- 貴方を幸福にするFXブログ

ビットコインが高騰した原因はミセスワタナベ?

スピード違反とわかめの罰金
比較対象がおかしくね? (´・Д・)

近年何かと話題になっている仮想通貨ビットコインですが、今年の6月には史上最高値の30万円をあっさり超えてしまいました。
2009年に開発された時は1円程度の価値しかなかったというのに、まったくとんでもない値上がりです。

ビットコイン円チャート2017

その煽りを食らったのか、エセ賢者が愛用していた投げ銭サイト(クラウドチップ)は営業停止を決定。
とっても悲しい。
投機的な買いでレートは上がっても、コインの流通量は増えなかったってことでしょうかね?

いくら日本円や米ドルがインフレで減価しているとはいえ、近年のビットコイン価格は行き過ぎです。
高騰の裏には中国人の投機やシルクロードの犯罪取引が絡んでいると言われてきましたが、今回は日本人の影響も無視できないのではないかと思います。

ご存じの方もいるでしょうが、2017年4月に資金決済法が改正され、仮想通貨を取り扱う業者は金融庁への届出を義務付けられました。
証券やFX業者厳格ではないにせよ、仮想通貨取引も確実に法整備が進んでいます。

参考: 資金決済法の改正に伴う「仮想通貨交換業」の規制とは

別に日本政府が仮想通貨の利用を推奨しているわけではありませんが、「政府のお墨付きがある」という認識が広まれば、注目を浴びるのは当然でしょう。
今後日本で取引が活発になると見込んで、アベノミクス金融緩和で膨れ上がった行き場のない資金が集まったのが真相だと思います。

多分「株や為替はもう買えないし、銀行もゼロ金利だからビットコインに投資しよう」とか思って買った人もいるんでしょうね。
日銀が盛大にばら撒いてくれたせいで、お金はある所に有り余っていますから。
猫賢者のような貧乏人の所には雀の涙ほどもないけれど。

アベノミクスの理論

早めにビットコインを買った人は相当儲かっているでしょうが、今からでも追いかけるべきかというと、そうは思いません。
ボラティリティが高すぎてトレードが難しいし、何かのきっかけでまた暴落する可能性が高いからです。

ビットコインは採掘でしか発行されないので、確かに希少性は保たれています。
しかし、国家による保証は一切ないし、実際の支払いに使用できる場所も限られています。
しかも主な投機元である中国や日本では、殆ど役に立たないと言っていい。

上がるのもあっという間なら、下がる時もあっという間。
億万長者も沢山生まれてはいますが、かなりギャンブル性の高い取引と言えるでしょう。

ビットコインドルチャート月足

2014年のマウントゴックス事件では85万のビットコインが紛失(横領?)し、信用が失われたために一気に半値になってしまいました。
今後も間違いなく、

・暗号通貨の信用低下
・政府による規制
・世界的金融危機による資金の引き上げ


といったイベントによって乱高下が発生するでしょう。
大暴落時に仕込むことができれば、大きな利益を生むかもしれません。

まぁ、エセトレーダーは1日に10%以上変動する物に対して資金管理を行う技能は持ち合わせていないので、チャンスが来ても指をくわえて見ているだけですが。
(本当はめっちゃ取引したいけど)
個人的には、「10年後にビットコインが残っているかは怪しい」と思っていたりします。

かといって今すぐ暗号通貨がなくなるとも思えないし、今後もバブルが予想されるので、とりあえずポイントサイトでも通じて無料でコツコツ積み上げようと思います。
FX(CFD)でレバレッジをかけて取引するほど大きな利益が出るわけではありませんが、この暴走特急に対しては関わりすぎない程度でちょうどいいのではないでしょうか?

<ビットコインに交換できるポイントサイト>

・ポイントタウン

・ちょびリッチ

・モッピー

ビットコインお金

<合わせて読みたい記事>
⇒ビットコイン 新しい通貨の魅力

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アマゾンほしい物リストを利用して私利私欲の限りを尽くすのだ!

お札にしか見えないトレーディングカード
このトレカが欲しい! (=゚ω゚)ノ

ドバイで物乞いをして年収800万円を狙っていた乞食賢者だが、残念ながらアラビア語を話せなかったので断念。
仕方がないので、別の方法を考えてみようと思う。

何でも最近はアマゾンで「欲しい物リスト」を作ってブログやSNSにアップするのが流行っているらしく、ほぼ匿名(都道府県は表示されるらしい)がでプレゼントを贈り合うことができるらしい。
何でも買いたい賞品をお気に入りに登録するだけで、それを見た人が注文してくれるとか。

熊本地震ではこの制度を通じて多量の物資が届けられ、多くの被災者が助けられたらしい。

こんな素晴らしいシステムを利用しない手はないので、エセ賢者もさっそくほしい物リストを作ってみた。

自分の財布からは一銭も出さなくても、全国70億人のエセ賢者ファンを利用すれば、いくらでも私腹を肥やすことができる。
愚民どもよ、我に貢物を捧げるがよい!

横暴なドラえもん

70億人にどら焼きを献上させてもいいが、そんなことをしても糖尿病になるだけだ。
それよりも高級キャットフードを要求し、腹を満たすとともに美容と健康を手に入れるのだ。

食欲が満たされたら、次は性欲だ。
美しい雌を捕まえて、愛玩奴隷とするのだ。
そのためには、猫捕獲機が必要だな。

肉食動物ばかり集めてもバランスが悪い。
故に非常食を兼ねた奴隷として兎を飼おう。

奴隷どもが逃げ出さないように、厳重な管理をせねばならない。
檻としてウサギケージと奴等を操る手綱も用意しよう。
後はトイレや各種雑貨、害虫対策も考えていく必要がある。

これでリストの完成だ。

なんという強欲!
一切対価を払わず欲望を満たそうとは、鬼畜にもほどがあるぞ!

⇒エセ賢者の欲しい物リスト

豪遊猫

猫と兎の餌と住居、トイレ、ハーネス・・・

・・・うん、立派な飼育小屋ができそうだ。
アマゾンを利用して贅沢をしようと思ったのに、どうしてこうなった?

きっとなかなか手が届かない高級品が並ぶと思ってアマゾンを見ていたら、自分で使う物が何一つ見つからなかった。
嗜好品も生活物資も、別にいらないからなぁ。

気が付いたらリストは猫と兎で埋まって、保健所から野良猫や小動物を保護できないか考えていた。
ああもう、どんだけケモナーなのさ。

兎になりたい猫

本件は頭のおかしいケモニストの道楽です。
このリストに出資しても猫賢者の無駄に広い庭がジャパリパークになるだけなので、世界中を猫と兎で埋め尽くしたい変人以外はスルーしてください。
支援しても社会貢献にも貴方の得にも一切ならないので、軽はずみに物を贈らないようにご注意ください。

ただ、アマゾンのほしい物リスト自体は非常に便利なシステムなので、一度見てみることをお勧めします。
リストを作成するのにお金はかからないので、できれば作ってみてもいいでしょう。

誕生日などでプレゼントを贈ることは日常的にありますが、その人が本当に欲しい物を選ぶのは非常に難しいことです。
せっかく高価な贈り物をもらっても使えずに、邪魔になるだけかもしれません。

日本ユニセフに募金したり、クラウドファンディングでベンチャーに出資しても、それが望んだ使われ方をするかはわかりません。
場合によっては、反社会的な団体に流れてしまうことさえあります。

アマゾン自身にも商品を売りたい思惑はあるだろうし、エセ賢者や龍田中学校PTAのように悪用する人もいるでしょう。
しかし、要求を明確にして支援を判断できることは、本当に素晴らしいメリットだと思います。

誰もが自分の欲しい物を明示し、それを見た人が気軽に応援できる世の中になるといいですね。

プレゼントを渡す

⇒エセ賢者のジャパリパーク建設計画

ファンダメンタルズ分析は投資で成功する必要条件であって十分条件ではない

砂場は混浴なので下半身を隠そう
当たり前だよ! (っω・`。)

ファンダメンタルズとは、各国の経済指標(GDP、失業率、物価指数、国際収支など)から判断される経済状況のことで、多くの投資家はテレビのニュースや新聞などのメディアを通じて情報を収集し、自身の取引に役立てています。

トレーダーであればファンダメンタルズを把握しておくのは当然のことですが、情報を集めればトレードの勝率が上がるかといえば、そんなことはありません。

「日経新聞や四季報を読めば株式投資に勝てる!」
なんて考えている人はいないと思いますが、ファンダメンタルズで株価や為替の動向を予測できる」という考えが少しでもあったなら捨ててください。

確かにGDP・失業率・金利といった経済情勢はレートを動かす要素ではありますが、世界中の全トレーダーがそれを把握しているのであれば、情報の質やスピードによるアドバンテージは全く生じません。

インターネットのなかった時代であれば世界各国の情報格差は大きかったので、アジア・欧米・オセアニア・アフリカといった地方の差を利用した戦略も有効でした。
日本の会社であれば、日本在住者のほうが情報が早く届くこともあったでしょう。

しかし、高速ネットワークで世界中が連結された現代においては、ニュースをいくら見ても先んじることはできません。
翻訳技術も発達したため、言語の壁も極めて薄くなりました。
英語ができない日本人が不利になることはあるけれど、世界のトレーダーに対して我々が有利になることは殆どないでしょう。

英語

もちろん、本当の金持ちや要人であれば話は別です。
スイス中銀のフィリップ・ヒルデブラント総裁の妻であるカシュアが介入の数日前に米ドルを買って為替差益を得たように、事前に情報を仕入れることで多額の利益を出す個人や法人はいるかもしれません。
しかし、インサイダー情報もタイムマシンも持っていない貴方がいくら勉強しても、他のトレーダーを出し抜くことはできません。

高速通信が完備された社会において、ファンダメンタルズではトレーダーの差は付きません。
だからチャートを読む力が重要になります。

日本でもアメリカでも、投機ファンドのマネージャーでも我々素人でも、得られる為替チャートは同じです。
そのためテクニカル分析を駆使して市場の動向を掴み、資金管理を徹底することがトレードの成否を分けます。

「ニュースなんか見てる暇があったら一つでも多くのチャートを見ろ」
と言うベテラントレーダーもいます。

ドル円相場超長期チャート

かといって、
「チャートさえあればファンダメンタルズなんかいらない。ニュースなんか見るな」
が正解かと言うと、そうではないとエセ賢者は思います。
この記事のタイトルにあるように、ファンダメンタルズは投資の必要条件なので、ある程度情報を仕入れておくのは投資家としての最低条件であると考えます。

例えば2016年にはイギリスのEU離脱を問う国民投票や米大統領選といった重要イベントがありました。
その影響で相場が乱高下し、多くのトレーダーが巻き込まれました。
また、毎月の経済指標では発表直後に為替レートが急落・急騰し、テクニカルなど完全に無視した動きをします。

そういった状況でテレビも新聞も見ず、淡々とチャートだけを見て取引していたらどうなるでしょうか?
理論もへったくれもないデタラメな上下運動に翻弄され、まともなトレードなどできるはずもないでしょう。

ポンド暴落チャート

実際猫賢者は米雇用統計を忘れて寝ていたら、ポジションの決済メールが来て気付いたことが何度かあります。
あらかじめイベントの予定を調べておかないと、時として大きな損失を被ることもあります。

相場が大きく動く行事を把握しておけば、サプライズな結果が出た時も素早く対処することができます。
アベノミクスにおける日銀のETF買いが日経平均を底堅くしているように、政府や企業の活動から値動きの理由をある程度把握することもできます。

ファンダメンタルズで毎日の値動きを予想することは無理ですが、それを全く知らないのも問題です。
最低限のニュースは目を通してから、チャートに向かいましょう。

パソコンでトレードする猫

⇒大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術

ブルーウォールジャパンに見捨てられたみんなのクレジットの運命は!?

泥棒は進入禁止
泥棒が素直に応じるわけねぇだろ! ヽ(`ω´*)ノ彡

みんなのクレジットの続報です。
ついに親会社のブルーウォールジャパンがみんなのクレジットを切り離した模様です。
詳しくはブルーウォールジャパンのHPのお知らせをご確認ください。


<子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ>
引用元:http://bluewall.jpn.com/info3/

謹啓 皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
また平素は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。

さてこの度、当社が100%保有しておりました『株式会社みんなのクレジット』株式に付きまして、現代表取締役である阿藤豊氏および取締役山崎弘之氏に当社保有の株式全てを譲渡することとし、平成29年5月23日付で実行いたしました。

現取締役である両氏からマネジメントバイアウトによる株式譲受の申し出があり、譲渡は円満に行われましたことをご報告いたします。


これはまずいかも!

笹

これまでみんなのクレジットはブルーウォールジャパンの子会社であったため、問題が起きれば親会社にも責任が生じる状態でした。
前社長の白石伸夫氏は退任したとはいえブルーウォールジャパンの代表取締役であるのは変わっていないので、繋がりは断たれていなかったわけです。

しかし、今回の株式譲渡により現社長阿藤豊氏と役員の山崎弘之氏(誰?)に経営権が移り、白石一族に責任を問うのが非常に難しくなりました。
これまでの出資金がブルーウォールジャパンに流れていたとしても、それがみんクレと出資者に返還されるかは不明です。
仮に倒産した場合、トカゲの尻尾切りで済まされるかもしれません。

ちなみに今の所、この件はみんなのクレジットのHPやメールには記載されていません。
キャンペーンやキャッシュバックのメールは嫌になるほど送ってくるのに、こういう大事なことは一切教えてくれないんですよね。

エセ賢者としてはみんなのクレジットが金融庁の指導の元業務再開にこぎつけて欲しいと思いますが、顧客に何の説明もないまま組織の分断だけを淡々と進めていく姿勢には疑問が残ります。

てるみくらぶや安愚楽牧場の例を挙げるまでもなく、「資金繰りに困って倒産した」と言えば全て免責されるのが日本の現状です。
詐欺行為を未然に防ぐように、また破綻した時に顧客を守れるように、行政や司法には厳格な規制と監視をお願いしたいと思います。

自分さえ儲かれば会社や顧客はどうでもいい

(投資には)魔法も奇跡もないんだよ


池の中に犬を入れるのは禁止
入れた奴がいるのか!? (゚д゚) 

投資をやっていると、確率的にあり得ないことが度々起こります。
どん底でロスカットになったり、絶対助からないと思ったポジションが助かったりすると、時に運命を感じることがあります。

ドル円をロングしていると、急に円高になってちょうど逆指値で決済されました。
その後すぐにV字回復して、ロスカットされた場所が底になりました。

ニュージーランドドルを買っていたら、いきなり地震が発生して大暴落しました。
日頃の行いが悪いから天罰が下ったようです。

介入目当てにユロスイをロングしていたら、スイス中銀が介入を取り止めて追証まみれになりました。
始めてのソーシャルレンディング会社にみんなのクレジットを選んだら、1年もしないうちに業務停止処分を受けました。

我ながらトラブルを引き当てる才能だけはピカイチです。
あまりにもピンポイントでやられるので、呪われているんじゃないかとさえ思えます。

やっぱりあの神像を盗んだのがまずかったのかなぁ。

パプアニューギニアの神様の呪い

エセ賢者ほど極端ではないにせよ、投資家なら同じような体験があるのではないでしょうか?
思いがけない幸運で得をしたり、あるいは不運で損をして、作為性を感じたことをはないでしょうか?

相場に携わっていなくても、宝くじが当たったり、ガチャでレアカードを引いたりして、ラッキー(あるいはアンラッキー)だと感じたことがあると思います。
極端な成功体験が続くと、「私は神様に愛されている」とか「俺は特別な人間だ」などと、思い込んでしまう人もいます。

珍しい事件が起きて運命や奇跡を感じることは誰にでもありますが、残念ながらそれは幻想です。
現実にあるのは偶然と確率の偏りであって、神が試練を課しているわけでも、貴方を特別扱いしているわけでもありません。

一つ一つの出来事が起こる確率は低くても、長い人生の中ではレアケースの一つや二つぐらい遭遇するものです。

人生で遭遇する出来事の確率飛行機

一つ例を挙げると、最近ブラジルレアルがまた暴落して、36円台から32円台まで一気に落ちた事件がありました。
数年前にも似たようなことがありましたが、前回と違うことが一つだけありました。
それは、「エセトレーダーが今回はブラジルレアルを買っていなかった」ということです。

以前猫賢者はIG証券でUSD/BRLをショート(レアル買い)してスワップウハウハ作戦を実行していましたが、継続的に下落によってレアルが減価し、何百万という資金が溶けて消えました。
IG証券はポジション毎にロスカットしていくシステムになっているので、下落する度に少しずつポジションが削られていきました。

どこか戻したところで損切りをしようと思いましたが、いつまで経ってもレアル安は止まらず。
ようやく反転したのはエセ賢者のポジションが壊滅した直後でした。

なぜ自分のロスカットが底値になるのか?
何か作為的な力が働いているのではないのか?

冷静に考えればあり得ないことですが、当時の猫賢者は運命を呪っていたのだと思います。

ところが、あれから何年も経ってブラジルレアルはまた暴落しました。
しかも、落ちるナイフは掴まずにいられない逆張り賢者がポジションを取っていないのに暴落しました。

リーマンショックも東日本大震災もスイスショックも全て直撃を食らったエセ賢者が、今回ばかりは何も関係していないんですよ。
これは驚きです。

なんだってと驚く

当たり前のことですが、エセ賢者が関わらない暴落事件なんていくらでもあります。
全ての新興国通貨の下落に関わっていたら、いくらタフな私でもとっくに死んでいます。
エセトレーダーがポジションを取ろうが取るまいが、ブラジルレアルはまたスワッパーを集めては急落を繰り返すでしょう。

結局運命など何処にもなくて、大暴落と仏像の呪いには、何も関係なかったということです。
全てはただの偶然か、物好きなサーバルキャット賢者が事件に引き付けられていたということでしょう。

人はランダムな事象を正確に捉えるのが苦手な生き物で、たまに珍しい事象に遭うと客観的な判断力を失ってしまいがちです。
たまたま天井で決済できれば有頂天になるし、好みの異性と会えばすぐに盲目になってしまいます。
後から考えればただの偶然でも、当人は本当に奇跡だと信じ込んでしまうのです。

初めて見たものを特別視するのは、恋する乙女が出会った相手を運命の人と考えるようなものです。
生物学に則って考えれば当たり前のことですが、「赤い糸で結ばれた恋人」など存在しません。
実際はイケメンの行動や風貌、社会的地位が当人の嗜好に合っているだけで、オンリーワンの相手というわけではありません。

壁ウドン

それでも乙女がその幻想を持ち続けられるのは、単純に出会った異性の数が少ないからです。
人間は過去の事例に則って判断する生き物なので、試行回数が少ない状態では正常な判断を下すことができません。
何百・何千という人間を見て比較することで現実を知り、少年少女は大人に変わっていくわけです。

若者がパートナーに幻想を抱いたり、就活生がホワイト企業に期待することは、決して悪いことではありません。
なぜなら、彼等には膨大な試行回数を積み上げる必要がないからです。

何百回も結婚と離婚を繰り返したり、就職と転職を繰り返す人はあまりいませんよね?
結婚や就職のようにたった1回成功すればいいだけなら、奇跡や魔法に頼ったっていいんです。
だから人間は、たった一度の恋愛に全力になるようにできているのでしょう。

恋愛が凄い

けれど、トレーダーはそうもいきません。
たった一度万馬券を当てるならともかく、何千何万回というトレードの中では一度や二度のラッキー・アンラッキーは意味を成さないからです。
長期的に豊かになろうと思うなら、個々の結果に一喜一憂するのは止めましょう。

奇跡や運命といった幻を打破する最も簡単な方法は、反例を知ることです。
少女が多くの人と接することで特別な人間などいないことを知るように、トレーダーも成功と失敗を繰り返すことで現実を知っていく必要があります。

ただ頭の中で考えて数点のサンプルを取るだけでは、完全に理解することはできません。
わかったつもりにはなれても、いつかまた視野が狭くなって幻に囚われることになるでしょう。

一人前のトレーダーになりたければ、とにかく検証を繰り返しましょう。
これでもかと試行回数を増やして、幸運や不運が存在しないことを潜在意識に刷り込ませましょう。

運命を信じるのは恋する乙女の特権であって、無数の取引の先に資産を積み上げていく投資家のやることではありません。

恋敵譲れば良かった今の妻

みんなのクレジットで遅延発生!?・・・と思ったら首の皮一枚で繋がってた

仕事はすぐ働くべきなのかどうか
すぐにやってよ! (つД`)ノ

5/28は待ちに待ったみんなのクレジットの償還日でした。
社長が白石伸生氏から阿藤豊氏に代わってから始めての償還ということでドキドキして待っていましたが、24時になっても口座に反映はなし。
利払いどころか、遅延の連絡すらありませんでした。

ついに逝ってしまったか!?

お前はもう死んでいる

・・・と思って大慌てしたエセ賢者でしたが、次の日(5/29)になったら何事もなかったように利息と元金が公式ページに反映されていました。

第60号→配当は5/29。入出金処理の確認作業に時間を要した為、元本のみ5/30に反映。
その他の案件→配当、元本とも5/29に反映


60号の元本だけ若干遅れていますが、貸し倒れや不払いはありませんでした。
償還日が日曜日だと処理が月曜日になるのと、案件が多くて時間がかかっているのが遅延の原因のようです。

予定日より遅れるのなら、あらかじめ言っておいてほしい。
本当に死んだかと思ってしまったじゃないか・・・

死の予感

貸付金に損害がなかったのは喜ばしいことですが、反映が遅れているのが個人的に気になります。
行政処分を受ける前にも償還された案件がありましたが、大抵夕方には間に合っていたと思います。

みんなのクレジットは手作業で処理を行っているのか、一旦貸付金が減額されてから1件1件の返却分と利息が逐次反映されます。
4月の場合17時前には全部完了していましたが、5月は20時を過ぎても終わりませんでした。

業務が滞っているのか、それとも資金繰りが上手くいっていないのでしょうか?
まさか直前まで金策をしていたとは思いませんが、あまり良い兆候ではありませんね。

60号が無事償還されれば猫賢者の貸付金も100万円ぐらい減りますが、それでも1500万円以上残っています。
全て返金されるまで軽く1年以上かかるのですが、それまでみんなのクレジットが残っているでしょうか?

業務停止期間が過ぎて既に1ヶ月経ちますが、みんクレは未だに自主休業を続けています。
問い合わせによると、「6月末の営業再開を目指している。再開前には顧客向けの説明会も行う」とのことですが、本当に業務復帰できるのかは疑わしい。

もちろん新体制でリスタートしてこれまでの出資も利息を付けて返してくれるに越したことはないのですが、そうでなかった時に備えておくことは必要かと思っています。

鹿の飛び出し注意
事故る未来しか見えない・・・

⇒前の記事

何をするべきかわからない人に伝えたいこと

殺し屋主婦
主婦のやることじゃないだろ! ( ノД`)

一生続けられる仕事や趣味を見つけるのは、とても大変なことです。
何世紀も各地を転々とし、新しいことを始めてはすぐに止めるを繰り返してきたエセ賢者ですが、一つだけわかったことがあります。

それは「何をするのか」も重要だけれど、それ以上に「どんな気持ちでそれをするか」の方が大事な時もあるということです。

我々はいつも

・何を勉強するべきか
・どんな仕事に就くべきか
・誰と付き合うべきか
・どこに住むべきか
・いつ結婚するべきか


といった5W1Hの選択に悩まされますが、それは本当に大切なことでしょうか?
どうでもいいかと言えば絶対にそうではないけれど、それだけに拘っていると、もっと大事なことを忘れてしまう気がします。

アルツハイマー病で忘れる

同じ単純作業するにしても、その仕事に込めた想いによって結果が左右されることもあります。
ただ注文を取って回すだけのウェイターと、お客様に喜んでもらうのが楽しくて仕方ないウェイトレスでは、相手が受ける印象は全く違うでしょう。
自社の製品に誇りを持って勧める営業と、要らないけど金の為と思って売りつける販売員では、営業成績は全く違ったものになるはずです。

猫賢者も時々、自分のしていることが正しいのかわからなくなります。

・なぜブロガーをやっているのか?
・なぜFXトレードをしているのか?
・なぜ猫の姿をしているのか?
・なぜ地球に来たのか?


といったことを自問自答することもあります。

「人民に伝えたいことがあったから」とか、「投機で儲けたいから」とか、「ドラえもんになりたいから」とか、「前の星は核戦争で滅亡してしまったから」とか、適当な答えを用意することはできます。

しかし、それは論理的に繋がる程度の回答であって、本当の動機にはなっていないでしょう。
結局のところ、エセ賢者はそれが好き好きでしょうがないから、それをやっていると脳にドーパミンが湧き出すから、他人から見れば価値のない遊戯でも何年も続けてこれたのだと思います。

重量挙げほど楽しいものはない

何をしたらいいかわからなくなることは、誰にでもあります。
今の仕事に自信が持てなくて、転職を検討することもあります。

そんな時は他人や会社が気になってしまいますが、それより先に自分自身に目を向けてみてください。

間違っているのは、貴方の行動なのでしょうか?

待遇や作業内容が変われば、問題はスッパリ解決するのでしょうか?

誰かが新しいアクションを提示してくれれば、それを続けられるのでしょうか?

辛い、つまらないと感じる原因は、一体どこにあるのでしょうか?


少なくとも、エセ賢者は駄目でした。
金になるからといって嫌なことはできなかったし、面白くないことはすぐに放り出してしまいました。

周囲は「幼稚だ」と笑いますが、自分の納得のいかないことはやっぱり続けられません。
継続できないことは、どうやっても成功には結び付きませんね。

楽しいから成功する

心理学者のウィリアム・ジェイムズは、

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる


と言いましたが、全くその通りです。

目的を達成するためにはそこに至るための論理的に正しい手段を採らなければなりませんが、心をおざなりにしてそれを実行するのは非常に困難です。
ルーチンワークを何十年でもずっと行うことのできる機械であればともかく、感情を持った動物には無理な話でしょう。

逆に具体的な方法がわからなくても、自分の心地良い方に進んでいけば、遠回りにしても目的に近づいていくことになるでしょう。
「猫も歩けば棒に当たる」っていう有名な諺もありますしね。

もちろん見当違いのことばかりして成果が出ないこともあるので、時には自分を振り返ったり、人の助言に耳を傾けてみることも必要ですが。

人間はどんなことにも苦痛を感じる一方で、どんなことにも快感を感じられる不思議な生き物です。
捉え方次第で何もかもが苦難になるけれど、逆に愉悦に替えてしまうこともできます。
貴方がその気になりさえすれば、食べることや話すことはもちろん、ただ歩くことも呼吸をすることも、トイレでお尻を拭く行為さえ歓びに満ち溢れるでしょう。

何をしたらいいかわからなくて、環境を移すこともできないというのなら、日々の一挙一動から変えてみませんか?

感情任せで失敗することは多々あるけれど、何の感慨も持たずに成功することもできません。
できることなら与えられた仕事を嫌々こなすのではなく、日常の行いの一つ一つに喜びを感じられるようになりたいものですね。

トイレを楽しんでね

東芝と日本郵政の巨額減損から学ぶスプレッドの恐怖

年賀はがきで失敗して後悔
取り返しの付かない失敗・・・ (;д;)

最近になって、海外の事業を買収した企業の減損が話題になっています。
本来の事業であれば黒字なのにM&Aのせいで大赤字になり、ニュースに取り上げられる会社が出てきています。

例えば東芝は米国の原発会社ウェスチングハウスで9500億円の赤字を被り、東証二部に降格した上に主力の半導体事業まで手放す事態になりました。
日本郵政はオーストラリアで買収した物流子会社で4000億円規模の減損が発生し、赤字に転落しました。
他にもキリンホールディングスがブラジルのビール会社で1000億円、第一三共がインドの製薬会社で4500億円の赤字を発生させています。

なぜ海外の企業を買収すると、このような損害が発生するのでしょうか?
現地法人の運営が上手くいかないのでしょうか?
それとも、元々使い物にならない事業を押し付けられているのでしょうか?

「価値のない会社を買収した」あるいは「買った後に企業の価値が下がった」というのはあると思います。
しかし、個人的には買収の際のスプレッドが高すぎるのが一番の問題だと思っています。

楽天FXでスプレッドが開く

FXトレーダーなら今更説明は不要でしょうが、スプレッドというのは買値と売値の差額のことです。
売買の際に発生する手数料のようなものです。

通貨ペアにもよりますが、銀行で両替を行えば、2~3%程度。
FXなら0.1%~0.01%程度が取引時に引かれます。

買った物をその直後に売ればプラスマイナスゼロになりそうですが、そうはなりません。
必ずスプレッドの分だけ損をすることになります。

スプレッドと呼ぶとFXにしか存在しない特殊な概念に思えるかもしれませんが、これはどんな取引にも当てはまることです。
貴方がどこで何を買った(あるいは売った)としても、その損失から逃れることできません。

例えば、貴方が念願のマイホームを購入したとします。
少し駅から遠いけれど、広い庭が素敵な一戸建てを3000万円で購入しました。

駅から遠い優良物件

ところがその翌日に母親が脳梗塞で倒れ、ママンの手術代のために泣く泣く家を売らなければならなくなりました。
その時、3000万円で買った家はそのままの値段で売れるでしょうか?

たまたま不動産バブルの影響で土地の値段が上がっていれば別ですが、同じ値段で売れることはまずありません。
元々の買値には不動産屋の仲介料や人件費や税金など色々な経費が掛かっているので、相当に安い値段で買い叩かれることでしょう。

下手すれば、半額以下まで下がってしまうかもしれません。
スプレッド50%とか、FXトレーダーからすれば滅茶苦茶あくどい商売に見えますね。

住宅に限った話ではなく、商品は全て買った値段では売れません。
100円ショップの雑貨でも、1000円のCDでも、1億円の宝石でも同じことです。

必ず販売者のプレミアムがあって、その分だけ徴収されます。
地域や各人の価格差を利用したわけでなければ、売買を繰り返すほど損をすることになります。
なので、無暗な転売の繰り返し賢くありません。

同じCDを何枚も買う矛盾

東芝や日本郵政といった日本企業が莫大な損害を被った原因にも、スプレッドの存在があります。
要するに海外の企業を元々の価値より高い価格で買わされた結果、大きな減損が生じたわけです。

1000億円の時価総額がある企業を買収する際、1000億円の出費で買うことはできません。
そのままの値段で売ったら、前のオーナーに何の旨味もないからです。
普通2~3割のプレミアムを付けて売却することでしょう。

日本郵政は子会社の買収を急いだため、本来の株価よりかなり高い価格で購入することになったと言われています。
6200億円で買収して4000億円の損失が出たということは、本当の企業価値は2000億円もなかったのかもしれませんね。

注意したいのは、日本人は足元を見られがちだということ。
企業だけでなく石油などの価格燃料も、日本人相手だけ割高で販売されているそうです。(ジャパンプレミアム)

「お金持ちで成金」のイメージがある日本企業は、海外の投資銀行のいいカモです。
知識がない人、あるいは立場の弱い人はその分だけ吹っ掛けられる傾向があることを覚えておきましょう。

かつての日本式会計ではそれを数年単位で減損処理していましたが、国際標準に従うにつれてそれもできなくなっているそうです。
せっかく海外の企業を買収しても、その事業も上手く行かず、決算時に価値がないことが判明したらどうなるでしょうか?
その結果が今の日本企業の惨状を作り上げたのだと思います。

全国の休廃業倒産件数

東芝が巨額の赤字を出したと聞いても、自分には関係ないと思う人が多いでしょう。
エセトレーダーが血眼になってスプレッドの狭い業者を探していても、無駄な努力と考える人が多いでしょう。

しかし、スプレッドというのはどんな商売にも発生するものであって、関係のない人などいません。
肉でも野菜でも、菓子でもジュースでも、化粧品でも車でも、何かを買った際には必ず差額の分だけ損をしています。
ただそれを手放して換金する時にならないと、損失に気付かないだけなのです。

物を買う時は、実際の価値からかけ離れた値段で取引しないように気を付けましょう。
「高いかな?」と思ったら、アマゾンや楽天で市場価格を調べましょう。
トレードをするときはスプレッドや手数料に注意するとともに、その銘柄が過大評価されていないか考えてみましょう。

全てのトレーダーと消費者が、良い取引をされることを願っています。

買い物する兎親子

⇒マネパカードの手数料が世界一安い

リバタリアンのリバタリアンによるリバタリアンのためのリバタリアリズム

人材になる条件を満たせば給料は上がるのか
要求に応じた給料を払えよ! (♯`∧´)

エセ賢者は昔から税金が嫌いでした。

所得税も消費税も相続税も、健康保険料も年金保険料も、お金を取られるのは全部嫌い。
「人様のなけなしの財産を強制的に取り上げるなんて許されない!」と、いつも憤っていました。

役人が鞭を持って年貢の取り立てに来ていた頃から、搾取への怒りは変わりません。
今も買い物でレジに消費税が表示される度に、それを作った政治家や官僚への怒りが湧いてきます。

消費税

不満の対象は、税金だけではありません。

NHKの受信料も、町内会の会費も、会社のコンパ代も、半強制的に要求される募金や香典も、何もかもが憎かった。
自分からお金を出すのは問題ないけれど、他人に強制されるのは我慢がならなかった。

NHKの下請けが玄関を叩く度に、追い返してやったものですよ。

NHK集金人不法侵入

なぜそこまで強制徴収が嫌だったかと言えば、それは私がドケチ・・・じゃなかった、生粋のリバタリアンだからです。
心から自由を愛する野良猫だから、他人に自分を左右されることは許せなかったのです。

お金と自由にはあまり関係がないように思えるかもしれませんが、現実には密接に関係しています。
殆どの労働者は賃金のために働き、お金によって支配されています。
仕事によって時間や住居を縛られているし、十分なお金があればある程度自由を買うことができます。

我々リバタリアンにとって、お金を奪われることは自由を奪われるのと同意義なのです。

今でこそ奴隷は国際条約で禁止されていますが、かつては世界中で使役されていました。
彼等は一切報酬を与えられることなく、過酷な労働に従事していました。

現代の労働者はもちろん労働基準法に守られているし、サービス残業でなければ相応の賃金が支払われます。
しかし、その労働の成果を後から取り上げられたらどうでしょうか?

働きに応じた給料が支払われても、役人がそれを税金として取り上げたのなら手元には残りません。
政府が国民に勤労の義務を課してその報酬を収奪するのなら、サラリーマンと奴隷は何が違うのでしょうか?

形ばかりの自由経済を採用したところで、役人が合法的な搾取と浪費を行うのなら、自由主義が実現したとは言えないのではないでしょうか?

金のかからない政治

私達の身体は、私達のものである。
私達の時間は、私達のものである。

故に私達が身体と時間を使って生み出した労働の価値も私達の所有物であり、誰にも取り上げる権利はない。

これがリバタリアンが掲げる、税金の不当性の根拠です。
お金を取り上げられるのは、身体をちぎり取られるのと同じことなのです。

厳密に言えば、お金と時間を全く同じように考えるのは正しくない。
社会秩序を無視して、自分の権利だけを主張するのも正しくはない。

けれど、ワイルドキャットである猫賢者は、肉体的にも経済的にも自由を求めずにはいられません。

タダ働きも、奴隷扱いも、まっぴらゴメンです。
もっともっと稼いで自由になりたいと、本能が叫ぶのです。

歌って叫ぶ猫

かつて第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンは、人民のための政治を掲げて奴隷の解放のために戦いました。
その結果人々は自由を手にして、世界から奴隷制度は根絶されました。

しかし、今のこの世界で、完全な自由を得た人はどれだけいるでしょうか?
名目上は奴隷でなくても、雇用契約や福祉制度に隷属している人が大半ではないでしょうか?

貧しくて欲しいものが買えないのなら、
経済的な都合で若者が結婚できないのなら、
仕事の都合で居住地を選ぶことができないのなら、
勤務時間に縛られて好きな時間に行動できないのなら、
それは自由とは程遠い。

奴隷どころか、お金を生むだけの機械になり下がってしまうかもしれません。

理想の彼氏

貴方は自分で自分を所有する、自立した人間でしょうか?
それとも知らず知らずのうちに束縛された、社会の奴隷でしょうか?

できることなら、前者であって欲しいと思います。

誰もが人間としての権利を持てるように。
経済的に成功して、より多くの選択肢を得られるように。

それが私達リバタリアンの願いです。

より多くのお金が貯まる帽子

自由な人生を手に入れる教科書
※現在無料

⇒アフィリエイトで一億円稼いで自由になった元皿洗いのブログ

教科書にも間違いはあるが、素人はそれ以上に間違っている

日本の借金が増えた
簡単に増えすぎ!( ノД`)

日銀総裁の黒田氏が、「金融政策は教科書通りに行かない」と発言していました。

なぁ、日銀がいつ教科書通りの政策を取ったんだ?

日銀の黒田東彦総裁は6日、アジア開発銀行(ADB)年次総会の関連行事に参加し、中央銀行の業務が近年複雑になっていると訴える一幕があった。
黒田総裁は日銀のかじ取りについて「悪戦苦闘とは言わないが、最大の努力を傾注している」と発言。
「(経済学の)教科書を文字通り適用できない」と金融政策の難しさを強調した。

黒田総裁は、マレーシア中銀のゼティ前総裁やフィリピン中銀のギニグンド副総裁らが参加する会合で発言した。
日本経済について、一度染みついた家計や企業のデフレ気質を変えるのは難しいと指摘。
「日本は円安でも輸出が大幅に増えなくなった」とし、企業が海外生産を増やした影響にも言及した。

黒田総裁はアジア諸国も人口動態の変化を受け、経済を冷やさず過熱もさせない中立的な金利水準である自然利子率が今後低下する可能性があると分析。
長期デフレに陥った日本の教訓として「インフレ期待(予想物価上昇率)を維持することの重要性が高まっている」と助言した。

黒田総裁は2005年からADBの総裁を務めた。
日銀とADBの総裁のどちらがよかったか聞かれ、「ADBのほうがよりエキサイティングだった」と話した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC06H2J_W7A500C1000000/?dg=1


日銀黒田緩和の悩み

エセ賢者は大学時代に経済学の講義を受けたことがありますが、マイナス金利とかトリクルダウンとか、アベノミクスに関連するような話を聞いた記憶は全くありません。

現代の教科書には、「消費税を8%に上げれば、景気が回復する」と書いてあるのでしょうか?

「社会保険料を上げて負担を増やせば、個人消費が増える」と書いてあるのでしょうか?

「金利を必要以上に下げてマイナスにすれば、貸し出しが増える」と書いてあるのでしょうか?

「株式ETFを買い上げて株価を高く維持すれば、企業の業績が伸びる」と書いてあるのでしょうか?

あるわけないだろ。

ふざけてんじゃねぇ猫

日銀が推し進める異次元緩和は過去に前例のない異常な政策であり、本来の経済学に沿ったものではありません。
アベノミクスのリフレ政策やトリクルダウンも近年提唱されたただの仮説であり、実証されたものとは言えません。

こんな無謀な実験に日本国民を巻き込んでおいて、結果が出なかったら教科書のせいにするとは。
恥を知れと言いたい。

アベノミクスの理論

昔の記憶によると、中学の社会の教科書には以下のような経済対策が記述されていたはずです。

・景気が悪くなったら、減税を行ってお金が回るようにする
・景気が良くなったら、利上げをしてお金の回りを抑える


安倍政権はきちんと減税して、景気を回復させたでしょうか?
まがりなりにも失業率が改善して景気が上向いたら、利上げを行ったでしょうか?

猫賢者には、全くのことをしたように思えるのですが・・・

現在の好況は少子高齢化による人手不足と海外への輸出が好調なのが大きく、個人消費は極めて弱い。
消費税を上げて社会保険料の値上げを続けていたら、可処分所得が伸びるわけがない。

この国のためを思うなら消費税10%なんてとっとと取り止めて、消費税の撤廃に動くのが正しいに決まっています。
重税を放置したまま形ばかりの増税延期を繰り返して支持率を稼ぐなら、売国政権と言われても仕方ない。

アベノミクスの結果

もちろん、教科書がいつも正しいとは限りません。
歴史の教科書は頻繁に訂正され、鎌倉幕府の設立年さえ1192年から1185年に変わっています。
鱗で覆われた爬虫類と思われていた恐竜も、最新の研究で羽毛に覆われた鳥類に近い生物であったと報告されています。

しかし、それが間違っていると証明できるのはきちんと理解した上で検証したからであって、理解も実行もしていない素人にそれを行うことはできません。
定説に従わずに都合の良い仮説に飛びついただけ日銀関係者に、マルクスやレーニンが築いた古典経済学を否定する権利はないわけです。

黒田日銀の目標数字
あまりにも適当すぎる。

教科書が大事なのは、いつどんな分野でも同じです。
マクドナルドやディズニーランドの仕事は、マニュアルを読み込むことから始まります。
いきなりオリジナルの接客を行ったバイトがいたら、即座にクビです。

我々トレーダーは最も自由裁量の大きい職種ですが、それでも基本は疎かにできません。
何も知らないまま勘でトレードを始めたって、あっという間に退場するだけです。

「教科書通りの手法で取引したって儲からないよ」
と言うトレーダーは多いけれど、その中のどれだけがきちんと勉強した上で発言しているでしょうか。

理解しているつもりで、実は勘違いしていることもはないでしょうか?
よく知らないのに、最初から使えないと決めつけていることはないでしょうか?
どこかの素人が考えた机上の空論に過ぎないのに、長年の実績のある聖杯と信じていることはないでしょうか?

正しい手法を学んだ上で忠実に行動して、その結果誤りを指摘するのはいい。
敢えてマニュアルから外れて、新しい方法を模索するのもいい。

けれど、定説を曲解した挙句失敗して、それを教科書のせいにするのだけは止めた方がいいと思います。

英語の勉強法
文句を言いたくなる気持ちはわかるが、ひとまず読んでからにしよう。

⇒維新流トレードマニュアル