FC2ブログ

みんなのクレジットからSBIソーシャルレンディングに乗り換えました! - 貴方を幸福にするFXブログ

みんなのクレジットからSBIソーシャルレンディングに乗り換えました!

男は顔で選ぶな
結局顔で選んでるよね!? (°_°)

ソーシャルレンディング業界で、不祥事が相次いでいます。

エセ賢者が2000万円を投資したみんなのクレジット(現スカイキャピタル)は、約30億円を踏み倒し。
ラッキーバンクは案件の大半が遅延し、現在も全く音沙汰なし。
maneoマーケットも行政処分を受け、グリーンインフラレンディングからの償還が滞っています。

ソシャレンのメリットはFXや株式のように元本が変動せず、利息を安定して受け取れること。
それなのに支払いが遅延して元本が丸ごと毀損してしまうのでは、本末転倒です。

もちろん大半の業者は正常に営業していますが、上記三社の会員は大きな損金を出すか、長引く遅延に苦しめられています。
この違いは、いったいどこからくるのでしょうか?

猫賢者が犯した一番大きなミスは、業者リスクを過小評価したこと。
高金利やキャッシュバックに目がくらんで、その会社の信頼性を見逃したことです。

金猫

ニート賢者も貸し倒れのリスクは認識していたので、2000万円を30以上の案件に分散することで、一つ二つの案件が焦げ付いても問題ないようにしていました。
しかし、みんクレにおいてその工夫は何の効果もありませんでした。
みんなのクレジットの融資先は分散しているように見えても、実際の融資先はほぼ同一で、親族の会社に回していただけだったからです。

ソーシャルレンディングも銀行同様返済不能になる危険はつきまといますが、それを加味した上で利益が出るように利率を設定し、担保も確保するため、一部の融資先がデフォルトした所で大問題になることはありません。
しかし、経営者が継続的な事業継続を目的とせず、顧客の利益と相反する行動を取れば話は別です。

今更言うまでもないことですが、みんなのクレジットには社会的な後ろ盾となる有力な会社もなければ、信頼できる人物もいませんでした。
それどころか担保もデタラメで、行政処分が発覚した途端白石社長が辞任し、会社名すら軽々と捨ててしまう有様でした。
信用できないとわかっていてギャンブルをしたのだから、この結果は自業自得としか言いようがありません。

その反省から新しく投資先に選んだのは、SBIソーシャルレンディング
理由は名前から推測できると思いますが、SBIグループの企業だからです。

SBIソーシャルレンディング

既にご存じと思いますが、SBIホールディングスは銀行や証券、損保やローンなど金融業を中心にグローバル事業を展開する大手のグループです。
エセ賢者も、

メイン銀行→住信SBIネット銀行
株式投資→SBI証券
FX→SBIFXトレード


といった形で、お金のやり取りの大半をSBIグループに依存しています。
SBIカードは年会費の有料化に伴って解約してしまいましたが、そうでなければ今も使用していたでしょう。

カード解約の電話時に「SBIポイントが残っていますので、解約前にぜひご利用ください」と言ってくれたのが助かりました。
SBIFXトレードも約定力が高く、相場の急変時にも適切なロスカットを発動させて顧客資産を守ってくれています。

感謝猫

どの会社の社員の教育が行き届いていて、サポートも丁寧な印象です。
みんクレなんか電話にすら出ない。

当然全てのグループ会社が同等の信用力を持っているわけではありません。
しかし、彼等が顧客第一の営業を行い、国内の金融業でトップクラスの地位を確率しているのは間違いないと思います。

安全第一

お金の扱いですが、既にSBIソーシャルレンディングはデポジット口座を廃止しており、「預託金が払い出せない」といった事態は起こりえません。
エセ賢者が投資した際も申し込み後に振込先口座が指定され、返金の際は直接自分の口座に振り込まれました。

少し気になったのは、常時案件があるわけではなく、募集がすぐ埋まってしまうことが多いこと。
あと振り込み入金から実際の運用まで多少の期間があり、何らかの事情で貸付がキャンセルになる場合もあります。
しかしながら、それはきちんと精査して融資を行っている証拠でもあります。

利率はだいたい5.0~7.0%程度のものが多く、みんなのクレジットみたいに14%なんてものはありません。
元々みんクレやラキバンがおかしいだけで、実際はこれが標準なんでしょう。

ソーシャルレンディング投資においては利息も大事ですが、一番大切なのは業者リスクを最小限に抑えること。
適切な担保を確保し、いざという時に確実に取り立てて投資家に還元してくれる会社を選ぶこと。

今後はそれを忘れずに、安全な投資先を選定していきたいと思います。

シートベルトは安全

SBIソーシャルレンディングのポイント>

・1万円から投資可能
・年利換算で3.2 %~10 %の分配金を毎月受けられる
・価格変動(値動き)がないので管理の手間がかからない
・総合金融グループのSBIグループによる事業運営


SBIソーシャルレンディング

⇒大富豪の投資術(投資の良著を無料でゲット!)

関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

何も成長していない・・

2018-09-02 18:05 | from たかし | Edit

Re: タイトルなし

> 何も成長していない・・

まるで成長していないので、安西先生に怒られそうです。

2018-09-02 18:17 | from 幸福賢者

No title

結局、このまま2000万円はパーなのでしょうか??

それでいてさらに投資先を吟味しているとは猫さん、超お金持ちではないですかーー!

2018-09-03 08:31 | from にゃろめ

Re: No title

> 結局、このまま2000万円はパーなのでしょうか??
>
> それでいてさらに投資先を吟味しているとは猫さん、超お金持ちではないですかーー!

前も言ったけど、総投資額が2000万円であって全額消失したわけではありません。
もちろん半分以上は返ってきませんでしたが。
みんクレの停止から既に1年以上経っているので、そろそろ新しい投資に本腰を入れてもいい頃かと思います。

2018-09-03 09:16 | from 幸福賢者

No title

SBIソーシャルレンディングは支払い停止が起こっている。
運用中の不動産ファンド9本のうち、7本が焦げた。
金額ベースだと融資金額の39.3%が焦げた。
融資残高の80%以上が太陽光と不動産。
つまり、リスクの高い貸出先が殆ど。

2018-09-03 21:09 | from 自分で賢者と名乗る奴は賢者ではないと思う者 | Edit

Re: No title

> SBIソーシャルレンディングは支払い停止が起こっている。
> 運用中の不動産ファンド9本のうち、7本が焦げた。
> 金額ベースだと融資金額の39.3%が焦げた。
> 融資残高の80%以上が太陽光と不動産。
> つまり、リスクの高い貸出先が殆ど。

本文でも言っていますが、貸し倒れの一切ない金融業などありませんよ。
リスクとリターンを秤にかけて貸し出すのが金融です。
案件が焦げ付くのと、みんクレのように業者が不貞を働くのは全くの別問題です。

気になるのは遅延や貸し倒れが発生することではなく、SBIがどれだけ回収するかですね。
既に任意売却あるは競売にかけられている担保のあるようなので、
どのような案件で何割が回収されるのか参考にさせてもらいたいと思います。

2018-09-03 21:54 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1369-8145af3b