FC2ブログ

貴方を幸福にするFXブログ

ジャパンライフ逮捕が安倍首相を辞任させた!?

安倍総理からジャパンライフ詐欺師に招待状
総理のお墨付き!? ( ノД`)

ジャパンライフの経営陣14人が詐欺容疑で逮捕されました。

ジャパンライフは磁気ネックレスを貸し出して購入者にレンタル料を支払うオーナー商法でを集めていましたが、破産して2100億円の被害を出しました。

「郵便局や銀行が潰れる時代。ジャパンライフだけ生き残る」

「年6%の高配当。絶対損しないから保険を解約して投資しろ」


といった甘言に載せられて、多くの高齢者が老後のための貯蓄を投資したそうです。

お金を預けるだけでノーリスクで高額配当が入ってくるなんて、そんな美味い話があるもんか。
今時こんな詐欺に騙される人がいるんですね~。
顔を見てみたいものです。

ジャパンライフ:高利回りをうたって2100億円を集めて破産
みんなのクレジット:高利回りをうたって40憶円を集めて貸し倒れ


お前が言うな

見事にブーメランが突き刺さりました。
頭部を貫通して致命傷です。

詐欺師は巧妙な話術で出資を誘導するので、一般人が騙されるのは仕方ないと思うんですよ。
(さっきと言ってることが全く違う)

ジャパンライフの山口隆祥は、安倍首相が主催した「桜を見る会」の招待状を宣伝に利用していました。

安倍首相が自ら推薦したのかはわかりませんが、政治家や官僚と何らかの繋がりがあったのは間違いありません。
そこに安心感を覚えた顧客は少なくないはず。

ウイルスより大きな悪影響を与える安倍総理

政財界の大物と繋がった人物が運営する会社であれば、信用してしまうのも無理からぬことです。
みんクレの白石伸生とかいう馬の骨に投資したエセ賢者より、安倍首相の後ろ盾を信じた人のほうがまともな感性を持ってます。

安倍首相が辞任を表明したのは8月28日。
ジャパンライフの関係者が逮捕されたのは9月18日。
検察が起訴に踏み切る前の調査期間を考えれば、辞任前には逮捕が決まっていた可能性が高い。

モリカケは疑惑ですが、ジャパンライフは7000人の被害者を出した詐欺事件。
詐欺に関与したとなれば、野党からモリカケ以上の追及を受けるのは必至。

それを避けるために辞任を早めたとしてもおかしくないと思います。
もちろん体調不良や一向に成果の出ないアベノミクスも辞任の理由には違いないでしょうけど。

菅義偉政権は経緯の調査を拒否していますが、どのような繋がりがあったかはきっちり調べてほしいところですね。

舛添を応援する自民党安倍総理

「桜を見る会」の招待状を使ったジャパンライフ。
100%以上の担保を保証したみんなのクレジット。

詐欺師はあなたが安心して出資できるように様々な情報を提示していますが、それが事実であるかはわかりません。
毎月配当が入って儲かっているように見えても、ポンジスキームで出資金が回っているだけかもしれません。

詐欺に遭う可能性は誰にでもあるので、常日頃から警戒心を忘れないようにしてください。

銀行員による配当詐欺事件

ドコモ口座不正送金の手口と対策

海賊王が職質される
海賊の仕業だったのか!? (ノ_<)

「ドコモ口座」などキャッシュレス決済を利用した不正な送金が多発発覚し、パニックになっています。

「ドコモ口座なんて持ってないからいいや」
と思っている人もいるかもしれませんが、そうは問屋が卸しません。

ドコモ口座というと銀行口座みたいな印象を受けますが、実態はお金をチャージするプリペイドサービスの一種。
誰でも簡単に作れて、名義さえ同じなら多数の銀行口座と連結させることができます。
あなたの銀行口座と同じ名義の口座を猫賢者が作れば、銀行の預金が盗まれてしまう可能性があります。

小判を盗む猫

<<不正送金の手口>>

・エセ賢者があなたの銀行口座の名義、口座番号、暗証番号を取得

・その名義でドコモ口座を開設

・ドコモ口座とあなたの銀行口座を連結

・銀行口座からドコモ口座に送金

ドコモ口座からエセ賢者の口座に送金

エセ賢者逮捕


逮捕される猫

同じような機能を持つサービスは多数あり、PayPayなどを経由した被害も報告されています。
SBI証券から同名義の銀行口座への不正出金も報告されています。
銀行口座・証券口座を持つ誰が被害に遭ってもおかしくない状況と言えるでしょう。

この問題の面倒な所は責任の所在が曖昧な所ですね。

不十分な本人確認でコモ口座を作らせたドコモが悪いのか。
同名義だからあっさり紐づけさせた銀行が悪いのか。
はたまた個人情報が流出した顧客の自己責任なのか。

自己責任の動物園保証

通信キャリアは通信のセキュリティには精通していますが、お金の管理は不得手です。
銀行はお金の管理は得意ですが、プリペイドで出金された後のことは知りません。
両者の隙間を突かれた結果、今回のような事件が起きたのでしょう。

今回はドコモが全額保証を表明していますが、他のサービスを経由した犯罪で補償される確証はありません。
「何年も経って気づいたら口座が空になっていた」
なんてこともあるかもしれません。

被害を防ぐために、まず次のような対策をしましょう。

・定期的に口座残高を確認する
・暗証番号を変更する
・ログインパスワードを変更する
・出金時にメール等でお知らせする機能を使う

「なんだ、当たり前のことじゃないか」と思うでしょうが、そんな当たり前のことしかできません。
口座間の紐付けは金融機関が行うので、そちらがセキュリティを強化しないと根本的な対策にはなりません。

まず出金や取引が行われた時に、銀行や証券会社からすぐ連絡が来るかどうか確認しましょう。
お金の移動には時間がかかるため、不審な取引があればすぐに取り消しましょう。
移動した直後でも、サポートに連絡すれば対応してくれる可能性が高い。

日本の警察はポルノや風俗の取り締まりには熱心ですが、デジタルな金融犯罪に対しては無力です。
自分の財産は自分の手で守りましょう。

サドルを盗む





【菅総理誕生】 スガノミクスはアベノミクスを超えられるか?


令和時代じゃなくて平成のまま
時代は変わらなかった・・・(;д;)

自民党総裁選は、菅義偉氏の圧勝で幕を閉じました。
安倍晋三首相の後継なので、次の総理の椅子に座ったと考えていいでしょう。

⇒安倍首相辞任! アベノミクス終了で株価が暴落する理由

の記事で

・足の速い投機筋が日本市場から逃げて株価が下落する
・次の首相が決まれば先の見えない状況は解消され、リスク後退から一旦株価は戻す


と予想しましたが、だいたいその通りになりましたね。

新しい首相が決まったことで市場は安定し、日経平均株価は戻しています。
ナスダックの下落は予想外でしたが。

菅首相になったら、日本は日本はどのように変わるのか?
スガノミクスはどのような経済政策になるのか?

結論から言うと、ほとんど変わらないと思います。

結局のところ日本は官僚制社会主義の国であり、議員にたいした権力はありません。
総理も経団連や官僚の決めたことに従っているだけです。
命令する側が変わらないのだから、日本政府の方針も変わりません。

菅氏は「携帯電話の料金を下げる」と息巻いていますが、経済を好転させる効果は全くない。
政府による価格統制は社会主義の失策の典型。
市場原理を無視した値下げは企業の利益を圧迫し、他の部分にしわ寄せを与えて国民の不利益になるでしょう。

何より問題なのは安倍政権の負の遺産。
出口のない金融緩和が足を引っ張っています。

日銀黒田緩和の悩み

総理が変わったところで、アホみたい積み上げた負債はなくなりません。

1000兆円超えの国債。
日銀に買わせた570兆円の債券と株式。

財政ファイナンスを止めれば即破綻
株の買い支えを止めれば暴落して金融危機

どう考えても逃げ場はありません。

逃げることなど不可能な猫

菅総理にできるのは、これまで通り異次元緩和を続けて破滅を先延ばしにすることだけ。
上手く延命すれば次の総理にババを押し付けることができるでしょうが、結局日本が辿る運命は変わりません。

アベノミクスの終了が近づきながらも日本市場が妙に落ち着いているのは、市場参加者がそれを織り込んでいるから。
「日本にはもう打つ手がない」
と誰もが考えています。

総理が替わったところで、私達の生活は何も変わりません。
若者の貧困がなくなることも、少子化が解決することもありません。
これまで通り労働者から搾り取って既得権益に流し、破裂するまでバブルを膨らまし続けるだけです。

私達にできるのは自分で自分を助け、いつか来る危機に備えること。
政府に期待するより、まず自分の足元を固めていきましょう。

安倍の成長戦略


米株を暴落させたソフトバンクのオプション取引とは?

コロナは1億人死んだ病気
誇張しすぎ! ( ノД`)

ここ最近ナスダックを中心に上昇していた米株が急落しています。
その原因と噂されているのがソフトバンクグループのオプション取引
さらにその悪評によってソフトバンク株価が暴落しています。

様々なメディアで解説されているものの、かなり内容がわかりづらい。
日本ではバイナリーオプションが広まってるせいで、丁半博打をやってるようにも思われます。

「ソフトバンクが怪しげな取引をして株を暴落させた」
みたいなイメージが広まっているみたいなので、詳しく説明したいと思います。

オプション取引を一言で表せば、予約
あるいは保険

「将来的に特定の価格で金融商品を買う権利」です。
買う側をコールと呼び、売る側をプットと呼びます。

例えば、輸入会社が来月の支払いに1万ドル必要になったとしましょう。

今すぐドルに替えてもいいのですが、それだと手持ちの現金を使ってドルを持ち続けないといけません。
来月になって両替した場合、円安でドルが高くなっているかもしれません。

「1万ドル欲しいけど、円安で買うのはヤダなー」

そんな時に保険になるのがオプション取引。
あらかじめ一定のお金を払っておくことで、将来に決まった価格でドルを買うことができます。

「1ヶ月後に1ドル=100円で買う権利」を買っておけば、その後にとんでもなく円安になっても100円でドルを買えます。
逆に円高になったら、コールの権利を放棄してもっと安い価格で買えます。
手数料はかかりますが、一定以上の損をすることはありません。

プット側は逆にドルを提供します。
どんな値段でも100円でドルを売らなければいけないので、円安になるほど損をします。
その一方で、円高になれば手数料分だけ得をすることになります。

ドル円相場超長期チャート

これは為替のオプションですが、株式においても同様なことが行われます。

ソフトバンクはオプションを使って、次のような米国株に40憶ドルを投資していたと言われています。
「将来安く株を買える権利」を買ったので、「米国株は上がる」と考えていたと思われます。

・アマゾン
・ネットフリックス
・テスラTSLA.O
・マイクロソフト
・アルファベット


見事にハイテク株ばかりですね。
ソフトバンクビジョンファンドは、本来ユニコーン(新興企業)に投資するファンドだったはずなのに。
未上場企業を応援する方針を転換して、短期的な利ザヤを取ることにしたのでしょうか?

自分さえ儲かれば会社や顧客はどうでもいい

ソフトバンクのコール自体に株価を変動させる効果はありませんが、プットを売った側は株を用意して将来の引き渡しに備えなければなりません。
ソフトバンクが巨大なコールを注文した結果、米ハイテク株に多量の需要が発生して株価が上昇。
株が調達された後で事態が発覚して投げ売られ、ナスダックは大暴落。

これが米株の急騰・急落が起こった顛末と考えられます。
なぜオプションを買ったのかはわかりませんが、おそらく既に保有しているあるいは売却する株との兼ね合いでしょう。

この件でソフバンはかなり叩かれていますがインサイダー的な要素はなく、金融の世界では日常的に行われていることにすぎません。
ソフバンだけがオプション取引をしているわけではなく、米株暴落前にそれ以上の量を取引したファンドも存在するようです。

FXや株の投資家が将来の価格変動を見越して外貨や株を売買しているように、オプショントレーダーはコールやプットで利益を上げています。
FXとオプションを組み合わせてヘッジしているファンドもあります。

「誰かがよくわからない取引で稼いでいる」
ではなく、その仕組みを理解して自身のトレードに役立てられないか考えてみましょう。

FXで利益を脱税する住職

みんなのクレジット事件の真相⑯ 捏造された脅迫

詐欺ならちゃんと騙せ
もっと騙されたい!? Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

前の話⇒みんなのクレジット事件の真相⑮ 被害者の会代表による恐喝!?

「白石にハメられた!」

その一言が事の顛末を如実に表していた。

テイクオーバーホールディングスHPに記載された謎の怪文書
代表は私達を裏切って、被害者の会を白石に売ったのか?
当事者の二人は多くを語らず、疑心暗鬼を増長させた。

裏切りに激怒した私は彼らから管理者権限を剥奪し、会から追放した。
しかし、その後の罵声が飛び交うようなやり取りの中で、今回の真相が少しずつ見えてきた。
彼らの行動は間違いなく独断専行ではあったが、本人に裏切る気があったわけではない。

「被害者の会を裏切ったのか?」

「違う。会のための行動だった」

「1億円もらって代表を止めるのが会のための行動なのか?」

「違う。白石と交渉して、皆の投資金を取り戻すつもりだった」

「この脅迫扱いされた文章が白石との契約書なのか?」

「違う。白石との交渉はできていない。交渉のテーブルに乗せるために作った草稿を利用された」

「被害者の会の情報を白石に売ったじゃないのか?」

「直接交渉に引っ張り出すために、脅威になりそうな項目を列挙した。重要なことは書いていない」

「文面通り交渉が成立したら告訴を止めるつもりだったのか?」

「仮に私達が辞めても、皆がやるのはわかっていた。情報も引き継ぐ予定だった」

「スポンサーとは?」

「そんなものはいない」

話にならない

なゆきち氏の話を鵜呑みにしていいものかはわからないが、まとめるとこうなる。

彼ら二人は白石の刑事告訴に向けて活動していたが、目的は会の皆の被害を補償させることだった。
なので告訴に踏み切る前に一度返金の交渉ができないかと考え、TOHのサポートにメールを送った。

しかし、そこで対応したのは白石本人ではなく代理人だった。
白石と直接交渉したいと申し出たものの、色よい返事はもらえなかった。

交渉の場に呼ぶ出すために、こちらがどれだけ本気か伝えることにした。
会の活動を実態より大きく見せれば、あちらも重い腰を上げるかもしれない。

二人で協力して、白石の目を引き付けそうな内容を考えることにした。

・我々はみんクレの被害者数百名で構成される被害者の会
・賛同する組織とともに告訴等の目的達成を間近に控えている
・刑事事案弁護士とセミナーを開催
・クラウドファンディング寄付型で記者会見費用を募る
・メディア多数を集めて弁護士と共に被害者の会設立
・共同記者会見を行う
・メディア7社と提携
・警察への被害届
・警視庁等への陳情書
・国税庁等への要望書
・同議員らへの相談
・スポンサーと提携
・弁護士事務所との契約

お金を返して

とんでもない大風呂敷が広がった。

虚勢がバレるかもしれないが、これだけ書けばなんらかの返答はせざるを得ないだろう。
白石本人が出てきたら、そこからが勝負だ。

しかし、返答は来なかった。
いや、むしろ最悪の形で返ってきた。

<テイクオーバーホールディングスHP みんなのクレジット投資家の皆様へのお知らせ>

当社としては、上記内容は違法な恐喝にあたると判断いたしました。
したがって、今後被害届の提出および刑事告訴を検討してまいります。


驚いた猫

返金交渉は始まりもせず、広げた風呂敷は脅迫事件として晒されることになった。

結果として「刑事訴訟を捨てて自分の金だけ取り戻そうとした裏切者」の烙印を押され、被害者の会から追放。
会員は疑心暗鬼に陥って分断され、告訴を進めるどころではなくなった。
まさに詐欺師の思うつぼだった。

二人が交渉を試みる前に他のメンバーに相談していれば、こんな事態は避けられたかもしれない。
あるいは事件が露呈した時に私がもう少しきちんと話を聞いていれば、告訴の会の崩壊まで至らずに済んだかもしれない。
悔やんでも悔やみきれない。

彼らにとっては驚愕の展開だったが、よくよく考えてみればこの対応は予想できるものだったろう。
というのも、TOHには前科があるからだ。

TOHがブルーウォールジャパンと名乗っていた頃、彼らは差し押さえを試みた投資家をHPで晒したことがあった。
その時も同じように、
「不当な手続きにより業務を妨害されたことに対して、民事・刑事両面にて徹底的に法的な追及を行う」
と宣言していた。

参考⇒みんなのクレジット事件の真相⑥ 償還が停止した本当の理由は23人の行動ではない

つまり、報復を示すことで資金を回収しようとする者を戒め、被害者の分断を図るのが彼らの作戦なのだろう。
私達は二度も同じ罠に嵌ってしまったわけだ。

SNSで馬鹿にされたら銃で反撃

ちなみにこの件に対して訴訟は行われていない。
そもそも不当な手続きなど行われていないし、訴えたとしてもスラップ訴訟として敗訴するのが目に見えている。
なゆきち氏や大山氏が訴えられることも、おそらくないだろう。

※スラップ訴訟
権力を持たない比較弱者に対して、企業など比較優者が恫喝や発言封じを目的に起こす加罰的・報復的な訴訟
NHKから国民を守る党(N国)の議員がフリーライターを名誉棄損で訴えた事例が有名。


こちらに大義があったとしても、詐欺師に直談判などしてはいけない。
相手が真摯に対応することなどありえないし、逆手に取られて被害を増やすのがオチだ。
お見舞金のように譲歩する姿勢を見せたとしても、決してそれに乗ってはいけない。

被害者が行うべきは無理な直接交渉ではなく、専門家を通じた正当な請求
きちんと弁護士を立てて、公の場で白黒付けること。

現在みんクレ被害者以外にも悪徳業者と戦っている投資家がたくさんいるだろうが、私達の失敗を繰り返さないでほしい。
そのためにエセ賢者はこんな恥晒しを続けているのだから。

<<次回に続く>>

魚を正しく裁く

FX業者の為替見通しが天才的な件

狂ってる寝言
寝言は寝て言え!

みんなのFXの為替予想があまりにも見事だったので紹介したいと思います。

引用元:みんなのFX トルコリラ/円相場の状況と今後の見通し
https://min-fx.jp/tryjpy/


▼トルコリラ/円の今後の見通し
2020年のトルコリラ/円相場は積極的に上値を追う展開とはなりづらいものの、下値もある程度限られそうです。
エルドアン大統領は中央銀行に対して景気刺激のための利下げ圧力をかけており、2020年中には一桁台にまで政策金利を引き下げるとしています。
直近の利下げの影響から一時的にトルコリラ円が史上最安値である15円付近まで下落する可能性はあるものの、トルコ経済のセンチメントが急激に悪化しているわけではないため急落リスクは低いと予想されます。
政策金利が一桁に下がるとしても、世界各国の金利がゼロに近づく中でトルコリラを保有することによって得られるスワップポイントは魅力的であり、史上最安値である15円付近まで値下がりしたところでは買い増しができるような資金管理をして相場に臨みたいです。


<予想>
・下値もある程度限られそう
・急落リスクは低い
・15円付近まで値下がりしたところでは買い増し


2020年9月4日の為替レート:1TRY=14.35 円

トルコリラチャート2020年

完璧な予想だな!

本当に見事としか言いようがない。
これを見たFXトレーダーは爆益間違いなし。

だってそうでしょ?
こんなにはっきり書いてあったら、まともなトレーダーは逆張りするに決まってるんだから。

きっとたくさんの投資家がリラショートして稼いだに違いない。
エセ賢者ももっと早く見ていれば、15円割れまで鬼ホールドしたのに。
みんなのFXの顧客が羨ましくて仕方ありません。

ギャグで言っているのか

実際には天邪鬼賢者のようにリラショートで稼いだ人もいれば、業者に勧められるままにロングした人もいるでしょう。
売買比率を見る限りは、スワップ狙いのロングホールドで狩られた人の方が多そうです。

プロのディーラーだからといって、予想が当たるとは限りません。
もしかしたら、予想ですらなく客を煽るために楽観的な見通しを書いているのかもしれません。

しかし、それによって大衆心理の方向がわかるのであれば、理解した者にとっては良いチャンスになるでしょう。
8割が負けるFXの世界では、時に大衆の逆・常識に逆らう行動が必要になります。

兎の逆襲

安倍首相辞任! アベノミクス終了で株価が暴落する理由

安倍首相辞任で株価が暴落
派手に落ちた! (;д;)

8/28に安倍首相の辞任が発表されると、日経平均株価とクロス円が急落しました。
持病の潰瘍性大腸炎が悪化して、国政に支障が出る恐れがあるため辞任を決めたそうです。

⇒アベノミクスの結末は絶望しかない

の記事で「2020年オリンピック後」にアベノミクスが終了すると見ていましたが、予想が当たったかは微妙なところ。
時期としては合っていますが、オリンピック自体は行われていないので。
イベントが行われようと行われまいと、相場の大きな流れは変わらないのかも。

アベノミクスは大企業を優遇して市場を歪める政策なので、いつかは終わらせないといけない。
しかし、その後の処理は慎重にしないといけません。
下手をすれば、日本市場全体が崩壊してしまいます。

日本終了

安倍首相の辞任報道で株価が大きく下げましたが、その理由はどこぞのネトウヨの言うように「安倍首相が日本経済を支えていたから」ではありません。

「足の速い投機筋が日本市場から逃げた」
からです。

投資家は何よりも不確実性を嫌います。

投資において、不確実性はリスクとも呼ばれます。

安倍首相がいる限りはアベノミクス(異次元緩和)が続く公算が高かった。
しかし、彼が去れば、その後の展開はわからなくなります。
そのリスクが株価を暴落させました。

おそらく辞任しても金融緩和が終了することはなく、しばらく続く可能性と思われます。
日銀はまだまだETFを買い支えるでしょう。

けれど、それもいつか終わるのは見えています。
いつかわからないけど、日本政府も方針を転換せざるを得ない。

そのリスクを感じたファンドは、我先にと日本市場から逃げていきます。
残念ながら、私達日本人は日本から逃げるわけにはいきませんが。

逃げることなど不可能な状況

山高ければ谷深し。

2012年から大きく上昇した分だけ、下落も大きくなるでしょう。
特に株価指数は日銀やGPIFに化粧されているので、メッキがはがれれば日経1万円割れもあり得ます。
長期的なトレンドは円高株安と見るべき。

といっても、本格的な下落にはまだ早いかもしれませんね。
とりあえず次の首相が決まって金融緩和の続行を宣言すれば、先の見えない状況は解消されます。
発表されれば、リスク後退から一旦株価は戻すかもしれません。

石破茂、菅義偉、岸田文雄・・・
誰が選ばれるかはわかりませんが、正直どうでもいい。

マーケットにとっては新首相が決まる(不確実性が低下する)ことが重要なだけ。
どうせ海外ファンドは日本の政治家のことなど知りませんし。

ずっと終わってほしかったインチキ株高政権ですが、終わったら終わったで後の処理が大変そうですね。
不明瞭な未来ほど人を悩ませるものはないかもしれません。

安倍政権はいつまで続くか

みんなのクレジット事件の真相⑮ 被害者の会代表による恐喝!?

許される行為ではない
よくわからないが許されないのは確か! ( ノД`)

前の話⇒みんなのクレジット事件の真相⑭ 金のためなら人は簡単に裏切る

「いったいなんだこりゃ!?」

テイクオーバーホールディングス(旧ブルーウォールジャパン)のHPに掲載された脅迫文らしきものを見て、私は絶句した。

みんなのクレジット投資家の皆様へのお知らせ
2018年03月23日

謹啓 春分の候 皆様方におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、昨夜弊社宛に【みんなのクレジット被害者の会代表】と名乗る2名より、下記内容の要望文書がお問い合わせメールにて送信されてまいりました。

—–Original Message—–
From: rainasels4@xxxxxxxxx(rainasels4@xxxxxxxxx)
Sent: Thursday, March 22, 2018 10:01 PM
To: info-toh@to-h.jp Subject: Re: RE: Takeover Holdings Inc. “お問い合わせ”
—————————————————————————-
我々は白石氏、そしてみんクレ社に対する経済的・精神的被害に苦しむ会員数百名で構成される被害者の会を代表し、この会の活動のほぼ100%を企図し、会員に行動を指示、その他我々に賛同する組織との人脈形成等を行う立場にあり、告訴等の目的達成を間近にひかえている。
3月24日に刑事事案弁護士と開催するセミナーがその1つである。
セミナーで会員数を増やし 、4月に弁護士事務所と契約、又、話題を集めるためにクラウドファンディング寄付型で記者会見費用を募り、5月にはメディア多数を集め弁護士と共に被害者の会設立の共同記者会見を行う予定であり、もはや白石代表への刑事責任の追及は時間の問題である。

しかしながら先般の調整お見舞い金に関して思う所あり、下記の要望に応じてもらえたならば、会の代表の立場から降り、刑事告訴を意図的かつ完全に阻止できる立場である事を伝えたい。
会は我々2人が牽引してきたので、我々2人がすべての選択決定権を持っており、我々の代表退去により被害者・告訴の会は形骸化し、貴殿の憂いる刑事告訴等の可能性は事実上ゼロとなる事を確約し得るものである。
以下、我々が望む条件と、それを確実に遂行してもらえた際の我々の行動を記す。

我々の損害金は○○約220万円、○○約2025万円であり、本件の多大な被害による精神的苦痛や会員の保護活動などを含めて、各々に損害金+4000万円の和解金を求めたい。
これらをセミナー開催前の3月23日までに指定する口座へ一括でお支払いいただく。
期限や返金方法はこれ以外を認めない。
これを確実に行ってもらえたならば、我々2人は会の代表を立ち退きに告訴を行わない事を約束する、24日以降の弁護士との本契約をはじめ、以下に記す行動の全てを取りやめる。

・被害者の会窓口を閉鎖、会への参加者を現状とする。
・現在つながりあるメディア7社との情報交換契約解除。
・会員に指示している警察への被害届提出の停止。
・同、警視庁等への陳情書などの送付の停止。
・同、 国税庁等への要望書などの送付の停止。
・同、議員らへの相談等の停止。
・現時提携している会運営スポンサーとの提携終了。
・既に24日以前に相談している告訴用刑事事案弁護士事務所、および訴訟用弁護士事務所との契約予定を破棄。

有形無形の被害、特に債権譲渡後の会員の激高ぶりは凄まじいが、現時であれば、先の指示は効力を十分発揮し得る。
だが時間が経てばそれは行く末を推し量れない勢いであり、貴殿の対応次第では、我々は十二分に強靭化も等しく可能である。
ただ、上記損害金一括返済を実行して頂けるならば、活動量をゼロベースにして、その後は一切、貴殿には関わらない事をお約束する。

この提案はある理由があっての事だが、それは貴殿とは全く関係性を有しない我々個人の今後の計画にその起源を置く。
最後に、この交渉に関しては互いに秘密保持条項をつけ、貴殿からの返金及び報酬受け取った時に、交渉およびその行為は全て完遂されたと互いに認識するものとする。

活動名 なゆきち

活動名 大山英太郎

※当人たちのプライバシーに配慮し、本名等全容は伏せております。

当社としては、上記内容は違法な恐喝にあたると判断いたしました。したがって、今後被害届の提出および刑事告訴を検討してまいります。

なお、当社は来週26日に、「調整お見舞金」に関するお知らせおよび申請フォームを既報の通り当ホームページ上で発表させていただきます。
当社はお申し出のあった方々に、粛々とお支払いを進めてまいる所存でございますので、是非ご参加ください。


<要約>
・被害者の会代表2名が損害金1億245万円を要求した
・支払えば代表は辞任し、刑事告訴などの活動は取り止める
・TOHはこれを恐喝と判断し、逆に訴えようとしている


本気かと驚く疑問猫

まさに寝耳に水

なぜか私達被害者の会が、みんなのクレジットの融資先である親会社に恐喝したことになっていた。
いくら相手が詐欺師でも、こんな脅迫じみた要求は許されない。

本当に開いた口がふさがらなかった。
これは悪い夢だろうか?

もちろんこのような請求を行う方針はなかった。
交渉を持ち掛ける提案すらなかった。
民事訴訟と刑事訴訟のそれぞれで、法的に責任を追及する予定だった。

被害者の会の創始者であるエセ賢者にも事前連絡はなかった。
なのに、代表のなゆきち氏と大山氏がTOHに1億円あまりを請求したことになっている。

白石のスパイを追放したなゆきち氏が白石に闇取引を持ち掛けている?
そんなことがありえるのだろうか?
そもそも彼にこんな小難しい文章を書くスキルがあったろうか?
(失礼)

それにしても、ツッコミ所が多すぎる。
明らかに脚色しているところもあるし、返金の条件としても納得できないところが多い。

・会は我々2人が牽引してきたので、我々2人がすべての選択決定権を持っている

→会長の存在が完全に忘れられてる

・我々の代表退去により被害者・告訴の会は形骸化し、刑事告訴等の可能性は事実上ゼロとなる事を確約し得る

→代表だけ止めても、被害届は各自で出せるから無理だろう

多大な被害による精神的苦痛や会員の保護活動などを含めて、各々に損害金+4000万円の和解金を求めたい

→4000万円×2の具体的な用途が不明。皆に分配するの?

・被害者の会窓口を閉鎖、会への参加者を現状とする。

→管理者は私なので無理

・現在つながりあるメディア7社との情報交換契約解除

→何社かマスコミと連絡を取っているが、7社もあったか?

・議員らへの相談等の停止

→アイデアはあったが、実際に頼った議員はいなかったと思う

・現時提携している会運営スポンサーとの提携終了

→スポンサーって誰? 一切援助を受けた記憶がない。

・相談している告訴用刑事事案弁護士事務所、および訴訟用弁護士事務所との契約予定を破棄

→アセットカフェのこと?二人が辞めても止まらないと思うが。

みんなのクレジットアセットカフェ詐欺被害者の会

SubjectにRe: REが付いているので、これは三回目のメールと思われる。
前の二回の内容は不明だし、他にもあるかもしれない。
もしかしたら白石と何十回と話した後、契約書面としてこれを送ったのかもしれない。

謎が謎を呼ぶ怪文書。
何もかもめちゃくちゃだ。

しかも猫賢者の存在が無視されている。
ええ、どうせ名ばかりで何もしない会長ですよ。

しかし、いくら私が無能でも2人の独断で100名以上のグループを利用していいわけがないだろう。
「解散させる」ではなく「形骸化して事実上告訴の可能性がゼロになる」としてあるので自己責任の範囲と割り切ったのかもしれないが、代表の名前で請求すれば全メンバーに迷惑がかかるのは明白だ。

白石がスパイを使って入手した情報を元に、このような脅迫文をでっち上げたのか?
あるいは本当になゆきち氏・大山氏が返金を迫るために、交換条件として告訴の停止を持ち掛けたのか?

この時点ではまだ判断が付かなかった。
騙し取られた金を取り戻すためなら誰が裏切っても不思議ではないとわかっていたが、それでもこの展開は納得いかない。

大慌てで被害者の会の掲示板にログイン。
これはいったいどういうことなのか?
なゆきち氏に問い詰める。

そこで私はこの不可解な事件の顛末を知ることになる。

次の話⇒みんなのクレジット事件の真相⑯ 捏造された脅迫

宇宙規模に驚く猫

トレードバトルなんて絶対に参加しない!

大富豪金持ちの節約生活
本物は格が違った! (ノ_<)

最近著名なFXブロガーやYoutuberがトレードバトルやコンテストに参加しているのを見かけますが、本物のエセトレーダーである猫賢者は絶対にやりません
ああいう催しに参加するのはまともに投資に取り組んでいない人か、天才的な短期トレーダーのどちらかだと思います。

なぜ参加しないのかというと、投資に大きな制限を受けるからです。
銘柄や業者の制限もありますが、特に期間の制限が大きい。
エントリー・エグジットのタイミングが縛られた状態では、長期トレンドを読むタイプの投資家はまず利益を上げられないでしょう。

例えば、エセ賢者は最近以下のような銘柄を取引していますが、いずれも明確な期間を定めていません。

・トルコリラ
・豪ドル
・VTI(米株ETF)
・プラチナ
・低位株
・リップル


トルコリラを売って30万円ほど利益を出しましたが、いつ売っていつ買い戻してもよかったわけではありません。
タイミングを間違えれば、逆に大きな損失になったかもしれません。

この場合はスワップポイントの逆転時を狙ってショートし、逆に介入による金利の高騰で手じまいしました。
もしも「定められた期間中に完結させなさい」と言われていたら、このようなチャンスをものにすることはできなかったでしょう。

トルコリラトレード履歴

豪ドルや仮想通貨、株式指数は現在上昇トレンドになっていますが、それがいつ終わるかはわかりません。
グランビルの法則に従って押し目買いをしたら、トレンドが反転するサインが出るまで波に乗り続けなければなりません。

レードバトルの期間内に決済のサインが出なければ保有し続けるので、そのゲームの成果はゼロになります。
数ヶ月後に決済した時に爆益でも、観戦者には何の利益も得られないダメトレーダーの烙印を押されます。

逆に結果を出すためにすぐ決済すれば、その後の上昇分を失うことになります。
無駄なエントリーも無駄なエグジットも、トレーダーの利益を大きく減らすでしょう。

トレンド相場チャート

アマチュアがプロに対して一番有利な点は、定期的な利益を要求されないこと。
やりたくない時にはひたすらサボって、絶好のチャンスを狙ってトレードすることができます。

それをわざわざ捨てるなど愚の骨頂。
常にダラダラして、美味しい所だけかっさらうのがニート賢者のスタイル。
ニート神の僕たる私が、わざわざ観客を楽しませるために働くわけがない。

余計なポジションを取っている間に株やゴールドの暴落がきたらどうするのか?
千載一遇のチャンスをものにしたければ、常に余裕資金を確保しておかなければなりません。

トレードバトルに向いているのは集客したいアフィリエイターか、時期を選ばない短期トレーダーぐらいでしょう。
トレードの損益ではなく知名度が目的なら、一発バクチを打って目立つのが得策。
デイトレーダーかスキャルパーであれば、短いスパンであってもチャンスを見つけられるかもしれません。

トレーダー投資家なんて引きこもりと同じ

反緊縮・リフレ派・MMT・ベーシックインカムは共産主義

日本国より借金が多い両津
そんなに借金増やしてどうするの! ( ノД`)

・反緊縮
・リフレ
・日本版MMT
・ベーシックインカム


これらを標榜する人々は社会主義者・共産主義者だと思います。

もちろん社会主義は「政府の力で富を分配し、平等で公正な社会を目指す思想」なので、必ずしもこれらの政策=社会主義というわけではありません。
別に社会主義だからといって、インフレ誘導や財政拡張を行う必要もない。

ただし本質、根っこの部分はやはり同一。
マルクスと同じ被害妄想に陥り、同じ間違いを犯しているのだと思います。

というか、本当に彼らはマルクスと全く同じことを言っているんですよ。
マルクスやケインズの経済学を学んだわけでもない人ですら、寸分たがわず同じ道を歩んでいるのが不思議でならない。

マルクスの被害妄想とは何か?
徹底的に簡略化して一言でまとめるなら、

「資本家が剰余価値を貯め込むから経済が回らない」

というもの。

現代風に表現すれば、

「会社は賃金をケチって利益を内部留保にしている!」

「法人税や内部留保課税で国民に給付すれば、世間にお金が回って景気が良くなる!」


みたいな感じになります。
反緊縮の言動そのまんま。

商品券より現金を要求する強盗

派閥ごとに手段は微妙に違っていますが、目的はだいたい同じです。

・反緊縮、MMT派「企業の代わりに政府が借金して世の中に金を回そう」

・ベーシックインカム「みんなに金を配って経済を回そう」

・リフレ派「金融緩和でインフレにして企業の投資を煽ろう」


彼らはとにかく、

・企業は従業員に十分な給料を払っていない
・貯金や内部留保は悪だ
・お金が消費に回れば景気が良くなって経済が成長する


と思い込んでいて、金持ちから奪い取って自分に回そうと画策しています。
自身で働いて稼がないのなら泥棒なんですが、それが経済成長に繋がると信じているからタチが悪い。

巨額の強盗事件

当たり前ですが、資本家から奪って分配したところで経済は成長しません。
それはとうの昔にソ連が証明しました。
GDPの増加とインフレで成長しているように見せかけて、市場原理の破壊により経済が崩壊しました。

仮にマイクロソフトに重税をかけたところで、米国経済が発展するわけではありません。
ビルゲイツの資産を没収して貧困層にバラまけば一時的に消費は増えますが、彼は二度と国民のために働かなくなるでしょう。
大きな成果を出した富裕層を罰すれば、社会のためにより良いサービスを作り出す人はいなくなってしまいます。

ソ連は成果に関係なく平等な報酬を与え、国民の労働意欲を奪いました。
ジンバブエは農地や株式を没収したことで企業に逃げられ、物資が不足してハイパーインフレに陥りました。

政府による行き過ぎた分配が招くのは経済破綻です。

群馬県から逃げる

「内部留保や貯金が経済成長を阻害する」
というのも明らかな詭弁です。
内部留保の大半は現金ではないし、現金を蓄えたところで市場の取引が縮小するわけでもない。

企業の運営資金や個人の借り入れなどの資金需要は銀行の信用創造によって賄われるので、貯金が増えたからといって現金が枯渇するようなことはありません。

何らかの事情でマネーサプライが減少したとしても、現実に生産・消費される物資の量は何も変わりません。
物価が安くなっも、同じ量が取引されれば問題ありません。
一握りの富裕層が世界中の富の90%を握ったとしても常人の千倍の飯を食うわけではないので、あなたが日々得る飯の量が減るわけではありません。

金の量と実際の豊かさは無関係。
「みんなが貯金するから貧しくなった」
というのは幼稚な被害妄想です。

ただやはり、人間は責任転嫁をしたがる生き物なんですよ。
貧困の原因は自身の能力不足や交渉のまずさにあるんだけれど、それを認めるのはとても難しい。

それはブラック企業を叩いていた無能賢者も痛いほどわかります。
でも、だからこそ「社会主義に陥ってはならない」とはっきり伝えなければいけないと思います。

収入が低いのは、企業や株主が搾取しているから。
賃金が上がらないのは、政府が規制緩和で非正規を増やしているから。
貯め込んだ金を分配して社会に回せば、景気が良くなってみんなが幸せになる。


微妙に正しそうで、全部間違いです。
けれど、三橋貴明あたりにこういった良い言説を提示されると、待遇に不満を持った人々はあっさり転んでしまいます。
たとえそれがマルクスの失敗を繰り返す道だとしても。

いつの時代も共産主義と宗教は甘言で人を騙すものですが、惑わされてはいけません。
社会に貢献した者に罰を与えて悪平等を実現したところで、本当の経済発展はありません。
自分を豊かにするのは政府ではなく、自分自身の責任です。

誰かのせいにしたいが自分の顔しか浮かばない自己責任