FC2ブログ

人生に勝つ三つの方法 - 貴方を幸福にするFXブログ

人生に勝つ三つの方法

負けたと言わない限り勝っている
本当か!?(;゜0゜)

仕事で、トレードで、学業で、私達は誰しも勝利を追い求めています。
競争して勝って糧を得ることは、生き抜くための必須条件と言っても過言ではありません。

しかしながら、同じ勝利といってもそのそのスタイルは一様ではありません。
相手を打ち負かして、ボコボコにするだけが勝利条件ではありません。

自分と相手の関係性によって、三つのタイプがあるのをご存じでしょうか?

①Win-Lose

②Win-Win

③Win


手段を選ばず貪欲に勝ちにいくのは、決して悪いことではありません。
しかし、競争内容を無視してそれを成し遂げるのは極めて困難です。
状況に応じて、この三つを使い分ける必要があります。

①Win-Lose

相手を負かして自分が勝つパターン。
コンテストや格闘技など、参加メンバーが少ない状況において有効。

日本のような幼少から学校の成績で上下を決める競争社会では、Win-Loseの意識が染みつきやすい。
自分を高めるより相手を貶める方が容易いので、ずっと相手の粗や弱点を探し続けている人が多い。

勝つという目的が「相手を負けさせる」にすり替わると、非合理的なLose-Loseに転落する恐れがある。
「自分はどうなろうと相手の足を引っ張れればいい」となったら本末転倒。

犬と戦う猫

②Win-Win

競争ではなく、協力によって双方に利をもたらすパターン。
例えば二社が組んで新商品を開発したり、コンサルタントが経営を助けるなど、力を合わせて単独より大きな成果をつくる。

敗者がいないため社会の理想的な形ではあるが、双方の理解と協調が不可欠。
全体のパイが拡張する状況において効果を発揮するが、パイが限られているランキングやゼロサムゲームで成立することはまずない。

繋いだ手と手

③Win

自分が勝つ。
ただそれだけ。
相手のことは知らない。

普段意識されることはないが、現実には最も利用されている合理的なスタイル。
自由主義者や個人主義者に多い。

純粋に自分の能力やスキルを高めて、目標達成への最短距離を進む。
コントロール不能な他者は切り捨て、彼等は彼等自身の努力で成功すればいいと考える。
当然知らないうちに恨まれたり嫉妬されることもあるが、それも含めて受け止める度量が必要。

為替相場など、参加者の非常に多い舞台において有効。
参加者の少ない状況では妨害を受けやすい。

億万長者の金持ち猫

このように三つの勝ち方が存在しますが、「どれが一番良い」ということはありません。
「長期的にはウィンウィンしか成り立たない」とか「他人は気にするだけ無駄」とか言う人もいますが、それは限られた分野でのみ通用する概念に過ぎません。

Win-Winは確かに理想的な形に思えますが、ボクサーの世界チャンプや棋士の名人でそれが実現できるかといえば無理でしょう。
Win-Loseに従って対戦相手を蹴落とせばタイマンには勝てますが、ネットの参加者が何万人もいる場所ではいくら足を引っ張っても意味がありません。
Winは多数との競争で効果を発揮しますが、協調性に欠けて孤立しやすい面があります。

信頼関係を必要とするビジネスにおいては、商売相手を尊重するWin-Winを。

勝ち負けをはっきりさせなければいけない対戦においては、相手に合せて戦術を選択するWin-Loseを。

トレードのように無数の相手との競争においては、自己鍛錬に集中するWinを。

こうやって上手く使い分けることが、この競争社会において成功する秘訣と言えます。

人間は一貫性の性質によってどのような場所でも同じスタイルを貫きがちですが、それぞれの分野ではそれぞれの勝ち方があります。
一つの考えに執着するのではなく、柔軟な対応を心掛けましょう。

殴り飛ばす猫
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1518-dd369d33