FC2ブログ

ブラックマンデー いつか来る暴落を楽しみに待つ - 貴方を幸福にするFXブログ

ブラックマンデー いつか来る暴落を楽しみに待つ

けいおんフリーザ
平穏な日常には、何か恐ろしいものが隠れているものである。

☆ブラックマンデー
1987年10月19日月曜日に発生した、ニューヨーク株式市最大規模の暴落
ダウ30種平均の終値が前週末より508ドルも下がった。(下落率22.6%)
翌日アジアの各市場にこれが連鎖。
日経平均株価は3,836.48円安(14.90%)の、過去最大の暴落を起こした。


今の若い方々は知らないでしょうが、ものすごい勢いで株価が急落しました。
普段は数百円程度しか動かないものが、いきなり4000円急降下して、
翌日には2000円上昇。

ドル円に例えるなら、100円から一日で80円になって、
翌日90円に戻ったようなものです。
いかに急激な変化だったかわかるでしょう。

まぁ、実際の為替変動は、株程大きくはなかったようです。
米国のレパトリが進んでドルが買い支えられたとか。
円高の進行は、その後が顕著だったようです。

原因は、諸説ありますが、はっきりしません。
ドイツが利上げしたせいだとか、自動売買が連鎖したとか。

そもそも先物というのは、損切りの連鎖で値を動かすものなので、
構造上、破綻が来るのは仕方がないと思っています。

このような暴落は、ブラックマンデーに限ったことではありません。

①1929年ブラックサーズデー

②1987年ブラックマンデー

③2008年 リーマンショック

いずれも、世界規模で恐慌を起こすほどの大惨事で、
株価は二割強下落しています。

大きなショックはこの三つですが、その他にも、
・東日本大震災
・ユーロ信用不安(ギリシャショック)
等、暴落は頻繁に起きています。
オイルショックのように、株価に影響しない危機もありますが。

「リーマンショックは百年に一度の危機」
とかいうのは、絶対に嘘ですね。

今のように相場が安定した時期は、誰でも比較的簡単に儲けることができます。
むしろ、怖いものを知らない初心者のほうが大胆にポジションを取って、
大きな利益を上げられるかもしれません。

しかし、ひとたび暴落が始まると、素人は殆どが死滅します。

・落ちるナイフを掴んで自滅する者
・損切りを知らずに骨までしゃぶられる者
・下落に乗じて追撃するも、反騰で死ぬ者

色々いますが、まず生き残る者はいません。
普段とは違う値動きの大きさを、理解できないからです。

暴落相場に入るのは、スーツもなしで宇宙空間に放り込まれるようなもの。
訓練も受けていない一般人が、まともに対処できるわけがありません。

何か予期せぬ大事件が起きたときは、ポジションを手仕舞い、
嵐が過ぎるのを待つのが、一番賢いでしょう。

ところで、なぜ暴落は定期的に起こるのでしょうか?

「大企業の破綻や地震等、突発的な事件が起こるから?」

そうではありません。
事件はきっかけであり、本質的な問題ではありません。
暴落が起こるのは、起こるべき土壌が生成されているからです。

暴落は、投機的株価バブルに続いて発生することが多いとされています。
暴落前の相場は、非常に楽観的で、株価がどんどん上がっているものです。
市場参加者は高収益を得て、高レバレッジの信用取引に依存しています。
ブラックマンデーの時も、リーマンの時もそうでした。
もっというなら、今のアベノミクス相場も同じですね。

そんな時期は金利の低い円が売られ、高金利通貨や株式が大量に買われます。
いわゆる円キャリートレードというヤツです。
株価はどんどん上がり、買いポジションが積み上げられます。
そういえば、最近ダウが最高値を更新しましたか。

ポジションというのは、一時的な売買なので、いつかは買い戻されます。
しかし、少しずつ、ゆっくり解消されるとは限りません。
突発的な経済要因で発生した場合、大きな決済が生じます。
変動はパニックにより加速され、売りが売りを呼んで、大きな下落が生じます。
それが、かの大暴落の仕組みです。

ないものが、突然発生するのではありません。
長い時間をかけて積み上げられた投機的ポジションの解消こそが、
大暴落の原因なのです。
まるで力を蓄えたバネのように、偏ったポジションは反動を生じます。

いつか暴落が起きるのは、わかりきっているのです。
しかし、いつ起こるのかは、誰にもわかりません。
きっかけが何で、いつ発生するのかは、神のみぞ知るがゆえに。

2013年現在、シカゴ先物市場では、投機的な円売りが10万枚近く積み上がっています。
アベノミクスに乗じて海外の投資家が築き、強烈な円安を引き起こした原因です。
これが破裂すれば、1ドル70円台に逆戻りすることも有り得るでしょう。
別に円高ではなく、ただあるべき姿に戻るだけですが。

実際に破裂するかはわかりませんが、そうの可能性もあるということを、
頭の片隅に残しておいてください。

今回はちょっと怖い話でしたが、エセ賢者としては、
たいして心配はしていません。
既に何度も経験していますので。
むしろ「ドンと来い!」くらいのつもりです。

人間というのは、本当に強い。
かつての戦争では、町は焼夷弾で焦土になり、原爆まで落ちました。
しかし、人々の生命力は想像以上に強く、あっという間に立ち直ってしまいました。
そして、それまで以上に素晴らしい社会が生まれました。

焼けた野原には、新しい芽が生え、新たな希望が生まれます。
暴落後の相場は、大きなチャンスの場でもあるのです。

リーマンやブラックマンデーなんて、問題じゃない。
むしろ喜ぶくらいで、ちょうどいいのです。

暴落を恐れるのではなく、歴史から学んだ上で、
今できる最高のことをしましょう。


どうか、貴方の行く先に希望がありますように。
夕方
歴史は繰り返さない。
ただ、人だけがそれを繰り返す。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

こんにちは。
いつも、為になる記事を ありがとうございますm(__)m
調子に乗って、つい忘れがちな事を教えてくださいます。
ブラックマンデーの経験はありませんが、
来るべきものに備える、心構えは必要かと思っています。
そうですね、戦争はいけない事ですが、そこから這い上がり
生まれたものも数知れずありますもんね。

今できる最高の事!!ですね。…今日の学びです(*^^)

2013-11-02 17:00 | from 投資マニア

Re: No title

投資マニアキター!

姉さんの陰謀で最近コメント欄がおかしくなっていますが、ご了承ください。
中国、韓国、米国など、色々な国できな臭い動きがありますが、
意外にも市場はずいぶん平和です。
本当の危機とは予期せずに起こるものですから、いざというときの備えはしておきましょう。

2013-11-02 17:44 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/104-d735fa66