FC2ブログ

2019参院選 最悪の投票率とわいわ新選組・N党の躍進は密接に関係している - 貴方を幸福にするFXブログ

2019参院選 最悪の投票率とわいわ新選組・N党の躍進は密接に関係している

NHKから国民を守る党の公約
明確な公約が勝因!?

令和初の参議院選挙は、なかなか面白い結果だったと思います。
自公の優勢と立憲・国民の微妙さは相変わらずですが、ネットを中心に支持を集めた二党の躍進が目立ちます。

・NHKから国民を守る党 97万5千票 1議席
・れいわ新選組 228万票(うち山本太郎97万6千票) 2議席


この2党はいずれもマスコミに干されており、テレビや新聞にはほとんど出演できていません。
しかしながらYoutubeやTwitterといったインターネットサービスを利用して、支援者を集めました。
テレビ新聞の扇動だけが選挙を支配する時代も、終わりに近づいているのかもしれません。

N党が支持を伸ばしたのは、NHK受信料の強引な取り立てもさることながら、「インターネット利用者からも受信料を徴収する」と宣言したためでしょう。
NHKを見ていない人まで契約を強制する放送法はぜひとも改正し、スクランブル化にこぎつけてほしいと思います。

「いくつも特徴を並べるのではなく、一番のニーズに焦点を合わせる」
というのは、選挙だけでなくビジネスでも鉄則です。
私達がビジネスをする際も、「NHKをぶっこわす!」のようなわかりやすい表現を心掛けたいところです。

NHKは受信料詐欺

れいわ新選組も「消費税廃止!」という明確な公約を掲げましたが、作戦として見るとさらに上手でした。

れいわは政党要件を満たしたものの党首の山本太郎氏は、
「個人で最多の97万票を獲得したのに本人は落選!」
という一見不可解な状態で落選しています。

これを「党首が落選したから作戦失敗だ」と笑う人もいますが、むしろ逆に大成功と言っていい。
おそらく3議席取って山本氏が当選しても、2議席で終わっても、どちらでも良かったのでしょう。

普通に山本氏一人だけが当然するのは難しくなかった。
けれど、それではこれまでの個人活動と何も変わらない。

だから自民党が作った特定枠を利用して、自分の力で当選するはずのない2名を当選させた。
これはとんでもない策士ですね。
ギャンブルとか言って本当にすまなかった。

「自分の票を他人に譲渡して当選させる」
というのは有権者の意思を無視した行為ですが、その民意を無視する制度を作ったのは自民党。
イカサマを逆利用されて負けたギャンブラーみたいなものなので、与党側も文句は言えません。

重度障碍者を国会に送り込めば否応なしに目立つし、体の不自由な人への民衆の関心も高まります。
議事堂へ行く際に介助者が必要なので、山本氏が国会に顔を出すこともできます。
「障碍者が6年間国会にいる」という状態を作ったのは本当に大きい。

山本太郎が議員資格を失ったところで、何も問題はありません。
次の衆院選に出馬すればいいんですから。

既にれいわ新選組は「衆院選で100人擁立して政権を取りに行く」と宣言しています。
党首自ら先頭に立って出馬するなら、むしろ今回落選した方が好都合だったという気すらします。
特定枠が廃止されるまで同じ作戦を繰り返して、2議席ずつ増やしてい可能性もあります。

局所的な勝利を目指すのではなく、布石を作って盤全体を勝たせる
このシナリオを描いたブレーンが誰かは知りませんが、相当将棋や囲碁に強そうな気がしますね。

将棋名人の代理人は猫

最後に気になったのは、過去最低クラスの投票率。
なんと48.8%で、国民の半分以下しか選挙に行っていません。

この原因として、

・政治不信
・争点が不明確
・天候の悪化


といった点が挙げられていますが、猫賢者はもっと大きな理由があると考えます。
それは高齢化

実はエセ賢者の祖母はもう100歳近くて、自分で歩くこともできません。
痴呆も始まっているので、まともな判断も期待できません。
法律上は投票する権利がありますが、現実的にはほぼ不可能なわけです。

認知症の老人師範が止められない

老人ホームにひきこもっているので目立ちませんが、日本には祖母と同じような人々が沢山います。
世界で最も急速に少子高齢化が進み、既に28%以上が高齢者になっています。

経済のグローバル化に伴い、海外で働く人が増えているのも一因です。
国外在住者のための制度もありますが、投票を行っているのはたったの2割だそうです。

高齢化とグローバル化が進む世の中では、従来の「現地に行って投票する」という仕組みが合わなくなってきています。
何もしなければ投票率は必然的に下がっていくので、せめてネット投票は早く導入すべき。
セキュリティなど何かと理由を付けて電子投票を拒む役人は、クビにしてOK。

少子高齢化とそれに伴う国民の身体機能の低下は、この国において最大の問題です。
現在でもベッドが起き上がれない人は多く、これからも増えていくでしょう。
歳を取れば誰もが(もちろん貴方も)体が上手く動かなくなり、障碍者と変わらなくなっていきます。

そんな中、れいわ新選組が身体障碍者2名を国会に送り出したのは非常に意義のあること。
山本太郎自身の人気だけでなく、自身が障害を抱えている方、身内に高齢者のいる方、将来が不安な方の投票もあって、このような結果になったのでしょう。
このような結果になったのは単なるポピュリズムというより、社会構造の変化による必然だと思います。

実効的な有権者数の減少とインターネットの普及により、私達の持つ一票はより貴重になってきています。
団結すれば、NHKから国民を守る党のような少数団体を勝たせることもできます。
この大変革期に生きる者として、チャンスを無駄にしないようにお願いします。


関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

いつも楽しく拝見しています。

山本太郎氏の街頭演説を聞いて
れいわ新選組に投票しました。
究極のポピュリズムと言う人もいますが、
不覚にも涙が出てしまいました。
さすがは元役者さん。

民主党政権の二の舞いはゴメンだと
思いつつも応援したくなります。
鳩山元首相と仲がいいとも伝わりますが
やはり絵を描いてる人がいるのですかね。

主さまは、今後の展開をどう予想されますか?
宜しければご教示ください。

2019-07-23 01:16 | from 名無しもほどほどに

Re: タイトルなし

> いつも楽しく拝見しています。
>
> 山本太郎氏の街頭演説を聞いて
> れいわ新選組に投票しました。
> 究極のポピュリズムと言う人もいますが、
> 不覚にも涙が出てしまいました。
> さすがは元役者さん。
>
> 民主党政権の二の舞いはゴメンだと
> 思いつつも応援したくなります。
> 鳩山元首相と仲がいいとも伝わりますが
> やはり絵を描いてる人がいるのですかね。
>
> 主さまは、今後の展開をどう予想されますか?
> 宜しければご教示ください。

MMTやSNS、特定枠の仕組みを理解していないとできない作戦なので、優秀なブレーンはいると思います。
かつて民主が政権を取った時のマスコミ作戦とは何もかもが違います。

今後の展開

・当選者2名で国会に弱者保護を訴え、民間の知名度を上げる
・MMT理論を通じて「財政破綻しない財政出動・消費税不要論」を広める
・衆院選で野党共闘し、100人規模で出馬
・山本太郎が当選し、ゆくゆくは政権を取って総理大臣を狙う

2019-07-23 10:40 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1485-7da4a97e