FC2ブログ

MMT理論の嘘 埋蔵金も打ち出の小槌もないんだよ - 貴方を幸福にするFXブログ

MMT理論の嘘 埋蔵金も打ち出の小槌もないんだよ

レモン一個に含まれるビタミンCの量
わざわざ伝えないといけないのか!?

前の話⇒現代貨幣理論(MMT)とは

<要約>
・お金は資源を分配するための道具である
・政府はお金を使って国民の資源を分配している
・通貨を発行しても労働力は増えないので、MMTに意味はない
・過剰な高齢者福祉を止め、少子化対策や新技術に分配すべき


最近の三橋経済学派やMMT信者の経済議論を見ていると、

「MMTは打ち出の小槌!
信用創造で財源を作り出して公共事業や社会保障を行おう!」


みたいな意見をよく見かけますが、エセ賢者は根本的に間違ってると感じます。
一般人ならともかく、曲がりなりにも経済学を学んだ学者までこんなトンチンカンなことを言っているのが悲しい。

財源がどうのこうのなんて、国家の仕組みからすればどうでもいいこと。
信用創造が価値を作り出すと信じている人々は、資源配分のシステムを理解していないのだと思います。

国家予算の役割は、資源の最適配分を決めること
徴税や国債の発行は、そのための手段の一つに過ぎません。

日本の税収における消費税の割合

資源とはお金のことではありません。
資源とは生産力
労働力や資本、土地、領海など生産に寄与する物の総称です。

あなたの一日が24時間なら、その24時間が生産に寄与する資源です。
もしあなたが毎日8時間働いて給料の半分を税金として納めているとしたら、政府は4時間を徴収して国家事業に使っています。
対価の賃金は、あなたの時間を借りるための道具にすぎません。

三橋貴明やカリンゴンの言うように、信用創造を用いれば帳簿上のマネーは無限に増やすことができます。
百兆でも千兆でも、パソコンに数字を打ち込むだけで預金を作ることができます。

しかし、あくまでそれはただの数字に過ぎません。
何百兆円あっても腹は膨れない。
お金を受け取って仕事をしてくれる人がいないと、何の意味もないものです。

政府が徴税や国債の発行を行えば、そのお金で「国民の時間や財産」を借りることができます。

借りることができるのは、日本の失業者や残っている資材など。
日本人が1億2千万人だとしたら、いくら高給を出してもそれ以上の人手は集まりません。
作物を育てる耕作地や、漁業をする海洋も限りがあります。

大規模に公共事業を行えば、人件費や資材費が高騰します。
ただでさえ人手不足の時期に行えば、従業員のいなくなった零細企業は倒産してしまうかもしれません。

お金は無限でも、リソースは有限です。

①童話の『うちでのこづち』:宝物や牛、馬や食物が出る
②政府通貨:民間から物を買う


政府は人も物も作れず、単に民間に寄生しているだけ。
だから価値を生み出せないMMT財源は打ち出の小槌とは呼べないのです。

税制は「国家が国民からリソースを徴収する制度」なので、必ずしもお金を通じて行う必要はありません。
現代の税はその国の通貨によって納められていますが、物品や労役が税となっていた時期もありました。

労役、兵役→直接命令して奉仕者として使用する
公務員、自衛隊→給料(お金)を通じて奉仕者として使用する

政府は元々国民への命令権を持っているが、各人の適性や意思を確認して直接動員するのは非効率。
だからお金という報酬を提示して、各人の自由意思を確認した上で働かせているわけです。

ニート働け

新しい事業を始めようとすると、

「財源はなに?」

とお決まりの台詞を言う人がいますが、財源なんて話はそもそも無意味です。
お金は仕事をしないのだから。

お金が政策を実行してるわけじゃない。
国家の持つ「民間に命令する権利」がお金の形になっているだけ。
そういう意味では、「財源がないなら刷ればいいじゃん(新しく命令すればいいじゃん)」という考えもあながち間違いではない。

しかし、お金を刷ってもできないことはあります。
お金は無限でも資源は有限だからです。

仮に現在の国家予算と同額を新規発行して通貨発行益で公共事業を行ったとしても、国家の生産は倍にはなりません。
それをきっかけに元々働いていなかった人が働き出せばその分は増えますが、失業者がいなければ何も変わりません。
お金を撒いた分だけコンクリートや人件費が高騰して、マクロ経済の発展を阻害するでしょう。

もちろん、国家が応援した産業は繁栄します。

クールジャパンで100億円の援助を受けた吉本興業のように。
アベノミクスで大儲けした外資のように。

日本から支援を受けたアフリカ諸国も、日本人の金を使って発展するかもしれません。

安倍首相がアフリカの教育に寄付

けれど一方で、支援されなかった側は資源を奪われて衰退します。
安倍首相が特定の相手を支援するほど、他の日本人が貧しくなっていくのは明らか。
増税しながら財政出動を迫るのは、特定の相手だけえこひいきしているのと同じです。

政策とは、「何かを切り捨てて、その他の何かを取ること」です。
特定の分野を優遇するなら、他の分野を冷遇することになります。

MMTがあろうが徳川の埋蔵金が見つかろうが、何も失わずに何かを得ることは不可能です。
「日本人1億2千万人分の労働力をどう分配するか?」を決めるのが国会議員の役割とも言えます。

国を挙げて少子化対策を行えば人口を増やすことができます。
大学研究に投資して技術革新を行えば、新しい技術によって生産性が向上していくでしょう。
生産性の向上を目指すなら、少子化対策と技術開発への投資を惜しんではいけません。

一方で高齢者の医療や介護にお金を使っても、何も生まれません。
若者が貧困化して結婚できなくなり、人口減少とともに将来の生産力が縮小していくことになります。

日本が衰退し続けている一番の原因は、国家予算の大部分を社会保障の名目で使っているからです。
子供を育てるための資源を高齢者に費やすと、少子化で国家は衰退していきます。
もちろん無駄な事業や非生産的な軍事費に使っても同じです。

大事なのは「お金を刷ること」でも「社会的道徳」でもなく、「成長に繋がる分野にリソースを集中すること」です。
もちろん金額と業績が比例するわけではありませんが、優先順位を間違えない限り成果は付いてきます。

はっきり言いますが、この国の資源分配は老人優遇になりすぎています。
MMT派もリフレ派もGDPやデフレという実態のない数字だけ見て、少子高齢化という根本的な問題から目を反らしています。
消費税や社会保険料を根本から見直し、これから子供を育てる若者に資源を返しましょう。

次の話⇒アベノミクスやMMTの「社会主義政策」は経済成長をもたらさない

少子高齢化社会の老害
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

確かに供給能力の制約があるので打ち出の小槌の如く無限に資金を生み出せるわけではないし、ほかの面についても100%完璧な理論ではないとは思うがそこまで理解しておいてMMTを殊更否定するのは何故?

2019-10-04 22:42 | from   

Re: No title

> 確かに供給能力の制約があるので打ち出の小槌の如く無限に資金を生み出せるわけではないし、ほかの面についても100%完璧な理論ではないとは思うがそこまで理解しておいてMMTを殊更否定するのは何故?

MMTを否定しているのではなく、MMT信者の言う「打ち出の小槌」を否定しています。
国債の発行は「資源分配を調整する手段」であり、それ自体が価値を生むわけでも国力を増強させるわけでもありません。
大事なのは成長分野に集中することであり、それができるならMMTを利用しようがしまいがどうでもいいことです。

公共事業推進派の言うように国債で公共事業を行えば既得権益層に資金が流れ、
トリクルダウンの過ちが繰り返されます。
MMTを利用して財政出動を正当化する詐欺師を許してはいけません。

また、MMTは本質的に「社会主義的」であり、経済を衰退させる危険性があります。
それについてはまた別の記事で説明します。

2019-10-04 23:25 | from 幸福賢者

若者もかわいそうですが、ウチの両親のように負け組の高齢者もなかなか辛いものがあります。息子の私が勝ち組で親孝行できれば何の問題もないのですが…。このままだと私も負け組の高齢者になります。人生は楽しんだもの勝ちで、決してお金だけではないのですがね。

2019-10-05 03:04 | from 名無しもほどほどに

Re: タイトルなし

> 若者もかわいそうですが、ウチの両親のように負け組の高齢者もなかなか辛いものがあります。息子の私が勝ち組で親孝行できれば何の問題もないのですが…。このままだと私も負け組の高齢者になります。人生は楽しんだもの勝ちで、決してお金だけではないのですがね。

自然界の基準では生きてる時点で勝ち組です。
安全な家と食事と何でもできる自由があって、何が負け組なのでしょうか?
テレビに映る上流階級を基準にすると、必要以上に自分を貶める癖がついてしまう気がします。

2019-10-05 08:21 | from 幸福賢者

良い言葉ですね。

>自然界の基準では生きてる時点で勝ち組です。
>安全な家と食事と何でもできる自由があって、
>何が負け組なのでしょうか?
>テレビに映る上流階級を基準にすると、必要以上に
>自分を貶める癖がついてしまう気がします。

幸福賢者さん、良い事言いますね!
久々に、心に染みるお言葉でした。(^_-)-☆

2019-10-06 12:52 | from ぺんた | Edit

不思議

それにしても不思議なのは・・・
このような、素晴らしいお考えをお持ちの幸福賢者さんが、なぜ「みんクレ」のような怪しい投資話に引っ掛かるのかという事です。
幸福賢者さん並みに悟りを開いた方でも欲に目が眩むというのがお金の怖いところなのですかね?(^^;

2019-10-06 12:57 | from ぺんた | Edit

Re: 不思議

> それにしても不思議なのは・・・
> このような、素晴らしいお考えをお持ちの幸福賢者さんが、なぜ「みんクレ」のような怪しい投資話に引っ掛かるのかという事です。
> 幸福賢者さん並みに悟りを開いた方でも欲に目が眩むというのがお金の怖いところなのですかね?(^^;

前にも書きましたが、あれはみんクレが2年続くことに賭けたギャンブルですよ。
持続不可能なのは最初からわかっていました。
勝っても負けてもそれが面白いネタになれば成功です。

人は本質的に「獣」なのでどんなに悟っても仏にはなれないし、欲望を捨てることもできません。
リスクを避けて安全な道だけ選ぶのも可能ですが、そんなことをしてもつまらない思い出が最後に残るだけ。
それなら自分の欲望を肯定して冒険する方が、よほど楽しい人生が送れると思います。

2019-10-06 13:12 | from 幸福賢者

Re: 良い言葉ですね。

> 幸福賢者さん、良い事言いますね!
> 久々に、心に染みるお言葉でした。(^_-)-☆

人は誰しも平等に死ぬので、人の定めたカーストは根本的に意味がないんですよ。
大切なのは今の与えられた状況で「自分が何をするか」ということです。
他人との比較より、過去と未来における自身の変化に焦点を当てるべきだと思います。

2019-10-06 13:25 | from 幸福賢者

No title

なるほど。長年拝見させていただいていますが、最も勉強になった記事かも。

2019-10-07 17:56 | from しんすけ

Re: No title

> なるほど。長年拝見させていただいていますが、最も勉強になった記事かも。

Youtubeで三橋貴明氏が経済の本質から外れたMMT論を展開しているので、
間違いを指摘するために書きました。

実はこれでも重要な部分が欠けています。
本当に大事なのは「経済が何のために存在するか」であり、殆どの経済学者はそれを勘違いしています。
それについてはまた後日説明します。

2019-10-07 18:22 | from 幸福賢者

>他人との比較より、過去と未来における自身の変化に焦点を当てるべきだと思います。

過去と未来における自身の変化も、他人との比較の上に成り立っていると思います。人は人との間で生きる限り、それは仕方がないですが、最近、人との比較も良い部分もあるのかなと思い始めました。自分独りだったら、進歩を望まないかもしれません。

2019-10-09 19:09 | from もも

Re: タイトルなし

> 過去と未来における自身の変化も、他人との比較の上に成り立っていると思います。人は人との間で生きる限り、それは仕方がないですが、最近、人との比較も良い部分もあるのかなと思い始めました。自分独りだったら、進歩を望まないかもしれません。

他人への憧れや嫉妬が成長の原動力になるなら、それは素晴らしいことだと思います。
逆に他人への劣等感が諦めに向かうようであれば比較するのを止めて、
今日の自分が昨日より向上するように努めるべきだと思います。

2019-10-09 19:24 | from 幸福賢者

説明が分かりにくいです

2019-12-13 17:32 | from 名無しもほどほどに

Re: タイトルなし

> 説明が分かりにくいです

誠に申し訳ございません。
文章を見直します。
今後もっとわかりやすくするように努力します。

簡単に言うと、「お金は私達の時間や財産を切り売りしているだけ」ってことです。
お金を刷っても私達の時間や財産は増えないので、MMTで国債を発行しても意味がないのです。

2019-12-13 17:47 | from 幸福賢者

リソースの定義とは何ですか?
生産性の低い高齢者は切り捨てろと言っているようきこえますがあってますか?
医療、福祉、介護の分野においての需要が高まり、雇用が創出されていることについてはどお思われますか?

2019-12-13 18:20 | from 名無しもほどほどに

要するに、「選択と集中」をしろということでよろしいですか?それでは今の政治と同じではないですか?経済政策においてのプライマリーバランスの考え方と何か違いはありますか?

2019-12-13 18:48 | from 名無しもほどほどに

Re: タイトルなし

> リソースの定義とは何ですか?
> 生産性の低い高齢者は切り捨てろと言っているようきこえますがあってますか?
> 医療、福祉、介護の分野においての需要が高まり、雇用が創出されていることについてはどお思われますか?

生産力、特に私達の労働力ですね。
現在の社会保障は構造的に持続不可能なので、高齢者の予算は削らなければなりません。
医療、福祉、介護の負担が大きすぎては、社会を維持することができません。
効率化が急務です。

自由主義:減税→労働意欲上昇→経済成長→社会保障の余裕ができる
社会主義:増税→社会保障費の確保→労働意欲低下→経済縮小→国家沈没

現在の社会主義政策では経済が縮小してしまうため、一時的に福祉を維持できてもソ連のように崩壊してしまいます。
徹底的な減税によって人口を増やし経済成長させれば、社会保障を行う余力もできます。
全体のパイを縮小させる過度な高齢者福祉は行ってはならないのです。

2019-12-13 19:05 | from 幸福賢者

Re: タイトルなし

> 要するに、「選択と集中」をしろということでよろしいですか?それでは今の政治と同じではないですか?経済政策においてのプライマリーバランスの考え方と何か違いはありますか?

政策とは常に「選択と集中」です。
何を取るかの違いしかありません。
プライマリーバランスは重要なことではありません。

日本は現在(社会保障)のために将来(出生率)を犠牲にしています。
これを逆転させなくてはいけません。

消費税と社会保険料がある限り、現役世代は子供を作ることができません。
増税と高齢化の悪循環を繰り返せば、国家は必ず滅亡します。
減税によって悪循環を断ち切り、人口増加に転換しましょう。

https://valuablefx.blog.fc2.com/blog-entry-1536.html

2019-12-13 19:13 | from 幸福賢者

MMTでは政府はインフレ率が高騰しない限りは、国債を発行し、財政拡大しても良いといっています。つまりは、政府は社会保障費を支出しながら、同時に貧困対策や防災や防衛に支出することもできる。そして税は過度にお金が世の中に出回らないようにする、安定化装置の役割があります。
選択と集中こそが、格差や既得権を生んできたのではないかと思います。

2019-12-13 23:16 | from 名無しもほどほどに

Re: タイトルなし

> MMTでは政府はインフレ率が高騰しない限りは、国債を発行し、財政拡大しても良いといっています。つまりは、政府は社会保障費を支出しながら、同時に貧困対策や防災や防衛に支出することもできる。そして税は過度にお金が世の中に出回らないようにする、安定化装置の役割があります。

ゼロサムですよ。
通貨発行は既に発行された通貨の価値を削っているだけで、全体の富は何も増えていません。
全体に広く薄くインフレ税を課しているだけです。
財政出動すれば民間は人手を取られ、増えた分だけ必ず生産力が低下します。

国を豊かにするためには、人口増加と生産性の向上が不可欠です。
全体のパイを広げずにお金の量でごまかしても意味がありません。

> 選択と集中こそが、格差や既得権を生んできたのではないかと思います。

政府に力がありすぎるから既得権益が生まれるんですよ。
ソ連や中国を見ればわかるように、大きな政府は必ず腐敗します。
減税を行い、権限を国民に返さなれば独裁のままです。

2019-12-14 10:12 | from 幸福賢者

生産性の向上について考えたことはありますか?人口増加が不可欠なら移民を入れれば解決しますか?

2019-12-14 11:16 | from 名無しもほどほどに

Re: タイトルなし

> 生産性の向上について考えたことはありますか?人口増加が不可欠なら移民を入れれば解決しますか?

生産性の向上は大衆の欲望によって成されます。
今のように「働いたら負け」という社会主義では生産性は向上しません。
努力に応じた成果が得られる自由主義では生産性が向上します。
詳しくは下記の記事をどうぞ。

https://valuablefx.blog.fc2.com/blog-entry-1536.html

移民は人口問題を解決しますが、その代わりに現在欧州で起こっているような問題を発生させます。
私としては出生率を上げて日本人を増やす形で解決を図りたいと思っています。

2019-12-14 11:41 | from 幸福賢者

No title

「民間に命令する権利」がお金の形になっているだけ。

全くその通りだと思います。

結局は民間に働きアリのように働かせてたいだけ。

MMTは逆に国民を豊かにしてくれる。

2020-06-18 07:21 | from

Re: No title

いや、MMTを利用した政府支出の増加は国民を貧しくするだけですよ。
役人の言う通りに生産を行うなら、共産主義の計画経済と同じです。
官僚と企業が癒着して、既得権益が肥えて国民のために働く企業は潰れていきます。
大企業優遇のアベノミクスと同じ。

本当の日本を豊かにしたければ、政府支出を減らして減税する必要があります。
役人ではなく、労働者自身がリソースの使い道を選ばなければ健全な経済成長はありません。
政府が分配を決める社会主義は絶対に失敗します。

2020-06-18 10:26 | from 幸福賢者

リソースは有限。
おっしゃる通りだと思います。
でもそれはインフレ率の制約があるとするMMTといっしょの意味だと思います。
リソースをフル活用することが、国益だと思います。
問題は実質賃金が下がってる仕組みです。
株主優位・経営陣と株主の同化・企業の短期的利益の追究で労働者は労働力という部品になりました。
労使闘争の中での労働者側の敗北です。
インフレだろうと好景気だろうと給料は上がらない。
労働生産性を上げてリソースが上がっても給料は上がらない。
福祉に回す金を減らしても国民は豊かになりません。

2020-08-10 01:38 | from 名無しもほどほどに

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1514-a17bcdd2