FC2ブログ

サクソバンク2018年大胆予測から見る新年の相場展望 - 貴方を幸福にするFXブログ

サクソバンク2018年大胆予測から見る新年の相場展望

ダルシムと戦う猫
今年も激しい戦いが繰り広げられるのか。

世界中の猫の皆さま、新年あけましておめでとうございます。
正直何がおめでたいのかさっぱりわからないのですが、そんな風習があるようなので、とりあえずおめでとうと言っておきます。
人間の考えることはよくわかりませんが、今年もエセブログを宜しくお願いします。

元旦なので新年の相場の注目点についてお話しようと思いましたが、その前にサクソバンクが2018年の相場予測を立てていました。
せっかくなので、トレードの参考にしてみたいと思います。
サクソは毎年予想を外しまくっているような気もしますが、一つ一つ見てみましょう。

<サクソバンク2018年大胆予測>
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000023116.html

1. 米国FRBが独立性を喪失し、利回りの大幅上昇に伴って財務省が2.5%のキャップを発動

米国は2017年に利上げを行いましたが、それで打ち止めということはなく、今後も利上げを続けるでしょう。
トランプ大統領の動向と、共和党と民主党の争いも懸念材料。
2018年2月にイエレンFRB議長が任期満了を迎えるので、後任次第では財務省の影響が強くなるかもしれません。

日本もそうですが、アメリカも債務が膨れ俄り続けているので、近いうちに債務上限問題が再発するでしょう。
しかし、世界一の大国である米国が債務危機に陥ることは、考えづらいと思います。

2. 日銀が統制力を失い、YCC政策を放棄。1ドル150円→100円。

現在の異次元緩和は本当に無茶なので、いつまでも続けられないのは確かです。
というより、実際は既にステルステーパリングが行われており、予定より国債の購入額が減っています。
2018年は年間80兆円の国債を買い入れる方針でしたが、実際には60兆円程度の購入しかなかったとか。

公表すれば大騒ぎになるので、日銀としては隠れて少しずつ緩和規模を縮小しようと考えているはずです。
市場参加者もそれに気付いてはいますが、株式ETFが買われ続けているので無視しているだけです。

このままズルズル1年以上も続けるかもしれないし、どこかで表面化して金融危機を引き起こすかもしれない。
ひどいチキンレースですが、黒田総裁の任期満了が一つの分岐点になりそうです。

3. 中国が人民元建て原油先物取引を開始。USD/CNYは6.0以下に

これは普通にありそう。
中国は世界最大の原油輸入国で、既に中国元で原油を買うことができるようになっています。
元々米ドルと原油がリンクしている現状が異常なので、中国のシェアが上がれば自然と移り変わっていくかもしれません。
ただ中国元が基軸通貨になったからといって、極端に米ドル安・中国元が進む確証はありませんが。

4. 株式市場はフラッシュクラッシュし、ボラティリティが急上昇。S&P500が25%の暴落。

近年はコンピュータの超高速取引により市場が度々急変動を起こしているので、2018年も何かしらの事件は起こると思います。
特に株式と不動産は過去最高値のバブルになっているので、何らかの調整は必須でしょう。
流石に25%は大げさですが。

5. 米有権者が中間選挙で左傾化。30年米国債の利回りは5%を突破。

トランプ大統領は良くも悪くも極端な御方なので、今後の選挙は間違いなく荒れるでしょう。
減税を含む財政刺激策が取られるのも決まっているので、財政赤字が膨らむの間違いありません。

しかし、2%の利回りが5%以上に跳ね上がる確率は低そうな気がします。
3%超えるようなら日本が喜んで買うので、金利は抑えられそうな気がします。
トランプ氏が思いもよらぬ行動を始めて、世界を仰天させれば別ですけどね。

トランプ猫

6. オーストリア・ハンガリー帝国がEUを乗っ取る。EUR/USDは高値更新後パリティに。

これはないかな。

どちらかと言えば、スペインの独立でトラブルになりそう。
カタルーニャなどが次々と独立してEUを脱退することになれば、ユロドルは下げるのではないかと思います。
ギリシャやドイツ銀行の問題も先送りにされただけなので、再燃する可能性は十分にあります。

7.  ビットコインが60,000ドル超でピークをつけ、1000ドル近辺まで墜落する

1年で200万円を突破したビットコインなので、700万円でも1000万円でも驚きません。
どこまでもバブルを膨らませた上で、各国政府の規制や欠陥の発覚などの事件が起こり、また暴落するでしょう。

しかし、レートと時期については誰にも予測不能。
最大のチャンスとして、2018年も注目の的になるのは間違いありませんが。

8.  アフリカ南部の春により南アフリカが復活し、南アフリカランドが30%上昇する。

日本人のランドロンガーには願ってもない話ですが、絶対にないと思います。
エセ賢者も長い間ZAR安に悩まされてきたのでそろそろ反転して欲しい所ですが、30年以上も一方的に下がってきたものがいきなり盛り返すことはないでしょう。
高金利・高インフレ国の宿命通り、これからもランド安が続きそうです。

9.  TencentがAppleを抑え、時価総額世界トップになる。

日本人にはあまり馴染みがありませんが、テンセントは中国にあるアジア最大のIT企業です。
既に時価総額はトヨタやサムスン電子を抜いています。

日本人は過小評価している節がありますが、中国の経済規模と成長率は圧倒的です。
その筆頭であるテンセントがアップルを超えたとしても、特に不思議はありません。

10.  フォーチュン500社のうち60社以上で女性がCEOになり、女性が企業内での権力を握る

現在女性経営者の企業は、6.4%ほどだそうです。
年々女性の社会進出が進んでいるので、来年は今年より高くなるでしょう。
しかし、「人の上に立ちたい」というのは男性に多い気質なので、そこまで極端には変わらないのではないかと思います。

猫社長
それより猫の社長を増やして。

2018年の注目すべき点をまとめると、このような感じになりますか。

・ビットコインを始めとする仮想通貨の隆盛と衰退
・FRBや日銀の政策転換とバブル相場の懸念
・中国の急激な発展と欧米の火種


まず年初に注目されるのは、今絶賛バブル中の暗号通貨でしょう。
サクソバンクの言う通りビットコインが60,000ドルまで到達するかはわかりませんが、先物上場後も簡単に安定するとは思えません。
2018年も圧倒的なボラティリティを見せてくれるのは間違いないので、トレーダーの方は目を光らせておきましょう。

⇒ビットコインが高騰した原因はミセスワタナベ?

あと気になるのは、アメリカと日本の中央銀行の動向ですね。
イエレン議長も黒田総裁も近いうちに任期を終えるので、後任次第で政策の変更が起こる可能性があります。

そのまま続投になれば波乱はないでしょうが、政府が極端な人事を行うかもしれません。
株式相場や為替相場に与える影響も大きいので、それぞれの後任が誰になるのかは要チェックです。

⇒黒田日銀総裁の後任がアベノミクスバブルを加速させる

年賀はがきで失敗して後悔
しっかり確認しないと、大変なことになるかも?
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018-01-01 22:08 | from -

Re: タイトルなし

> 賢者さん、新年明けましておめでとうございます。早速の見通し参考になります。
> ためになる楽しいブログを今年も引き続き読ませて頂きたいです、お忙しいと思いますが、何卒、本年もどうぞよろしくお願い致します。
> うさ帝国も引き続き楽しみです。

毎年脱線ばかりしているブログですが、今年も応援よろしくお願いします
うさ帝国も子供が産まれて手狭になったので、第二うさぎランドを作りました。
一体何のためにやっているのかよくわからなくなっていますが、
世界中をウサギで覆い尽くすまで頑張ります。

2018-01-01 22:14 | from 幸福賢者

No title

ランド円は底値(6.5)からは、30%以上上昇していますね。
ここから30%上がると、9×1.3=11.7なのでまずないでしょうね。ドルに対してはまだ上がるかもしれませんが。

2018-01-18 00:54 | from mmr

Re: No title

> ランド円は底値(6.5)からは、30%以上上昇していますね。
> ここから30%上がると、9×1.3=11.7なのでまずないでしょうね。ドルに対してはまだ上がるかもしれませんが。

6.5が9になれば大きく上がったように見えますが、数年前は10円以上だったんですよね。
インフレが止まらないので、一時的に反発しても長期的に下がる傾向は変わらない気がします。

2018-01-18 14:00 | from 幸福賢者

No title

アメリカ株、やはり下げましたね。
長期では上昇でしょうが、テクニカルでは売りサインが出ていました。
ダウが25%下げたら、26684×0.75=20013ですか。
有り得なくはないですね。

2018-02-06 21:04 | from mmr

Re: No title

> アメリカ株、やはり下げましたね。
> 長期では上昇でしょうが、テクニカルでは売りサインが出ていました。
> ダウが25%下げたら、26684×0.75=20013ですか。
> 有り得なくはないですね。

リーマンショック以上の下げ幅と言われていますが、割合としては過去の10位にも届かないはずです。
流言に惑わされるのではなく、冷静にチャンスを待ちましょう。
私は既に何株か買ってしまいましたが、早まったかもしれません。

2018-02-06 23:17 | from 幸福賢者

No title

ダウが長期上昇トレンドで、ランドが長期下落トレンドなので、
ダウ/ランドが最強ですね。
今はとりあえず、ランドを売って、ダウの押し目を待ちます。

2018-02-08 20:07 | from mmr

Re: No title

> ダウが長期上昇トレンドで、ランドが長期下落トレンドなので、
> ダウ/ランドが最強ですね。
> 今はとりあえず、ランドを売って、ダウの押し目を待ちます。

今回の下落は、ダウの押し目になるのでしょうか。
ランドはインフレが続く限り下落は止まらないと思いますが、マイナススワップが鬼門。
長期保持は辛いので、上手く下落に乗りたいものです。

2018-02-08 20:28 | from 幸福賢者

No title

>今回の下落は、ダウの押し目になるのでしょうか。
>ランドはインフレが続く限り下落は止まらないと思いますが、マ>イナススワップが鬼門。
>長期保持は辛いので、上手く下落に乗りたいものです。

ブラックマンデーをちょっと調べてみたのですが、日経は三番底くらいつけていましたが、ダウは大陰線のレンジ内でした。どんなに下がっても、20000までだと思います。
ランドは材料出尽くしな気がします。

2018-02-08 20:47 | from mmr

No title

よく見ると、ランドは倍以上に上がってる時もありますし、ダウも半分以下になってる時もありますね。
上手く天底を見極めたいものです。

2018-02-13 19:32 | from mmr

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1280-761d711b