FC2ブログ

稼ぐ力育成講座⑬ 漫画村は正しい(商売に限れば) - 貴方を幸福にするFXブログ

稼ぐ力育成講座⑬ 漫画村は正しい(商売に限れば)

ネットで可愛い動物のアイコンの人と会ってはいけない
ダメなのか!? (ノ_<)

前の話⇒稼ぐ力育成講座⑫ 転売ヤーを否定しない

漫画の海賊版サイトとして世間を賑わせた「漫画村」の運営者「星野ロミ」がフィリピンで逮捕されました。
著作権法違反により出版社に与えた被害額は、なんと約3200億円だそうです。

確かに法律的・道徳的に見れば、漫画村が100%悪い。

しかし、商売の本質と実際の経済効果を考慮すれば、間違っていたとも言い切れないのではないか?
結果的には被害どころか漫画業界に貢献すらしていないだろうか?

そうエセ賢者は思います。

なぜそう思うかというと、商売には
「客は自分の知っているものしか買わない」
という鉄則があるからです。

わかりやすい例として、スーパーの試食コーナーを考えてみましょう。

スーパーの試食店員

試食品を食べても、客がウインナーを買ってくれるとは限りません。
なのになぜ彼女はお客さんに試食を勧めるのでしょうか?

「食べた後だと断りにくい」という返報性効果もありますが、それよりも大事なのは味を知ってもらうこと。
実際にそれを食べたことがなかったり、不味くて食べられたものでなければ買いません。

「これが良い商品であることは知っている。買ったとしても損にはならない」

そういう状態になって初めて、お客さんは購入を検討することができます。

中の見えないブラックボックスを買う人はいません。
私達が魚や米を気軽に買えるのも、それがどんなものか既に知っているからです。

これは漫画、アニメ、小説、映画、遊園地などのエンターテイメントでも同じこと。
私達は何らかの方法で事前に情報を得てからお金を払っています。

・コンビニで週刊誌を立ち読みしたら、面白い漫画があったから単行本を買った
・好きな漫画がアニメ化したから、アニメのDVDを買った
・なろう小説で連載してたけど、文庫版が出たから買った
・アマゾンのレビューを読んだら、内容に興味を持って買った
・ドラクエ5のゲームが面白かったから、実写映画も観てみた(でもクソだった)


直接触れたことがなくても、外観や口コミで「買う価値がある」と判断することもあります。
最近はレビューが購入を左右することも多くなっていますね。
評判が良いほど購入の確率も高くなります。

日本車の過大評価

「知ってもらうのが大事なのはわかった。
でもそれはあくまでお試しだろ?
漫画村みたいに全部見せたら商売にならないじゃん」


と考える人もいるでしょうが、現実はむしろ逆かもしれません。
それが本当に良い商品・サービスであるなら、全てを包み隠さず見せることでかえって購入者は増える可能性が高い。

例えば、佐藤秀峰氏が漫画「ブラックジャックによろしく」無料公開・2次利用フリー化したのは有名。
その後半年間で、彼のロイヤリティ収入は約3700万円に急増しました。
続編の購入数が増加し、イラスト依頼などもあり、電子書籍の売り上げが飛躍的に伸びたそうです。

また、キンコン西野氏の絵本『えんとつ町のプペル』は彼のサイトで前頁無料で読むことができます。
これも無料公開によって販売数は大幅に増加しました。

他にも原作が無料Web漫画でリメイク版が無料連載されている「ワンパンマン」は、1600万部以上の売り上げ。
「小説家になろう」のラノベは、書籍化してバカ売れ。



無料で公開したのに、書籍の売り上げはうなぎのぼり。
これは「全部見せたら商売にならない」という意見を否定しています。
漫画村で漫画を読んだ人も、その後単行本に手を伸ばした人が少なくないのではないでしょうか?

ウェブで見れるのになぜ買うのか?
その理由は紙の書籍と電子データは違うからでしょう。

絵本のように子供に読み聞かせる際は、スマホ画面よりも触れる紙の方がずっといい。
あるいは何度も読み返したくなる本であれば、いつでも手に取れるように書籍を買うのは珍しくありません。

実際に芸術とエンターテイメントは、リピーターで成り立っています。
ディズニーランドに一回行ったら二度と行かない人ばかりなら、オリエンタルランドは全く儲かっていないでしょう。
名画は一度見れば十分なら、何億円かけてピカソやゴッホの絵を購入する人はいないでしょう。

「良いモノを知っている」ことは買う理由になっても、買わない理由にはなりません。

プーチンとモナリザは美しい

また、電子書籍のようなデータは他の商品よりずっと無料配布に向いている点があります。
それはコピーのコストがかからないこと。

紙の本を複製するのにはお金がかかりますが、データであれば何百万何千万複製してもタダ。
極端な話、全人類に配布しても一冊分のコストで構いません。

複製のコストがかからないなら、全てのお客さんから回収しなくても構わない
例えば1千万人に配布して10%の面白いと思った人にだけ代金を支払ってもらったとしても、100万人分の売り上げが得られます。
残りの90%は立ち読みでも、元からお金はかかっていないのだから全然問題ありません。

また、クラウドファンディングやアフィリエイトで利益を得ることも可能です。
商品を無料にして、投げ銭や支援でお金を集めているクリエイターはどんどん増えています。

民放のテレビ番組は大抵無料で、スポンサーのコマーシャル代で成り立っています。
各種SNSや動画サイトなどのメジャーなWebサービスは基本無料で、広告料や有料会員の会費によって運営費を賄っています。
ツイッターを使って無料の漫画村を批判している人達は、ツイッターにお金を支払っているのでしょうか?

NHKの受信料みたいに全員が料金を支払わないと不公平に感じるかもしれませんが、商売人からすればそんなことはどうでもいい。
どっちみち知名度がなければ話にならないのだから、沢山配布して払える人にだけ払ってもらった方がずっと効率はいい。

口コミを通じた無料の宣伝効果は、有料とは全く比較になりません。
とにかく知名度を上げるために、無料スタートが必須です。
このエセブログだって、有料なら誰も見てないでしょうし。

ご自由に無料でどうぞ

ただし、この無料配布戦法には一つだけ欠点があります。
それは実力のない者は淘汰されるということ。

中身を見て面白いと思ったら、もちろん売れます。
一方で中身がさっぱり面白くなければ、当然のごとく売れません。

本の中は下書きしかない薄い本でも、表紙が綺麗ならそこだけで判断して売れるかもしれません。
原作をぶち壊した実写映画でも、ドラクエのネームバリューがあれば観にくる人もいるでしょう。
猫賢者はいつもそうやって騙されます。

しかし、その中身を公開してしまえば、一気に客は去ります。
内容を公開した上で本やBLDが売れるのは、あくまでそれの価値が高い場合の話です。

情報公開は保護された産業を自由化し、優れた者と劣った者をはっきり分けるでしょう。
そう考えると、漫画村を殊更に批判していた漫画家は腕に自信がないのかもしれません。

漫画村消滅前後で統計を比較すると、日本の漫画の売り上げは間違いなく上がりました。
「漫画村に行っていた客が戻ってきた」とも思えますが、
「漫画村によって漫画に興味を持つ人が増えて、購入に結び付いた」
とも考えられます。
だとすると出版社は彼等に損害賠償を求めるどころか、広報活動に感謝するべきかもしれません。
(もちろんこれは一つの見方でしかないが)

無料で漫画が読み放題の「漫画図書館Z」、ニコニコ静画、となりのヤングジャンプ、ガンガンオンライン、裏サンデーなど漫画業界はどんどん無料化の方向へ進んでいます。
Youtube、ツイッター、フェイスブック、各種ソーシャルゲームなども基本無料のものが大半です。
もはや基本無料で使えることが、ビジネスモデルの主流になっていると考えていいでしょう。

あなたがどんな素晴らしい製品やサービスを作り出しても、世の中に認知されなければ売れることはありません。
いかに低コストで多くの人に知ってもらうか考えてみましょう。

ご自由にお食べください



⇒稼ぐ力育成講座⑭ 貯金を増やす三つの方法
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

やっぱりダメだと思う

作者が無料にしているときはそれでいいけれど、作者の意図に反して無料公開するのはやはり問題だと思う。
万が一無料公開する方が儲かるのだとしても、有料のままにすることが作者にとって不利であるとしても、作者の意図が優先されるべきではないだろうか。

2019-08-11 22:53 | from 愛読者

Re: やっぱりダメだと思う

> 作者が無料にしているときはそれでいいけれど、作者の意図に反して無料公開するのはやはり問題だと思う。
> 万が一無料公開する方が儲かるのだとしても、有料のままにすることが作者にとって不利であるとしても、作者の意図が優先されるべきではないだろうか。

法律的に良いとか悪いとか、そういう話じゃないんですよ。
漫画業界がより進化する方法を教えてくれた、ということ。

商売において最も重要なのは知名度であり、それを得る方法を漫画村は提示してくれました。
そして、現在のWeb漫画サービス(漫画図書館やニコニコ静画など)は販売を増やす方法を漫画村から学んで実践しています。

このまま改善が続けば、仮に漫画村が復活したところで以前のような脅威にはならないでしょう。
消費者の立場からすれば、漫画村が出てすぐ消えてくれたことで、最も良い結果になりました。
大事なのは道徳的な善悪ではなく、私達がそこから何を学んだかです。

2019-08-12 00:20 | from 幸福賢者

Re: No title

> いっとくけど、貴女の『権力の悪用』 に 誰が、耐えられるのでしょうか、・・・。  

申し訳ありませんが、意味がわかりません。

私には何の権力もありません。
ただ自分の考えをここで発信するだけです。
何か意見があれば、具体的にお願いします。

2019-08-13 10:21 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1493-4486c9e2