FC2ブログ

日本人なら円安より円高を喜べ! - 貴方を幸福にするFXブログ

日本人なら円安より円高を喜べ!

アベノミクスで食料が小さくなった
いつの間にか小さくなった・・・ ( ノД`)

円高と円安はそれぞれメリット・デメリットがありますが、日本人全体で見れば明らかに円高の方が得です。

マスコミはこぞって、
「円安が良い・円高デフレは悪!」
と喧伝していますが、それに洗脳されてはいけません。
円安になればなるほど、私達庶民は損をします。

なぜ円安が善であるかのように報道されるかというと、マスコミのスポンサーがトヨタなどの輸出企業だからです。
輸出企業の売り上げ(円建て)は、為替レートに比例して増加します。

単純計算でアベノミクスでドル円が1.5倍になったとしたら、何ら営業努力なしで売り上げが五割増しになります。
もちろん、現実には材料費や人件費、輸入物価の高騰で利益が目減りしますが。

1ドル=80円→100億円の売り上げ
1ドル=120円→150億円の売り上げ

テレビ局や新聞社は、全く中立ではありません。
あくまで利潤を求める営利企業なので、絶対にスポンサーには逆らえません。
だから円安株高に対してはポジティブな、円高株安に対してはネガティブなイメージを植え付けます。

1ドル75円の円高不況

「日本は貿易立国なのだからそれでいいのではないか?」
と思うかもしれませんが、近年はかなり内需型にシフトしています。

日本の輸出依存度は15%程度で、韓国や台湾が40%以上あるのに比べるとかなり小さい。
輸出を行う大企業も企業全体の1%程度で、下請けを入れても数%に過ぎない。
ほとんどの会社は日経225にもTOPIXにも入らない、国内で営業する中小企業です。

つまり円安で輸出をブーストしても、日本人の9割以上は恩恵を受けないのです。

円安でダイレクトにメリットを得るのは、ごく一部の輸出企業に勤めている人々。
広告収入が入るマスコミ。
あとは、円ショートと日本株ロングを持っているトレーダーぐらいですね。

それ以外の一般の人々にとって、円安はデメリットの方が大きい。
特に中小企業に勤めているサラリーマンや、主婦を中心とする消費者は大きな打撃を受けます。

日本の食料自給率は、カロリーベースで39%。
米を除けば、食料の大半を輸入に頼っています。

埼玉県輸入ブロッコリー

原油やレアメタルに至っては、ほとんど国産がありません。
十分にあるのは水と石灰石ぐらいでしょうか。

給料が固定されたまま円安になれば物価が上がり、日本国民の生活水準は確実に低下します。

輸入品が値上がりし、エンゲル指数は上昇します。
値段を据え置きで、量だけこっそり減らすことも多い。
いくら食料品とガソリンの価格が上がっても消費者物価指数には反映されないので、政府はデフレと言い続けますが。

アイスクリームが高い

そもそも紙幣はただの紙切れでしかないので、それ自体に価値はありません。
それが商品や外貨と交換できるのは、「その国の信用」によって裏付けられているからです。

米国や日本のように、国際的な信用力の高い先進国の為替は有事の際も下がりにくい。
一方で信用力の低いトルコや南アフリカ、アルゼンチンの通貨は猛烈に売り叩かれます。
トランプの発言や米中貿易戦争で円高になるとロスカットに遭った猫賢者は悲嘆にくれますが、日本国民であるなら自国の強さを誇らしく思うべきなのかもしれません。

故意に通貨安に誘導するということは、国家の信用を落とすのと同じこと。
国の威信が傷付いて喜ぶ国民性は、やはり異常だと思います。
もちろん、それは日本だけでなく通貨安競争に参加している全ての国に言えることですが。

国家の役割は国民の生活を守ることであり、中央銀行の使命は物価を安定させることです。
決してインフレや株高を招くことではありません。

物価安定の目標実現のため何でもやる

通貨安・通貨高は一概に善とも悪とも言えず、どちらが都合が良いかは立場によって変わります。
日経225に入るような大企業や、円を売って株や外貨を買うロンガーにとっては、間違いなく円安の方が有利です。
スケベロングが大好きなエセトレーダーは円安になると喜ぶし、円高になると上昇を願ってしまいます。

しかし、日本人全てが通貨安によって恩恵を受けるわけではなく、むしろ物価高騰などの弊害の方が大きい。
国家が国民の最大幸福を目指す組織であるなら、ごく一部の特権階級のために庶民全体が犠牲になるのを良しとする風潮を改める必要があります。

アベノ滴はどこまで落ちる

⇒FXをしないこともリスクである
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1463-b8169c32