FC2ブログ

本当に勝てるトレード手法はたった三つしかない - 貴方を幸福にするFXブログ

本当に勝てるトレード手法はたった三つしかない

丸ごと野菜サラダ
シンプルすぎる・・・

「FXは様々な手法があるけど、どれがいいんですか?」

という質問をよく聞きます。
実際ググってみれば、何百何千ものトレード手法がヒットします。
無数の投資家が別々のインジケーターを採用し、独自のトレード理論を構築しています。

一口にトレードスタイルといっても、

・移動平均線
・ボリンジャーバンド
・RSI
・モメンタム
・ストキャスティクス


など複数のインジケーターを用いたものが存在するため、素人は何を選択したらよいのかわからなくなります。
フィボナッチ、グランビル、酒田五法など、テクニカル分析の考え方も様々です。

しかしよくよく考えてみると、言葉は違ってもやることはどれも同じなのではないかという気もします。
いかなる手法も同じFXチャートから利益を出す方法である以上、本質は変わらないのではないかと。

アービトラージなどの例外を除くと、トレードで利幅を取る方法はたった二つ。
順張りと逆張り、あるいはトレンドとレンジです。
数多のトレーダーが作り出したオリジナル手法も、「それをどのような道具を使って行うか」という違いしかありません。

トレンドとレンジの区分に基づいて差益を取ろうと思ったら、方法は三種類しかない。
トレンドに乗るか、レンジで逆張りするか、あるいはその境目を狙うか。

①トレンドフォロー
②カウンター
③ブレイクアウト

①トレンドフォロー

順張り。
上昇トレンドならロングで付いていく。
下降トレンドならショートで付いていく。
急激に動いている最中に乗るよりも、押し目買いや戻り売りを狙うことが多い。

相場の流れに素直に追従するので、大きな利幅を取れる。
しかしトレンドの時期は短く、高値掴みしやすい。

トレンド相場チャート

②カウンター

逆張り。
レンジ相場でサポートやレジスタンスに合わせて逆張り。
買われすぎ・売られすぎの場合に逆張りして、フィボナッチの戻しまでを取ることもある。
トラリピやナンピンで戻しを待つこともある。

レンジ期間は長いので取引機会は多い。
高値・安値が感覚的にわかりやすくので、初心者が好む。
ただし利幅は小さめで、トレンドが発生すると一気に置いていかれる。

レンジ相場チャート

③ブレイクアウト

順張り。
レンジの抵抗や節目を抜けて、大きく伸びる際に売買を行う。
ブレイクすれば短期間に大きな値幅が取れるが、ダマシやヒゲでロスカットになることも多い。
すぐ結果が出るので短気な人にお勧め。

ブレイクアウト手法トレードチャート

これらの三つの手法はどれも条件次第で優位性がありますが、絶対に勝てるというものでもありません。
エセ賢者はいつもトレンドフォローで高掴みし、カウンターで突き抜けられ、ブレイクアウトでダマシに引っかかっています。
勝率と利幅を上げるために、トレーダーは様々なインジケーターを採用するわけです。

あちこちの投資セミナーや商材、自動販売ツールで「伝説のトレーダーの手法を初公開!」「勝率99%!」「誰も簡単にできる必勝法!」といった謳い文句を見かけると思います。
一見すると画期的な手法に見えますが、実際は上記の三種類のどれかを使っているだけでしょう。
もちろんバレると困るので、商材屋はそのことをひた隠しにして画期的な方法として販売しますが。

貴方がどのようなトレードスタイルを採用しているにせよ、トレンドフォロー・カウンター・ブレイクアウトのいずれかを利用しているはずです。
もしも何を使っているのかわからない、あるいは自分の手法が確立できていないのであれば、どれが自分に向いているのか考えてみてください。

パソコン画面を見てトレードする猫

FXを始めるならポイントサイト経由が一番お得!
HPからの直接開設はもったいない!


ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

⇒げん玉


⇒ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1459-b7c16d87