FC2ブログ

仮想通貨のブロックチェーンは銀行の天敵! - 貴方を幸福にするFXブログ

仮想通貨のブロックチェーンは銀行の天敵!

テレビに興味がある猫軍団
注目されすぎ!?

アベノミクスの低金利政策もあって、近年停滞が続く銀行業界。
既に地銀の6割が赤字と言われていますが、これから先はさらに衰退していくのは間違いない。

その理由はソーシャルレンディングやクラウドファンディング等で資金調達方法が多様化しているのもありますが、それ以上にブロックチェーンという新技術の影響が大きい。

仮想通貨が普及するほど銀行の役割は縮小し、20年後にはすっかり淘汰されてしまうと思います。
エセ賢者は仮想通貨信者でも買い煽りでもありませんが、技術革新が従来の金融を根本的に変えてしまうのは否定できません。

なぜ仮想通貨が脅威なのかというと、その送金機能がほとんど銀行の上位互換だからです。
CDがカセットテープを駆逐したように、スマホがガラケーにとって代わったように、より高度なテクノロジーは過去の技術を淘汰してしまいます。

ブロックチェーン技術の応用は暗号通貨だけに留まるものではなく、難解でエセ賢者も完全に理解できているわけではありません。
けれど、現在の利用法として一番近いのは銀行の通帳でしょう。

通帳には入出金や取引の記録が残ります。

・振り込み人
・振り込み先口座
・金額
・入金された時間


仮想通貨の電子取引でも同様な情報をブロックチェーンに記録します。

・出金元のアドレス
・送金先のアドレス
・金額
・取引時間


もちろん違う所もたくさんありますが、お金を送るという本質は変わりません。

ビットコイン現物取引

では何が上位なのかというと、送金の利便性と速度。
そして何より、台帳としての信頼性

銀行送金は基本的に銀行員が確認して振り込んでいるので時間がかかる上に、営業時間外は使えません。
日本国内ならまだしも、海外送金は何日もかかる上に手数料が膨大。
仮想通貨は国内外を問わず24時間いつでも対応しており、ごく短時間で自動的に処理が行われます。

また、銀行の信頼性は高いとはいえ、人間を介しているので間違いもあります。
まずありえないことですが、その気になれば預金額の改竄や修正も不可能ではないでしょう。

ブロックチェーンは名前の通り、データのブロックをひたすら積み上げていく方式です。
仮想通貨の取引履歴はWeb上に蓄積され、誰にも書き換えることはできません
故意に一部だけ改竄すればデータの整合性が崩れてしまうし、仮にできたとしても世界中に監視されているためすぐにバレてしまいます。

さらにいうと、利用者のプライバシーの問題もあります。
銀行で口座を開こうと思ったら、自分の住所・氏名・年齢といった個人情報を記入しなければなりません。
暗号通貨のウォレットなら、必要なのはせいぜいメールアドレスぐらいです。

「いつでも素早くロスなく確実にお金を移動させる」
送金能力に限れば、銀行が仮想通貨に勝る点はありません。
だから将来的に従来の非効率な送金方法は廃止され、ブロックチェーンに取って替わられるでしょう。
じゃあ、なぜ今そうなっていないのか?
流出事件だらけの仮想通貨に本当に信頼性があるのか?

当然そう考えるでしょうが、そこはまだ課題が残っているということです。

ブロックチェーンは改竄不可能ですが、結局管理を行っているのは人間です。
どんなに堅い金庫でも、暗号鍵を盗まれてしまえば開けられてしまう。
かつてのコインチェックのように杜撰な管理をすれば、盗難に遭うのは当然です。

仮想通貨NEMが盗難

改竄できないということは、「取引を無効にできない」ということでもあります。
自身の匿名性を確保できるということは、取引相手の素性も確認できないということです。
自動車が高速移動を可能にした分だけ事故の被害を大きくしたように、利便性とリスクはトレードオフの関係にあります。

「仮想通貨の為替レートが安定しない」のも、なかなか普及が進まない原因の一つ。
投機的に騰落を繰り返して一日に何割も価格が変わる通貨を、商品やサービスの決済に使うのは難しい。

しかし、テザー(USDT)のように米ドルとレートがリンクしているコインも登場しています。
日本円に合わせた仮想通貨も三菱などが開発しているため、いずれ価格の問題は解決するでしょう。

管理方法の問題。
法整備の問題。
レートの問題。
普及の問題。


あらゆる点において、仮想通貨の運用にはまだまだ穴があるのは間違いない。
社会がそれに対応するまでは、一長一短な状況が続くでしょう。

しかしながら、「送金手段としてブロックチェーンが圧倒的に優れている」という事実は変わりません。
時間が経って体制が整うにつれ、従来の送金方法は駆逐されていくでしょう。

将来的には暗号通貨の導入に積極的な銀行とそうでない銀行で、明暗が分かれていくと思います。
おそらく20年後には、銀行に行って預金や振り込みをすること自体なくなっているのではないでしょうか?

携帯電話やパソコンを見ればわかるように、モノやサービスは時代によってどんどん塗り替えられていきます。
これまで当たり前だったものが、気付いたら全く違うものに取って替わられていることも珍しくありません。
時代の変化に上手く対応して、ビジネスチャンスをつかんでいきましょう。

ビットコインなど仮想通貨

今ならハピタスでbitbank(ビットバンク)の口座開設+入金するだけで、1500円分のポイントがもらえちゃう!

ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1468-9662f1f5