FC2ブログ

どんな病気も治すつまらない方法 - 貴方を幸福にするFXブログ

どんな病気も治すつまらない方法

パワーは全てを解決する力
そんなに単純でいいのか!?(ノ_<)

今年も寒さが厳しくなってきました。
冬場は体調を崩すことが多いので、今回は健康法の話です。

なんとかは風邪をひかないと言いますが、生来胃腸が弱くて下痢になりやすいエセ賢者はある方法で健康を維持しています。
薬、食品、器具は一切使いません。
3ステップのとても簡単な方法で体調不良を治せるので、10年以上もずっと病院に行かずに済んでいます。

①胃を空にする

②体温を上げる

③患部に手を当てる


別に画期的な方法でもありませんが、本当に効きますよコレ。
コストもかからないし。
どこかが痛くなった時は試してみてください。

①胃を空にする

プチ断食。
一般にはバランスの良い食事を三食きっちり取るのが健康的とされていますが、それは意外と内臓に負担をかけます。
消化や運動を行いながら身体の修復まで行うのは、右手と左手で別々の字を書こうとするようなもの。
回復に専念するためには一旦お腹の中を空っぽにして、体液を循環させてやる必要があります。
栄養失調に陥る恐れがなければ、14時間ぐらい食事を抜いて安静にしてみましょう。

空腹法

②体温を上げる

運動量不足で筋肉量が減ったため、日本人平均体温は昔より下がっています。
痩せている人は少し運動して、筋肉と基礎代謝を高めしましょう。

体温が少し上がるだけで、免疫力は何倍にもなると言われています。
免疫力が単純な数字で表されるかは疑問ですが、低温で血球や酵素の働きが鈍るのは確か。
暖房や毛布、防寒着を利用して体温を維持しましょう。

猫が避難生活

③患部に手を当てる

お腹が痛くなったり怪我をした時、手を当てて痛みを抑えた経験は誰にでもあると思います。
両手をこすり合わせて温めたら、調子の悪い場所に10分程度当てましょう。

掌から遠赤外線や低周波が出ているとか、マナとかプラーナみたいな霊的な要素が関わっているという話もありますが、具体的なことはわかりません。
わかる必要もありません。
それでも患部にエネルギーを集中することで治りが早くなるのは間違いないので、手の平で優しく包んであげましょう。

猫の手

まず断食して、暖かい布団に入って、手の平で痛い場所に触れる。

こうすることで「私は病気や怪我を治せる!」と貴方は思っているでしょう。
しかし、それは間違いです。

非常に言いにくいことですが、真実を告げます。
病気や怪我を治す方法は存在しません。

世の中には無数の健康法が存在し、多数の薬品が発明されていて、医師が熱心に診療していますが、病気を治す方法なんか一つもありません。

風邪薬は絶対に風邪を治しません。
ただ咳や発熱、炎症や鼻水などの症状を抑えて、いくらかの栄養分を与えるだけです。
場合によっては身体の防衛反応を妨害して、回復を遅らせる場合もあります。

眠くも疲れもしない薬

じゃあ、なぜ病気や怪我は治るのか?
それは貴方の身体が頑張って治しているからです。

人間の身体は、元々異常が発生したら勝手に治癒するようになっている。
それを誤解してはいけない。

怪我をすれば血小板で傷をふさいで、周囲の細胞が分裂して元のような姿に戻します。
雑菌やウィルスが入れば、白血球が駆除して体外に排出します。
ガン細胞だって、毎日生まれてはキラー細胞に処理されています。

この複雑な作業は、人間が意識的に行うことはできません。
たとえ高価な薬やロボットを使ったとしても無理です。

病気や怪我を治療しているのは、人体のメカニズムであって人の意志ではない。
医者に診せれば解決すると考えるのは間違いです。

埼玉県民の病気が治る

何もしなくても勝手に治るのなら、なぜ病院があるのか?
なぜ上記のような健康法が必要なのか?

それは人間が本来の治癒効果を邪魔しているからです。

暴飲暴食、体温低下、睡眠不足、不潔、姿勢の歪み、ストレス、アルコール、ニコチン・・・
これらは人体の治癒能力を大きく低下させる要因です。

いくら回復力が優れていても、不摂生な状況では効果は半減します。
病状が悪化して長期化するのは、本人の生活習慣が原因です。

お酒やタバコは言うに及ばずですが、食べ過ぎ低体温は影響が大きいわりに忘れがちです。
胃の中がいっぱいな状態では、心臓は全身に血液を送れません。
体温が高くなければ、免疫細胞は十分な力を発揮できません。

だから心身が不調に陥った時は断食をして身体を暖め、手を当ててその場所を応援するわけです。

私達には意識的にウィルスを追い出したり、傷をふさぐような魔法や超能力は備わっていません。
けれど、人体が元々備えている恒常性には、どんな不調も快復させる素晴らしい効果があります。

自分の意志で体を治せると勘違いしてはいけません。
何億年と受け継がれてきた遺伝子の力を信頼し、それが最大限の力を発揮できるように応援しましょう。

治療する医者猫

⇒糖尿病を予防し、胃腸を健康に保つ方法
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1413-3786170a