- 貴方を幸福にするFXブログ

お米は健康的でパンは有害なのか?

割られるカレーパンマン
カレーパンマンが死んだ! ( ノД`)

<お米は危険!>
日本の犯罪者を調査して統計を取ったところ、放火や殺人などの凶悪犯罪を行った者の98%は毎日米を摂取していたことがわかった。
いずれの犯罪においても、事件は犯人が米を摂取してから10時間以内に発生している。
よって、白米と反社会行為に相関があるのは明らかである。
この国の治安を維持するためには白米の摂取と稲の栽培を規制し、パン食を標準化する必要がある。


というのはただの詭弁ですが、民間の食事療法には相当な迷信があるのも事実です。
朝食を抜くと太るとか、食事を一日6回に分けるとダイエットになるとか、何と何の食い合わせが悪いとか。
半分ぐらい合っているのも多いけど、かなり適当な話が広まっています。

ご飯とパンのどちらが健康に良いのか?
答えは、どっちでもありません。

ご飯⇒米と水だけ。添加物なし。
パン⇒小麦粉やライ麦粉、酵母、糖、その他の添加物多数。

お米は農家で取れた稲穂を精米して出荷されているので、ごく微量な危険なカドミウムやヒ素を除けば危険な物質は入っていません。
中国産のプラスチック米や、福島原発の放射能をふんだんに浴びた米なら話は別ですが、基本的にただのデンプンの塊です。

パンは元々複数の材料を組み合わせている上、日本でそのまま販売されることは少ない。
中に入っている物や添加物によっては、身体に悪影響を与える場合もあるでしょう。
(もちろん、良い影響だってあります)

メロンパン
メロンが入ってないとか、詐欺じゃね?

食品添加物の危険性を考えるなら、パンより米のほうが若干リスクが高いことになります。
「パンよりコメのほうが健康的」という考えも、納得できないことはありません。

しかしながら、白米の栄養は非常に偏っており、多少食物繊維やたんぱく質が含まれてはいるものの、98%は炭水化物です。
ビタミンも脂質も殆ど含まれていないので、栄養価が高いとはとても言えません。

ご飯だけ食べていたら確実に栄養失調で病気になるのは、昔の船乗りが証明しています。
江戸時代の平均寿命が50歳程度しかなかったのも、米ばかりで他の食物が不足していたからだと考えられます。

こんなことを言うと栄養学士が怒るでしょうが、エネルギー補給だけ考えるなら米を食べるのも角砂糖を飲むのも大差ない。
異物がないからといって炭水化物の塊を健康的と呼ぶのは、やはり違うと思います。

ごはんですよ
米以外もくれ。

米やパン、麺と言った炭水化物は我々の活動に欠かせないエネルギー源ですが、過剰な摂取は肥満に繋がります。
炭水化物は蛋白質や脂質より血糖値が上がりやすいため、人によっては糖尿病になる可能性もあります。
最近はお米を断って、糖質制限する人も多くなっています。

糖分は必要だけれど、摂りすぎればメタボになります。
塩分は必要だけれど、摂りすぎれば高血圧になります。
サプリメントの売り文句であるビタミンやミネラルだって、過剰摂取すれば吐き気や下痢を引き起こします。

全ての栄養素はそれぞれ適切な摂取量があって、それを超えれば必ず有害になります。
この世には絶対に良い食品もなければ悪い食品もない、というのが唯一の真理です。
(もちろん毒物は除く)

「目に優しいアントシアニン」や「頭が良くなるDHA」、「活性酸素を防ぐポリフェノール」など、様々なブームが発生しては、大勢の健康マニアが群がってきました。
中には水素水やマイナスイオンといった、科学的に全く意味のわからないものが持ち上げられることもあります。

それらは全く無意味とまでは言い切れないけれど、摂れば摂るほど健康になるというものでもありません。
元々普段の食事である程度は摂取できていて、少なくても大抵なんとかやりくりできるものです。
健康食品のキャッチコピーに流されるのは、ほどほどにしておきましょう。

栄養でもストレスでも財産でも、ただひたすらに増やせばいいというものではありません。
自分にとって必要な分量を把握して、バランスの良い食事を心がけましょう。

猫に餌をやるな
質も大切だよ!

⇒糖尿病を予防し、胃腸を健康に保つ方法

効率的市場仮説 株は安く買うことも高く売ることもできない

重量挙げほど楽しいものはない
非生産的だけどね!(。>ω<。)ノ

資源が最大限に利用され、無駄のない状態をパレート最適(パレート効率的)と呼びます。
イタリアの社会学者ヴィルフレド・パレートはこの理論により、ノーベル経済学賞を受賞しました。

例えば100ヘクタールの土地を2つの会社で利用する際、双方の所有割合に関わらず合計100ヘクタールが最大限利用されていれば、その状態はパレート最適であると言えます。
もしも90ヘクタールしか使用していなかったら、無駄があるのでパレート最適ではありません。

最適の状態でどちらかの企業が工場を増やして業績を伸ばそうと思ったら、もう一つの企業から土地を融通してもらうしかありません。
パレート最適とは最善の状態ではなく、誰かを犠牲にしないと状況を改善できない伸びしろのない状態とも言えます。

人口が飽和し、競争が自由化された社会において、経済は自然と効率的な方向にシフトします。
誰かの土地を奪わないと自分の家が持てないように、全ての法人と個人はシェアと富を互いに奪い合っています。

新しい価値を創造し、需要を発掘することでパレート改善を成す行為に最も価値あるのは間違いありませんが、残念ながら日本人はあまりそれに長けていないようです。
所得分配政策によって貧富の差を拡大させ続けている安倍政権を見れば、それは間違いないでしょう。

アベノ滴はどこまで落ちる

ありとあらゆる投機市場、とりわけ株式市場と為替市場は極めて効率的です。
誰かの損失が必ず誰かの利益になり、殆どロスがありません。
資源が最大限活用されていて良いと考えるべきなの、それとも何も生まないゼロサムゲームは良くないと考えるべきなのかは、悩ましい所ですがね。

その極限までに高い効率性を作り上げているのは、市場参加者の最適であろうとする意志です。
より良い銘柄をより安い値段で買い、より高い値段で売り抜けようとする投資家が、暴力的なまでに美しい株価チャートを作っています。

「金融市場における金融商品は常に需要や社会情勢を反映した適正な価格にある」
という考えを、効率的市場仮説と呼びます。
効率的市場仮説によると、どんな事件が起こってニュースが報道されたとしても、市場はすぐにそれを織り込んでしまうとされています。

貴方が新商品の発売を聞いて株を買いたいと思った時、その株価は既に十分すぎるくらい上がっているでしょう。
逆に不適切会計の報道を受けて株を売りたいと思った時には、その株価はすっかり下がりきっているでしょう。
誰よりも先んじようとする投資家の信念は、光よりも速く相場に反映されるのですよ。

バカな速すぎる

そんな中で利益を上げようと思ったら、他の市場参加者よりも先に動くか、あるいはマーケット以上に効率的である必要があります。
誰も気付いていないお宝株をいち早く発見して、他の投資家より早く買うことができたなら、間違いなく利益は上がるでしょう。

市場の不備を利用して、そこを付くのも有効です。
大衆心理は常に正しいとは限らず、魅力ある銘柄を安く放置したり、価値のない物の価格を不当に吊り上げることもあります。
グローバル社会とはいえ完全な流動性は実現不可能であるため、地方の価格差等を利用してアービトラージが成立することも多い。
素人判断ではなく確かな目利きができるなら、一攫千金も夢ではないでしょう。

市場は常に高い効率性を有しているため、貴方も同じくらい効率的ではいけません。
大衆と同じスピードで走ったところで、群衆に埋もれてもみくちゃにされてしまうだけです。
中途半端にレースに参加して必敗するくらいなら、全く別の方向に走ったほうがいいこともあります。

機械やインサイダー情報を利用して、誰よりも早く動くのか?
未開の分野に進出して、皆が気付いていないお宝を発掘するのか?
あるいはゼロサムゲームを抜けて、新しい価値を創造するのか?

いずれにしても、平凡なままでは生き残れません。

世界陸上に参加した猫
私のスピードは世界に通用するのか?

人生に迷った時は起源に還れ

猫ゴジラ
怪獣だったのか! (((;゚Д゚)))))

エセ賢者の実家である似非家は、昔成金だったらしい。
祖父母猫の浪費が祟って今は見る影もないが、かつては結構名の知れた名士だったとのこと。

既に没落貴族になった似非家だが、無駄に大きな屋敷と畑は未だに残っている。
700坪を超える敷地に、一回りするだけで何分もかかる市役所並みに大きな邸宅。
近隣の果樹園や温室には様々な植物が生い茂り、庭には離れと物置と美術棟がある。

美術棟には無数のきらびやかな絵画が置いてあったが、殆ど贋作だったそうだ。
見栄えだけでまるで価値のない芸術品を見る度に、祖父猫にまるで鑑定眼がなかったことが悔やまれてならない。

偽者

田舎に引っ越す際にはこの屋敷に住む案もあったが、断って質素な一軒家(二階建て、庭、車庫、ベランダあり)を選んだ。
一人で豪邸に住むのは管理が面倒だし、エセ賢者はそんなに大層な身分ではないから。
田舎成金でしかない似非家に家督なんぞという物は多分存在しないが、あったとしてもとうの昔に野良猫になった私に継ぐ権利はあるまい。

思えば、家族や親族についてあまりにも無関心な人生を送ってきた気がする。
幼少から常に自分のことで精いっぱいで、他人のことなど気にもかけていなかった。
気にしていたのは父親の頭の生え際くらいで、仕事のことさえ何も聞いたことがなかった。

自分の姓が父方ではなく母方のものだというのを知ったのは、既に成人してからのことだ。
別に親族と不仲なわけではなく、正月は両方の祖父母と会っていたのに、なぜ苗字も名前も覚えていないのだろう?

最近になって知ったことだが、私には甥猫と姪猫がいたらしい。
兄猫に似てヤンチャな子供だそうだが、逞しく育てばいいと思う。
もちろん私は兄猫の結婚式に招待された記憶はないし、母親の顔も名前も知らないのだが。

ドラえもんとドラ美猫

そういえば、小学生の頃に家に「社長はいらっしゃいますか?」という電話がかかってきたことがある。
家にそんな大層な身分はいないので電話を切ってしまったが、いったい誰のことだったのだろうか?
未だに私は父猫の仕事が何だったのかよく知らないのだが、もしかしたら関係あるのかもしれない。

人間と違って、野生動物は勝手気まま。
親はなくとも子は育つし、一度巣立てばまず帰っては来ない。
自由気ままに生きる野良猫なんだから、それは当然のことだ。

しかしながら人間というのはとても情に厚い動物で、互いに思いやって支え合っている。
たとえ10年以上も消息不明だった家族に対しても、存外気にかけているものだ。
我々猫にしても何千年と人と暮らすことで、そういった習慣が多少なりとも移ってしまったのかもしれない。

寄り添う猫夫婦

田舎に生まれた若者の多くは夢を持って上京し、故郷を捨ててしまう。
そして都会の喧騒に触れるうちに、かつての家族のことも忘れてしまうだろう。
自身の願望が強いほど、仕事に熱中すればするほど、故郷に残した仲間のことは記憶から消えていく。

しかし、どんなに時が経とうと、血の繋がりは消えはしない。
肉親などいないように振る舞うような人はいくらでもいるが、本当に親を持たない人は誰一人いない。

たとえ自分は何も覚えていなくても、親が子を忘れることは絶対にない。
何十年経っても、新しい世帯を設けても、家族は家族なのだ。

故郷は、人間のルーツだ。
言葉などなくとも、生まれ育った土地と自然は、その人が何者なのかを雄弁に語ってくれる。
当人がそこに住んでいたわけでなくても、その一族から受け継いだものは必ずある。

誰しも人生という道に迷い、自分が何者かわからなくなる時がある。
そんな時は、故郷に帰って自身の起源を辿ってみるのもいいだろう。

幸せな親子愛
親はなくとも子は育つ。
されど、親なくして生まれた子供はいない。

ソーシャルレンディング みんなのクレジット 2016年収支報告と猫の反省会

反省しない猫
反省する気ゼロだよ!

【みんなのクレジット】の投資内容を公開してしてほしい」
というコメントがあったので、2016年分の収支を発表します。
エセ賢者がどれだけ無茶で無謀で無理な投資をしでかしたのか見て、笑ってやってください。

<みんなのクレジット投資結果>
預入額合計:2,019万円
元本返済額:50万円
元本損失額:0円
投資回数:48件
平均投資額:42万円/件

キャッシュバック合計:159万円
収益分配額(利息合計):35万円
利益合計:194万円
利回り:9.6%/5ヶ月=23.1%/年


現金猫

2017年以降に付与されたキャッシュバックは2016年の数字から除外しています。
ファイナルステージとお年玉分を入れると、利益は200万円くらいです。

今のところ貸し倒れはゼロ件。
無事返済されたのは、1件。
全案件で無事利息が払われています。

最初はキャッシュバックで10万くらい取るつもりだったのに、まさかここまで行くとは。
総利益194万円のうち159万円がキャッシュバックとか、何のギャグだよ。

エセ賢者が始めた時はサマーカーニバルの真っ最中で、それが終わったらオータムキャンペーン。
いい加減打ち止めかと思ったらハロウィンキャンペーンが始まり、年末はクリスマスボーナス。

これまでの投資者だけを対象にファイナルステージをやるかと思えば、それ以外にも年末ジャンボキャッシュバックを実施。
ファイナルだから今度こそ終わりと誰もが信じた時に、新春お年玉キャンペーンを始める始末。

いつまでキャンペーンするつもりだよ!?

ショックを受けた猫

マジわけわかんねぇ、この会社。
そりゃ金融庁も心配して検査に入りますわ。

既に金融庁の検査は無事終了したらしく、今の所問題は浮かんで来ていません。
安心していいのか、それともこれから何かあるのかは微妙な所。

貸付先は40以上に分散したとはいえ、一つのソーシャルレンディング会社に自己資本の大半を振り向けるのは無謀です。
普通であれば株式や外貨・商品などに分散してポートフォリオを組むのが鉄則。
ブログネタとしての側面もあったとはいえ、明らかにやりすぎです。

それでもやはり利益を上げるためには、どこかで勝負に出るしかなかったと思います。
キャッシュバックを再投資して最大利益を上げるサイクルを成立させるには、資金の限り追加入金して回すしかなかった。

そもそもどこにそんな金があったのか謎ですが、投資家というのは「お金を動かせる人」であって「お金を持っている人」ではないので、詮索するだけ野暮でしょう。

資産を守るには、リスクを分散して安全な運用先を選ばなければいけない。
しかし、取れるところで取っておかないと、いつまで経っても資産は増えない。
その辺は、本当に悩み所ですね。

今の所は毎日莫大な利息収入を生んでくれている貸付金ですが、この先いったいどうなるか?
今後も投資成績を公開していきますので、生暖かい目で見守っていてくだされば幸いです。

パソコンでお金を稼ぐ

<過去の投資履歴一覧>
⇒みんなのクレジット 13%超の高利回りソーシャルレンディングに400万円投資してみた
⇒ソーシャルレンディングは株式配当やスワップ投資より有利か?
⇒利息抜きで43万円の利益が出た!(みんなのクレジット)
⇒1300万円出資したらコシヒカリ2kgが届いた件
⇒みんなのクレジットが怪しいと思いつつも2000万円つぎ込んで夜逃げした
⇒みんなのクレジット秘密BOXの中身に大激怒!

2017年為替相場予想 通貨安戦争の終わりと燻る火種

江戸川コナンが犯人
やっぱりお前が犯人だったのか!? (゚д゚)

2017年になったので、各国政府・中央銀行の政策から今年の為替相場について考えてみたいと思います。
相場は投機的ポジションのぶつかり合いによって動くものなので、猫でしかないエセ賢者に短期的な値動きなど予想できるものではありません。

しかしながら、その国の政策によってある程度長期的な傾向が測れるのではないかと思います。
予知や予言ではなく、当然の帰結として各国の相場がどう動くかを考えてみます。

①アメリカ USD 
トランプ相場と緩やかな金利の引き上げ⇒上昇


既にFRBは金融緩和を終了しており、金利は上昇しています。
しかしながら今回は市場に配慮しているためか過去の金融引き締めよりも遥かにゆっくりで、2017年の引き上げ回数もせいぜい2回程度ではないかと思われます。

利上げ観測がある度に買われるので、USDは全体的に堅調に推移する可能性が高い。
トランプバブルの影響が続く限り、米国株式相場も盛況でしょう。

しかしながら、既にニューヨークダウは歴史的高値を超えて頂点に居座り続けているため、いつかはバブルが終わる時が来るはずです。
それが今年になるか、それとも2018年以降になるかは判断できませんが、トランプ氏を信用して熱心に上値を追い続けるのはリスキーかもしれません。

トランプとビーバーが完全に一致

②EU EUR 
緩和縮小と欧州危機の再発 緩やかな上昇⇒暴落


日本とは違って本物のマイナス金利によって超緩和政策を続けてきたECBですが、2016年末に緩和の縮小を決定しています。
順調に出口戦略に進むならば、ユーロも上昇に向かうでしょう。

しかし、欧州の危機(ギリシャ、イタリアなど)は根本的な解決を見せていないため、結局年が変わっても騒がれるのは避けられません。
ドイツ銀行やモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行など、銀行の経営危機も顕著です。
どこか国家や銀行の破綻が騒がれる度に株や為替が売られて、救済が決まった途端上昇するのが恒例行事になっています。

③日本 JPY
異次元緩和の継続(と失敗隠し) 下落⇒暴騰


日銀の量的緩和には既に限界が来ていますが、黒田総裁は絶対にそれを認めないでしょう。
任期満了で次代に託したとしても、同じことです。
決して間違いを認めず、誰も責任を取らないのがこの国の役人だからです。
国債の買い取り額減少によって現実には若干引き締めに動きながら、それでも緩和とマイナス金利モドキを続けるでしょう。

日銀黒田量的緩和比較

欧米との金利差から円安方向に動きやすくなりますが、リスクオフ通貨としての役割は健在。
現在はミセスワタナベがショートに傾いているため下がりにくくなっていますが、大きな危機が起これば円キャリーの巻き戻しで暴騰するのは目に見えています。

④イギリス GBP
EU離脱の進捗次第で乱高下


国民投票で既にEUから離脱することが決まっている英国ですが、最高裁の判断やEU各国との交渉で着地点が見えなくなっています。
またスコットランドや北アイルランドなど残留派の多い地域で独立の懸念もあり、最悪分裂する可能性もあります。
非常に不安定な時期に突入するので、正直触らないほうがいいでしょう。

⑤オーストラリア、ニュージーランド AUD、NZD
緩和継続⇒緩やかな下落


現在の低金利と米ドル高がよほど心地よいのか、あまり動きが見られません。
金利を上げる兆しもないが、これ以上熱心に下げることも考えづらい。
米国の利上げがあれば対USDで下落するぐらいで、相場の主役にはならないと思われます。
NZドルについては、相変わらずフォンテラの業績に一喜一憂することでしょう。

⑥中国 CNY
中国経済の不振⇒下落


SDR通貨に採用されから、大きく下落を続けています。
中国元から資金逃避が起こっているようなので、2017年も軟調でしょう。
チャイナ問題が発生すれば、逃避先のビットコインやゴールドが高騰しそうです。

ソロスが中国金融危機を予告

⑦スイス CHF
介入次第


放っておけば他国からの資金流入で高騰しますが、為替介入があるせいで予想できません。
スイス銀行が匿名口座を廃止した煽りで多少の資金流出はあるかもしれませんが、為替レートに影響を与えるほどではありません。
ゴルゴ13が困るだけです。

⑧新興国(南アフリカ、トルコ、ブラジルなど) ZAR,TRY、BRL・・・
米国次第で下落


米国の利上げに従って新興国からは資金が流出するので、特に強くなる要因はありません。
特にトルコは政情が不安定でテロも多いので、ニュースには目を光らせておきましょう。

南米のベネズエラでは、原油安の影響でハイパーインフレが発生してます。
今年中にいくつか破綻する国も出てくるでしょう。
全体的に円安な現状で高金利通貨を買って長期ホールドするのは、リスクが高すぎると思います。

インフレしすぎてパンも買えない

全体の傾向としては、
USD>EUR、CHF>(JPY)>GBP>NZD>AUD>CNY>ZAR>TRY

日本円とスイスフランは危機次第でトップになるので、かなり怪しい所。
どこかのタイミングで積みあがった円ショートが解消されると思いますが、一体いつになるやら。

2016年以前は、日米欧の三強が全て金融緩和を行うという、空前絶後の緩和競争の時代でした。
今年はそれに終止符が打たれ、世界経済の転換点になるでしょう。

どんな銘柄に手を出すにしても、決してトレンドには逆らわないように。
上手く波に乗って、大きく稼げる一年にしましょう。

犯罪者カレンダー
今年こそは平和な一年になりますように。

⇒通貨の強弱判定 金融スタンスによる為替の長期的予測

初体験が一番大変に決まっている

キャプテンマークの責任の重み
重量の問題じゃないよ! (;゜0゜)

止まっている物は、外力を加えない限り止まり続ける。
動いている物も、外力を加えない限り動き続ける。
これを慣性の法則と言い、この宇宙の全物質は外から力を加えない限り同じ運動を続けます。

地球は約6000000000兆トンの石の塊で、45億年前から時速1700kmで飛び回っていますが、神様が頑張って引っ張っているわけではありません。
どんなに巨大なものであっても、外からエネルギーの供給を受けなくても、一度始まった運動は簡単には止まりません。

私達の住む大気中は空気や地面の抵抗があるので、流石に宇宙空間のようにはいきません。
動けば地面から摩擦を受けるし、あちこちの物体と衝突して減衰することもあります。

しかし、止まっている時の摩擦(静摩擦)と動いている時の摩擦(動摩擦)を比べると、必ず静摩擦力>動摩擦力になります。
動き出す時よりも、運動中のほうが抵抗は小さくなるのです。

慣性の法則と摩擦力を体感したかったら、一度自転車に乗ってみるといいでしょう。
最初は重いペダルもこぎ出せばすぐに軽くなって、スイスイ進んでくれます。

自転車に乗る猫
ペダルに足が届かない。

いつも忙しく走り回っている人はとても大変に見えますが、我々が思っているほど苦労はしていないものです。
面倒な仕事も、難しい仕事も、体力を使う仕事も、慣れてしまえばどうということはありません。
我々にはとても困難に思えることも、案外淡々とこなしているものです。

むしろ大変なのは、初めてそれを行う素人のほうです。
知識も経験もまるでない状態で手探りで始めるより難解なことはありません。

エセ賢者のようなヘボトレーダーは毎日血反吐を吐いて迷いながら取引を行い、恐怖と後悔に苛まれながら取引をこなしています。
何が正解かさっぱりわからないから、いつも不安でいっぱいです。

熟練のスーパートレーダーは自分のルールをきっちり決めているので、迷うことはありません。
ただルーチンワークを行い、利確と損切りを淡々と行うので、感情の入り込む隙間はありません。

どっちが苦労しているのかと言えば、間違いなくエセ賢者です。
世間はプロディーラーのほうが凄い事をしていると褒め称えているけれど、本当に立派なのは才能のないダメ人間の方なのですよ。

一番いけないのは自分なんかダメだと思いこむこと

仕事でも投資でも、恋愛でもスポーツでも、何もかも最初が一番大事で、一番大切です。
あまりにも困難な道に、のっけから躓くこともあるでしょう。

それでも、立ち止まっていてはいけません。

動き始めれば、必ず今より楽になります。
明るい未来が待っていることを信じて、一歩一歩確実に進みましょう。

スピードを上げすぎると、抵抗が増すこともあります。
ゆっくりでもいいから止まらずに続けることが、物理的に最も効率の良い方法だと心得ましょう。

新しい年を迎えた貴方が、最高のスタートを切れることを願っています。

大人の階段
2017年も貴方が幸せでありますように。

相手を殺さない限り復讐って終わらないんだよ

いじめはダメだがタイマンは良い
タイマンならいいのか!? Σ(゚д゚|||)

いじめられっ子がいじめっ子を刺したり、交通事故遺族が加害者を殺害したり、復讐による事件はいつの世もなくなりません。
ハムラビ法典の時代には「目には目を。歯には歯を」というルールがあり、江戸時代には『仇討ち』という制度がありました。
傷付けられると報復せずにはいられないのは、人間のサガなのかもしれません。

変態という名の紳士であるエセ賢者にだって、恨んでいる相手の一人や二人、いや多分100人や200人はいます。
私を振り込み詐欺に嵌めようとした詐欺師とか、東日本大震災にかこつけて仕掛けてきた投機筋とか、何百万という損失を押し付けた証券会社とか、部下を侮辱し続けてきた元上司とか、公明正大と言いながら従業員から搾取したブラック企業の社長とか、数えればきりがない。

思えば人を恨んでばかりの人生でしたが、結局まともに復讐できた試しはありません。
課長のお茶に雑巾のしぼり汁を入れようが、部長のカツラの写真をSNSにアップしようが、スカッっとするのは一瞬だけ。
結局自己嫌悪に陥った後にまた腹を立てて、同じことを繰り替えすだけでした。

恨み怒り猫

延々とくだらない報復を続けてわかったのは、
「復讐は相手の息の根を止めないと終わらない」
ということです。

少々相手に被害を与えたところで、心の傷は癒えない。
中途半端な真似をしたって、争いが長引いてさらに傷が深くなるだけ。

元々復讐心や嫌悪感は自身に害を与える排除する防衛本能の一種なので、敵が消滅しない限り止まりません。
蚊やゴキブリの足を二、三本ちぎったところで駆除にならないように、敵を痛めつけるだけでは目的は達成されないのです。

もしも心から憎い相手がいて、心底解放されたいと思うなら、台所から包丁でも持ってきて、本当に息の根を止めるしかありません。
もちろん、それは最悪の選択ですが。

おかずの数が多すぎる殺人事件
こうするしかなかったんだ。

かつて私が殺したいほど相手を憎んだとき、ヒットマンに相談したことがあります。
殺し屋は言いました。

「1万円で殺してやると言ったら、払うのか?」

もちろん、私はイエスと答えました。
仇敵をあの世に送れるのなら、諭吉の1枚くらい安いものだったからです。

猫スナイパー

しかし、殺し屋はこう続けました。

「1万円は安すぎた。100万円ならどうだ?」

私はしばらく迷って、ノーと答えました。

相手を憎んでいるのは確かだが、いくらなんでも高すぎる。
そんなに払ったら生活できなくなるし、復讐できても共倒れじゃ意味がない。

「お前の復讐心はそんなに安いんだな。じゃあ、捨ててしまえ」

そう言って、殺し屋は依頼を断りました。

もういいから帰れ

ちなみに本当にゴルゴ13に依頼するなら、20万ドルをスイス銀行の口座に振り込まないといけません。
エセ賢者の年収を何百倍にしても足りませんね。

私の相手を殺したい気持ちは、金額に換算するといくらだったのでしょうか?
10万円か、それとも20万円か?
それとも福沢諭吉先生のプロマイド一枚分に過ぎなかったのか?

少なくとも、たった100万円と事件に伴う社会的責任よりは少なかったのは確かです。
口では「刺し違えてでも殺してやる!」なんて言っていても、実態はそんなもの。
他人に金額を提示されるまで、私は自分の想いの強さすら推し量れていなかったのです。

「気持ちをお金で表すなんておかしい」
と思う人もいるでしょうが、私達はいつも隣人に関心を抱くのと同じくらい、お金にも心を奪われています。
憎悪も欲望も保身も、生存と利害が絡む以上は同軸にあると考えるべきでしょう。

どれを選んだらいいか悩む

値段以上に面白いゲームでなければ、買うことはない。
料金以上の快感が期待できないのであれば、風俗に行くことはない。
私達はいつも市場価格を通じて、自分自身の感情を推し量っているのですよ。

他人に罵倒されて腹が立った時は、それがどれくらいの大きさか考えてみてください。
復讐するとしてどこまでのコストを許容できるのか、計算してみてください。

一晩頭を冷やした後であれば、おそらく自分が思っているほど、大きな対価を払うことはできないから。

人を恨むのは無益です。
だって、相手を葬らないと決着が付かないのだから。
殺人罪が最高位の刑罰の一つにある日本において、こんなに割りに合わないことはありません。

許しとは、相手のためにあるのではありません。
いつだって、自分の為に許して諦めます。

きちんと数字で計ることで、これ以上傷付かなくて済むように合理的な選択をするのです。

飼い主を刃物で刺殺する猫
猫さんや、刃物の重みは知ってるかい?

少子高齢化と年金問題を一瞬で解決する方法

若者を轢き殺す老人
支えてくれる人を殺すなよ! ( ノД`)

高齢化問題を一瞬で解決する素晴らしい方法がある。
それは100歳以上を高齢者と定義して、それ以下を全て若者とすることだ。

失業率を劇的に改善する方法がある。
それは離職1ケ月以上を失業者の定義から外し、すぐに再就職できない者を母数から排除することだ。

毎年増え続けるニートを大幅に減らす方法がある。
それは現行の35歳以下を20歳以下に変更し、集計から除外することだ。

どんな指標も、指先一つで思いのまま。

これで日本の未来はバラ色だね!

それはひょっとしてギャグで言っているのか

これはただの冗談ですが、日本政府は実際に似たようなことをやろうとしています。
内閣府は高齢者の定義を70歳以上に変更し、定年延長や所得に応じた負担増などを行うそうです。
当然年金の支給年齢も65歳⇒70歳に引き上げられるでしょう。

いくら健康寿命が延びているとはいえ、60歳をとうに過ぎた老人が戦力になるものか。
実際は年金制度(という名のねずみ講)を存続するために、切り捨てを行っているだけでしょう。

エセ賢者だって、世代間の相互扶助が悪いとは言わない。
しかし、未来ある若者を犠牲にして、朽ちていくばかりの年寄りを延命するのはおかしな話です。

若年層の死因トップは自殺

年金支給額の変更はまだしも、受給開始年齢の引き上げは明らかな不公平です。
現在受給している(あるいは数年で受給開始する)者には一切の不利益なしに、これからその恩恵を受ける人々にだけ痛みを押し付けるのだから。
既に還暦を超えた高齢政治家や官僚がそういった法案を作成しているのだから、我田引水と言わざるを得ない。

60歳だったものを65歳にし、65歳から70歳にして、次は75歳。
受給者を一切増やさずにすむ素晴らしい方法ですが、差別以外の何物でもありません。

日本政府の発表にはこのようなごまかしが溢れていて、とても中国や韓国を笑えるような状態ではありません。
一定期間過ぎた求職者を失業者から外し、非正規とパートを就業に数えるなら、失業率はいくらでも改善できます。
都合の良い数字だけを並べ立てて成果を誇っても、悲惨な現実は何も変わりませんよ。

日本の出生数は年々低下して、2016年はとうとう100万人を切りました。
移民がなければ子供の数はそのまま未来の人口になりますから、将来の日本は縮小していくばかりです。

出生率が低下していく背景には、
・若者の貧困
・核家族や単身世帯の増加
・女性の社会進出

といった原因があります。

とにかく結婚と育児をしにくい社会を作ることによって、先生方は積極的に少子化を進めてきました。

安倍死ね女性が輝く日本

実際のところ、少子化を止めるのはそれほど難しい話ではありません。
だって、昔は今より子供が多かったのだから。
簡単に言えば、改悪した制度を元に戻してやればいい。

累進課税を強化して、低収入層の負担を減らす。
若者の社会保険料を免除し、可処分所得を増やす。
恋愛至上主義を撤廃し、お見合いを復活させる。
東京への一極集中を止めて住居を確保し、三世帯以上の世帯を奨励する。
そうすれば、育児支援をしなくても自然と子供は増えるでしょう。

サザエさん一家の中に犯人がいる

そもそも夫婦二人で仕事をして育児を行うというのは、動物として間違っています。

20歳過ぎた程度の育児経験すらない若造に共働きしながらガキの世話をしろとか、なんて無茶を言っているのか。
もうちょっと現実を見ろと言いたい。

元々人間はどこも大家族で、親がいない時は親族や隣人が子供の面倒を見ていました。
他人の子供とも頻繁に触れ合うことで、幼少からその扱いを学んでいました。

そうやって成り立っていたものを無理矢理引き裂いた上に、大黒柱の手取りまで下げて、少子化が止まるものか。
還暦を超えた国会議員がそれに気付かないわけがないから、きっとわざとやっているのでしょうね。
定年を引き延ばすくらいなら、高齢者に子供の世話でもさせたらどうでしょうか?

国民年金の納付率は63%ですが、未納者の殆どは申請すれば免除or猶予される低所得者だそうです。
免除・猶予が認められた人を考慮に入れると、実際の納付率は40%に満たないとも言われています。
国民の貧困と年金への不信は、深刻な状態になっているようですね。

3年連続で公務員の給与を引き上げておいて、なぜ年金支給額は引き下げるのか?
アフリカや中東に3兆円も投資できて、なぜ日本国民に使えるお金がないのか?
6兆円の株式ETFを買えるだけの資金力があって、なぜそのお金を社会福祉に回せないのか?

この国にはお金がないんじゃない。
ただ使い方を間違えているだけのことです。

家計金融資産の年代別保有比率
本当に負担すべきは誰なのやら。

閑散に売りなし クリぼっちトレーダーが年末に考えること

サンタ死亡でクリスマス中止
邪教の祭典は中止せよ!(*`皿´*)ノ

※当ブログの管理人はクリスマスにカップルを見るとテンションがおかしくなりますので、ご注意ください

毎年のようにクリぼっちで予定のないエセ賢者は黙々と相場に向かっていますが、チャートはろくに動きません。
どうやら市場参加者の多くは私のように暇ではなく、きちんと予定があって休暇に入っている様子です。

ボッチなのは私だけなのか!?

クリスマスに誰かと過ごす法律

相場は人間(とアルゴリズム)が動かすものなので、参加者が少なければ大きく動くことはありません。
今年振るわなかったファンドが一発逆転を狙って薄商いに仕掛ければ別ですが、そうでなければだいたい平穏に終わります。
値動きが少ない上にスプレッドも拡大しがちなので、年末に相場に張り付くのは止めましょう。

いくら寂しくても、相場は恋人にはならないんだよ!

クリスマスはぼちの人生を狂わせる

大きな値動きを繰り返した後に売買量が下がり、相場が無風状態になることを「閑散に売りなし」と言います。
この閑古鳥の鳴くような状態ではトレーダーも手の出しようがなく、その状態が長く続けば嫌気がさして、買いを控えるようになります。
そのため市場に弱気が広がって、相場が少しずつ下げていくことが多い。
そのまま下げ続けることもあれば、反騰して上げるための下げになることもあるので、どうなるとは一概に言い難いのですが。

ここ数年の傾向を見ると、どうも12月に天井を付けることが多い。
2015年も2016年も、年末に高値を付けた後、年が変わった途端上がりすぎた日経やドル円がどんどん下がっていきました。

そう考えると、今年もまた同じ道を辿るのでしょうか?
だとすると、ロングポジションの持ち越さないほうがいいのかもしれません。
確定申告の関係でポジションを継続することもありますが、アホールドは厳禁です。

思えば、2016年は激動の年でした。

年明けから中国と原油安でリスクオフに進み、その後ゆっくり回復。
イギリスのEU離脱投票はまさかの離脱決定で、サプライズで大暴落。
米大統領選は下馬評を覆してドナルド・トランプ氏が勝利し、一瞬下がった後にまさかの大暴騰。

他にもドイツ銀行やテロ、熊本地震なんかも相場に影響を与えましたね。
いったい一年にどれだけのイベントを詰め込んだのやら。

トランプ大統領の核爆発

下がっては上がり、上がっては下がる。
その繰り返しが相場です。

今現在は1年前より円安株高の水準にはありますが、決して一方通行でここまで来たわけではありません。
おそらくこの先もこれまでの上昇を帳消しにするほどの下落が来て、また力強く切り返す日が来るでしょう。

トランプ氏はまだ就任していないし、イギリスもEUを離脱していない。
ドイツ銀行もギリシャ問題も、結局何一つ解決してない。
むしろ本番はこれからかもしれません。

山が高いほど、谷も深くなります。
トランプバブルの上げが大きかっただけに、その反動も大きくなるのが必然。
2017年は、まずはそれに備えておくべきでしょうか。

結果が満足だろうと後悔だろうと、時間は必ず流れて新しい年が来ます。
今年のことは今ここで決着を付けて、次の波に乗るための準備をしましょう。

猫のクリスマス
良いお年を。

みんなのクレジットが金融庁の検査と所在地移転で大ピンチ?

俺が危ない
俺が危ないのか!? Σ(゚д゚|||)

みんなのクレジットに金融庁の検査が入って一週間以上経ちますが、未だに結果がわかりません。
騒がれないということは特に問題がなかったと考えるべきか、それともまだ調査中なのか。

2000万円も預け入れているエセ賢者としては、早く結果を知りたくてなりません。
そりゃもう、毎日心配で心配で、ご飯も3杯までしか食べられないし、夜も12時間しか眠れません。

勘違いしてはいけないのは、金融庁検査は基本定期的に行われるものであり、認可業者ならいずれ必ず受けることになるということ。
今回は時期的に定期検査ではなさそうですが、みんクレを含めた三社が現在検査中となっています。
(アイエルアイパートナーズとRISEも検査中)

みんクレの場合は、
・設立してから日が浅い(2016年スタート)
・業容拡大のために渋谷区に事務所を移転している
・利益への課税が源泉徴収になっていない
・業界最高の金利とキャッシュバックで、年利14%を軽く超える

といった点が、不安を煽っているようです。
どれも悪いことではないんですが、条件が良すぎるとかえって気になるものですね。

2ちゃんねるなどの掲示板には色々な情報が流布されているようですが、あれを信じてよいものかは微妙なところ。
完全に無視もできませんが、正直2chに悪い評判がない金融業者なんて存在しないので、話半分で聞いておきましょう。

インターネットブログでの悪口は禁止
悪口とか言ってないからね!

みんなのクレジットの検査がどうなるかはまだわかりませんが、仮に問題があってもすぐに倒産や貸し倒れに結びつくわけではありません。
金融庁が問題点を挙げて、それに対して会社が是正を行うだけです。
重大な欠陥があれば一時的に営業停止になる場合もありますが、期間が過ぎれば営業を再開します。

ソーシャルレンディング業界では、クラウドバンクが過去に営業停止処分を受けたことがあります。
業務拡大に伴って分別管理と情報公開が追い付かなかったとのことですが、今は是正して優良業者に生まれ変わっています。
3ヶ月間の業務停止と業務改善の処分を受けましたが、顧客の預かり資産に対しては一切被害はありませんでした。

証券会社やFX業者でも過去に処分を受けた会社は多く、FXCMジャパン証券やGMOクリック証券も過去に電子情報管理の不備などで処分を受けたことがあります。
指摘=不正ではないので、その辺は早合点しないように。

見方によっては、早めに公的機関のチェックが入ってくれたおかげで、これから先の人が安心して投資できるようになってくれるかもしれません。
個人的には、自転車操業に手を染めたりしないように、しっかり監視してくれたほうが都合が良い。
預けた金額が金額だけに、もちろん心配ではありますけどね。

前に宣言した通り、年末のファイナルステージには参加します。
500万円投資すると45万円受けとれるそうですが、流石に検査状態でそれは無理。
というか、そもそもそんなに金がない。

35万円投資で2.8万円バック、加えて幸せBOXのプレゼントを狙います。
幸せBOXというからには、もらったら幸せになれるに違いない!

しかし、中身は相変わらず謎です。
ファイナルステージ以外の方は年末ジャンボ参加で絆BOXになるそうですが、やっぱり謎です。

前に米と蜜柑をプレゼントしたから、次は野菜か?
2月に届くからチョコレートか?
いっそのことオルゴールにしたら、ナイスギャグと笑ってやろう。

幸せの箱

何にしても、届いたら前回同様ブログで報告します。
みんなのクレジットに怒られるかもしれないけど、そこを敢えてやるのがエセ賢者クオリティ。

全力投資した以上今更ジタバタしてもしょうがないけれど、金融庁の監査が無事終了することを祈っています。
便りが無いのは良い知らせと言うから、多分大丈夫だよね?
大丈夫だよね?(必死)

万一重大な問題が発覚してみんクレへの投資が続けられないようなら、評判の良いクラウドクレジットやラッキーバンクに移るのも考えます。
どうかみんクレが検査をクリアして、金融庁のお墨付きをもらえますように。

世界の信用市場をひとつに、海外投資ならクラウドクレジット





⇒ソーシャルレンディングは株式配当やスワップ投資より有利か?
⇒みんなのクレジットが怪しいと思いつつも2000万円つぎ込んで夜逃げした