FC2ブログ

利子とは何か?投資とは何か? - 貴方を幸福にするFXブログ

利子とは何か?投資とは何か?

自動車が走ると道路が傷む
当たり前だろ!

銀行やローン会社は、ただお金を貸すだけで年利5~10%の利息収入を得ています。
右から左へお金を流すだけで利益が得られるなんて、なんだかずるい気がしますよね。

しかし、それは本来当然のことなんです。
むしろ今の日本のように、ゼロ金利がまかり通っている方がおかしい。

わかりやすい例として、ニワトリを考えてみましょう。

貴方は一羽の鶏を飼っています。
若い雌なので、毎日新鮮な卵を産んでくれます。

鶏の共食い

ある日エセ賢者が「一月だけ鶏を貸してくれ」と頼んできました。
親切な貴方はすぐに快諾し、鶏を預けました。

一ヶ月間、雌鶏は似非家で卵を産み続けました。
目玉焼き、オムレツ、スクランブルエッグが食卓に並びました。
もちろんそれを食べるのは猫賢者です。

一ヶ月後、鶏は貴方の所に返却されました。
人の良い貴方は特に対価を求めることもなく、家畜が無事返ってきたことを喜びました。

これは一見良い話のように思えますが、なんか釈然としない気がしませんか?
何も損をしていないはずなのに、なんか損をした気分になるというか。

確かに鶏が若干歳を取ったことを除けば、飼い主に損害は生じていません。
しかし、鶏を借りたエセ賢者は明らかに得をしています。

猫賢者が毎日作っていた目玉焼きは、本来であれば飼い主が受け取るはずの物。
公平を期すのであれば、借り受けた者は貴方に得た利益を分配しなければなりません。

借りたものに対するお礼と、貸し倒れのリスクプレミアム。
その二つを合わせた賃借料が、利子(あるいは利息)として授受されます。
金銭に対する場合は、金利や利率と呼ばれます。

銀行や預金者がお金を貸した際に金利を受け取るのは、完全に正当なことです。

借用書まどか

この鶏のように、資産には「時間と共に価値を増やす」能力があります。
鶏や牛などの家畜も、畑やマンションなどの不動産は、日々持ち主のために富を作り続けています。
テレビや携帯、毛布や衣服といった家庭用品は直接富を生みだすわけではありませんが、貴方の生活を快適にするというメリットを与え続けています。

モノは人の役に立つのが当たり前。
資産があったら、日々利益が出て当然なんです。
もしもそうでないなら、貴方は自分の資産を有効活用していないか、資産と間違えて負債を所有しているのでしょう。

今の日本は中央銀行が政策金利を引き下げているため、私達国民は元々あるはずの預金金利を得ることができません。
借金まみれの政府やゾンビ企業が利息を支払わずに済む分だけ国民の利子収入は目減りし、預金はインフレによって目減りするだけになっています。

日本の借金が増えた

銀行にお金を預けて金利が付かないのであれば、別の方法で利回りを求めなければなりません。
何を資産として持てば、継続的収入が得られるのでしょうか?

株式や社債に投資して配当を受け取るか?
FXや外貨預金でスワップポイントを得るか?
ソーシャルレンディングに貸し出すか?
不動産や商品先物を買うか?
いっそ本当に鶏を飼うか?

それを考えるのが投資です。

何であれ継続的に安定した利益が出るのであれば、それは立派な投資です。
ハイリスクハイリターンで不確実な利益を狙うのであれば、それは投機です。

今年はどのようにお金を働かせるべきか、よく考えてみましょう。

利回りの良い栽培投資詐欺

⇒ポイントサイトを使ってノーリスクで稼ぐ方法

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

金利が限りなく0に近くても、誰も金融機関からお金を借りないのは、日本にはもう投資するモノが無くなっている事への裏返しであります。

つまり、日本で投資とうたっているモノは須らく投機だという覚悟が必要なのです。

2019-01-05 08:56 | from 山中 一人

Re: No title

> 金利が限りなく0に近くても、誰も金融機関からお金を借りないのは、日本にはもう投資するモノが無くなっている事への裏返しであります。
>
> つまり、日本で投資とうたっているモノは須らく投機だという覚悟が必要なのです。

日本全体が高齢化して成長力が落ちているのは確かですが、
それにしても金利が下がりすぎです。
たとえ経済成長ゼロの社会でも一定の資金需要はあるはずなのに、
日銀が過剰供給で完全に需要を食い潰してお金の行き場をなくしています。
投資先がなく投機に走ってしまうのは、やはり国家の政策が原因ですね。

2019-01-05 09:28 | from 幸福賢者

No title

鳥のエサ代と鳥小屋の掃除などの手間を考えると損した気分にはならないような...

2019-01-05 17:44 | from コシダカ

Re: No title

> 鳥のエサ代と鳥小屋の掃除などの手間を考えると損した気分にはならないような...

確かに。
卵代から餌代などの経費を引かないといけませんね。

コストとベネフィットを比較して、利益が残るのが資産です。
卵より経費が高かったら負債になってしまいますね。

2019-01-05 17:57 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1417-7e1aa431