FC2ブログ

世界同時株安の本当の原因とは? - 貴方を幸福にするFXブログ

世界同時株安の本当の原因とは?

カロリーは熱に弱い
どういう論理だ!? (T_T)

10月に入ってから、世界中の株価が下落しています。
為替はドル高円高で若干持ちこたえていますが、ニューヨークダウや日経平均は近年稀に見る下げ幅を記録しています。

世界同時株安の原因としては、

・米国債の金利上昇
・米中貿易戦争懸念
・金融緩和の反動
・トルコやサウジアラビアの政情不安
・トランプ大統領の暴言や弾劾懸念
・消費税10%増税決定


などが挙げられていますが、エセ賢者はどれも本質的な理由ではないと思っています。

株価や為替が暴落するのはなぜか?
それは単純に上がりすぎたからでしょう。

日経平均株価暴落チャート

ここ数年の国家政策により、日米の株式市場はバブル状態になっています。
ニューヨークダウは次々と過去最高値を更新し、日経平均に至ってはアベノミクス前の倍以上。

なぜそんなに株価が上がったのでしょうか?
経済が成長したからでしょうか?
アメリカはともかく、少子高齢化で人口減少に転じた日本でいきなり経済規模が二倍になるわけがない。

株価が上がるのは、売り注文より買い注文が多いからです。
安倍政権は異次元緩和を通じて膨大なETFを買い、ヘッジファンドや個人投資家がそれに追随したことで株価が暴騰しました。

日銀黒田量的緩和比較

何十年も株を持つ優待目当てな投資家や公的機関は別としても、投機目的で買われた株はいつか売られることになります。
信用取引であれ現物取引であれ、ポジションは決済しないと利益になりませんから。

決済注文は反対売買。
つまり、株高な状態では潜在的な売り注文が大量に存在するということです。
利益確定にせよストップロスにせよ、ポジションの解消は確実に下落を引き起こします。

そういう意味では、株価が高いこと自体が投資家にとって最大のリスクなんですよ。
素人は株高を見て市況が良いと判断しますが、むしろ株価が堅調な時こそ危険だと考えた方がいいかもしれません。

ニューヨークダウ

ヘッジファンドの多くは、11月に決算を迎えます。
解約までの期間を考えると、一月前にはある程度ポジションを整理しておかなければいけない。
なので、この10月が積み上がったポジションを決済する好機になるわけです。

決算のために売り注文をするファンドはそれほど多くはないかもしれません。
しかし、そのために株価や為替が下がれば、天井を打ったと判断した投資家も利確を始めるでしょう。
さらに下落が続けばAIはトレンドを察知して空売りを仕掛けるし、スロップロスの投げでどんどん下落が加速していくことになります。

米国債の金利上昇や信用不安、トランプ大統領の横暴な政策も、株価下落のきっかけではあるかもしれません。
しかし、やはり株安の本質はこれまでの株高の反動と考えるべき。

ドル建て日経平均チャート

「山高ければ谷深し」

この格言の通り、株の上げ幅が大きいほど、いざ反転した時の下げ幅もきつくなります。
アベクロが官制相場で1万円以上日経を押し上げたのであれば、当然それだけの下落余地はあると考えるべき。

永遠に上がり続ける株はありません。
高すぎる株価は、いつか必ず調整されます。

今は日銀や年金の買い支えがあるためすぐに元に戻ることはないにしても、本来の日本経済から考えれば今の株価でも高すぎるぐらい。
高値から1~2割下がったぐらいで右往左往するのは、トレーダーとしてはなんとも情けない話です。

アベノミクスで株価が上がって喜ぶ人は少なくないけれど、それは我々投資家にとっては必ずしも喜ばしいことではありません。
株価が上がったということは、先駆者が株を吊り上げ、利確の時を今か今かと待っているということ。
その反対売買による調整が、後から来た私達に押し付けられるということでもあります。

経済の実力に反した株高こそが、投資家にとって最大のリスクなのです。

株価が上がる気がしない

⇒アベノミクスの結末は絶望しかない
⇒落ちるナイフの掴み方 暴落相場を利益に変える方法
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

まさに、株価が高いことこそが一番の下げ材料ですよね。

多くの個人投資家は内心は疑心暗鬼だったのに、株が上がってるのを見て追随買いしてただけですから、一旦下がりだすと、我に帰り元の憶病な小市民に戻って投げ売りするので、一気に急落する訳です。

2018-10-29 00:11 | from 山中 一人

Re: No title

> まさに、株価が高いことこそが一番の下げ材料ですよね。
>
> 多くの個人投資家は内心は疑心暗鬼だったのに、株が上がってるのを見て追随買いしてただけですから、一旦下がりだすと、我に帰り元の憶病な小市民に戻って投げ売りするので、一気に急落する訳です。

困ったことに、個人が一番買ってしまうのが下げ始めなんですよね。
上がっている状態では買えず、下がり始めてから買ってナイアガラ。
押し目買いと思ってババを押し付けられるのが常。

2018-10-29 00:28 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1390-2c743e0b