FC2ブログ

刹那を生きる喜び 過去にも未来にも、生きることはできない - 貴方を幸福にするFXブログ

刹那を生きる喜び 過去にも未来にも、生きることはできない

中辛
猫にもぬこにも生きることはできない。

長期的視野で、計画的に仕事や投資に取り組んでいる人は、
大抵不幸です。

なぜかというと、未来という「ありもしないもの」にすがって、
生活しているからです。

過去の失敗や屈辱、あるいは栄光に囚われて生きている人は、
もっと不幸です。

なぜなら、過去という「あったかどうかも定かではないもの」にすがって、
生活しているからです。

「そんなわけあるかー!」
と考える人もいるでしょうが、エセ賢者が実際そうなのです。

過去は「既に過ぎ去ったもの」
未来は、「未だ来ないもの」
を意味します。
どちらも、今この瞬間には、存在しないのです。

貴方に十年前の記憶があるとして、十年前に貴方が存在した証拠はあるのでしょうか?
もしかしたら、世界が生まれたのはほんの一分前で、過去の記憶はそのときに作られた
のかもしれません。

貴方に十年後のライフプランがあるとして、十年後にこの世界が存続している確証は
あるのでしょうか?
もしかしたら、数分後には崩壊が始まり、鏡がバラバラに砕けるように消えているかもしれません。

存在しないものに生きることは、できません。
「今を生きろ」
と言っているのではなく、
「今を生きる」
ことしかできないのです。

何十年もの間、エセ賢者は今に生きることができませんでした。
常に行動の目的を未来に置いていたからです。

「たくさん勉強して、大学を主席で出る」
「節約して、1000万円貯める」
「投資を学んで、立派なトレーダーになる」

これらは全て、未来の話です。
最終的には幸福になることを目指していますが、
それは未来の話で、今の私が幸福になるわけではありません。

夢が叶ったら、苦労が報われる。
その為には、今が犠牲になっても仕方ない。
そう思って努力を続けたのですが、いつまで経っても、
幸せにはなれませんでした。

全く願いが叶わなかったのではありません。
大学は主席で出ましたし、節約すれば1000万円くらい貯まりました。
東証一部上場の大企業にも入りました。

けれど、全く幸福にはなりませんでした。
達成した目的は、すぐに陳腐化します。
上には上がいて、下へ落ちる恐怖に囚われるだけ。
貯めたお金はすぐになくなり、せっかく入った大企業もブラックにしか
見えなくなりました。

そうして、今度は過去に囚われるようになりました。
何年もかけて稼いだ全財産を、一瞬で失ったこと。
家族も友人も失い、独りになったこと。

なぜあんなバカなことをしたのか、今でも悔しく思います。
過去に囚われることは、人を不幸にしかしないのです。

FXは、それをさらに詳しく教えてくれました。
下のチャートを見てください。
為替チャート_gif

レートが動くたびに、貴方の口座残高と精神状態が変動します。
チャートの右端だけが実在する現在であり、
左側は全て過去です。

チャートの左側を見るたびに、後悔の念に苛まれます。
「あっという間に上がってしまった。さっき買っておけばよかった!」
「チキン利食いをしてしまった。もっと待てばよかった!」

何度嘆いても、過去は戻ってきません。
残った記録に言葉をぶつけても、自分が惨めになるだけなのです。

その後悔が終わった後は、右端の「何もない部分」を見つめます。
何もないのだから、当然何も見えないはずなのですが、強い感情がからむと、
どういうわけか延長線や数字が見えてきます。

「これだけ上がったのだから、少しは調整するだろう」

「まだ上昇トレンドの序盤だ。105円まではいくはず」

「100枚ロングして、105円決済で、500万円か。悪くない」

ありもしない妄想が、とめどなく溢れてくるのです。
この妄想を、『未来』と呼びます。

視点を未来におくと、今の行動がなおざりになってしまいます。
一つ一つの動作が乱雑になり、ミスが増えます。
その一瞬に集中していれば、防げた失敗もあったでしょう。

先のことに囚われると、将来の為に無理を重ねます。
「辛い、苦しい」
と感じているのに、それを無視して、無謀な行動を続けるのです。
そしていつか無理が重なって、破綻します。

過去は幻想。
未来は妄想。
どちらに頼っても、幸福になれるはずがありません。

そういう意味では、過去と未来に執着しやすいトレーダーという人種は、
非常に不幸な立ち位置にいるのかもしれません。

☆正しい刹那主義

刹那主義というと、悪いイメージがありますが、実際は最も正しい生き方です。
というより、
「過去も未来も実際にはない」
のだから、刹那を生きるしかないのです。

将来を考えて、計画的に行動することが、悪いわけではありません。
未来の為に、現在をなおざりにする行為がいけないのです。

貴方が継続的に幸福に生きる為には、、『今』にも幸福感を求めることが必要です。
つまり、今を楽しみながら、将来の為に活動するのです。
建設的な行動をしながら、その行動そのものに幸せを感じるようでなくてはいけません

「そんなことが可能なのか?」
と思われるかもしれませんが、世の中の成功者は、皆そうしています。

エジソンは、電球を発明するまでに1万回の失敗をしたといいます。
単純な損得勘定でいうなら、これだけ続けることは、まず有り得なかったでしょう。
しかし、実験という行為が本人にとって楽しみであったなら、
何万回繰り返しても、全く苦にはならなかったはずです。

野球選手は、年中バットを振っています。
サッカー選手は、年中ボールを蹴っています。

巨額の年棒という目的だけを心の支えにするなら、とても続けられない行為でしょう。
練習という行為自体を楽しめるから、大きな目標に到達できるのです。

これを読んでいる貴方も、いくらでも続けられる趣味をお持ちではありませんか?
「私は飽きっぽいし、そんなのないよ」
という方でも、ドラクエの経験値稼ぎくらいなら、楽しく継続できるかもしれません。
最初は、そんなものでいいのです。

私達は、遊ぶことが大好きです。
行動の結果よりも、遊ぶことがもたらす喜びのほうが、ずっと重要なのです。

ラスボス戦しかないRPGが、面白いと思いますか?
最終資産しか表示されない桃鉄が、面白いと思いますか?

そうではありませんよね。
未知の世界を冒険したら、強敵と戦ったり・・・といった
行為そのものを楽しんでいるはずです。

行為とは、今しかできません。
・人と話すことも
・字を書くことも
・本を読むことも
・泣くことも
・喜ぶことも

今この瞬間にしかできません。

過去にも、未来にも、絶対に不可能なのです。
それが、本当の刹那主義の意味です。

もう一度言います。
過去は幻想です。
未来は妄想です。

貴方が生きているのは、この今だけです。
貴方が大切にできるのは、この刹那しかありません。
将来ではなく、今この瞬間に幸せになるのです。

過去や未来に、囚われてはいけません。
いくら今必要なことであっても、その行為に幸せを感じないのなら、
やるべきではないのです。

生きることを楽しみましょう。
貴方の心が喜ぶ行為を続けましょう。
それがいつか積み重なり、大きな成果を生むでしょう。

今を愛し、日々を大切に生きる。
それが、幸福になるということなのです。

smile.jpg
この瞬間が、貴方の至福の時でありますように。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

やることなすこと楽しくてしょうがないです。
刹那もいいですが芹那はもっといいと思います!!
でも芹那もいいなら夏菜もいいし。。。
やっぱり楽しくてしょうがないです♪

2013-11-27 12:45 | from 伊達猫 | Edit

Re: No title

伊達猫キター!

実に羨ましい。
何でも楽しめる人は、やはり最強ですね。

2013-11-27 19:56 | from 幸福賢者

本当にその通りだと思います。人生とは自分を見つけることではない、人生とは自分を創ることである。という言葉にもある通り、過去や未来ばかりを見ていては、永遠に創造することはできないと思いました。
今の私は毎日とても幸せです。創造しているか否かは別として、毎日が新しいもので満たされています。

2016-10-27 05:45 | from けら | Edit

Re: タイトルなし

> 本当にその通りだと思います。人生とは自分を見つけることではない、人生とは自分を創ることである。という言葉にもある通り、過去や未来ばかりを見ていては、永遠に創造することはできないと思いました。
> 今の私は毎日とても幸せです。創造しているか否かは別として、毎日が新しいもので満たされています。

「今は辛くてもこの先は楽になる」
と考えて私達は努力しますが、潜在意識は
「今が辛いなら、この先はもっと辛くなるだろう」
と考えて途中で諦めてしまうことが多いようです。

ただ努力すればいいというものではなく、
きちんと続けられるように過程を楽しまなければいけませんね。

2016-10-27 09:30 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/131-0db1ed4f