- 貴方を幸福にするFXブログ

みんなのクレジット行政処分に対するクラウドクレジットの対応が神ってる

無残にも解体される豚の悲しみ
うう、ありがとう。(´;ω;`)

みんなのクレジットの自転車操業・資金流用と思われる不祥事によって、ソーシャルレンディング業界全体の信用が大幅に低下しました。
みんクレに投資した方の中にはソーシャルレンディング自体が詐欺と考えている人もいるだろうし、もちろんエセ賢者もみんなのクレジットに二度と出資する気はありません。

こういった中で各ソーシャルレンディング会社もただ黙っているわけではなく、きちんと身の潔白を表明している業者もあります。
特に【クラウドクレジット】は本件に注目しているらしく、特別に声明を出しています。

※クラウドクレジット公式サイトより引用
https://crowdcredit.jp/info/detail/146

<証券取引等監視委員会による特定の第二種金融商品取引業者に関する行政処分の勧告について>

●当社は自己資産とファンド資産について厳格な分別管理を実施しており、お客様の投資資金についての適切な管理を実施しております。

●お客様の投資資金は、全て当社グループ外の最終資金需要者に対する貸付や貸付債権の購入に充当させております。具体的には、匿名組合出資事業は当社のグループ会社への貸付であるものの、当該貸付金には使途制限が付されており、グループ会社は各ファンドが指定する特定の事業に対してのみファンド財産を使用しております。
これらの投資スキームおよび投資先は、当社のウェブサイトの商品説明ページ及び契約締結前交付書面でご説明しているとおりです。

●さらに全てのファンド財産の移動については、契約書または約款に基づく適法な契約関係に基づいて実施されており、契約事項から逸脱するファンド財産の流用等はございません。

●運用されているファンドの状況(債務履行状況、貸付先の信用状況、回収状況等)については、当社ウェブサイト上の運用報告書を通して適切に開示をさせていただいております。
当社では引き続きより多くの種類の魅力的な投資機会をお客様にご提供する一方でコンプライアンス、オペレーションの体制の強化、運用自体と運用報告の体制の強化を行って参りますので、お客様におかれましては引き続きご愛顧のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

クラウドクレジット株式会社 代表取締役
杉山 智行


この文章は、みんクレが行政処分の勧告を受けた当日に掲載されたものです。
不安が自社の顧客に広まってしまうのが、非常に心配だったんでしょうね。

みんクレは投資家の出資金を自社グループやキャッシュバックに流用していましたが、クラウドクレジットは同様なことはないと断言しています。
資産は適切に分別管理され、ファンド状況の公開も行われています。
こんなのは本来当たり前のことで、それができていなかったみんクレが異常なのですが、タイムリーに対応して頂けたのは本当にありがたいことです。

感謝猫

もちろん、大手のクラウドクレジットとて絶対安全という保証はありません。
海外の案件(カメルーンカメルーン中小企業支援プロジェクト)では、遅延や延長が発生した事例もあります。
maneoでも返済遅延が発生しているので、出資金が確実に返ってくるとは言えません。

しかし、それらはきちんと外部に融資をしている証拠であり、みんクレのように身内に流用するようなことはありません。
クラウドクレジットは評判も良く、国内で唯一総合商社(伊藤忠商事)を大株主に持つ信用度の高い会社です。
個別案件の選択には注意が必要ですが、会社自体が危機に陥る危険はまずないと思います。

4/28には大規模な償還(エセ賢者は200万円程度)が予定されています。
償還が正常に行われたら、予告通りみんなのクレジットからクラウドクレジットへ資金を移したいと思います。
償還の有無に関わらず結果はまた公表しますので、続報をお待ちください。

世界が終わっても心配するな店は開いている
たとえ世界が終わっても、続きは書きます。

【クラウドクレジット】

資本金:1億9525万円
形態:投資型クラウドファンディング
案件内容:海外投資案件
最低出資額:1万円
期待利回り:5.3%~14.7%

運用期間:最長36ヶ月
口座開設料:無料
免許:第2種金融商品取引業免許
年齢制限:申請段階で20歳以上、75歳未満の方



諦めが悪いのは良いことなのか、それとも悪い事なのか

人形の時代による変化
日本人形も変わっていくんだな。 (。´・(ェ)・)

「諦めが悪い」とは、良い意味にも悪い意味にも使われる不思議な言葉です。
「粘り強い」や「忍耐力がある」という感じに好意的に捉えられることもあれば、「しつこい」や「往生際が悪い」といった意味で叱責されることもあります。

エジソンは、発明において1万回失敗しました。
エセ賢者は、トレードにおいて1万回負けました。

どちらも諦めが悪く、莫大な資金を浪費したのは確かです。
しかし前者は誰もが認める偉人になり、後者はただの落伍者として扱われています。

この違いはいったいどこから来るのでしょうか?

豹とチーターとジャガーとバナナの違い

エジソンは大発明をした。
エセ賢者は損失しか出していない。
だから、評価に差があるのは当然。


こう考える人もいるでしょうが、それは結果論です。
結果が出ていないとダメなら、努力している最中の人はみんなカッコ悪いことになってしまいますね。

そもそもなぜエジソンは成功して、猫賢者は失敗しているのでしょうか?
どちらも努力はしているのに、どうして成功と失敗に分かれるのでしょうか?

実を言うと、諦めの悪い人は二種類に分類されます。

一つは、何度間違えても同じことを繰り返す人
もう一つは、毎回条件を変えて試行を繰り返す人

エセ賢者は反省という言葉を知らないので、何度も同じようなミスを繰り返します。

怪しい業者に引っかかって痛い目を見るけれど、すぐに忘れてしまうのでまた似たような業者に投資してしまいます。
トレード中に感情的になってルールを破ってしまうけれど、またすぐに理性を失って杜撰な取引をしてしまいます。
少し円高になるとドルを買って、損切りせずに耐え続けて強制ロスカットになってしまいます。

何度も何度もアタックするけれど、条件が変わらないので結果も変わりません。
これが悪い意味での諦めの悪さです。

反省しない猫

一方でエジソンは何百という電球の試作品を作りましたが、一つとして同じものはありませんでした。
毎回フィラメントの材料を変えて、それが失敗したことを記録しました。
その結果安定して発光できる素材を発見しました。
(フィラメント電球の発明者はジョゼフ・スワンですが、実用化にこぎつけたのはエジソンの功績です)

膨大なクジの中に当たりがあるのなら、取ったクジを外していけばいつかは正解に辿り着きます。
仮に正解がないとしても、当たりが無いという事実を発見することができます。

しかし、外れクジを除外せず、元に戻して引き続けたのなら、いつまで経っても答えには辿り着きません。
余程運が良ければどこかで当たる可能性もありますが、ひどく効率が悪いのは確かでしょう。

エジソンはそれを知っていて、確実にハズレを潰していった。
ヌコ賢者はそのルールに気付かず、記録も取らなかった。
その違いが明暗を分けたわけです。

諦めたらそこで試合終了

何か新しいことをやろうと思ったら、試行錯誤は絶対に必要です。
難しいことであれば、山のような失敗を許容しなければなりません。
そういう意味では、成功するために粘り強さは不可欠と言えます。

しかし、それはただ回数をこなせばいいというものではありません。
同じ会社で同じ仕事を、同じ仲間と同じ気持ちで行っていたら、何も変わらないのは当然ではありませんか。
ルーチンワークをいくら続けたって、答えには辿りつかないんですよ。

場所を替え、作業を替え、新しいメンバーを迎え、何よりもその想いを一新して挑むことができれば、結果は必ず変わります。

どんな些細なことでもいいから手を加えて、昨日と違う今日を生きるように心がけてください。

季節によって変化するスズメ
生き延びるためには、変わり続けるしかない。

センター試験はカンニングを認めるべき

都合の悪い答弁や記憶を消せる消しゴム
その消しゴム売ってください!(・Д・)ノ

受験や学校の試験では、大抵独力で問題を解くことが要求されます。
パソコンや携帯電話といった通信機器はおろか、教科書やノートの持ち込みさえ滅多に認められることはありません。

無駄に暗記が得意で大学院まで行ったエセ賢者には非常に有利なシステムでしたが、それが日本の学生にとって有意義な制度であったかはひどく疑問。
むしろ全ての通信機器・計算機・資料の利用を認め、周囲の人と協力させるべきではなかったのかと思います。

確かに個人の能力を測定するためには、カンニングは取り締まらなければなりません。
けれど、少々の計算力や語彙力が人間の本質的価値を決定するでしょうか?

社会に出てからの重要性を考えれば、学力よりコミュニケーション能力や調査力のほうが大事ではないでしょうか?
単に物覚えがいいだけの努力家より、カンニングが得意な卑怯者のほうが、ずっと優秀な人物ではないでしょうか?

犬を隠れて見つめる猫

3桁の暗算ができようが、何千という英単語を知っていようが、会社の業務で役に立つことは少ない。
計算がしたければ電卓を使えばいいし、外国語がわからなければ辞書を引けばいい。

わからないことは、ウィキペディアでも使って調べればいい。
世界一物知りなグーグル先生に頼めば、どんな愚者でも賢者ググレカスになれます。

仕事中にエクセルやグーグル翻訳を使ったからといって、「カンニングはいけない!」という上司がいるでしょうか?
いたら即刻で解雇するように社長に進言すべきです。

常に便利な道具に頼れるわけではない言う反論もありますが、今の世の中ではコンピュータが使えない環境の方が珍しくなっています。
心配ならスマホやモバイルパソコンを持ち歩けば、大抵のアプリは利用できるでしょう。

真剣にエロ画像を見る
ただし時と場所は選びましょう。

学校のテストのように、閉め切った部屋で誰とも話さず、一切の通信機器を使わずに行う仕事は存在しません。
サラリーマンはもちろん、個人の能力が試される作家やスポーツ選手であっても、一人で全部完璧に行うことなんかできないからです。

必ず機械の補助を受けながら、足りない知識を補充しつつ、時には他人の意見を取り入れて仕事の完成度を高めます。
常にパソコンと向き合っている専業トレーダーですら、過去の膨大なデータを検証しつつ、市場の動向やアナリストの意見に耳を傾けなくてはいけません。
自分の頭の中だけで完結する仕事なんか、どこにもないんですよ。

極端な話、経営から営業まで全部人に任せたっていい。
プログラムを組んで、アルゴリズムで売買したっていい。
結果さえ伴うなら、私達には全ての手段が許されている。

考える能力は大切ですが、他人の意見を聞いてはいけないということではありません。
仲間を集めずに、地力で頑張れということでもありません。

わからないことがあったらすぐに調べる習慣を身に着けてください。
成功者をお手本にして、長所はできるだけ取り入れるように努めてください。

暗記の名人がもてはやされたのは、学生の間だけです。
社会で活躍する貴方は、ぜひともカンニングの達人になりましょう。

裸を見たい
頭の中で何時間考えようと、わからないものはわからない。
めくってみれば一瞬で理解できることを、多くの人は見過ごしている。

ギャンブルの真髄はお金を使っているのを忘れさせることにある

ブラック企業のお客様至上主義
お金を稼ぐって大変だ。 (。pω-。)

ギャンブルにおいて、現金がそのまま使われることはあまりありません。
大抵はスムーズに受け渡しが行われるように、何らかの代替物を利用します。

カジノではチップやメダルが使われ、パチンコ店ではパチンコ玉が使われます。
現金に近い競馬であっても、馬券(勝馬投票券)というクッションを置いています。

もしもそれらの仲介役が存在せず、リアルマネーのみの取引であったらどうなるでしょうか?
多分福沢諭吉先生の眼光に射すくめられて、冷静になる人が続出するでしょう。
とても粗末になんかできません。

札束の食事

カモが躊躇いなくお金を使ってくれるように、カジノやパチンコ店は工夫しているわけですね。

電子取引においても、同じような現象が起こります。
パソコンの画面上の数字と財布にあるお札を比較すると、明らかに前者の方を粗末に扱ってしまう傾向があります。

現金では節約する主婦も、クレジットカードを持った途端散財してしまうことが多い。
実店舗ではなかなか買えない高級品も、ネット通販ならあっさり注文してしまうこともあります。

財布の中身もネットバンクの残高も額面では同じですが、私達の頭の中ではやっぱり違うのです。

トレーダーがFXや株式投資に膨大な金額を突っ込めるのも、電子取引がもたらす安心感が影響しているのかもしれません。

どこぞのアホ賢者がみんなのクレジットとかいう怪しい業者にうまい棒200万本分の資金をつぎ込めたのも、札束の重みを感じなかったからでしょう。
もしも両手いっぱいの現ナマを抱えて直接会社へ運んでいたら、怖くて投資なんかできないかもしれません。

ジンバブエの買い物

躊躇なく投資できるのは、非常に大きなメリットです。
恐怖心を超えて勝負に出ることでしか、大きな成功を勝ち取ることはできませんから。

しかし、それには必ず相応のリスクが伴います。
軽い気持ちで行った行為が、大きな失敗に繋がることもあります。

スーパーで夕飯の材料を買う時のように小銭を数えていたら、とても投資なんかできない。
けれど、大金を扱っていることを忘れて湯水のように注ぎ続ければ、いつか泥沼に嵌まることになる。

お金をただの数字として見るのなら、それは単なるギャンブルであって、もはや投資とは呼べません。
投資家の皆さんはどちらかに偏り過ぎないように、うまくバランスを取っていきましょう。

札束を抱える猫
お金の大切さを忘れそうな人は、時折触って確かめよう。

みんなのクレジット2000万円の投資履歴(証拠画像あり)

やっちまった猫

ソーシャルレンディングブロガーで有名なファイアフェレット氏から
「みんなのクレジットに投資した証拠を見せてほしい」
という依頼があったので、ここに公開します。
(人に要求するってことは、ファイアフェレット氏も自分の投資履歴を見せてくれるってことかな?)

みんなのクレジット運用成績

再投資分も含めた総投資額は2104万円。
利息と配当を含めた利益は230万オーバー。

もっとも全部再投資しているので、利益はないようなものですが。
しかも所得税を払ってるから、実態はマイナスか。
3月の償還で元金は少し減っていますが、それでも資産の大半を拘束されたままです。

「2千万預けた業者が行政処分を受けたわりに、エセ賢者は余裕すぎる!嘘に違いない!」
なんて思い込みで物を言う人もいますが、猫賢者は元々そういう性分なので仕方ありません。
戦場で死を覚悟した軍人ほど軽快なジョークを飛ばすようなものだと思ってください。

鳩軍隊

この画像を見ても捏造や他人のデータの流用を疑う人はいるだろうから、信じろとは言いません。

どっちみち、何を見ても信じない人は信じない。
疑う人は、疑わせておけばいいんです。

猫を信じる
信じるのは猫だけで結構。

こんなものを公表しても、みんクレに特定されるデメリットしかない。
冷やかしにはネタと思わせておいた方が都合がいい。

それでもなお公開に踏み切ったのは、虚偽として扱われることで被害者の会を敬遠する人がいるかもしれないからです。

早めに動くことで助かる人を見捨てたくないし、動いてくれている弁護士の先生にも申し訳ない。
投資家の皆にお金が戻る可能性が少しでもあるなら、エセ賢者のプライバシーくらいはくれてやりましょう。

被害者の会で集団訴訟に踏み切るのも結構。
個人で弁護士を頼んで返還請求を行うのも結構。
みんなのクレジットを信じて、ひたすら償還を待ち続けるのも一つの道です。

しかし、現実に多くの投資家が大切な資産を預け、眠れない夜を過ごしています。
それは間違いない事実。

一刻も早く皆が安心できるように。
誰も信じてくれなくても、エセ賢者は全力を尽くす所存です。

全ての願いが叶いますように

みんなのクレジット行政処分で業務停止決定!てるみくらぶと同じ道を辿るのか!?

痴漢は情けないと説教するイケメン
お前らが言っても説得力ないよ! (つД`)ノ

証券取引委員会から勧告を受けていたみんなのクレジットの行政処分が発表されました。
1ヶ月の営業停止と業務改善の命令を受けたようです。

(1)業務停止命令
金融商品取引業のすべての業務(顧客取引の結了のための処理を除く。)を平成29年3月30日から同年4月29日まで停止すること。

(2)業務改善命令
1) 本件行政処分の内容について、顧客に対し速やかに適切な説明を行うこと。
2) 今般の法令違反及び投資者保護上問題のある業務運営について、発生原因を究明するとともに、直ちに是正すること。
3) 顧客が出資した財産の運用・管理状況を正確に把握し、顧客に対し、顧客が出資した財産の運用・管理の状況その他必要な事項の説明を速やかに行うこと。
4) 顧客の意向確認を実施し、顧客の公平に配慮しつつ、意向に沿った対応を行うなど、投資家保護に万全の措置を速やかに講ずること。
5) 責任の所在を明確化し、社内処分等を実施するとともに、金融商品取引業者として必要な、内部管理態勢を再構築すること。
6) 当社、当社の親会社及びその関係会社の財務状況を正確に把握し、当社における今後の資金繰り計画を策定すること。
7) 上記1)~6)までの対応・実施状況について、1カ月以内(改善策が策定・実施され次第随時)に、書面により報告するとともに、その実施状況を、すべてが完了までの間、随時書面により報告すること。


行政処分を受けた以上有罪には違いありませんが、1ヶ月の業務停止と考えると少々甘めの処分な気もします。
クラウドバンクの3ヶ月に比べても短いので、少し気になる所。

エセ賢者が金融庁に電話した際に、「倒産してお金が返ってこないと困るので、投資家の保護を最優先にしてくれ」と頼み込みましたが、もしかして配慮してくれたのでしょうか?
まさか金融庁が個人の頼み事を聞いてくれるわけないよね。

この処分が発表される少し前に、最新ローンファンドの募集が停止していました。
なぜか4月まで募集→本日12:00まで募集→昨日まで募集というタイムスリップしたような内容になっていましたが、向こうも混乱しているようなので深くは突っ込むまい。
白石社長の辞任の噂もありますが、現状はまだ不明です。

業務が停止したことで新規募集はなくなりますが、既に融資した案件が終了することはありません。
予定していた期間が終了するか早期完了になるまで、これまで通り利払いと償還が続けられます。

1ヶ月程度なら経営が危機的状況に陥ることはなさそうに思えますが、大きく信用を失墜した以上この先のことはわかりません。
エセ賢者が出資していた30号案件は無事償還されましたが、総額で3億円あるはずの4/28の償還が懸念されます。

最近旅行会社の「てるみくらぶ」が破産して詐欺の疑いで告発されていますが、そうなった理由の一つに「破産が確定していたにも関わらず販売を行った」というのがあります。
負債のある状況で営業を行うことは違法ではありませんが、もはやサービスを提供できないとわかった状態で盛んに集金を行ったとしたら、それは詐欺に該当する可能性があります。

山田社長の真意はわかりませんが、普通会社を倒産させるなら1月以上前に破産手続きを取っているはずです。
それなのに9万人分のチケット販売を行い、50人も内定者を取っていたのはおかしな話。

旅行者はホテルや飛行機を利用できず、返金は1%にも満たないそうですが、客が支払った代金はどこへ消えたのやら?
これでは計画倒産を疑われても仕方がない気がします。

てるみくらぶの詐欺

みんなのクレジットがこのまま業務を続けていけるのかはわかりませんが、証券取引委員会の勧告があっても直前まで募集を続けていたのは少々引っかかります。
疑惑が生じたなら、一旦募集を停止してしかるべきではないでしょうか?

これで早期に会社を畳むことになったらてるみくらぶ以上の大事件になりますので、きちんと営業を再開して顧客を安心させてほしいものです。

エセ賢者の場合、3月の償還分を差し引いた残りの貸付金は1900万円程度。
金額は少し減りましましたが、まだ1年以上期間が残っている案件がゴロゴロしています。

顧客の貸付金はきちんと返ってくるのか?
あるいはデフォルトで失われてしまうのか?

最悪の事態まで想定して、みんクレの動向を注視したいと思います。

俺が危ない

みんなのクレジットから出金はできたが、本当にこれでいいのか?

金曜日に出金依頼をかけたみんなのクレジットの未使用金(利息とキャッシュバック)が、本日入金されていました。
総貸付金2000万円に対して60万円ちょっとの金額ですが、それだけでも返ってきて安心しました。
少なくとも、今すぐ路頭に迷うことはなさそうです。

不思議だったのは、振込手数料がかかっていなかったこと。
三井住友銀行以外なら756円の出金手数料がかかるはずですが、残金全て返却されました。

みんクレのサービス?
よくわかりませんが、知り合いも出金は無事できたらしいので、不幸中の幸いです。

3/27に証券取引委員会からの勧告についての声明がホームページに記載され、疑惑への弁解と事業を続ける旨が伝えられています。

https://m-credit.jp/news/detail/?nid=189

それが信頼に足るものかはわかりませんが、白川社長としてはポンジスキームなどではなく、健全な貸付業務を行っていると言いたいようです。
新規案件も募集を続けており、サクラかもしれないが出資者もいるようです。
入出金も正常に行われているので、この調子なら3月の償還も無事行われるのではないでしょうか?

ただ、エセ賢者は信じないけど。

いきなりホームページが消えて音信不通になるより幾分マシな状況ではありますが、それでも今後みんなのクレジットが無事償還を続けていけるかは怪しいと思います。

長期間の業務停止を含むであろう行政処分を乗り越えて顧客の信頼を取り戻すのは、並大抵のことではありません。
財務状況が持ち直したと言ってもデータがないので、事実か確認することもできません。

そんなわけで少しでも長く返済が続くことを祈りつつも、最悪の事態に備えて準備をしておこうと思います。

ソーシャルレンディングに出資している投資家の方々には、業者の言うことを鵜呑みにするのではなく、どこぞの胡散臭い賢者に頼りきりになるのでもなく、自分の頭で考えて早めに行動することを強くお勧めします。

最も信用されないセリフ
世の中には信じていけない言葉が沢山あります。

追記:3月28日の30号案件は無事償還され、利息も支払われました。
金融庁の処分が下った後の4月が正念場です。

みんなのクレジット被害者の会 集団訴訟参加者募集

お酒が人間をダメにするんじゃない
ダメ人間でごめんなさい!(ノ_<)

少しでも安心するためにみんなのクレジットの事件を調べていますが、調べれば調べるほど酷い事実が沸いてきました。

もうダメかもしれない。

<証券取引委員会 株式会社みんなのクレジットに対する検査結果>
http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2017/2017/20170324-1.htm

(1)金融商品取引契約の締結又は勧誘において重要な事項につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為
 ア 貸付先について誤解を生ぜしめるべき表示をする行為
 イ 担保について誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

(2)当社の業務運営について投資者保護上問題が認められる状況
 ア ファンドの償還資金に他のファンド出資金が充当されている状況
 イ 当社のキャンペーンにファンド出資金が充当されている状況

 ウ 白石代表がファンド出資金を自身の借入れ返済等に使用している状況
 エ 甲グループの増資にファンド出資金が充当されている状況
 オ ファンドからの借入れを返済することが困難な財務の状況


要約すると、

・分散投資できていたようで、全くできていなかった
・担保はないか、あっても未公開株で保証になっていなかった
・自転車操業だった
・キャッシュバックは投資家が入金した分だった
・出資金を自分の借金返済に使った
・身内のグループにお金を流した
・返済できるような財務状況じゃない

これは死んだかな。

2ちゃんねるの情報なら虚偽という可能性もありますが、証券取引委員会が掲載する以上間違いはないでしょう。

まさしく誰もが懸念した通りの内容ですが、まさか本当に全部やるとは思わなかった。
運営を始めて1年も経っていないのに、ここまでやるか?

クラウドバンクは分別管理と情報開示の不備で3ヶ月の営業停止になりましたが、みんなのクレジットはそんなものでは済まないでしょう。
最悪免許取り消しと倒産まで有り得ると思っています。

みんなのクレジットのホームページには、

・結果を重く受け止め、体制を一新します
・現在のローンファンドは正常に運営されています
・給与の仮払いは全て返済しました
・困難な財務状況は解決したので、ファンドの返済は可能です

といったメッセージが掲載されていますが、誰が信用するのでしょうか?
そもそも、自転車操業に対する弁解が全くないのだが・・・

2000万円出資しているエセ賢者は当然問い合わせと返金要請を行いましたが、テンプレの詫び状が返ってくるだけでした。

この度は、みんなのクレジット社を多額の投資金でご支援頂いていたにも関わらず、大変なご心配・ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
この度の証券取引等監視委員会からの勧告を真摯に受け止め、来週中に金融庁から発表される処分に従いつつ、投資金がきちんと不動産、動産、有価証券で保全されていることを確認して頂き、投資金の全額の早期償還を当局の指導を仰ぎながら、投資家の平等性も守りながら早期に対応させて頂きたい、と思います。
大変ご心配をおかけしますが、来週の当局の処分が確定するまでは幣社としても動けないため、しばし御時間を頂きたいと思います。

大変ご不安だと思いますが、当局の発表後、このような処分に至った背景、今後の展開、投資家様への対応をしっかりとHPにて報告させて頂きたいと思います。
幣社の発表を見ていただければ、幣社への投資資金の保全状況含め、ご安心して頂けるものと確信しております。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 株式会社ブルーウォールジャパン
 株式会社みんなのクレジット
   代表取締役社長 白石伸生
 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-19-2 スプラインビル6F
 n.shiraishi@bluewall.jpn.com http://bluewall.jpn.com
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


これはもうダメかもしれません。
円天や安愚楽牧場が見えてきました。

ハイリスクながらもハイリターンの投資で大勝利して見せようと続けたブログでしたが、残念ながら大爆死で終わりそうです。
期待していた方、同じように投資した方には誠に申し訳ありません。

不正による投資を無効とすべく、現在金融被害に強い弁護士に相談中です。
金融庁にも「投資家保護を考慮した処分をしてほしい」とお願いしたけれど、どれだけ効果があるのかはわかりません。

みんなのクレジット出資者を救済するために、被害者の会を設立しました。
会といってもひとまず掲示板を用意しただけで、金銭を要求したりすることはありません。
意見がまとまれば、集団で訴訟を行うことになると思います。

集団訴訟をお考えの方、意見交換を希望の方がいらっしゃいましたら、名前と出資額、メールアドレスを添えてご連絡ください。

連絡先:mastersin23@gmail.com

猫の死体発見
このまま死んでなるものか・・・

みんなのクレジット 金融庁の行政処分がヤバすぎる

善意の募金が安すぎる
こっちに出資すればよかった。。゚(゚´Д`゚)゚。

とんでもないニュースが飛び込んできました。
NHKニュースの速報によると、みんなのクレジットの不正融資が発覚したとのことです。

<NHKニュース 説明と異なる融資先に資金を貸し出しか 行政処分勧告へ>
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170324/k10010922321000.html

ソーシャルレンディング会社みんなのクレジットに不正が発覚
・融資先と説明していた業種ではなく、自社のグループ企業に貸し出していた
・証券取引等監視委員会は金融商品取引法に違反するとして、行政処分を行うよう金融庁に勧告する方針


みんクレが1年間で集めた資金は約40億円で、現在もその金額は増え続けています。
もちろん、その中にはエセ賢者の2000万円(ほぼ全財産)も含まれています。

実際にどれだけの金額が身内グループに入っていたか、回収に問題はないのかはまだわかりません。
しかし、証券取引等監視委員会が動いたということは、行政処分を受ける可能性は極めて高いでしょう。

私の命は風前の灯です。

ヤムチャ死亡

みんなのクレジットが金融庁の検査を受けたのは、2016年の12月頃。
まさか3ヶ月以上も経ってから、重大な問題が発覚するとは思いませんでした。
源泉徴収の改善指導で済んだかと思って追加投資したのは失敗だったか。

みんなのクレジットに限った話ではなく、ソーシャルレンディングの仲介会社は全て具体的な融資先を公表することができません。
キャンペーンで白米やミカン、蟹や野菜が届いたからといって、積極的に農業や漁業に投資しているとは限らないわけですね。
その匿名性が今回の問題につながったのかもしれません。

莫大なキャッシュバックと異常な高金利に釣られて全力で投資しましたが、やっぱり全財産を一点賭けは無謀がすぎました。
最初から無茶なのはわかっていたけど、2000万円はいくらなんでもやりすぎ。
当然ですが、みんなのクレジットへの新規投資は一旦ストップします。

残った資金は償還され次第、順次出金します。
移管先はサブの【クラウドクレジット】か、とにかく最低出資金が小さくてすむOwnersBookあたりか。
今後は業者を分けて、リスクの分散を図りたいと思います。




以前クラウドバンクが行政処分を受けた時は新規募集の停止等がありましたが、顧客資産が消失する事態だけは避けられました。
今回はどうなるかわかりませんが、情報を集めながら事態を見守りたいと思います。

死の予感
無事助かるといいなぁ。

<みんなのクレジット投資日記>
⇒みんなのクレジット 13%超の高利回りソーシャルレンディングに400万円投資してみた
⇒ソーシャルレンディングは株式配当やスワップ投資より有利か?
⇒利息抜きで43万円の利益が出た!(みんなのクレジット)
⇒1300万円出資したらコシヒカリ2kgが届いた件
⇒みんなのクレジットが怪しいと思いつつも2000万円つぎ込んで夜逃げした
⇒みんなのクレジット秘密BOXの中身に大激怒!
⇒ソーシャルレンディング みんなのクレジット 2016年収支報告と猫の反省会

相場におけるメンタル管理の初歩の初歩のそのまた初歩

下半身を露出するズボン
本当に頭は大丈夫ですか?

世界一下手なトレーダーであるエセ賢者は、これでもかというどうしようもないミスを繰り返して、大切な資産を失ってきました。

雇用統計発表直後にうっかり30万円吹っ飛ばしたのは、仕事のトラブルで残業した直後でした。
追加入金する暇もなかったので、証拠金維持率が急激に下がったのに慌てて反射的に決済してしまいました。

ロット数を一桁間違えて10倍ポジってしまったのは、見たいテレビ番組があって焦っていた時でした。
先週から続きが気になって仕方なかったせいで画面を見落とし、含み損で真っ赤なってからようやくミスに気付きました。

電話勧誘に騙されて酷い目にあったのは、自転車でロードレースを行い、疲労困憊になった後でした。
疲労困憊で頭が働かない状態で人の話を聞くと、いつもならおかしいと思うことでもすんなり受け入れてしまいます。

家族からの電話は詐欺

おっちょこちょいという言葉が服を着ているようなアホ賢者ですが、流石に毎日致命的なミスを犯しているわけではありません。
流石に毎日取引を間違えていたら、とっくに破産しています。
ダメ人間なのは確かですが、普段はもうちょっとだけマシなのです。

イライラしている時、
疲れている時、
緊張している時、
恐怖に駆られている時、
油断している時、
体調が悪い時、
普段とは違うメンタルにおいて、人は信じられない失敗をやらかします。
これまで真面目に勤務していた人が、飲酒運転で人生を棒に振るのも珍しくありません。
会社やデートでの失敗を思い出してみれば、貴方にも心当たりがあるのではないでしょうか?

仕事においても不安定な精神は損害を生みますが、投資においてはさらにダメージが大きくなりがちです。
個人投資家の場合は会社と違って、交代要員もフォローしてくれる人もいませんから、自分のことは自分で管理しなくてはいけません。

自分を助けましょう

普段コツコツ稼いでも、一度余計なことをしたせいで全財産を失ってしまうこともあります。
人はとかく平常な状態を基準にしがちですが、誰にでも不調な時はあるということを念頭において、それに備えておく必要があります。

自分の弱点は、本人にしかわかりません。

ある人はニュースに動揺しやすかったり、チャートの急変動で心を乱すかもしれない。
ある人は特定の銘柄にトラウマがあって、それに触れるとおかしな行動を取りやすくなるかもしれない。

ある人は胃腸が弱くて、消化の悪いものを食べると不安定になるかもしれない。
ある人はアルコールにとことん弱くて、飲酒後は仕事にならないかもしれない。

ちなみに猫賢者はヌコが好きすぎて、野良猫の鳴き声を聞いただけで発情してしまうそうです。
自分が何に対して弱くて、どんな時に勝負を避けるべきかを把握しておきましょう。

驚いて飛びかかる猫

トレードスキルを磨いて、平均的な能力を向上させるのは大変です。
お寺で精神修行をして常にメンタルを安定させるのは、もっと大変です。

けれど、「弱点を自覚してその時だけ気を付ける」のは、それほど難しくはありません。
有利な時だけ勝負して後は逃げるのは卑怯かもしれませんが、相場なんて24時間動いているのだから、それくらいズルをしてもバチは当たらないと思います。

どんなに頑張ったって、私達凡人の力はたかが知れています。
いかに注意しようと、完璧にはなれません。

だったら絶好調の時だけ抜き出して、少しでも安全な勝負をしようじゃありませんか?

初心者マークを付けた車
これだけ大きく表示していれば安心なはず・・・