- 貴方を幸福にするFXブログ

選挙には投票しない権利もある

お前が死んでも何も変わらないが生きていると変わることもある
変えようよ (#^.^#)

衆議院選挙は今後の国政を決める重要な選挙ですが、近年の投票率は53%です。
実際には半分近くの有権者が、投票すらしていません。

「選挙に行かないのは権利の放棄だ!」と批判する人もいますが、それは違います。
投票しないのは「誰も支持しないor選挙に参加しない」という、立派な意思表示だからです。

抗議活動においては、参加しないことが最も効果的とされています。

例えば、会社員のストライキは仕事をサボタージュすることで経営者に圧力をかけて、待遇の改善を求めます。
特定の企業に活動を改めさせるために、商品の不買運動を行うこともあります。

嫌な物には手を貸さないことが、反対運動になるわけです。
そういう意味では、政治に不満を持っている人が投票しないのは当然のことかもしれません。

選挙よりパンケーキが大事

既に軽減税率のことさえ忘れて、増税を規定路線にしている与党。
反対ばかりで、建設的なビジョンを示せない野党。
ただ名前を連呼して、騒音をまき散らすだけの候補者。

そんな連中を支持するぐらいなら、投票所に行く時間を有意義に使った方がいいと考える人もいるでしょう。

そもそも選挙制度とは「他人に政治の全権を委任する」ということであり、国民主権から最もかけ離れています。
本来我々国民が持っているはずの権利を剥奪されていることに気付いて、敬遠している人もいるかもしれません。

不正選挙
不正選挙もあるし。

以上のことから、良識ある有権者が投票しないのは妥当な判断と言えます。

しかし、忘れてはいけないことが一つだけあります。
それは、この選挙というシステムは曲者で、正しい判断が裏目に出るようになっているということです。

ストライキや不買運動であれば、それによって経営陣が不利益を被るため、改善に向かう可能性が少なからずあります。
しかし、選挙の場合は逆で、参加者が少ないほど為政者に有利になるように出来ています。
これを考えた人は、天才ですね。

貴方が選挙に行かなければ、貴方以外の人が自由に議員を決められるようになります。
世界一高い供託金で立候補者を減らし、比例代表制で少数派の意見を駆逐しているので、完全にやりたい放題です。
全く国民主権でないのにも関わらず、「国民に選ばれた」と嘘をついて強権を振るえるわけですね。

舛添を応援する自民党安倍総理
なんでこんなの選んじゃったのか。

無投票は選挙制度に対する不信票ですが、皮肉にもその横暴を支援する結果にもなっています。
マスコミはひたすら政治家の無能を吹聴して、投票率が下がるように誘導しています。
まったく馬鹿げた話ではありますが、それが現実なんですよ。

貴方一人が投票したところで、その効果は殆どないかもしれません。
あまりにも馬鹿げた制度に、手を貸すものバカばかしいかもしれません。

しかし、貴方が棄権することで、貴方の好まない人々が利益を得ていることも覚えておきましょう。

総選挙への関心

⇒与党も野党も嫌なら、「支持政党なし」に投票したらいい
⇒日本の政治が間違っている理由

ボスよりもリーダーよりもエンジニアになりたい

ボスとリーダーとエンジニア
エンジニアは偉大だ  (;゜0゜)

生まれつき怠慢で無精でぐうたらで物ぐさなニート賢者ですが、会社を辞めてからはその自堕落っぷりもさらに磨きがかかっています。
もはや南アメリカのジャングルに住むナマケモノですら、猫賢者の堕落した生活に驚愕することでしょう。

仕事を辞めて、ゲームに熱中するならまだいい。
しかし、ニート賢者の恐ろしいところは、そのゲームすら真面目にやろうとしないことです。
あまりにも楽をすることにこだわりすぎて、遊びですら徹底的な省力化を推し進めている有様です。

だらけきった怠け猫

最近注目しているのは、UWSCというマクロツール。
PC上の操作(キーボードやマウス)を記録して、好きな時に再生できる優れものです。
エクセルのマクロを使ったことがある人なら、それのパソコン全体版だと思ってくれればいいでしょう。

例えば、ドラクエをプレイする場合は、フィールドを歩き回って敵とエンカウントし、敵を倒して経験値を稼がないといけません。
最初のうちはそれも楽しいのですが、何時間もやっているとそのうち飽きます。
うちの兄は小さい頃にドラクエをやっていたとき、レベル上げが面倒で弟にやらせていました。

その面倒な作業も、マクロを使えば簡単に行うことができます。

・左右移動
・攻撃ボタンの連打


というアクションを一回記録して、無限にリピートさせればいいだけです。
うっかり負けたりしないように、あらかじめ環境を整えておく必要はありますが。

スライム猫と戦闘中

ゲームに限らずPC上のルーチンワークは自動化できるので、毎日の作業でマクロが利用できる場所がないか常に考え続けています。
「怠けるために努力する」とはひどく矛盾した行動に思えるかもしれませんが、それこそが本当の仕事なのですよ。

ちなみに兎賢者は今年からウサギ型宇宙人を二匹飼い始めましたが、正直なところあまり世話をしていません。
トイレも設置していないし、散歩なんて一度もさせたことがありません。
(ひどいネグレクト)

それでもウサギ達が毎日元気でいるのは、野生のように生きられる環境をあらかじめ作っておいたからです。
十分な広さの土地に雨をしのげる屋根と、猫やイタチといった外敵から守れる網、身を隠せるケージやトンネルを設置しました。
外に行かなくてもウサギは勝手に走り回って遊べるので、飼い主が連れ出す必要がないわけです。

一週間世話をするコストと大きな小屋を作るコストを比べれば、小屋を作る方が遥かに高くつくでしょう。
しかし、何ヶ月、何年という長期スパンになると、いずれ元が取れるようになります。

改善には普通に実施する場合の数倍、あるいは数十倍のコストがかかります。
何でも片っ端から適性化するのではなく、割りに合うかどうかよく考えてから実施しましょう。

考えない人
独創性が必要な芸術の分野では使えません。

FXトレードの世界でも、自動化の波は顕著です。
大半のファンドはコンピュータプログラムを補助にして取引しているか、あるいはEAだけで高速取引をしています。
インターバンクにおける金額面で言えば、我々個人投資家のように人間の裁量のみでトレードをしているほうが少数派でしょう。

人間は機械よりも臨機応変な対応ができますが、その行動にはムラがあり、感情や疲労によってミスをします。
多くの商品が自動販売機で購入できるようになったように、技術の進歩によって取って変わられるのは明白です。

仏像自動販売機

同じ裁量取引を行う投資家でも、前準備がどれだけできているかには大きな差があります。
入念な検証を繰り返してあらゆる場合を想定したルールを作り、実際の取引ではただ機械的に処理するだけのトレーダーもいます。
何の準備もせずにすぐにチャートに向かって、その場の判断だけでエントリーするエセトレーダーもいます。
どちらが長期的に成功を収めるのかは、考えるまでもないでしょう。

たった一度の行為であれば、その場の判断でやればいいのです。
しかし、機転と根性に頼り続ければ、いずれどこかで破綻するか、他人に追い抜かれます。

気まぐれに旅行へ出かけるならだけ、タクシーでも徒歩でも構いません。
しかし、長期的に外出を続けるのであれば、もっと効率的な方法を考えた方がいい。
定期を買ったり、自家用車を用意したり、最短ルートや出発・到着時刻を設定するべきです。
最初は大変ですが、一度軌道に乗れば手間が減り、自由な時間が増えます。

気楽に生きたいのなら、「楽をする努力」を惜しまないでください。
人に命令するだけの指導者でも、心身をすり減らして働く労働者でもなく、将来のための仕組みを作るエンジニアになってください。

扇風機ドローン

⇒自動売買がFXを支配する!?

為替チャートと綱引きの違い

綱を奪い合うな
それじゃゲームにならないよ! (ノ_<)

FXのチャートをテクニカル分析していると、まるでチャートが自分の意思で動いているように思えてきます。
レジスタンスやサポートにぶつかって跳ね返ったり、ブレイクアウトで上昇していくのを見ると、地球の物理法則に従っているようにも思えます。

しかし、為替レートは決してアメーバのように自分で運動しているわけではありません。
あくまで「人間が動かしている」ということを忘れてはなりません。

そう言うと「誰か黒幕がいて、そいつが思うままに操っている」という独裁者的なイメージを抱くかもしれませんが、それも間違いです。
仕手株ならともかく、膨大な資金が常に流れている為替レートを単一の勢力だけでコントロールすることはできません。
ブルとベアの2つの勢力がぶくかり合い、上昇と下降を繰り返すからこそ、ジグザグなチャートが形成されます。

為替チャート_gif

相場は、2つの勢力が争う綱引きのようなものです。
チームブルは、価格の上昇に賭けて買い注文を入れます。
その一方でチームベアは、価格の下落に賭けて売り注文を入れます。

ベアよりブルの注文枚数が大きければ、価格は上昇してブルの勝利になります。
ブルよりベアの注文枚数が大きければ、価格は下落してベアの勝利になります。

実際の取引はもっと複雑ですが、大まかに強い方にレートが引っ張られると考えてください。
互いに目的地を目指して綱を引き、押し合い圧し合いで動かした結果が、為替チャートとなって画面上に現れます。

綱引きをする子供

この貴方はこの綱引きでどちらかのチームに所属して勝利を目指すわけですが、普通の綱引きとはいくつか違いがあります。

・いつでも所属するチームを替えていい
・参加せずに傍観していてもいい
・綱の移動距離は見えるが、参加者の姿は見えない
・参加者は大人も子供もなく、人間ですらないこともある
・プレイヤー間の差が大きく、個人はほぼ無力
・引っ張られすぎるとストップロス注文が発動し、一気に傾いてしまう


帰属するチームに忠誠を尽くすなんてスポーツマンシップは、相場では要求されません。
ひたすら勝ちそうな方に付いて、旗色が悪くなればドテンします。
超高速取引という、一秒間に何十回と勢力を替える輩もいます。

学校の運動会とは異なり、相場の綱引きは誰もが参加できます。
我々のような弱小個人投資家もいれば、何兆円も動かせるヘッジファンドもいます。
既に大半はアルゴリズムで運用されており、資金量で言えば人間の裁量取引の方が少数派です。

猫投資家
たまに猫もやってます。

膨大な資金が動く為替相場では、個人の100万や1000万といった小銭は塵みたいなものです。
エセトレーダーが全財産を投入しても、お祈りをしても、相場は1ミリも動きません。

トレードで勝とうと思うなら、チャートや板情報からどちらが優勢かを判断して、強い方のトレンドに付くしかありません。
決して自分の力で勝とうと思ったり、ロングとショートのどちらかに拘ってはいけません。
といっても誰が取引しているのかは直接見えないので、テクニカル分析やクソポジチェッカーを利用するといいでしょう。

チャートはただの一本の線にしか見えませんが、その背後では二つの勢力の熾烈な殴り合いが行われています。
ずっと見続けていると波のような自然現象と錯覚したり、ランダムに動いていると思い込んでしまう時もありますが、そんな時は値動きの裏にある思惑について考えてみましょう。

戦うドナルド
戦いは今も続いている・・・

⇒クソポジチェッカー

猫が神戸製鋼所の株を買わなかった理由

悪いことをすると仏様のバッチが当たる
罰は与えないの!?  ( ノД`)

神戸製鋼の不祥事が発覚し、株価はストップ安で値段さえ付かない状況に陥りました。
買い注文170万株に対して売り注文が2700万株というのだから、上場企業では稀に見る投げ売り状態です。

神戸製鋼株価暴落チャート

なんでもアルミニウムや銅製品の強度や寸法データを改竄し、要求仕様を満たしていないのに出荷したとのことです。
日産・スバル・マツダなど複数の自動車会社に使用されていた素材だけあって、巨額の賠償責任が生じる可能性もあります。
場合によっては、神戸製鋼所自体の存亡も危ぶまれるかもしれません。

これまでトヨタやシャープ、マクドナルドなど有名な会社の株にはちょこちょこ手を出したきたエセ賢者ですが、神戸製鋼所に対しては一度も株を買ったことがありません。
なぜなら、安倍晋三首相が神戸製鋼所に勤めていたから・・・

残業代ゼロ安倍

・・・というのは全く関係ありません。
猫賢者が神戸製鋼所に投資しなかったのは、以前工場見学をさせてもらったからです。

神戸製鋼は1905年(明治38年)の小林製鋼所を源流に持つ、歴史ある企業です。
山口の事業所に入った時、戦時中の建物(防空壕?)が工場の敷地内にあって、とても驚きました。
古い物を大事にするのはいいことですが、流石に放置しすぎじゃありませんかね。

企業秘密になるので事業内容には触れられませんが、工場内には目に付く箇所が多数ありました。
はっきり言って、5Sは全然できていなかったと思います。

例えば、敷地内の道路。
アスファルトの塗装はすっかり剥げ落ちて、地面には金属片が落ちているのが見かけられました。
清掃や補修が行き届いていなかったのでしょうね。

何十年も前から使っている設備も多く、建物の施錠もアナログ。
外部から光が見える炉や視界の遮られた非常口などもあったので、安全面は大きく欠けていたと思います。

安全第一

そういった悲惨な状況を自分の目で見たエセ賢者は、当然神戸製鋼所に投資することはありませんでした。
管理の杜撰な組織は、後で必ず問題を起こすからです。

道端のゴミを放置するのも、不正を知っていて無視するのも、本質的には同じことではないでしょうか?
もしかすると、今回の不祥事も氷山の一角なのかもしれません。

ゴミを捨てる心がゴミ

エセトレーダーを含めた世界中のトレーダーの殆どは、自分が投資する会社のことをよく知りません。
せいぜい四季報とウィキペディアを読んで、わかったつもりになっているだけです。
利益率や自己資本率などほんの一部のパラメータでしかないのに、それだけ企業の価値を測ろうとしているのです。

オマハの賢人と呼ばれたウォーレン・バフェットは、誰よりも企業を見る力を持った天才でした。
経営者とは直接会って出資を決め、時には自ら取締役となって会社を動かし、巨万の富を築き上げました。

<ウォーレン・バフェットの名言>
株式投資の極意とは、いい銘柄を見つけて、いいタイミングで買い、いい会社である限りそれを持ち続けること。
これに尽きます。


彼は「買うのは企業であって株ではない」と断言し、会社ごと買い取る勢いで投資を続けました。
経営と直接向き合ってきた巨人からすれば、ネットの数字しか見ない日本人投資家は、ひどく滑稽に見えるのでしょうね。

パソコンを使う貴族

何千kmも離れた外国ならともかく、日本の企業であれば訪問することは難しくありません。
株主や求職者の立場を利用すれば、事業所を見学させてもらうことも可能です。

誰もやろうとはしないけれど、その気になれば生の情報は手に入るのです。

その会社に将来性があるのか?
命の次に大切な種銭を預けるに値するのか?

そう疑問を持ったのなら実際に訪問して工場の稼働状況を見たり、社員と会ってみるのも手かもしれません。

会社員猫
社員を見れば会社がわかる?

衆議院解散総選挙とユリノミクスが為替相場・株式相場に与える影響

全く価格が安くなっていないおにぎり
全然安くなってないよ! ( ノД`)

安倍政権の大義なき解散による衆議院選挙が、10/22に迫ってきました。
「増税した消費税の使い道変更」が理由だそうですが、過去の「全て社会保障に使う」という約束はどうなったのでしょうか?
きっと公約なんてどうでも良くて、実際は北朝鮮リスクがあるうちに選挙を行って、政権を延命させたいだけなんでしょうね。

アベノミクスの危機として相場も荒れると思いきや、株式相場・為替相場とも非常に堅調です。
日経平均に至っては、年初最高値を更新する勢いです。

その理由は至極単純で、「次の選挙で自民党が勝利する」というのが市場参加者のコンセンサスだからでしょう。
希望の党(小池率いる都民ファースト勢)が大勝して政権交代でも起これば大混乱になりますが、夢物語だと思っている人が多いのではないでしょうか。

自民党が過半数を維持すれば増税で日本が衰退していくのは確実ですが、海外の脅威がある状態で新興政党が勝利するのは難しいと思います。
個人的には増税凍結を掲げる希望の党に勝ってほしい所ではありますが。
アベノミクスの継続を見込んだ海外の投機筋が先物を買っているのが、上昇の主因だと思われます。

アベノミクスの結果
また騙されるのかな。

<希望の党の公約 >
(1)消費税増税凍結
(2)議員定数・議員報酬の削減
(3)ポスト・アベノミクスの経済政策
(4)原発ゼロへ
(5)雇用・教育・福祉の充実
(6)ダイバーシティー社会の実現
(7)地域の活力と競争力の強化
(8)憲法改正
(9)危機管理の徹底
(10)ベーシックインカム(?)

アベノミクスがユリノミクスに代われば、今の株高ジャブジャブ政策は続けられないでしょう。
増税凍結とベーシックインカムによって日本の財政懸念が強まれば、国債も売りに回るかもしれません。
そう考えると、

自民・公明が優勢→アベノミクス継続期待で円安・株高・国債高
希望の党が優勢→増税凍結・緩和縮小で円高・株安・国債安

といった反応になるはずなので、選挙前の報道には目を光らせておきましょう。
共産党や立憲民主党といった他の野党は残念ながら注目されていないので、無視して構いません。

買い目線の投資家からすると自民が勝ってくれた方が都合が良さそうに思えますが、安倍政権が続いたからといってどんどん株高が進むというものでもありません。
むしろ期待が相当先行しているので、選挙前にピークアウトして、いざ結果が出たら下がるかもしれません。
イギリスの国民投票のように事前の予想と逆の結果が出て、サプライズが発生する可能性もないではありません。

ポンド暴落チャート

相場の影響はともかく、「日本のためにはどういう結果が望ましいのか?」ということなら、ある程度小池新党が躍進して、バランスを取ってくれるのが一番かと思います。

多くの日本国民は政治を変えるには政権交代が必要だと思っていますが、そんなことはありません。
政治とは本来意見の異なる人々が集まって、利害を調整しつつより良い政策を作るものだからです。

どこが勝ったところで、単独政権が続けば中国共産党のように腐敗します。
現在の自民一強で一部の富裕層に都合の良いルールを作られるよりは、希望の党でも日本共産党でもいいから議席を分けてくれた方が望ましい。

選挙投票

エセ賢者的には国民が直接政治に関われる「支持政党なし」を応援したいところですが、二党が注目されているこの状況では勝ち目は薄い。
素直に消費税増税凍結の方を応援するかないようです。

選挙は結果が資産に直結するトレーダーはもちろん、日本に住む誰もが関わる重要行事です。
全国民の未来のためにも、よく考えて投票しましょう。

選挙に行くとエロゲが安くなる

⇒日本の政治が間違っている理由

FX最大レバレッジ規制50倍→25倍→10倍が為替相場に与える影響

時代の変化と成長
変わりすぎだろ! (´・Д・)

日経新聞の電子版に掲載されていたのでご存じの方も多いと思いますが、金融庁がFXの最大レバレッジ変更を検討しているそうです。

過去に50倍、25倍まで引き下げておいて、今度は10倍だとか。
いったいどこまで下げれば気が済むのやら。

言うまでもないことですが、最大レバレッジを下げたところで投資家の保護には全くつながりません。
ただ証拠金が上がって資金効率が悪くなり、強制ロスカットが早くなるだけのことです。

そもそも最大レバレッジが25倍だからといって、25倍ギリギリでトレードしなければならない理由はありません。
自分にあったポジションを取ればいいだけの話で、怖いなら外貨預金と同じレバレッジ1倍で取引したっていいのです。

わざわざ選択肢を狭めて、何の得があるのでしょうか?
そんなことをするぐらいなら、海外業者のようにゼロカットを認めるなり、スリッページやストップ狩りの規制をした方がずっと投資家のためになると思います。
どんなにレバレッジを下げたって、ストップロスが機能しなかったら同じでしょう。

だいたい相場が荒れていた頃ならともかく、なぜこの時期に規制を強める必要があるのでしょうか?
スイスショックで多大な未収金を出した時ならともかく、この安定期にレバレッジを引き下げる意味がわかりません。

⇒FXにおける追証(未収金)発生件数

もしかしたら金融庁の目的は投資家の保護ではなく、FX市場を引き締めて他の市場に資金を流すことなのかもしれませんね。
GPIFや日銀の資金が限界に近くなっているから、個人投資家のお金で株価を支えようとしているとか。

日銀のETF購入実績
どんだけ買ったら足りるのよ。

まぁ、愚痴ったところで効果はありません。
低レバが嫌なら、法人口座や海外口座に逃げればいいだけのことですし。
一度公表した以上、いずれ最大レバレッジは10倍になるでしょう。

過去の経験から判断すると、話が出てから試行されるまでにだいたい1年。
早ければ2018年の8月、遅くても2019年には施行されるでしょう。

ただニュースをブログに書き写すだけなら、ヌコでもペンギンでもできること。
トレーダーが考えるべきは、「最大レバレッジ変更によって為替相場がどう動くか?」ということです。
エセ賢者は、規制強化によって相場は円高に誘導されるのではないかと思っています。

下のグラフは過去にレバレッジ規制が行われた2010年と2011年におけるUSD/JPYのチャートです。
(出典:為替ラボ https://xn--1-nguwep56l.com/)

ドル円チャート2010年

ドル円チャート2011年

最大レバレッジ規制は段階的に実施され、いずれも8月1日に施行されました。
エセトレーダーは2011年9月の雇用統計で50倍のつもりで100枚ポジションを取って、急激にスプレッドが開いてひどいロスカットに陥ってしまいました。
あれは確か外為オンラインだったか。

チャートを見ると、いずれも8月の少し前にドル円が下落しているのが分かります。
夏場は荒れやすい上に米国などが騒がしい時期で、決して一つの理由ではないでしょうが、レバレッジ規制が円高の一因になったと考えています。

2008年以前のFXは400倍や500倍のハイレバ取引が当たり前で、バクチで大きなポジションを持っている人が少なくありませんでした。
50倍には収まりきらない大きなポジションを持っている状態で規制が行われれば、そのポジションは強制決済になります。
それを避けるためにポジションを整理するのは、当然の判断でしょう。

ミセスワタナベが円ショートを手じまいすれば、それは売り注文なのでドル円は下落します。
それを見込んでファンドが円ロングを仕掛ければ、さらに円高になります。
8月直前の円高の裏には、そういった思惑があったのかもしれません。

過去の例に倣えば、25倍→10倍のレバレッジ変更はおそらく2018年か2019年の夏頃になると考えられます。
その時はまた同じようなことが起こるのでしょうか?

含み損があって塩漬けにしていたとしても、レバレッジの引き下げで維持が不可能になれば損切るしかありません。
スワップアービトラージで限界まで両建てしていたとしても、レバレッジが下がれば規模を縮小しなければいけません。
個人投資家に与える影響は、決して小さくないでしょう。

まだまだ先の話ではありますが、正式な施行日時が決まったら早めに動くのが賢明です。

高速移動するピカチュウ

⇒資金ゼロから海外FXを始める方法
⇒適切なレバレッジは何倍か

みんなのクレジットで初のデフォルト発生!

地球を支配する猫
全ては奴の手の内なのか・・・

とっくにわかっていたことですが、9月の償還も遅延でした。
正確に言うと第二案件(千円くらい)だけ返ってきましたが、雀の涙です。

みんクレのHPにはしれっと、

償還を迎えました35号、79号、83号、及び84号の【第二案件】に関しましては、貸付先からの元本の償還を実施いたしました。
また、全てのファンドの9月分の配当は終了いたしました。9/28


というお知らせが掲示されています。
できたことだけ書いて、できなかったこと(ほぼ全ての償還なし)は記載しないあたりが実に素敵です。
何も知らない人が一見すると、みんクレが投資家にきちんと返金しているように見えます。

お金を永久に借りる

このままみんクレと貸付先の調停まで延滞が続くと思いきや、さらにバッドニュースが飛び込んできました。
なんと108号の案件が貸し倒れになったそうです。

<みんなのクレジットからのお知らせ>
この度、108号案件にかかる貸付先より返済が困難とのご連絡があり、同社との金銭消費貸借契約に基づき、2017年9月15日に期限の利益の喪失となりました。
弊社といたしましては、貸付先との協議を開始しており、同社より不動産担保の売却の了承を得ておりますので、即時担保物の売却を実行し、早期償還を実施して参ります。
今後、該当投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、定期的にメールにてご報告いたします。
なお、第2案件にかかる配当は実行させていただきます。
ご投資家の皆様には、ご迷惑をおかけいたします事を心よりお詫び申し上げます。

108号は返済が不可能になり、不動産担保を売却して返金するようですね。
いったいいくら返ってくるのかはわかりませんが、過去に公開された各案件の担保状況を思い返すと、あまり期待はできなそうです。

⇒みんなのクレジットの担保

匿名のため108号の社名はわかりませんが、事業内容は、
「東京都港区に本社を構え、貴石卸売をメインとして美容・日用雑貨品の卸売、ネイルサロンの運営、飲食店の運営など多角経営をしている事業者」
となっています。

場所と内容からするとブルーウォールジャパンやニューアートではなく、外部の会社のようです。
調べたところと麻布のある会社だと推測できましたが、問題になりそうなので名前は伏せておきます。
みんなのクレジットから融資を受けたということは、白石氏と何か繋がりがあるのでしょうか?

108号の運用資金は6610万円で、期間は12か月。
期限を待たずに返済不能になったということは、見込みのない会社に高利で融資したのかもしれませんね。
今更ではありますが、みんクレの審査体制には呆れるばかりです。

呆れて目を丸くする猫

ハイリスクハイリターンの投資である以上デフォルトが発生するのは予想の範疇ですが、気になるのはこの知らせが他の出資者以外には届いていないということです。

ホームページの記載はもちろんないし、108号に出資していない他の投資家にも伝えられていません。
当事者である会員にだけメールで伝えているようです。

普通のソーシャルレンディング会社であれば、遅延や貸し倒れがあれば必ずHPに記載して全会員に知らせます。
それをせずに情報の拡散を抑えようとするのは、とてもまともな企業がやることとは思えません。

これも白石氏の計画のうちであるならば、貸し倒れは1社では済まないかもしれません。
次々と案件がデフォルトして、最終的に全部の弁済がなくなったりして。

そんなことはないと信じたいところではありますが、このタイミングで早期デフォルトが発生することを考えると、否定できないのが悲しい。
運用計画が厳格に定められている以上、借りたお金は予定通りに返してほしいと思います。

借金する時点で無計画

ニートギルド設立 働けニート!

人類最後の希望無職ニート

エセ賢者が尊敬している底辺氏がニートギルドなる謎の組織を立ち上げられたので、勝手に紹介させて頂こうと思います。
もちろん、ギルドマスターの許可は取っていない独断専行です。

ニートギルド
https://neetguild.jimdo.com/
https://twitter.com/neetguild

当ギルドはニートのライフスタイルを守りながら、技能・知見を換金する為の組織です。
得意武器・保有スキル毎にギルドが貴方にクエストの依頼を行います。
熟練のプロニート様から兼業スタートのルーキーニートまで、広い範囲でニート職の皆様を受け入れサポートしていく所存です。

設立理念
当ギルドはニート職の地位向上並びに待遇改善を目的とする。

入会資格
1、現在ニート職にある者
2、ニート職経験者
3、ニート職希望者

入会方法
問い合わせフォームへ入団試験希望の旨を申請すること。

クラス
IT系ニート  (ウィザード)
士業系ニート (サムライ)
農産系ニート (ファーマー)
など、各人のスキルに合わせて設定

費用
仲介料、登録料、年会費など一切なし。

ニート軍
※画像はイメージです

これは素晴らしい。
常に勤勉なニートでありたいと思っているニート賢者には、うってつけの組織です。

さあ、世界中のニート達よ、ニートギルドで働こう!
自宅警備員なんてもう言わせない!

・・・まぁ、働いたらニートの定義に反する気もするけどね。

ニートってどんな仕事なんですか

ギルドなんて名前は付いていますが、今のところギルド自身が仕事を斡旋するわけではないようです。
個人がツイッターを通じて仕事を募集する際に、ギルドの名前が使えるくらいでしょうか?

スキルや募集する業務を明確にすれば、底辺氏にメンバーとして紹介してもらえます。
現在は知名度がないためあまり効果がないかもしれませんが、いずれ有名になれば依頼者も増えるかもしれません。

今の世の中、ハローワークへ行っても安定した職に就けるとは限りません。
優れた技術を持っていても、毎日8時間以上労働の規則正しい生活に耐えられない人もいます。
大企業に努めていながら組織のしがらみを嫌って離職した、ニート賢者みたいな猫もいます。

そういった理由で無職になった人々が自分を売り込める場を作ったことは、弱者救済として大いに意義のあることではないでしょうか?
ニートレーダーのエセ賢者は、ニートギルドを心から応援しています。

ニートギルド

ニートは働かないの

みんなのクレジット9月・10月も償還は絶望的! 調停なら引き延ばしも詐欺じゃない?

盗んだ車でレース優勝
レースしてる場合かよ!? ( ノД`)

みんなのクレジットへの出資金の返還を今か今かと待っているエセ賢者に、調停結果の連絡が届きました。
9/20にみんクレと貸付先(BWJ)の間で、返済に関する話し合いが行われたそうです。

<みんなのクレジットからのご案内>

平素は「みんなのクレジット」をご愛顧下さり、誠にありがとうございます。

第一回目の調停について
昨日、弊社代理人弁護士と融資先甲グループ代理人弁護士出席の上、調停委員の立会いの下で開かれました。
その内容について、以下ご報告申し上げます。

・昨日の第一回目調停において、最終的な合意には至りませんでした

融資先からの提案内容は、その蓋然性が脆弱であり、かつ分割返済の提案回数が想定以上の長さであったために、弊社としては回数の短縮と、その返済プランの確実性を担保する根拠となる詳細な情報の提供を求めるに至りました。

第二回調停期日:11月8日(裁判所による指定期日)

今後、期日以前においても実質的な妥結に至れるよう努めてまいりますとともに、お知らせすべき動向については、投資家の皆様宛にメールにてお知らせいたします。


本気かと驚く疑問猫

いくらなんでもこれはひどい。
裁判所を通して調停したところで、何の進展も見られません。

せっかくなので、内容を細かく見てみましょう。

・弊社代理人弁護士と融資先甲グループ代理人弁護士出席の上、調停委員の立会いの下で開かれました。

どちらも白石伸夫生が作った会社で、元々親会社と子会社の関係。
なぜ別々に代理人を立てて、裁判で争う必要があるのでしょうか?

・融資先からの提案内容は、その蓋然性が脆弱であり、かつ分割返済の提案回数が想定以上の長さであったために、弊社としては回数の短縮と、その返済プランの確実性を担保する根拠となる詳細な情報の提供を求めるに至りました。

提案された分割返済は何回払いなのでしょうか?
期間は何年なんでしょうか?

何回なら認めるのでしょうか?
詳細な情報とは何なのでしょうか?

・第二回調停期日:11月8日(裁判所による指定期日)

同じビルにあるのに、なぜ何ヶ月も話し合う必要があるのでしょうか?
裁判所に行かなくても、目と鼻の先では?
11月まで決着が付かないのなら、今後の償還はどうなるのでしょうか?

結局のところ、これじゃ何もわからないよね。

丁寧に説明しているように見えて、必要な情報は何も入っていません。
大事な所は全く開示する気がないようです。

個人情報保護のためシールした絵馬

とりあえず明らかなのは、BWJには速やかに返済する意思がないこと。
そして、9月以降の償還は絶望的であることですね。

完全に「返済しません」という意思表示をしていれば債務不履行として訴えるなどの手が考えられますが、あくまで「調停中」というスタンスを取っているためそれができません。
また、投資家が直接BWJの債権を持っていれば何かしら回収しようもあるのでしょうが、みんなのクレジットが間に入っているため具体的なアクションを起こすことが難しくなっています。
本当に上手くやったものですね。

このまま二回目も三回目も延期にして、倒産するまで引き延ばすつもりなのでしょうか?
延滞した分だけ遅延損害金が発生しますが、とても払うとは思えません。
おそらく運用中案件の利息は払われますが、償還日が来るたびに対象が減っていきます。

東京都の処分は終わりましたが、営業再開の兆しはありません。
監視しているはずの金融庁も、沈黙したままです。

この狡猾な相手に、我々投資家ができることはあるのでしょうか?

嘘ついた詐欺師
絶望的に絶望的だ。

COMSA連携で暴騰したzaifトークンで大儲け!・・・するはずだったのにできなかった

ポケモンGOをしていたら女性を見つけた
ゲットしたくなるのは仕方ない! (ノ_<)

ビットコインなど仮想通貨に詳しい方はご存じかもしれませんが、仮想通貨取引所のzaifトークンが急上昇して話題になっています。
元々何の利用法もなく、タダ同然の価値に落ち込んでいたzaifトークンですが、COMSAとの連携が噂されたことにより、何十倍もの急上昇を見せました。
ボロ値で買い叩いていた人は、一気に資産を何倍にもしたことでしょう。

Zaif

ZAIFトークン日足チャート

トークンの価格は以前暴落してから8月までずっとタダ同然(0.2円くらい)でしたが、8月後半から急騰して8/27には2.5円という価格を付けました。
数日で10倍以上に値上がりするとか、ビットコイン以上に滅茶苦茶ですね。

しかし、その時点ではCOMSAとの関係は決まっていなかったらしく、公式が連携を否定した途端大暴落しました。

取引が集中したことにより、サーバーがダウン。
一時的にロスカットすらできない阿鼻叫喚の地獄絵図になったようです。

さらにとんでもないことに、翌日の「連動キャンペーン発表」で、まさかの大逆転
過去の安値近くまで落ちていたレートが、また10倍近く上昇して元に戻りました。
たった3日で3回も急変動を見せてくれたのだから、仮想通貨業界というのは本当に恐ろしい。

<ZAIFトークンキャンペーン>
zaifトークン建てでCOMSAのトークンセールに参加すると特別ボーナス付与
zaifトークンの取引高ランキング上位者にCMSトークンの報酬
zaifトークン保有量上位300名にCMSトークンを付与


流行りものには何にでも手を出すバカ賢者がこのビッグイベントに参加していないのはおかしいと思うかもしれませんが、もちろん参加しています。
というか、参加しようとしました

ZAIFトークンとCOMSAの噂は8月初頭には既に広まっていたので、大変動を予測した猫賢者は8/11にzaifの口座開設を行いました。
順調に進めば、捨て値のトークンを買いあさって、巨額の富を築いていたでしょう。

しかし、卑劣な妨害により、エセ賢者の作戦は妨害されたのです!


恨み怒り猫

<zaifからのお知らせ>

Zaif サポートセンター (zaif)

いつもご利用いただき有り難うございます。
Zaif Exchange サポートセンターです。

この度いただきました本人様確認の申請ですが、

アップロードいただいた画像が小さく不鮮明で
読み取りづらい個所がありましたため、
誠に恐れ入りますが、申請を取り下げさせていただきました。


なんだと!
私の身分証明書にケチをつけるのか!?


猫の免許証

なんか他に突っ込むところがあるような気もしますが、「画像が不鮮明」という理由で猫賢者は口座開設をストップされてしまいました。
大抵のFX業者はこの写真で通っていただけにショックです。
会社によって確認書類が厳しかったり、そうでなかったりするんですよねぇ。

その後何度も写真を取り直すも、携帯の解像度が低いせいでよい写真が撮れず。
レンズを拭いて撮り直し、再アップロードした写真が数日後にようやく承認。

さらに一週間ぐらいして、自宅に転送不可のハガキが届きました。
そこに記載された認証コードをマイページに入力して、とうとう取引可能になりました。

しかし、時すでに遅し。
既に騒動は終了し、トークンの値段は上がり切っていたため、諦めるしかありませんでした。

アホだ、アホすぎる。
取引どころか、まさかスタートラインにすら立てないとは・・・

アホか

既に利用している銀行から提携サービスを申し込むような場合を除けば、どんな会社も口座開設には時間がかかります。
特に住所確認を郵送する場合は、一月以上かかることも珍しくありません。

有力な情報を見つけて飛びついても、取引できなければ意味がないので、あらかじめ多くの銘柄を取引できる業者を確保しておきましょう。
本当にしょーもない話だけど、スピードは極めて重要。

最近は中国のICO規制もあって、仮想通貨業界が株やFX以上に荒れています。
せっかく多数の仮想通貨を取引できる環境が整ったので、規制で暴落しそうなビットコインを狙うか、注目されていないマイナー通貨を発掘するかわかりませんが、面白そうなら手を出してみたいと思います。

Zaif