FC2ブログ

自由民主党という矛盾した名前 - 貴方を幸福にするFXブログ

自由民主党という矛盾した名前

アベノミクスの効果と格差の拡大
これが自由の結果?

エセ賢者は、「自由民主党」という党名がずっと気持ち悪いと思っていました。
なぜなら、自由主義と民主主義は両立できないからです。

私達は当たり前のように「自由と平等」という言葉をセットで使っていますが、この二つはトレードオフの関係にあります。
自由にすれば自然と不平等になるし、平等にしようとすれば自由を制限することになります。

完全に自由な自然放置状態では、人々は必ず一握りの勝者と大多数の敗者に分かれます。
強い者が土地、生産手段、繁殖相手を占有して、独裁国家や身分制度を作ります。
王様や皇帝、天皇や将軍など、強者が弱者を支配するのは歴史が証明しています。

覇王の座は譲らぬが座席は譲る

自由の結果生まれた独裁を打破したのが、民主主義です。
フランス革命では人民によって絶対君主制が破られ、民衆を主権者とする近代国家が打ち立てられました。

民主主義を簡単に説明すると、「権力を国民の数で分割して所有すること」
元々は王様や貴族が全ての権利を持っていましたが、それを一般人に分けて全員を主権者にしようとしたわけです。
日本は一応民主主義国家ということになっているので、金持ちも貧乏人も関係なく全員に同じ参政権が与えられています。

自由主義は競争を認めるので、貧富の差が開いて強い人が権利を占有してしまう。
民主主義は皆が平等なので、強者の権利を削って弱者に分けなければいけない。

この二つはどうしても矛盾してしまいます。
どちらも最大限に保証することは絶対に不可能。
民主主義自体が自由を奪う思想というわけではありませんが、分配の関係上必ず対立します。

だから「機会の平等だけ認めて、結果の平等は保証しない」とか「働く能力がない者だけ生活保護を認め、他は認めない」といった形で折り合いをつけています。

社会主義や共産主義は、民主主義がさらに進んだ形。
市場経済を国家によって統制し、得られた利益を全員で平等に分配するのが社会主義。
さらに進んで、消費の状態や階級まで全てを均一化しようとするのが共産主義。

国家のリソースを分割しようとする方向性では、民主主義・社会主義・共産主義は全て同じレールに乗っています。
そういう観点で考えると、社会は自由主義VS共産主義ではなく、
自由主義VS保護主義(民主主義、社会主義、共産主義)
の対立構造になっています。

なぜかこの国は右翼(保守)VS左翼(革新)という謎の対立構造になっていますが、これは本当におかしな話。
私達の選択肢は本来、自由か保護のどちらかになるはず。
反日とか韓国とかファシストとか、本来全然関係ないんですが。

右翼と左翼が使うレッテル

権利の拡大は、その分だけ必ず自由を奪うことになります。
なぜなら、誰かの権利は他の誰かの義務になるからです。

⇒権利と義務の根本的な勘違い

年金制度を例にするとわかりやすい。

高齢者の生存権を認めるためには年金を増加する必要がありますが、その保険料は現役世代の負担。
高齢者の権利を拡大するためには、若者の自由に使えるお金を削らなきゃいけない。
若者に自由を拡大するためには、高齢者には自己責任で生きろと言わなきゃいけない。

高福祉の国を作ろうと思ったら、必ず高負担の国になってしまいます。

福祉以外の権利も全てトレードオフ。
女性の権利が拡大すれば男性が割りを食うし、著作権を強化すれば二次利用者が割りを食う。
アマゾンやマイクロソフトが自由にシェアを伸ばせば、他の弱小会社は淘汰される。

自由主義を選ぶなら、民主主義は捨てなきゃいけない。
民主主義を選ぶなら、自由主義は捨てなきゃいけない。
どっちも欲しいなんて無理。

表現自由報道の自由の侵害

猫賢者は基本的に自由主義を支持するリバタリアンです。
なぜなら共産主義が失敗したように、JASRACが日本の音楽業界を駆逐したように、自由競争が制限された社会は必ず衰退するからです。
たとえ弱者が淘汰されることになっても、極力自由を守るのが人類という種のためになると考えます。

しかし、日本において自由主義の支持率はあまり高くないようです。
もしも完全に自由主義の政党があれば、次のような政策を掲げるはずです。

・消費税→廃止
・年金→廃止
・NHK→完全民営化
・TPP→関税撤廃
・規制→作らない
・財政出動→しない
・夫婦別姓、同性婚→お好きにどうぞ

税金は経済的自由の侵害なので、極力取らない。
その代わりに、国家が産業を援助することも生活を保障することもない。
あらゆる規制も作らないが、弱者を保護することもない。

素晴らしい政策ですが、そんな政党ありますか?
全くないんですよ。

多分需要がないんでしょうね。
日本人は「自分の力で成り上がってやる!」より「国に面倒をみてほしい!」と考える人が多いので、超自由党があっても支持されません。
リベラルと言いながら共産主義的な政策を盛り込んだ連中ばかりです。

安倍首相がアフリカの教育に寄付

さらに言うと、完全に民主主義的な政党もありません。
正確に言うと「支持政党なし」がありましたが、あっという間に消えました。

日本共産党ですら増税に反対し、資本主義を容認しています。
世界一高い供託金によって奪われている直接参政権を取り戻してくれる政党は、未だにありません。
今の日本は自由主義と民主主義が混在した、中途半端な状態が続いています。

もしも貴方が今の世の中に息苦しさを感じているとしたら、それは権利が自由を圧迫しているからかもしれません。
自由に使えるはずのお金が他の誰のために使われ、言いたいことを言おうとしてもヘイトスピーチとして扱われるからかもしれません。

それらは他人が貴方を縛っているということですが、貴方が自分の権利を得るために他人を縛った結果でもあります。
結局貴方が自由になれない最大の原因は、貴方自身の「保護してもらいたい!」という願望なのかもしれません。

日本国憲法は万人に自由と人権を保証していますが、その両方が常に満たされているとは限りません。
給付された分だけ課税され、安全な分だけ束縛されています。
貴方がどちらかに不満を持ったなら、重要でない方は切り捨てていくしかないのです。

自分が本当は自由を望んでいるのか?
民主的に尊重してほしいのか?

よく考えてみてください。

手ピカジェルをご自由にお飲みください

次回から共産主義的貨幣論・・・、じゃなかった、現代貨幣理論(MMT)の講義を始めます。
本当に日本は財政破綻するのか、金融はどうあるべきなのか知りたい人はご一読ください。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

賢者さんは覚悟があるんですね。
人間など、いつ誰が病気や障害を背負うか分からないです。賢者さん自身も明日どうなるか分からない。弱者と言われる人間になったときに、初めて分かることもあります。賢者さんはそれでも自由を求めるんでしょうね。

2019-07-24 18:09 | from もも

Re: タイトルなし

> 賢者さんは覚悟があるんですね。
> 人間など、いつ誰が病気や障害を背負うか分からないです。賢者さん自身も明日どうなるか分からない。弱者と言われる人間になったときに、初めて分かることもあります。賢者さんはそれでも自由を求めるんでしょうね。

私は元々野生動物なので、食うのも食われるのも許容するしかありません。
わからない未来に対して誰かに保証を求めるのはナンセンスであり、
たとえできても大きな対価を支払うことになります。

2019-07-24 20:31 | from 幸福賢者

No title

MMTの記事、楽しみにしています。

・・・と、その前に。今回の記事で気になったのですが、賢者さんはベーシックインカムを認めていた(賛成していた)という訳ではないのでしょうか?

2019-07-24 23:31 | from ヨクト

Re: No title

> MMTの記事、楽しみにしています。
>
> ・・・と、その前に。今回の記事で気になったのですが、賢者さんはベーシックインカムを認めていた(賛成していた)という訳ではないのでしょうか?

私個人は自由主義者なので、ベーシックインカムが好きというわけではありません。
でも日本は実質的には社会主義国家なので、ベーシックインカムは非常に相性が良い。
個人主義より連帯責任が好きな日本人の気質には合うので、この国の政策としては悪くないのではないでしょうか?

2019-07-25 00:10 | from 幸福賢者

No title

いつも最高のクオリティ。ありがとうございます。

2020-04-24 16:15 | from 名無しもほどほどに

Re: No title

> いつも最高のクオリティ。ありがとうございます。

毎日更新を止めてから、一個一個の記事に時間をかけて書いています。
更新回数は減りがちですが、クオリティー重視です。

2020-04-24 16:17 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1486-65c2563e