FC2ブログ

銀行員は投資の専門家ではなく〇〇の専門家である - 貴方を幸福にするFXブログ

銀行員は投資の専門家ではなく〇〇の専門家である

誰かのせいにしたいが自分の顔しか浮かばない自己責任
他人のせいにはできないよ! (´・_・`)

エセ賢者は自民党・公明党・民主党・共産党・維新に関わらず、政党や政治家というものに一切期待していません。
なぜなら、彼等は選挙のプロであって、政治のプロではないからです。

議員候補者が当選するために必要なのは、選挙において一定以上の票数を得ることだけ。
国民のために法律を作ったり、会議で熱心に議論したり、有権者の声を聞いたりすることではありません。

サッカーが上手でないとサッカー選手にはなれないし、短期間でも成果が出せなければクビになります。
しかし、国会議員はめったなことでは失職しません。
たとえ悪法を作ろうと、特定の団体に利益を誘導しようと、議会中に寝ていても、身分は保証されます。

議員になって議員でい続けるために必要なのは、地域の企業や団体と通じて基盤を作り、当選に必要な票数を集める能力。
政治家として活躍するスキルは、全く必要ない。

それでは国民のために働いてくれる人が当選するわけがありませんよね。
根本的にシステムが間違っているのですから。
なぜ国民がこのような欠陥だらけな制度を放置するのか、さっぱりわかりません。

骨のある政治家は骨粗鬆症

銀行員や証券会社の職員も、同じようなことが言えると思います。
元々銀行の基幹業務は企業や公的機関への貸付でしたが、ゼロ金利・マイナス金利政策によって大きく変わってしまいました。

現在銀行の収入源になっているのは、金融商品の販売
MRF、MMF、FX、外貨預金、社債、個人向け国債、ETF、REIT、保険、投資信託など、横文字多めのわかりにくい商品を販売して収益を上げています。

投資を始めたばかりの素人はどんな金融商品が良いのかわからないので、銀行員にお勧めの銘柄や金融商品を尋ねます。
しかし、「それは自殺行為ではないか?」と思います。

「銀行員なんだから、投資に詳しいに違いない!」
と私達は安易に考えてしまいますが、彼等には自分の金でトレードをした経験などありません。
ただ上司が用意したノルマに従って、客に金融商品を売りさばいているだけです。
そんな彼等は投資の専門家ではなく、営業の専門家と言うべきでしょう。

一般の商社では各部署や販売員ごとにノルマが課せられ、各家庭や企業に電話をかけたり、直接訪問して販売を行います。
自分で作ったものではないから商品の性能なんてわからないけれど、とにかく割り当てられた数だけは売らないといけない。
売れ残れば自腹を切って購入することもあるし、できなければ減給やリストラもあります。

貴方が銀行員にどんなイメージを持っているかはわかりませんが、金融商品も商品である以上は、同じような体系になっています。
各企業の社債や海外の国債、投資信託などがノルマとして与えられたら、職員はそれを売り切らなければなりません。
毎日の飯がかかっているのだから、顧客の都合など知ったことではありません。

老人を騙す銀行員

営業部長から示された今月のノルマは、

・トルコリラ外貨預金 1億円分
・南アフリカ・ランド建て債券 2億円分
・毎月分配型投資信託 3億円分
・指数連動型投資信託 NEXT NOTES S&P500 VIX インバースETN


どれも手数料が高く、投資家の過半数がを被ったクソみたいな金融商品です。
特に最後のは一日で96%値下がりしたとんでもない銘柄ですが、なんとかして売らないと自分がクビになります。
さて、誰に売り付けましょうか?

街中で勧誘したり、片っ端から電話してもカモは捕まりません。
だから、銀行員だけが持っている特権を使います。

当然のことですが、銀行は自行の顧客資産を把握しています。

幸平さんは普通預金が800万円もある。
田所さんの定期預金500万円は来週で満期だ。
薙切のお爺さんは個人向け国債を2000万円も持っていらっしゃる。

彼等の預金を、他の金融商品に振り替えられないだろうか?
「最近の低金利では儲からないので、より高利回りな商品にしましょう」と言えば、乗ってこないだろうか?
内容を極端に複雑にして英語のアルファベット表記にすれば、なんだかわからないけど凄そうに見えるだろう。

こう考えて投資を促し、ノルマ達成に足りない金額を埋め合わせたところで不思議ではありません。
現実に判断力のない高齢者の預金をリスク資産の購入に使ったり、高配当をうたって投資させた事件もありますしね。

銀行員による配当詐欺事件

もちろん優れた銀行員であれば、顧客にきちんとした提案と説明を行うでしょう。
顧客の状況に応じて最適な利率・期間を伴った金融商品を紹介し、win-winの関係を築く人だっているでしょう。

しかし、そんな凄い人は多くないと思います。
自分で投資をバリバリやって他人のアドバイスもできるほどの凄腕なら、わざわざ金融機関で営業なんてしませんよね?

銀行や証券会社は、決して投資の専門家ではありません。
投資の助言を生業とするのは、投資顧問業に登録されたファイナンシャルプランナーです。
それを混同しないように。

銀行員は常に貴方や両親、祖父母の財産を狙っています。
彼等が販売した投資信託の半数は、元本割れを起こしています。
甘い言葉に騙されて財産を失ってしまわないように、くれぐれもご注意ください。

小判を盗む猫

⇒誰も知らない銀行の仕組み なぜお金を預けてはいけないのか?
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

こんにちは。カモネギは、資産を溶かし、賢者は資産を築く…世の中、誰かの損のおかげでご飯が食えてるんですよね。FXなんて最たる例で、カネの奪い合いの世界では無知なカモネギを食うのが手っ取り早い!!
カモネギにならないように日々、自己研鑽です。

2018-07-20 09:17 | from ダウ理論エセ賢者 | Edit

Re: タイトルなし

> こんにちは。カモネギは、資産を溶かし、賢者は資産を築く…世の中、誰かの損のおかげでご飯が食えてるんですよね。FXなんて最たる例で、カネの奪い合いの世界では無知なカモネギを食うのが手っ取り早い!!
> カモネギにならないように日々、自己研鑽です。

そうですね。
弱肉強食の世界では、どんな猛獣が自分を狙っているからわかりません。
銀行員に投資先を尋ねるのは、カモがライオンに餌場を尋ねるようなものかもしれません。

2018-07-20 09:26 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1353-70d3d2e3