- 貴方を幸福にするFXブログ

トランプ大統領が異次元緩和終了を迫れば日本国債は破綻する

超高額な年棒給料
とんでもない額のお金が動いてる (*゚Q゚*)

トランプ新大統領の執拗なアベノミクス批判により、円インデックスが上昇しています。
日本政府は米国と同様な金融緩和をしただけと言っていますが、明らかにGDP比で過剰すぎる上に40%近くも円安に動いていたので、何の言い訳にもなりません。

麻生副総理も「金融政策、円高是正のため」とぽろっと本音を出してしまっているくらいですから、今更デフレ対策がどうのこうの言っても通じないでしょう。

2016年の日本に対する米国の貿易赤字額は、約7.7兆円。
中国に次いで2位です。

日本の経常黒字が増え続け、トランプ大統領の執拗な口撃が続く中で、敢えてドル円を買おうとする者はいません。
トランプ氏が口を閉じるまでは、円高が止まらないかもしれませんね。

大口をたたくトランプ大統領

為替相場が少々荒れようとたいした問題ではありませんが、それより心配なのはトランプ氏が金融緩和の終了を望んでいることです。

現在日本政府は約150兆円の国債を発行し、そのうち120兆円を日銀が直接ではないにせよ引き受けています。
異次元緩和が停止or縮小すれば莫大な債権が宙に浮き、金利が急上昇する懸念があります。

貯金大好き日本人は金利が上がったら大喜びして国債に飛びつきそうな気もしますが、100兆円以上の膨大な額を吸収できるかは疑問。
金利が1%上がれば10兆円以上利払いが増える現状で、どれだけ財務が持ちこたえられるのやら。

今の所日銀は現状維持を続けていますが、国債金利は少しだけ変調を見せています。
2017年の個人向け国債は、ついに最低保証利率0.05%を超えました。

たったの0.06%なんですが、マイナス金利導入以来1年ぶりの異変だったりします。
市場は既にトランプ効果を織り込んで、日本売りに動いているのかもしれません。

既に長期金利は0.1%近くまで上がっており、日銀は指値オペで上昇を食い止める作戦に出ています。
国家の威信を賭けたバリアーがそう簡単に突破されるとは思いませんが、黒田総裁も内心穏やかではないでしょう。
1年や2年は耐えられても、その先はどうなるやら。

日銀黒田緩和の悩み

アベノミクスが放漫財政によって膨れ上がった借金を支えてきたのは間違いない。
今後も(公表されているだけで)1050兆円の負債に耐えるために、日本政府は徹底的な低金利政策を望むでしょう。

しかし、トランプ大統領が「すぐに金融緩和を止めろ」と命じたなら、それに逆らえるだろうか?
宗主国の命令を無視して、ゼロ金利を維持し続けられるだろうか?

愚かな官僚が湯水のように税金を使い続ける限り、財政問題は決して解決しません。
この国の政治は、少しずつ瀬戸際に近づいている気がします。

人生やりなおし機安倍
やり直すことなんかできないんだよ。

FXで資金を溶かしたコピペを真面目に読んでみる


貧乏金持ちブサイクイケメン
やっぱり金持ちのほうがいいのか!? ( ノД`)

※以下は2chなどによるあるコピペです。
実在の人物とは全く関係ありません。


<FXで破産した男の物語>

今日から参戦することになりました。皆さん宜しくです。
投資経験はゼロですが、FXバ-チャルデモで僅か半年で資金が80~100倍になりました。
デモをやってみた感じこれは行けると思い、この流れのまま先月で会社を退職しました。

運転資金として消費者金融に自宅を担保に1000万借りて、定期預金解約して500万。
退職金が400万、妻の実家の両親から100万の合計2000万で始めます。
35歳、第二の人生頑張るぞ。

報告です。
結果は惨敗です。
具体的に資金の四分の一失いました。
それと上のレスでも言われてますが、銀行融資は考えましたし、相談しましたよ。

でも今の時期自宅担保で1000万はとても無理とのことで、消費者金融で借りました。
銀行員に相談したとき既に会社辞めてたし、借りる理由も理解出来ないみたいなので仕方ないですね

明日は巻き返しはかりますよ。
手応えは感じてるしいけると思ったら、勝負かけるつもりです。
皆さんも頑張って下さい。

今日も今一つ。
相場は読めたけど、後の祭ですね。
ついてません。
結果は100万マイナスです。

原因は恥ずかしい話しですが、妻と喧嘩して流れに乗れなかった。
最初応援してた妻も、やっぱり一日中自宅にいると駄目ですね。

それと借金した理由は、資金面に不満あったから。
自分の中での必勝法では、1000万じゃ勝てないと思いますよ。

最初に資金集めて、短期決戦で逃げ切るつもりですから。
現在収入はゼロですから、早めに決めるつもりです。

それなら給料下がっても会社員でいますよ。
自分一人暮らしなら将来もそれでいいですけど、妻もいるし子供も来年から小学校ですから。
色々考えた末の決断です負けられないですね。

皆さんの予想通り今日はやられました。
これで資金が1000万切りましたね。
正直困ったな。

弱音を吐いてても仕方ないので、明日は相場休んで愛車を鑑定にディーラーに行きます。
三年落ちですが、トヨタのハリア-ですのでそこそこいい値段になると思いますよ。

移動手段が妻の軽だけになりますが仕方ないですね。
ここは我慢です。

相場とは関係ないですが、先程子供と一緒にお風呂入りましたけど、やっぱり可愛いですね。

明日は幼稚園休んで、ドライブがてら一緒にディーラーに行こうと思います。
妻がうるさいのでこの辺で。皆さんも頑張って下さい。

危機感はありますよ。
一週間も経たないのに半分以下になりましたから。
でもチャート見返すと自分の予想とほぼ一致してますから、流れはきてますしチャンスはあります。

取り合えず愛車を売却して、資金を回復して巻き返しをはかります。
明日は仕切り直しの意味を込めて再出発するつもりです。
苦しいのは今だけ。ここを乗り切れば勝てます。

昨日も言ってたましたが、今日は愛車の鑑定にディーラーに行きましたので相場はお休みです。
150万くらいで買い取ってくれるらしいので、若干資金は回復しました。
チャート見る限り勝てる相場でしたね。

今日はいい感じで勝ててます。
午前中だけで150万の利益率ですね。
やっぱり運転資金が多ければ多いほど稼げますよ。

皆さん余裕持ちましょう。
熱くなったら為替は勝てませんよ。
負けるだけです。

手数料の話しが出たので、自分の考えを一つ。
FXは基本的に銀行の外貨預金とは変わりませんが、サービスの中に「レバレッジ」といったものがあります。
レバレッジを効かせると自己資金の数倍もの通貨を買い付ける事が可能になり、リターンが大きくなります。

しかし、自己資産の定められた一定額を割り込むとFX会社により強制的に決済され大損をします。
リターンを多く見込めますが、リスクも存在します。
これが一部の人達がFXは危ないと言われる所以です。

しかし、外貨預金と同等の資産運用ができ、レバレッジも顧客が原則決められ、リスク管理も自分次第です。
FX会社は買いと売りの値の狭さがドル円の場合1銭3銭程度、MMFや銀行の外貨預金は50銭2円程度。
明らかに銀行は暴利です。
この銭や1円なんて微額のような値段を見ると初心者の方はピンとこないと思いますが、相当な手数料を抜かれます。

外貨預金は、銀行が主に提供する外貨建ての預金です。
都市銀行をはじめ、概ねどの銀行も手数料が暴利とも取れるような手数料体系を取っています。
正直論外です。
尚万が一の銀行破綻時は預金保護の対象にはなりません。

手数料があまりに高く、せっかくの利益も殆ど銀行に抜かれ、利用するだけ無駄です。
現在の特に都市銀行の外貨預金など利用する価値は、皆無と断言しても差し支え有りません。

今日も順調に勝ててますよ。
先ずは二連勝ってとこですか。
やっと流れに乗りましたね。

皆さんお久しぶりです。
三日連続的にロスカットになり、資金が完全に無くなりました。
消費者金融の方と話し合いましたが、分割返済は認められないみたいなので、昨日話し合って妻とは離婚することにしました。

娘は妻が引き取ることになります。
我が人生完全に八方塞がりですね。
残念です。
さようなら。

今後自分は30代後半位まで袋ラーメンで生活しつつ、この生活についていけず食えなくなった後はビルや駅の掃除でもして、それも出来なくなったらホームレスになって行き倒れて死ぬのかな

でも正直生きるのが面倒なので、明日脳卒中や心臓発作事故で死ねるならとっとと死んでしまいたい。
以前の職場で転落して死にかけたが、突然の事故は自殺と違って恐怖を感じないというか恐怖を感じる余裕が無くてとても楽。
死ぬのが怖いのは、あれこれ想像を巡らす時間的余裕があるからじゃないのかなーと思う。

自殺をよく考えるけど、実家に帰って親兄弟にバカにされながら、パラサイトシングルでもしようかなと思ってる。
好きな事を仕事にして成功するつもりが、いつの間にか完全に負け組だよ。


バーチャルトレードでFXを始める

簡単に勝てたので本番にチャレンジ

ロスカット

金がないので車を売る

それでもやっぱり負ける

借金

離婚

自殺を考える


月夜の晩に自殺

悲惨ですね。
かなり鬱な話ですが、FXを始める人にぜひ読んでもらいたいと思って転載しました。

内容はフィクションでしょうが、車の売却や子供の辺りは妙にリアルで背筋が震えます。
途中でちょっとだけ巻き返して図に乗る所とか、まるで鏡を見ているようです。
こういう話を読む度に、こうはなるまいと気が引き締まります。

この文章から読み取れる敗因は、

・損切りができなかった
・自分の手法を聖杯と思い込んでいた
・資金があればなんとかなると思っていた
・負けるのは運が悪いからと思っていた

ということ。
損切りせず追加入金して強制ロスカットに任せていたら、誰でも破産します。
もしかしたら、貴方にも当てはまる点がありませんか?

損切りをしない人は、いつか必ず強制ロスカットに遭います。
いつでも絶対に勝てる必勝法は存在しません。
無暗に資金を増やせば、その分だけ損害が増えます。
勝ちはラッキーでも、負けは必然です。

これらをきちんと理解して逆をやらないと、誰もが同じような失敗を犯すことになります。
この方やエセ賢者のような落伍者にならないように、くれぐれもお気を付けください。

会社に行きたくない自殺葬式
死んでたまるか!

⇒損をしないFXの始め方

お金に色はないのに、なぜ色付けしてしまうのか

猫に小判は必要ない
猫が金持ってて何が悪い!(`・ω・´)

財布の中では実体のあるお金ですが、一度口座に入ってしまえばただのデータです。
色もなければ匂いもなく、福沢諭吉先生や夏目漱石先生のご尊顔が描かれているということもありません。

労働の対価として受け取っても、FXで稼いでも、キャッシングで借りても、そこにある数字に違いはありません。
汗水垂らして稼いだお金も、新年になるだけでもらえるお年玉も、購買能力としては全く同じです。

しかしながら人間というのは区別や差別が大好きで、苦労したお金ほど大事にして、楽して儲けたお金ほど粗末に扱う傾向があります。
ただの数字でしかないお金に特定の用途や意義を設定して、資産を分割することもあります。

パチンコで稼いだあぶく銭だから、パーと使おう。

クレジットカード(借金)で買うなんてとんでもない。現金で払うべきだ。

給料の1割は毎月貯金に回そう。

これは老後の生活資金だから使ってはいけない。

子供の養育費のために口座を分けておこう。


エセ賢者は子供の頃ギザジュウが大好きで、もったいなくて沢山貯めていました。
特定の年度の物を除けばただの10円玉と価値は変わらないのですが、今も大事に取っておいてあります。
他にもオリンピックや新幹線の記念硬貨が残ってますが、こういうのを死に金って言うんでしょうね。

キャットコイン
キャットコインが可愛いくて使えない・・・

投機や観賞を目的としたアンティークコインならともかく、価格変動のない預金を分割して管理する意味はありません。
元々少ない投資資金をさらに削って、利益を上げる機会を喪失するだけです。

「卵は一つのカゴに盛るな」というのは、「一つの銘柄で全財産を失わないようにヘッジをかけなさい」ということです。
「てんでばらばらな銘柄に分散して優位性を打ち消しなさい」という意味ではありません。

「投資は余裕資金でやるべき」というのは、「生活が脅かされないように損失を限定しなさい」ということです。
「ポケットマネーでみみっちい投資をやれ」という意味ではありません。

リソースの少ない我々個人投資家が大成するためには、資産を十二分に活かさなければなりません。
そのためには、選択と集中が必要になります。
重要度の低い分野をばっさり切り捨てて、最も有望な分野にお金を集中させましょう。

どれを選んだらいいか悩む

もちろん、絶対に必要になるお金は残しておかなければなりません。
税金の支払いができなかったり、子供の学費が払えなかったら仕事どころではありませんから。
非常時に備えて何万円か分けておくのは否定しません。

しかしながら、いつ使うかわからないまま放置して、インフレで目減りさせるのは賢くないでしょう。
旅行や結婚、家電や車の買い替えのという名目でほったらかしなっている預金は、本当に意味があるのでしょうか?
その資金を今利殖したら、後の生活がもっと楽になるのではないでしょうか?

庶民の多くは定期収入(給与)臨時収入を区別しますが、お金持ちがそれらを区別することはありません。
彼等にとってはお金は日常的に入るものであって、いつどんな理由で得たとしても、何の関係もないからです。

原資が給与収入だろうと、親の遺産であろうと、競馬の万馬券だろうと、そんなのはどうでもいい。
必要な額を用意して、足りなければ銀行に借りることさえある。
世界中の経営者はそうやって資金を調達し、最大限のリターンを生み出しています。

もしも貴方がお金を収入源や用途によって区別してしまっているのなら、それは見直したほうがいいかもしれません。
臨時収入がある度に浪費し、必要な時に出し惜しみしていたら、いつまで経っても資産が増えませんから。

収入をコントロールすることはできませんが、支出は全て自分で決めることができます。
自分の貴重な財産をどんな分野に投資するべきか、よく考えてみてください。

札束を載せた金猫
猫も資産運用をする時代になったのかな?

みんなのクレジットは金融庁の指導で源泉徴収を始めたのか

秋田県に注意
これは注意しないと・・・

みんなのクレジットが、突然利息に対して源泉徴収を始めました。
年が変わって確定申告に入ろうかという時に、いきなりの変更です。

・2017年1月13日償還分まで⇒顧客の払い戻し可能残高から差し引く
・それ以降⇒源泉徴収後に分配

これはきっと、先日行われた金融庁の検査が関係しているんでしょうね。
大手ソーシャルレンディング会社でみんクレだけが源泉徴収なしだったので、当然と言えば当然か。

2000万円預けている身としては行政処分などの危ない話がなかったのはいいんですが、昨年分の税金を後から引くのはいかがなものか。
既に資金を引き揚げている人は、下手すると口座残高がマイナスになってしまうけど。

みんなのクレジット運用実績
ゼロの人は追加入金が必要なのかな。

個人的には、源泉徴収なしのほうが有難かった。
FXトレーダーはどっちみち確定申告はしなきゃいけないから、手間を惜しむ意味がない。
納税が来年なら利益をそのまま再投資に回せるので、複利運用にも有利です。

しかしそれだと申告漏れと税金の取りっぱぐれが生じかねないので、金融庁としては許せなかったのかもしれません。
開始して1年も経たずに検査が入ったのは、源泉徴収の指導が理由だったのでしょう。

専業投資家にとってはあまりメリットのない変更ですが、サラリーマン兼業で投資額の大きくない方にとっては悪い話でもありません。
むしろ税額がはっきり表示され、申告の手間が減った分だけ好都合ではないでしょうか?
株式投資も殆どが特定口座からの源泉徴収なので、業界の標準に倣っただけと思えばいいのかもしれません。

去年分を口座から引き落とされるのは辛いけどね!

悲しんでうなだれる猫

エセ賢者の利益200万円オーバーは、全て新規案件に投資済み。
さて、口座にはいくら残るのやら。

金融庁の検査後もキャッシュバックキャンペーンが続いているってことは、バラマキ自体には何の問題もないってことなのかな。

【みんなのクレジット】





⇒ソーシャルレンディング みんなのクレジット 2016年収支報告と猫の反省会

トランプ大統領が日本や中国ばかり為替操作国として批判する理由

トランプ猫大統領
猫でも大統領になれるのかな。

日本や中国、メキシコの企業にはひどく批判的なトランプ大統領ですが、他の国々対してはそれほど攻撃的ではありません。
隣国で移民問題のあるメキシコはともかく、なぜ遠く離れた日本や中国まで批判の的になるのでしょうか?

その理由は至極単純で、対日と対中の貿易が慢性的に大赤字だからです。
ニクソンショック以降ずっと貿易赤字の米国ですが、特に以下の国々に対して赤字額が大きく、毎月400億ドル程度の資金が流出しています。

<対米で貿易黒字額の大きい国>
・中国
・日本
・メキシコ
・カナダ
・EU諸国(特にドイツ)
・OPEC諸国


貿易収支=輸出額-輸入額
なので、米国は外国に売る物より外国から買う物のほうが多い。

強いアメリカを目指すトランプ氏から見れば、米国の輸出が振るわないのは許されることではありません。
日本は米国に自動車を売りつけるくせに自分は十分な農作物を買わない、ろくでもない商売相手ということになります。

現実的には貿易赤字が必ずしも悪いとは限らないのですが、スポンサー企業の事情はどうしようもありません。
どちらかと言えば米国民のために商品を生産してくれているんだから、感謝されてもいいくらいなんですけどね。

農業政策を語るトランプ大統領
もっとトウモロコシを買ってやれば良かった。

現在トランプ大統領は米国の大企業と結託し、輸出産業を強化しようとしています。
米輸出企業にとって中国元や日本円が安いのは困るので、それらに対しては米ドル安に誘導することになるでしょう。

もしかしたら、カナダやドイツに対しても、何らかの口撃が行われるかもしれない。
少なくとも、「強いドルは国益」なんて言葉は出てきそうにありません。

しかしながら、米国産業の発展とドル安政策は、本質的に矛盾しています。
貿易収支が黒字化して米国に投資資金が集まれば、必然的に通貨高に誘導されるからです。
(日本のアベノミクスも相当矛盾していますが)

新大統領は、米ドル高を望まない。
けれど、米国市場の隆盛に対してはドル高のほうが自然。

この矛盾が、相場の行き先を不透明にしています。

猫だらけトランプ大統領
どれが大統領だっけ?

井の中の蛙はなぜ東大に行かなかったのか?

働かねば金増えぬ
やっぱり働かないといけないの? ( ノД`)

最近はトリビアを増やすためにクイズゲーム(魔法使いと黒猫のウィズ)に出張しているエセ賢者ですが、トップ争いに疲れて50位(4000人中)程度をうろうろしているだけです。
クイズ自体は簡単なので全問正解できるのですが、一日中画面に張り付いてる廃人にはとても敵いません。

こっちも不眠不休でプレイすれば優勝は可能かもしれませんが、全く割りに合いません。
莫大な課金をして回復クリスタルを割り、24時間ずっとクイズに挑み続けるトップランカー達は、一体何に駆り立てられているのでしょうかね。

思えば、エセ賢者は昔からこうでした。
人よりちょっとだけ利巧で真面目なだけに、何かに熱中すればそこそこ良い所まで行ってしまう。
けれど他の皆が本気で頑張るとそれに張り合うのが嫌で、途端にやる気を失ってドロップアウト。

負けず嫌いだから勝利は欲しいのだけど、その為に多大な努力を払うのに耐えられない。
リスクを背負うぐらいなら、不戦敗のほうがマシ。

だからずっと、負け犬のままでした。
猫なのに負け犬とは、いったいどういうことやら。

いじめ

エセ賢者が高校生だった頃、進路指導の先生に言われました。
「お前の偏差値なら東大でも京大でも行ける」と。

それがお世辞だったのか買いかぶりだったのかはわかりませんが、どっちにしろ私に最高学府を目指すような気概はなく、家から一番近いだけの国立大学を受験しました。
同級生が徹夜で赤本に取り組む中、私は毎日8時間ぐっすり眠っていました。
世の受験生が勉学に励めば励むほどバカバカしくなって、しまいにはテレビゲームで遊んでいたくらいです。

そのまま浪人でもすれば笑い話になったのでしょうが、無事合格して地方の大学に入り、大学院にまで進学。
首席で卒業したことはしましたが、私がさして優秀だったわけではなく、同学年にあまり頑張っている人がいなかっただけです。

高校受験では死ぬほど勉強する日本の学生達も、大学に入学すると勉強よりサークルやアルバイトに集中する人が多い。
試験の平均点もそれほど高くなかったため、全体的に成績の良かったエセ賢者が自然に上に行きました。

まさに井の中の蛙
私は自分の意思でトップ争いを避けて、望んで井戸のカエルになったのです。
猫なのに蛙とは、全く意味がわからない。

井の中の蛙大海を知らず

強者だからといって、自分より強い者と戦いたいわけじゃない。
「オラもっとつええ奴と戦いたいんだ」なんて言うのは、どこぞのサイヤ人だけ。

私はとにかく、自分より弱い者と戦いたかった。
もっともっとイージーなステージで競って、楽にトップに立ちたかった。

弱い奴

それなのに、この社会は否応なしに同じレベルの人を競争させます。

学校では同級生と争わされ、会社では同期がライバルになります。
ボクシングなどのスポーツは何階級にも別れ、体重や体格が離れた相手と戦うことは許されません。
メジャーな世界を離れてマイナーなネットゲームに逃げてさえ、戦績の近い相手とマッチングを強制されるのだからやってられない。

少しでも本気を出して力を示せば、必ず強者とぶつけられます。
私のような出来損ないが、本物の天才に勝てるわけがないというのに。

最初から負け戦とわかっているなら、心を痛めることはありません。
圧倒的な強者に一方的に叩きのめされるなら、誰だって後悔はしない。

しかし、曲がりなりにも同格としてマッチングされた相手では、そうもいかない。
少しでも勝機があると信じてしまうから、裏切られた時の衝撃は計り知れない。
たとえ私が負けて当然と思っていても、周囲はそうは思ってくれない。

絶望は希望の対義語ではありません。
希望こそが絶望なのです。


絶望的な料理

必死で努力する人が多いほど、勝利のハードルは上がってしまう。
勝者の得る果実は大きくはならないが、費やすコストは青天井だ。
全力投資の末に負けた時の損失は、いったい誰が負担してくれるのか。

汗臭いチャンピオンベルトのために、過酷な減量に挑むボクサーが怖かった。
明らかに過剰なカロリーを摂取し、寿命を削ってまで肉体を肥大化させる相撲取りが怖かった。

なぜ彼等はあんなくだらないものに熱中して、身体を壊してまで戦うことができるのか?
どう考えてもコストとメリットが釣り合わないのに、どうして対価を払い続けられるのか?
それが理解できない私には、テレビのスポーツ観戦すら耐えられなかった。

努力の天才は、本当に恐ろしい。
私には何の価値もないと思えるものに全力投球して、疑いなく対価を払い続けられる人が恐ろしい。

重量挙げほど楽しいものはない

負けるのが怖かったんじゃない。
全力を尽くして戦って、その努力が水泡に帰すのが怖かった。

だから逃げた。
脱兎のごとく逃げて、楽になろうとした。
猫なのに脱兎とは、実に滑稽。

無理でも部員と争わなくてはいけない運動部はすぐに止めて、文化部に移ってしまいました。
幹部候補として期待されるのが嫌でたまらないから、会社の出世コースも外れました。
きちんと勉強して相場に向き合う投資家にもなれず、ひたすら抜け穴を探し続けました。

もしかしたら、楽な道など選ぶべきではなかったのかもしれません。
回り道をするより、険しい道でも最短距離を進むべきだったのかもしれません。

いや、間違いなくそうなのでしょう。
だって、世の成功者達は皆、多大な努力の上に栄誉を勝ち取ってきたのだから。

誰だって、負けたくはない。
強い相手とは、戦いたくない。
努力して、それが無駄になるのは嫌だ。

けれど、逃げ続けた先には何もありません。
ふと寂しくなって人里に戻った時に、過酷な環境で成長した人々に力の差を見せつけられるだけです。

破壊力抜群のテニス

強くなりたいなら、非合理でありなさい。
一見無駄に思えることでも、バカになって取り組みなさい。

傷付くことを恐れて、自己投資を躊躇ってはいけません。
利巧になったつもりで挑戦を避け続ければ、後に残るのは不戦敗の山だけです。

これを読んでいる貴方が、愚かな私と同じ轍を踏まぬことを願っています。

無駄な努力

トランプ新大統領のインサイダー情報で相場を勝ち抜け

鼻から旗を出すトランプ
何が出てくるかわからない人だな! (°_°)

1/20に就任が決まっているトランプ新大統領ですが、就任前から数々の問題発言で相場を賑わせています。
彼がひとたびtwitterでツイートするだけで、相場や企業の株価が大揺れ。
世界中の投資家は振り回されてばかりです。

トランプ「不法移民の流入を防ぐためにメキシコとの国境に壁を築く」
⇒メキシコペソ暴落。

トランプて「トヨタはメキシコより米国に工場を建ろ。さもないと課税する」
⇒トヨタ株が3%下落。日産、マツダ、ホンダなど自動車株が総崩れ。

トランプ「ドルは強すぎる」
⇒米ドル急落。日経平均もつられて下落。

トランプ氏「Appleの工場をアジアから米国に移転させる」
⇒iPhoneの価格が上昇するのかな?

トランプ大統領の核爆発

ほんの数秒で書けるツイートで何兆円ものお金が瞬時に動くのだから、本当に相場は恐ろしい。
トランプ氏の歯に衣を着せぬ暴言で、何千人の投資家が人生を左右されるのやら。

既に(米国にとって都合の悪い)日本株を持っている投資家にとっては恐ろしいお方ですが、米国株を保有している投資家やこれから投資する者にとっては救世主になる可能性もあります。
新大統領が生み出すボラティリティは、投資家にとって一つのチャンスでもあります。

トランプ相場で利益を上げる方法は、大きく分けて二つ。

一つは、トランプ氏が次に批判or称賛する対象を予想して、それを事前に仕込むこと。
日本の自動車産業のように、日米の貿易摩擦の原因となっている企業や海外工場の多い企業の株を空売りしておけば、ツイッター砲が発射された時に高確率で的中するでしょう。
あるいは、メキシコなどの米国への移民が多い国の通貨をショートするのもいいかもしれません。

アメリカ合衆国トランプ大統領

もう一つは、急落した銘柄を敢えて買うこと。

トランプ氏の発言は相場に瞬間的な衝撃を与えますが、継続的な影響を与えるとは限りません。
何を呟いたところで、その企業の業績がいきなり変動することもありません。
他国とのいざこざで戦争でも起きれば別ですが、流石にそこまでする可能性は低い。

トヨタは名指しで批判されたことで株価が急落しましたが、その後は値を戻しています。
トランプ新大統領への配慮で長期的な戦略が変わるかはわかりませんが、一月やそこらのスパンで会社が傾くことはまずないでしょう。

もちろん米輸出企業のために「ドルは高すぎる」とずっと言い続ける可能性もありますが、一つの企業を攻撃し続けることは流石にないと思います。
トレンド相場において逆張りは賢い選択ではありませんが、ごく短期間であればトランプ氏の衝撃を利用してリバを狙うのもいいかもしれません。

ちなみに公人としては考えられないほど我田引水な発言を繰り返すトランプ氏ですが、エセ賢者は別に間違った姿勢だとは思っていません。
むしろ政治家なのだから、自国民の利益を優先するのは当然ではないでしょうか?

かつて日本の製造業が次々と海外進出を行ったとき、「日本人の雇用がなくなる!」と言って反対した議員がいたでしょうか?
反対に海外移転を盛んに勧め、産業の空洞化を引き起こした政治家ばかりだったと思います。

経団連の犬としてグローバリズムを盛んに推し進め、日本の労働環境を悪化させ続けるジタミ党は、トランプ氏の爪の垢でも煎じて飲めばいいと思います。

トランプ猫
トランプさんのようになりたいニャ。

お米は健康的でパンは有害なのか?

割られるカレーパンマン
カレーパンマンが死んだ! ( ノД`)

<お米は危険!>
日本の犯罪者を調査して統計を取ったところ、放火や殺人などの凶悪犯罪を行った者の98%は毎日米を摂取していたことがわかった。
いずれの犯罪においても、事件は犯人が米を摂取してから10時間以内に発生している。
よって、白米と反社会行為に相関があるのは明らかである。
この国の治安を維持するためには白米の摂取と稲の栽培を規制し、パン食を標準化する必要がある。


というのはただの詭弁ですが、民間の食事療法には相当な迷信があるのも事実です。
朝食を抜くと太るとか、食事を一日6回に分けるとダイエットになるとか、何と何の食い合わせが悪いとか。
半分ぐらい合っているのも多いけど、かなり適当な話が広まっています。

ご飯とパンのどちらが健康に良いのか?
答えは、どっちでもありません。

ご飯⇒米と水だけ。添加物なし。
パン⇒小麦粉やライ麦粉、酵母、糖、その他の添加物多数。

お米は農家で取れた稲穂を精米して出荷されているので、ごく微量な危険なカドミウムやヒ素を除けば危険な物質は入っていません。
中国産のプラスチック米や、福島原発の放射能をふんだんに浴びた米なら話は別ですが、基本的にただのデンプンの塊です。

パンは元々複数の材料を組み合わせている上、日本でそのまま販売されることは少ない。
中に入っている物や添加物によっては、身体に悪影響を与える場合もあるでしょう。
(もちろん、良い影響だってあります)

メロンパン
メロンが入ってないとか、詐欺じゃね?

食品添加物の危険性を考えるなら、パンより米のほうが若干リスクが高いことになります。
「パンよりコメのほうが健康的」という考えも、納得できないことはありません。

しかしながら、白米の栄養は非常に偏っており、多少食物繊維やたんぱく質が含まれてはいるものの、98%は炭水化物です。
ビタミンも脂質も殆ど含まれていないので、栄養価が高いとはとても言えません。

ご飯だけ食べていたら確実に栄養失調で病気になるのは、昔の船乗りが証明しています。
江戸時代の平均寿命が50歳程度しかなかったのも、米ばかりで他の食物が不足していたからだと考えられます。

こんなことを言うと栄養学士が怒るでしょうが、エネルギー補給だけ考えるなら米を食べるのも角砂糖を飲むのも大差ない。
異物がないからといって炭水化物の塊を健康的と呼ぶのは、やはり違うと思います。

ごはんですよ
米以外もくれ。

米やパン、麺と言った炭水化物は我々の活動に欠かせないエネルギー源ですが、過剰な摂取は肥満に繋がります。
炭水化物は蛋白質や脂質より血糖値が上がりやすいため、人によっては糖尿病になる可能性もあります。
最近はお米を断って、糖質制限する人も多くなっています。

糖分は必要だけれど、摂りすぎればメタボになります。
塩分は必要だけれど、摂りすぎれば高血圧になります。
サプリメントの売り文句であるビタミンやミネラルだって、過剰摂取すれば吐き気や下痢を引き起こします。

全ての栄養素はそれぞれ適切な摂取量があって、それを超えれば必ず有害になります。
この世には絶対に良い食品もなければ悪い食品もない、というのが唯一の真理です。
(もちろん毒物は除く)

「目に優しいアントシアニン」や「頭が良くなるDHA」、「活性酸素を防ぐポリフェノール」など、様々なブームが発生しては、大勢の健康マニアが群がってきました。
中には水素水やマイナスイオンといった、科学的に全く意味のわからないものが持ち上げられることもあります。

それらは全く無意味とまでは言い切れないけれど、摂れば摂るほど健康になるというものでもありません。
元々普段の食事である程度は摂取できていて、少なくても大抵なんとかやりくりできるものです。
健康食品のキャッチコピーに流されるのは、ほどほどにしておきましょう。

栄養でもストレスでも財産でも、ただひたすらに増やせばいいというものではありません。
自分にとって必要な分量を把握して、バランスの良い食事を心がけましょう。

猫に餌をやるな
質も大切だよ!

⇒糖尿病を予防し、胃腸を健康に保つ方法

効率的市場仮説 株は安く買うことも高く売ることもできない

重量挙げほど楽しいものはない
非生産的だけどね!(。>ω<。)ノ

資源が最大限に利用され、無駄のない状態をパレート最適(パレート効率的)と呼びます。
イタリアの社会学者ヴィルフレド・パレートはこの理論により、ノーベル経済学賞を受賞しました。

例えば100ヘクタールの土地を2つの会社で利用する際、双方の所有割合に関わらず合計100ヘクタールが最大限利用されていれば、その状態はパレート最適であると言えます。
もしも90ヘクタールしか使用していなかったら、無駄があるのでパレート最適ではありません。

最適の状態でどちらかの企業が工場を増やして業績を伸ばそうと思ったら、もう一つの企業から土地を融通してもらうしかありません。
パレート最適とは最善の状態ではなく、誰かを犠牲にしないと状況を改善できない伸びしろのない状態とも言えます。

人口が飽和し、競争が自由化された社会において、経済は自然と効率的な方向にシフトします。
誰かの土地を奪わないと自分の家が持てないように、全ての法人と個人はシェアと富を互いに奪い合っています。

新しい価値を創造し、需要を発掘することでパレート改善を成す行為に最も価値あるのは間違いありませんが、残念ながら日本人はあまりそれに長けていないようです。
所得分配政策によって貧富の差を拡大させ続けている安倍政権を見れば、それは間違いないでしょう。

アベノ滴はどこまで落ちる

ありとあらゆる投機市場、とりわけ株式市場と為替市場は極めて効率的です。
誰かの損失が必ず誰かの利益になり、殆どロスがありません。
資源が最大限活用されていて良いと考えるべきなの、それとも何も生まないゼロサムゲームは良くないと考えるべきなのかは、悩ましい所ですがね。

その極限までに高い効率性を作り上げているのは、市場参加者の最適であろうとする意志です。
より良い銘柄をより安い値段で買い、より高い値段で売り抜けようとする投資家が、暴力的なまでに美しい株価チャートを作っています。

「金融市場における金融商品は常に需要や社会情勢を反映した適正な価格にある」
という考えを、効率的市場仮説と呼びます。
効率的市場仮説によると、どんな事件が起こってニュースが報道されたとしても、市場はすぐにそれを織り込んでしまうとされています。

貴方が新商品の発売を聞いて株を買いたいと思った時、その株価は既に十分すぎるくらい上がっているでしょう。
逆に不適切会計の報道を受けて株を売りたいと思った時には、その株価はすっかり下がりきっているでしょう。
誰よりも先んじようとする投資家の信念は、光よりも速く相場に反映されるのですよ。

バカな速すぎる

そんな中で利益を上げようと思ったら、他の市場参加者よりも先に動くか、あるいはマーケット以上に効率的である必要があります。
誰も気付いていないお宝株をいち早く発見して、他の投資家より早く買うことができたなら、間違いなく利益は上がるでしょう。

市場の不備を利用して、そこを付くのも有効です。
大衆心理は常に正しいとは限らず、魅力ある銘柄を安く放置したり、価値のない物の価格を不当に吊り上げることもあります。
グローバル社会とはいえ完全な流動性は実現不可能であるため、地方の価格差等を利用してアービトラージが成立することも多い。
素人判断ではなく確かな目利きができるなら、一攫千金も夢ではないでしょう。

市場は常に高い効率性を有しているため、貴方も同じくらい効率的ではいけません。
大衆と同じスピードで走ったところで、群衆に埋もれてもみくちゃにされてしまうだけです。
中途半端にレースに参加して必敗するくらいなら、全く別の方向に走ったほうがいいこともあります。

機械やインサイダー情報を利用して、誰よりも早く動くのか?
未開の分野に進出して、皆が気付いていないお宝を発掘するのか?
あるいはゼロサムゲームを抜けて、新しい価値を創造するのか?

いずれにしても、平凡なままでは生き残れません。

世界陸上に参加した猫
私のスピードは世界に通用するのか?

人生に迷った時は起源に還れ

猫ゴジラ
怪獣だったのか! (((;゚Д゚)))))

エセ賢者の実家である似非家は、昔成金だったらしい。
祖父母猫の浪費が祟って今は見る影もないが、かつては結構名の知れた名士だったとのこと。

既に没落貴族になった似非家だが、無駄に大きな屋敷と畑は未だに残っている。
700坪を超える敷地に、一回りするだけで何分もかかる市役所並みに大きな邸宅。
近隣の果樹園や温室には様々な植物が生い茂り、庭には離れと物置と美術棟がある。

美術棟には無数のきらびやかな絵画が置いてあったが、殆ど贋作だったそうだ。
見栄えだけでまるで価値のない芸術品を見る度に、祖父猫にまるで鑑定眼がなかったことが悔やまれてならない。

偽者

田舎に引っ越す際にはこの屋敷に住む案もあったが、断って質素な一軒家(二階建て、庭、車庫、ベランダあり)を選んだ。
一人で豪邸に住むのは管理が面倒だし、エセ賢者はそんなに大層な身分ではないから。
田舎成金でしかない似非家に家督なんぞという物は多分存在しないが、あったとしてもとうの昔に野良猫になった私に継ぐ権利はあるまい。

思えば、家族や親族についてあまりにも無関心な人生を送ってきた気がする。
幼少から常に自分のことで精いっぱいで、他人のことなど気にもかけていなかった。
気にしていたのは父親の頭の生え際くらいで、仕事のことさえ何も聞いたことがなかった。

自分の姓が父方ではなく母方のものだというのを知ったのは、既に成人してからのことだ。
別に親族と不仲なわけではなく、正月は両方の祖父母と会っていたのに、なぜ苗字も名前も覚えていないのだろう?

最近になって知ったことだが、私には甥猫と姪猫がいたらしい。
兄猫に似てヤンチャな子供だそうだが、逞しく育てばいいと思う。
もちろん私は兄猫の結婚式に招待された記憶はないし、母親の顔も名前も知らないのだが。

ドラえもんとドラ美猫

そういえば、小学生の頃に家に「社長はいらっしゃいますか?」という電話がかかってきたことがある。
家にそんな大層な身分はいないので電話を切ってしまったが、いったい誰のことだったのだろうか?
未だに私は父猫の仕事が何だったのかよく知らないのだが、もしかしたら関係あるのかもしれない。

人間と違って、野生動物は勝手気まま。
親はなくとも子は育つし、一度巣立てばまず帰っては来ない。
自由気ままに生きる野良猫なんだから、それは当然のことだ。

しかしながら人間というのはとても情に厚い動物で、互いに思いやって支え合っている。
たとえ10年以上も消息不明だった家族に対しても、存外気にかけているものだ。
我々猫にしても何千年と人と暮らすことで、そういった習慣が多少なりとも移ってしまったのかもしれない。

寄り添う猫夫婦

田舎に生まれた若者の多くは夢を持って上京し、故郷を捨ててしまう。
そして都会の喧騒に触れるうちに、かつての家族のことも忘れてしまうだろう。
自身の願望が強いほど、仕事に熱中すればするほど、故郷に残した仲間のことは記憶から消えていく。

しかし、どんなに時が経とうと、血の繋がりは消えはしない。
肉親などいないように振る舞うような人はいくらでもいるが、本当に親を持たない人は誰一人いない。

たとえ自分は何も覚えていなくても、親が子を忘れることは絶対にない。
何十年経っても、新しい世帯を設けても、家族は家族なのだ。

故郷は、人間のルーツだ。
言葉などなくとも、生まれ育った土地と自然は、その人が何者なのかを雄弁に語ってくれる。
当人がそこに住んでいたわけでなくても、その一族から受け継いだものは必ずある。

誰しも人生という道に迷い、自分が何者かわからなくなる時がある。
そんな時は、故郷に帰って自身の起源を辿ってみるのもいいだろう。

幸せな親子愛
親はなくとも子は育つ。
されど、親なくして生まれた子供はいない。