイグソン首相
アルゼンチンのマクリ大統領
ウクライナのポロシェンコ大統領
パキスタンのシャリーフ首相
サウディアラビアのアブドゥルアズィーズ国王
ジャッキー・チェン
セコム創業者の飯田亮・戸田壽一
アグネス・チャン


アグネス寄付と日本ユニセフ
さすがアグネスさん、尊敬するよ。

<パナマ文書に記載されている主な日本企業>
セコム
電通
ソフトバンクグループ
バンダイ
サンライズ
大日本印刷
大和証券
ドリームインキュベータ
ドワンゴ
ユニクロ
ジャフコ
JAL
石油資源開発
オリックス
丸紅
三菱商事
商船三井
日本紙
双日
日本郵船
シャープ
三共
東レ
パイオニア
ホンダ


<パナマ文書に対する各国の動き>
アメリカ・・・司法省が犯罪証拠として調査中、財務省が調査中
ドイツ・・・法務大臣が税金逃れや財務犯罪対策の法律を提唱
イギリス・・・歳入庁が本件に適切な行動を行うと約束
フランス・・・オランド大統領「調査をし、訴追を行い、裁判をやる」と約束
スペイン・・・司法当局と法務大臣が調査をアナウンス、ISIJと提携
オーストラリア・・・800のクライアントを調査中。
スイス・・・欧州サッカー連盟オフィスを強制捜査。
アイスランド・・・首相が辞任。「パナマ文書」の資産隠し疑惑。
中国・・・報道規制
日本・・・「日本政府として文書を調査する考えはない」
      マスコミは報道自主規制


海外メディアは、どこもこの件で持ち切り。(日本除く)
インド、オーストリア、スウェーデン、メキシコ、チリなど、各国で大騒ぎになっており、アイスランドでは暴動の上に首相が辞任しています。
税制を決める国のトップが脱税で私腹を肥やしていたのだから、国民が激怒するのは当然でしょう。

それに対して、日本政府・マスメディアのなんと消極的なことか。
自身のスポンサーの名前が大量に載っているのだから当たり前だが、彼等の頭には正義の文字はないらしい。

皆様のNHK

タックスヘイブンを利用した金融取引そのものは違法ではありませんが、資産隠しや資金洗浄などに悪用している疑いがあります。
企業としては、大きないイメージダウンですね。
株価も下がるかもしれません。

心配なのは、この件が明らかに円高要因だということですね。
世界各国の大企業・資産家は自国の税金を避けるために、盛んにタックスヘイブンに資産を送り続けました。
特にアベノミクス円安に急き立てられた日本企業は、その資金が膨大だったはず。

パナマ文書で不正が暴かれれば当事者はもちろん、世界中のオフショアが資金を引き揚げるでしょう。
世界トータルで2000兆円を超えるという膨大な資金が、安全な国へ流れ込むわけです。

そうなれば、資金の提供元かつ世界一の安全国家である日本の通貨は、相当買われると思われます。
既に110円を割ったドル円も、底が見えなくなるかもしれませんね。

政府が庶民に重税を課す一方で、富裕層は海外で脱税に勤しむ。
こんなふざけた状況は潰されて当然ですが、日本経済への影響も心配です。

イケメン税
恵まれた者が十分な税金を納めれば、増税なんか必要ないのに。

<次の記事>
⇒パナマ文書に隠された米国の陰謀
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

貴重な情報ありがとうございます。
幸福賢者さんのブログを見なかったら、気付きませんでした。
この企業が税金払っていれば、消費税上げる必要どころか、下げても大丈夫だったかもしれませんね。
それにしても、日本のマスコミは…
笑うしかありません)^o^(
お金に固執する人はお金に滅ぶといいますが、さていかに…

私はドル円をひたすら売っていましたが、気付けばポンド円が…

2016-04-07 20:04 | from 鈴木 規夫

Re: No title

> 貴重な情報ありがとうございます。
> 幸福賢者さんのブログを見なかったら、気付きませんでした。
> この企業が税金払っていれば、消費税上げる必要どころか、下げても大丈夫だったかもしれませんね。
> それにしても、日本のマスコミは…
> 笑うしかありません)^o^(
> お金に固執する人はお金に滅ぶといいますが、さていかに…
>
> 私はドル円をひたすら売っていましたが、気付けばポンド円が…

中国はネット検索に制限をかけてパナマの件を隠蔽しようとしているそうですが、
テレビや新聞が一切触れない日本も似たようなものですね。
脱税企業が消費税増税を支援する構図は、そろそろ終わりにしないといけません。

2016-04-07 20:24 | from 幸福賢者

No title

こんにちは。
パナマ文書、世界中で大騒ぎですね。
今後、どんな展開になるんでしょうね。。

2016-04-09 18:25 | from saru999 | Edit

Re: No title

> こんにちは。
> パナマ文書、世界中で大騒ぎですね。
> 今後、どんな展開になるんでしょうね。。

前にスイスで内部告発があった時はさして問題にならず、
告発した人のほうが逮捕されていました。
今回も効果は限定的かもしれませんが、5月の公表次第ですね。

2016-04-09 18:39 | from 幸福賢者

 今日は、日本政府はパナマ文書に言及せずとか……。
 そうですよね、大企業は自民党の重要な政治献金元ですから、問題にしたく無いのでしょう。
 安保だとあれだけばか騒ぎしたマスメディアも沈黙ですから。
 野党も、支持母体の連合も大企業の労働組合ですから、持ちつ持たれつのズブズブの関係の使用者(会社)が窮地に陥ると困るのでしょう。
 所詮、御用組合ですから。
 日本共産党辺りが問題にしてくれれば良いんですが。

2016-04-10 14:55 | from 纐纈電化ショップ中京競馬場駅前店

Re: タイトルなし

>  今日は、日本政府はパナマ文書に言及せずとか……。
>  そうですよね、大企業は自民党の重要な政治献金元ですから、問題にしたく無いのでしょう。
>  安保だとあれだけばか騒ぎしたマスメディアも沈黙ですから。
>  野党も、支持母体の連合も大企業の労働組合ですから、持ちつ持たれつのズブズブの関係の使用者(会社)が窮地に陥ると困るのでしょう。
>  所詮、御用組合ですから。
>  日本共産党辺りが問題にしてくれれば良いんですが。

日本のトップ企業の大半がパナマ文書に記載されていたそうなので、
共産でも難しいと思います。
山本太郎あたりなら、空気を読まずにやってくれるかもしれませんが。

2016-04-10 15:25 | from 幸福賢者

No title

欧州首脳は、グーグルやアップルに対する課税強化に力を入れ始めていたところなのに、これでは……。

ノーブレスオブリージュの本場でこういうことがあると、困難に対し、国民が一致団結できず、結果として、
その間隙を縫って、苛烈な新自由主義が蔓延る。

個々人の幸せこそ大切で、そのための手段に過ぎない国民・国家は二の次でよい、むしろ今や足枷となっている、という考え方は大いに首肯できる。

が、今猛威を振るう新自由主義は、どうも個々人を細分化し焦燥感を煽るだけで、あまり人を幸せにしない。
したがって、その防波堤として、国民・国家はとりあえず必要、というのが現在の私の考え。

昔は井戸塀政治家という言葉があった。

2016-04-11 21:55 | from 名も無き天才投資家

Re: No title

> 欧州首脳は、グーグルやアップルに対する課税強化に力を入れ始めていたところなのに、これでは……。
>
> ノーブレスオブリージュの本場でこういうことがあると、困難に対し、国民が一致団結できず、結果として、
> その間隙を縫って、苛烈な新自由主義が蔓延る。
>
> 個々人の幸せこそ大切で、そのための手段に過ぎない国民・国家は二の次でよい、むしろ今や足枷となっている、という考え方は大いに首肯できる。
>
> が、今猛威を振るう新自由主義は、どうも個々人を細分化し焦燥感を煽るだけで、あまり人を幸せにしない。
> したがって、その防波堤として、国民・国家はとりあえず必要、というのが現在の私の考え。
>
> 昔は井戸塀政治家という言葉があった。

「利他と利己は両立できる」
というのが私の考え。
皆が自分の利益を求めつつ、できる範囲で社会に還元すれば問題ないはず。
無暗にどちらかの犠牲を強いる考えが、最も危険だと思います。

2016-04-11 22:56 | from 幸福賢者

No title

>「利他と利己は両立できる」
というのが私の考え。
皆が自分の利益を求めつつ、できる範囲で社会に還元すれば問題ないはず。
無暗にどちらかの犠牲を強いる考えが、最も危険だと思います。


そうですね。私が短絡的でした。ありがとうございます。

2016-04-12 23:09 | from 名も無き天才投資家

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/995-0383661c