FC2ブログ

本当に運は存在するのか? - 貴方を幸福にするFXブログ

本当に運は存在するのか?

運勢が悪すぎる
運勢悪すぎ! ( ノД`)

FXトレードで十連敗。
株を買ったら下がり、売ったら上がる。

確率的にはあり得ないほど負け続けるエセ賢者は、どこまで不運なんでしょうか?
自分の運命を呪う毎日です。

これを読んでいる貴方も、きっと自分の運の悪さを嘆いたことがあるでしょう。
たまたま交通事故に遭ったり、病気になったり、会社が倒産したり、嫌いな人と出会ったり、自分だけ説教されたり、・・・
逆にラッキーな日もあって、懸賞や宝くじに当たったりすることもあると思います。

そんな時貴方は運気を感じるでしょう。
「もっと運を良くしたい!」と思って、占いや自己啓発の書籍に手を出したもあるかもしれません。

でも、運ってそもそも何なのでしょうか?
運勢は実在するのでしょうか?
それとも気分の問題にすぎないのでしょうか?

どうも殆どの人は、それについて正しい理解をしないまま運という言葉を使っているような気がします。

大衆は、
「運とは自分の意志や努力とは無関係な偶然で、科学や論理では説明できないもの」
と考えていますが、それは大きな間違いです。

運とは本来科学的で、論理的なものです。
量子の世界には不確実性がありますが、この世は別に神様の気まぐれで操作されているわけではありません。

運とは、「因果律によって規定されているが、貴方には把握できないもの」の総称です。
何が運で何が作為であるのかは、実は貴方が決めているのです。

金運兎

この世界の全ての事象は、原因と結果の法則によって成り立っています。

畑に種を撒けば、草が生えて綺麗な花を咲かせます。
昼食を食べ過ぎれば、脂肪が蓄積されて太ります。
企業の決算が良ければ、株が買われて上がります。

原因があるから、それに応じた結果が発生します。
決して、過去や現在に逆らった未来はやってきません。

しかし、原因と結果が対応するからといって未来を全て予測できるかというと、そういうわけでもありません。
なぜなら、貴方は現在の全ての情報を把握しているわけではないからです。

バタフライ効果で言われるように、ブラジルの蝶の羽ばたきが巡り巡ってテキサスで竜巻を引き起こすことはあり得るでしょう。
けれど、その過程はあまりにも多くの要素が絡み合い、人間の頭では計算できないほど複雑になっています。
ラプラスの悪魔でもない限り、長期的に確実な未来予測をすることは不可能です。

「自分の意志で起こした結果」「過程が明白で予想できたこと」を運とは呼びません。
何らかの因果律によって発生しているが、自分では予測することができないもの
それを人は運と呼んでいるのです。

世の中には「運を良くする方法」「不運を招く習慣」に関する知識が出回っています。
それらは概ね間違ってはいません。

しかし、それらがドラクエのように「うんのよさ」というパラメータを弄り回して、不確実な結果を好転させていると考えてはいけません。
あくまで幸運・不運とは、因果律によってもたらされる事象を貴方の定規で判定したものなのだから。

定期的に神社に行ってお賽銭を入れれば、貴方の運気は上がるでしょう。
友人や同僚に親切にすれば、貴方の運気は上がるでしょう。
毎日トイレ掃除をすれば、猫の運気は上がるでしょう。

トイレを掃除する猫

なぜなら、それらの行動によって貴方の気分と人間関係が改善されるからです。
具体的に一つ一つの要素は制御できなくても、心の状態が良ければ正しい選択を選ぶようになります。
また、周囲の人の好感度が高まれば、仕事や交友関係にも恵まれ、頻繁に施しを受けるようになります。

「運が良くなる」というのはファンタジーな現象ではなく、原因に基づいた結果なのです。

例えば東日本大震災では多くの人が不幸にも津波に呑まれて亡くなってしまいましたが、それすら自身で招いた不運だったのかもしれません。

確かに地震や台風などの自然災害がいつ起こるのかは予測できませんが、起こりやすい場所や時期は存在します。
実は仙台平野は400~500年おきに大津波に見舞われており、江戸時代の人々は津波を想定して浸水が避けられる地域に宿場町を建てていたそうです。

過去を知らない現代人にとって大津波が来ることは想定外、つまり不運でした。
そう考えると、無知は不幸を招くと言うこともできます。

この記事の冒頭で述べた不運についても、決して偶発的な出来事ではありません。
ただ猫賢者は頭が悪いので、自分で問題を起こしていることに気付かないだけです。

株や外貨、暗号通貨で損失を出したとして、なぜそれに手を出したのでしょうか?
他の選択肢もあったはずなのに、なぜこのタイミングで買ったのでしょうか?

まさかサイコロを振って決めていたわけでもあるまい。
なにか行動を起こした原因があるはずです。

老人を騙す銀行員

すぐ思いつくのは、テレビのコマーシャル。
あるいは雑誌の宣伝や証券会社の説明、営業マンのセールストーク。

もしくはトレードに対するイメージや、借金漬けの国に対する不信感。
親や教師の教育、家族や同僚との同調。

人間は常に様々な外部環境に影響されています。
自分の意志で行動しているように見えて、実際は周囲の環境にコントロールされています。
それが正解に導いてくれるものなら問題ありませんが、もしもそうでなければ悲惨なことになります。

セールスマンの言いなりになる人は、入念に下調べする投資家よりも損をする確率が高いでしょう。
治安の悪い地域に住む人は、安全な地域に住む人より事故や事件に巻き込まれる確率が高いでしょう。
リスクを避けて幸福な暮らしをしたいのなら、自分で自分の環境を選ばなければいけません。

幸運・不運は、その人の選択によって決まります。
選択も環境も替えないまま、神様に祈って変化するものではありません。

貴方は幸運な人生を送りたいですか?
それとも、不幸な人生を送りたいですか?

別にどちらでも構わないし、願うことでもありません。
今ここで、貴方が選ぶことです。

運を試すおみくじ

⇒引き寄せの法則で宝くじが当たる仕組み
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

「偶然」とは違うのでしょうか?

2019-01-23 22:50 | from ヨクト

Re: No title

> 「偶然」とは違うのでしょうか?

偶然と運は同じものです。
物事は因果律によって発生しますが、人間が仕組みを理解できないものは偶然(運)と判断されます。
実際は全て必然なのですが、私達の捉え方次第でそれが偶然になるのです。

2019-01-23 23:11 | from 幸福賢者

No title

本当に運は存在するのか?
うん!
いや、すみません。

世の中すべて作用があって結果がありますね。
人間はよくわからないので、運という言葉を使います。
身近なものではなんでしょうか。数学の解法なんかは、よくわかりやす例かもしれません。
正しい数字を入れて計算すれば正解になる。間違った計算をすれば不正解になる。物理法則なんかも似ています。

人間の行動にしても、間違ったやり方をすれば、希望の結果が得られず、運が悪いということになる。
コイントスの裏表も、1回目は1/2なので、2回目は1/4の確率だなんて思う人は、運の悪い結果ばかりでるかもしれません。

2019-01-24 03:51 | from 名無しちゃん

Re: No title

> 本当に運は存在するのか?
> うん!
> いや、すみません。
>
> 世の中すべて作用があって結果がありますね。
> 人間はよくわからないので、運という言葉を使います。
> 身近なものではなんでしょうか。数学の解法なんかは、よくわかりやす例かもしれません。
> 正しい数字を入れて計算すれば正解になる。間違った計算をすれば不正解になる。物理法則なんかも似ています。
>
> 人間の行動にしても、間違ったやり方をすれば、希望の結果が得られず、運が悪いということになる。
> コイントスの裏表も、1回目は1/2なので、2回目は1/4の確率だなんて思う人は、運の悪い結果ばかりでるかもしれません。

量子力学的には不確定性があってアインシュタインにも予測不可能な部分がありますが、
我々が知覚できるマクロな世界は作用と計算の上に成り立っています。
結果に偏りがあるのなら方法が偏っているのは自明であり、
前提条件を変えない限り同じ状態が続いてしまいます。

我々に必要なのは運(無知)に頼るのではなく、知識と計算により運の領域を減らしていくことなのかもしれません。

2019-01-24 10:26 | from 幸福賢者

No title

確かに、神様に祈って運命が変わる事は有り得ません。
よって神頼みしか方法が無い状況に陥ってる段階で既に終了している事を悟らねばなりません。

しかし、人間は弱いので、本当に絶体絶命の状況に陥ったら神様のような非科学的なモノにすがらないと自分の精神を正常に保つ事は出来なくなる生き物なんですよね。

出来れば、そんな状況に陥らない適格な選択をしたいモノですが、これが中々ムツカシイ・・・

2019-01-25 21:06 | from 山中 一人

Re: No title

> 確かに、神様に祈って運命が変わる事は有り得ません。
> よって神頼みしか方法が無い状況に陥ってる段階で既に終了している事を悟らねばなりません。
>
> しかし、人間は弱いので、本当に絶体絶命の状況に陥ったら神様のような非科学的なモノにすがらないと自分の精神を正常に保つ事は出来なくなる生き物なんですよね。
>
> 出来れば、そんな状況に陥らない適格な選択をしたいモノですが、これが中々ムツカシイ・・・

「仏は自分の心の中にいる」
確か仏陀の言葉でしたか。

神に祈るのはきっと自分に祈るのと同じこと。
潜在意識に働きかけて、解決法を探る行為なのではないかと思います。
そういう意味では、祈るのも無駄ではありません。

2019-01-25 23:06 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1425-6de55ed1