本当の豊かさとは、やりたいことをやりたい時にやれること - 貴方を幸福にするFXブログ

本当の豊かさとは、やりたいことをやりたい時にやれること

お年玉の使い道
好きな物を買って何が悪いのさ! o(`ω´ )o

昔からニート賢者はチョコレートが大好きなのですが、健康面で医者に止められています。
また、ネギ類がダメで、タマネギ食べると酷い下痢を起こしてしまいます。

体質は仕方ないとはいえ、大変ですね。
好きな物を好きな時に食べられないのは、とても残念なことです。

<医者から飲食を止められているもの>
・ネギ類(タマネギ、長ネギ、ニラ、ワケギ、らっきょう、アサツキ、ニンニク)
・チョコレート
・生のイカ、タコ
・アワビ
・ココア
・コーヒー
・お茶


あと、煙草とアルコールも禁止されているんですけど、何故でしょうかね?
病人でもないのに。

煙草を吸う猫

※チョコにはカフェインと似た成分である「テオブロミン」という物質が含まれ、人間が摂取すると覚醒効果が得られます。
しかし、猫はテオブロミンをすばやく分解できないため、摂取してしまうと中枢神経がダメージを受け、嘔吐や下痢を引き起こすことがあります。



人間にせよ猫にせよ、皆が何らかの制限を持っているもので、誰もが自由に生きられるわけではありません。

体質的にできないこともあれば、年齢的にできないこともあります。
就いているいる職業で制限されることもあれば、住んでいる場所で制限されることもあります。

その中でも一番の制限は、経済的な要因でしょうか。
世の中、お金があれば大抵のことはできますからね。

お金と札束が好き

お金があれば、世界中のどこへでも旅行へ行ける。
お金があれば、どんなグルメも好きに食べられる。
お金があれば、会社に拘束されず、いつでも好きなことに時間を使える。

そういった、
「やりたいことをやりたい時にやれる」
ということが、豊かな人間ということなのでしょう。

しかし、「お金がある=豊か」という方程式が成り立つかというと、必ずしもそうではありません。
お金持ちでも不自由な人は、沢山います。

寝る間も惜しんで会社を経営する企業家も、
常に社会から監視されている芸能人も、
国務に追われている政治家も、
とてもゆとりのある生活を送っているとは言えないでしょう。

時簡に追われる

それに比べれば、口座残高はゼロでも、しがらみのないフリーターのほうが多くの選択肢を持っています。
国家の元首たる内閣総理大臣より、引きこもってブログ書いているだけのニート賢者のほうが、実は豊かなのかもしれません。

多くの投資家は、経済的自由を勝ち取るために資産を増やそうと努力します。
今の自分にはできないことを可能にするために、自分を拘束している毎日8時間の労働から解放されるために、頑張ってお金を稼ぎます。

それは決して間違ってはいないけれど、かえって本末転倒になっている人もいます。
損失を出して困窮したり、投資に時間を取られすぎたりするのは、本来の目的から外れていますよね。

私達はもっともっと豊かになるために、日々精進を続けています。
そのためにお金を稼ぐし、一時的に不自由を我慢することもあります。

けれど、それは明るい未来を築くためであって、より不自由になるためではないのです。

お金は豊かになるための手段であって、豊かさそのものではありません。
本当の豊かさの意味を、忘れないでくださいね。

「やりたいことを、やりたい時にやれるように」

明日に伸ばすな
Just do it.

<合わせて読みたい記事>
⇒経済的豊かさを手に入れる方法
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-04-09 23:40 | from -

Re: タイトルなし

> 本当にそう思います。分不相応なものを手に入れるためにローン組んだり、働いたりする事は不幸な状態だと思います。高級車とか家とか…。買うなら一括が幸せの基本ですよね。一括払い出来ないものは、今の自分に不相応なんだと思えば、縛られなくてすみますもん!でもこんな考え方じゃ何にも発展しないかな。。

せっかくお金があっても、高価な金庫やタックスヘイブンへの送金に手間をかけていたら、
何のために稼いだのかわかりませんよね。
必要な物が何か、それを買うためにいくらかかるか、
きちんと目標を立てればいいと思います。

2016-04-10 11:20 | from 幸福賢者

愛媛県の青島の猫たち

の動画見ていたら、島ねこさんたちの生活うらやましくなりました。

最低限の賄いがあって
天敵もいなくて
観光客は遊んでくれて
子孫を残すのに経済的心配もいらなくて。

もっとも、病気や怪我にどれだけ対応してもらえるかはわかりませんし、
そこだけは日本の人間でよかったなあと思いますが。
世の中は等価交換で成り立ってるけど

しまねこさんたちは、

かわいい姿を見せるだけで

「ギブ」をしてるから
あえてなにもしなくても、
いろんなものがもらえるんですね~

(↑これ、美男美女はそれだけで特だという理屈につながる?
「目の保養」を提供してるだけで「ギブ」をしてるから

もっとも、同性から嫉妬されて損をすることもあるでしょうけど)

ふつうの野良猫については、生きていくのが過酷だとは思いますが。

2016-04-12 19:50 | from 矛盾

Re: 愛媛県の青島の猫たち

> の動画見ていたら、島ねこさんたちの生活うらやましくなりました。
>
> 最低限の賄いがあって
> 天敵もいなくて
> 観光客は遊んでくれて
> 子孫を残すのに経済的心配もいらなくて。
>
> もっとも、病気や怪我にどれだけ対応してもらえるかはわかりませんし、
> そこだけは日本の人間でよかったなあと思いますが。
> 世の中は等価交換で成り立ってるけど
>
> しまねこさんたちは、
>
> かわいい姿を見せるだけで
>
> 「ギブ」をしてるから
> あえてなにもしなくても、
> いろんなものがもらえるんですね~
>
> (↑これ、美男美女はそれだけで特だという理屈につながる?
> 「目の保養」を提供してるだけで「ギブ」をしてるから
>
> もっとも、同性から嫉妬されて損をすることもあるでしょうけど)
>
> ふつうの野良猫については、生きていくのが過酷だとは思いますが。

住民16人に対して猫150匹ですから、先行きは不安ですね。
依存できるうちはいいけれど、それが崩れれば生きていくことさえままならない。
人に頼るって、結構リスキーなことですよ。

2016-04-12 20:20 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/996-9fb230e1