FC2ブログ

本当の経済学は「欲望」を中心に考える - 貴方を幸福にするFXブログ

本当の経済学は「欲望」を中心に考える

東大で自転車サドルがブロッコリーに代わる大事件
そんなのが欲しかったのか・・・( ノД`)

ソビエト式の共産主義が失敗した理由は色々ありますが、一番の理由は努力が報われなかったからでしょう。
人間は基本的に利己的です。
自分が儲かるためなら努力を惜しみませんが、顔も知らない他人のために働けるようにはなっていません。

結果の平等が保証された共産主義においては利潤の追求が許されないので、自由競争による生産性の向上が起こらない。
人々の労働意欲が失われて非合理なゾンビ企業が生き残れば、社会が沈没するのは当たり前です。

現代の日本も全く同じ。
社会主義にかぶれた結果、経済が縮小を続けています。
日本における社会主義とは、高齢者や病人を厚遇する社会保障制度のことです。

安倍政権はインフラ整備などで13兆円規模の思い切った財政政策を講じるそうですが、はっきり言って無駄
財政出動で所得が上がったとしても、累進的に税金や社会保険料が増えるため手取りが増えません。
重税がかけられている限り「政府のために働いている」になってしまうため、労働者のモチベーションは絶対に上がらない。

本当に景気を回復させたいなら、トランプ政権を見習って大規模な減税をするしかありません。
トランプ大統領は所得税・法人税減税と国民皆保険の医療保険制度(オバマケア)の廃止を進めています。
オバマ前大統領の社会主義政策によって落ち込んでいた米国経済はトランプの自由主義政策によって転換し、現在は過去最高の株価と低失業率を実現しています。

自由主義:減税→労働意欲上昇→経済成長→社会保障の余裕ができる
社会主義:増税→社会保障費の確保→労働意欲低下→経済縮小→国家沈没


経済は経営者や労働者の意欲によって拡張されるため、課税によって発展することはありません。
日本を本気で復活させたいと思うなら、年金保険料・健康保険料・消費税・所得税・法人税などをすべて引き下げていくべき。

来週だけ消費税をなしにする

減税というと反緊縮政策と考える人もいるでしょうが、必ずしも「赤字国債を発行して財政出動しろ」ということではありません。
「皆が働きたくなるような制度を作ろう」ということです。
むしろマクロ経済学者の言うデフレ対策、公共事業やベーシックインカムといった庶民に直接餌を与える政策は望ましくありません。

例えばあなたが新作の「ポケットモンスター ソード&シールド ¥5980」を買いたいが、財布が空だったとしましょう。
ポケモンを買うためには、マクドナルドでバイトをして稼がないといけません。

あなたがマックでハンバーガーを売ると、お客さんがそれを買います。
お客さんもお金がないと買えないので、当然どこかで仕事をすることになります。
お客さんが仕事をすればその支払いのために他の人が働いて、その繰り返しで延々と連鎖が続きます。

・・・←ポケモン←あなた←お客さん←別の客←・・・

このようにあなたの「ポケモンが欲しい!」という欲求を起点にして経済が回ります。

左に向かってお金が動いているので「お金が経済だ」と思い込んでいるトンチンカンな経済学者は沢山いますが、お金が勝手に移動しているわけではありません。
あなたに欲しい物がなければ、口座に100兆円あっても無駄です。
たとえ一文無しでも本当に必要なら働いて支払うし、物々交換や借金で賄うことだってできます。

経済を動かしているのはお金ではなく、欲望なのです。

ここで政府が「財政出動で景気回復だ。国民に1万円ずつ配ろう!」と言い出すと、この循環は止まってしまいます。
労せず獲物を手に入れたことにより、あなたは働く動機を失ってしまうからです。

動物達はお金でしか働かない仕事

売り上げが増えて経済は活況になったように見えますが、あなたが働くことで発生する商品やサービスはなくなり、それを目当てに働く人もいなくなりました。

このようなバラマキは上流を潤して一時的に生産拡大をもたらしますが、根が枯れるため長期で見るとどんどん先細っていきます。
末端の庶民が勤労意欲を失って滅んだソ連と同じですね。

年金で老後が保証されれば、若者は子供を作らなくなります。
健康保険が手厚すぎれば、積極的に病気を治そうとしなくなります。

庶民を豊かにしたければ、魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えなければならない。
無暗に生活を保障すると働く動機がなくなり、経済は縮小してしまうのです。

私達は思うように行かないと不満を持ちますが、その不満こそが社会を発展させるために必要です。
不満がなければ改善しようと思わないし、欲がなければ努力しようと思わない。

問題が沢山あるから、欲しい物が簡単に入らないから、人類はこんなにも高度な文明を築いてくることができました。

欲しい物が何でも手に入るというのは甘え

世界各国が成長する中で日本が足踏みしているのは、やはり私達に危機感が欠けているからでしょう。
このまま少子高齢化が進めばさらに社会保険料が上がり、ゆでガエルのように死んでいくことにもなりかねません。

国民年金を一言で表すと、「現役世代の収入を高齢者で養う制度」
社会保障の分だけ次の世代を育てる資源が減るので、どうやっても少子化が進みます。
高齢の政治家は老後が保障されているので、少子化を解決する行動は起こしません。

増税→少子化→増税→少子化→・・・

のループで永遠に出生率が低下し、ワーキングプアで経済も沈下していきます。
どこかで若者の不満が爆発して、社会全体をひっくり返すか。
あるいは増税の無意味さに気付いた政治家が、減税政策やフラットタックスに転換を図るか。

いずれにせよ、「働いたら負けな仕組み」を破壊しなければ未来はありません。

この世界を動かしているのは、人間の欲望です。
お金は取引を成立させるためのツールであり、経済を拡張させる力は持ちません。
「金をばら撒けばデフレが脱却できる」と嘯くマクロ経済学者は詐欺師です。

欲望なしに人は動きません。
新しいビジネスを立ち上げることも、投資にチャレンジすることもできません。
我欲があるからこそ私達は行動を起こし、その結果社会に貢献することができます。
あなたが成功するために必要なのは種銭でもノウハウでもなく、あなた自身の熱意です。

経済を発展させようと思うなら、夢や希望を叶えようと思うなら、人間本来の欲望を肯定すること。
社会主義を排し、頑張る人が報われる社会を作らなければいけません。

サッカーを始めたきっかけはハムスターが欲しかった

※ちなみに日本の政党(自公含む)はほぼ社会主義寄りで、自由主義を推進しているのは幸福実現党だけ

関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

世の中には、努力ではどうにもならないハンデを背負っている人がいますが、それについてはどう考えますか?

2019-12-10 07:29 | from もも

Re: タイトルなし

> 世の中には、努力ではどうにもならないハンデを背負っている人がいますが、それについてはどう考えますか?

皆に同じノルマを押し付けるのは共産主義のやり方。
自由主義は各自が得意分野を選んで社会に貢献する制度です。
自分の努力ではどうにもならない分野は「他人に任せる」のが認められているわけです。

社会に貢献する方法は無数にあり、必ずしも生産に寄与する必要はありません。
例えば延々とゲーム実況をしている人もいれば、エセ賢者のように駄文を書き続けている人もいます。
できないことに囚われるのではなく、何か自分にできることはないか考え続けることが大事なのだと思います。

2019-12-10 11:15 | from 幸福賢者

No title

ひと昔前に中国から、「日本は最も成功した社会主義国だ」と皮肉られていた時代もありましたが、やはり、経済学通りに社会主義政策を取り続けた日本は没落の一途ですね。

たぶん、旧ソ連のように崩壊するまで止まらないのでしょうねぇ。

2019-12-10 21:21 | from 山中 一人

Re: No title

> ひと昔前に中国から、「日本は最も成功した社会主義国だ」と皮肉られていた時代もありましたが、やはり、経済学通りに社会主義政策を取り続けた日本は没落の一途ですね。
>
> たぶん、旧ソ連のように崩壊するまで止まらないのでしょうねぇ。

まったくその通りです。
社会主義は一時的には成功したように見えますが、長い目で見ると確実に衰退していくのがわかります。
それでもこれだけ長く続けられたのは、日本人がソ連人より働き者だった証拠でしょう。

2019-12-10 21:30 | from 幸福賢者

No title

僕の周りの高齢者は、地方の田舎のせいなのか、年金をもらっているはずなのに労働意欲が衰えていません。
もしかしたら本人たちは趣味の延長でいるのかもしれませんが・・・
今の高齢者が、勤労意欲の衰えない最後の世代なのでしょうか。

2019-12-11 08:42 | from ヨクト

Re: No title

> 僕の周りの高齢者は、地方の田舎のせいなのか、年金をもらっているはずなのに労働意欲が衰えていません。
> もしかしたら本人たちは趣味の延長でいるのかもしれませんが・・・
> 今の高齢者が、勤労意欲の衰えない最後の世代なのでしょうか。

資本主義社会において労働者はお金のために働いていますが、お金だけが理由なわけではありません。
自分が楽しいと思えることであれば、収入に関係なく働くことはあります。
そういう自発的な動機を持った人が多いから、日本はソ連より長持ちしたのかもしれませんね。

人間を動かす動機(欲求)については後日詳しく説明します。

2019-12-11 10:39 | from 幸福賢者

災害が起きたときに生き延びたいという欲望には、公共投資であるインフラ整備、防災投資が必要不可欠だと思うのですが、これを無駄と言うのですか?

2019-12-14 09:36 | from 名無しもほどほどに

Re: タイトルなし

> 災害が起きたときに生き延びたいという欲望には、公共投資であるインフラ整備、防災投資が必要不可欠だと思うのですが、これを無駄と言うのですか?

私はインフラ整備が無駄と言ったことは一度もないのですが、どこからその話が出てきました?
国民の安全を守るのは当たり前のことです。

インフラ整備→適切な予算で確実に実施。防災が確実に実施できたことで評価される。
財政出動→金をばら撒くのが目的。ばらまいた金の量で評価される。

この二つは目的が違うので混同してはいけません。
安全を建前にしてバラマキを肯定するのは詐欺師の手口です。

2019-12-14 10:02 | from 幸福賢者

防災が実施されたとはどの時点で判断するのですか?地震や津波や台風が来たときですか?

減税は財政出動なしでは出来ないと思うのですが、どう考えますか?

2019-12-14 10:49 | from 名無しもほどほどに

Re: タイトルなし

> 防災が実施されたとはどの時点で判断するのですか?地震や津波や台風が来たときですか?

専門家にリスクアセスメントをさせて、それぞれのリスクを低減させるしかない。
どんな自然災害も絶対に防ぐことはできない。
できる範囲でリスクを下げるだけ。

> 減税は財政出動なしでは出来ないと思うのですが、どう考えますか?

高齢者の社会保障のために消費税が使われているのだから、
社会保障を変更するのが筋。

保険とは本来国民が選んで加入するものであり、国家が運営するものではありません。
「全ての国民が全く同じ条件で保険に加入する」という完全に無理な方針の結果、
社会保障は完全に破綻しています。
保険という金融商品に1/2もの税金をつぎ込んでいる国は他にありません。
国民自身が民間保険を選び、自身の健康に責任を持つのが国家が成立する最低条件です。

2019-12-14 11:09 | from 幸福賢者

保険と保障は違いますよ。
社会保障費の増加を理由に増税するのは間違っていますが、それなら財源を税金に求めるのではなく、国債を発行して行えば済む話ではないですか?

2019-12-14 12:19 | from 名無しもほどほどに

Re: タイトルなし

> 保険と保障は違いますよ。
> 社会保障費の増加を理由に増税するのは間違っていますが、それなら財源を税金に求めるのではなく、国債を発行して行えば済む話ではないですか?

人生の保障なんて都合の良いものは最初から存在しません。
あるのは保険。
自分の給付が他人の負担になるという当たり前の現実。

国債を発行して減税を行うのは構わないけれど、本質的には税金を取っているのと変わりません。
通貨を発行した分だけ日本円の価値が下がるので、広く薄く資産課税していることになります。
年金もインフレで実質的に目減りすることになります。

2019-12-14 13:07 | from 幸福賢者

通貨を発行したぶんだけ、その価値が下がるとはどういうことですか?
お金の価値とは何ですか?

2019-12-14 13:54 | from 名無しもほどほどに

Re: タイトルなし

> 通貨を発行したぶんだけ、その価値が下がるとはどういうことですか?
> お金の価値とは何ですか?

お金は現実の労働力や物品を交換するために、それらの価値を反映しているだけに過ぎません。
世の中のお金が増えても実際の労働力や物品の量は変わらないので、
お金の価値は希釈されることになります。

アベノミクスで大量の通貨を供給したために、
日本円の価値は大きく下落しました。
その結果が現在の円安に表れています。
大量の赤字国債を発行すれば再び円安に動き、輸入物価の上昇という形で庶民の負担になるでしょう。

2019-12-14 14:01 | from 幸福賢者

年金で老後が保証されれば、若者は子供を作らなくなります。
健康保険が手厚すぎれば、積極的に病気を治そうとしなくなります。

これの意味がわかりません。

2019-12-15 09:56 | from 名無しもほどほどに

Re: タイトルなし

> 年金で老後が保証されれば、若者は子供を作らなくなります。
> 健康保険が手厚すぎれば、積極的に病気を治そうとしなくなります。
>
> これの意味がわかりません。

そのままですが。

人は他人に頼らないと生きていけないので、自然状態では家庭を持って子供を作り、老後の面倒をみてもらいます。
しかし国家が生活を保障すると家族に頼る必要がなくなり、子供に面倒をみてもらうこともなくなります。
結果的に孤独死する老人が年々増えています。

病気の治療に高額な医療費がかかると知れば、毎日の健康に気を遣って生活するようになります。
保険で治療が受けられるなら、健康に対する意識は下がります。

保険があれば保険料で収入が減った分だけ子供を育てるのが難しくなり、食事や美容の質も下がります。
保険に投資するのではなく、自身の家族や健康へ投資することが大切です。

2019-12-15 12:17 | from 幸福賢者

人は自分の老後の世話をしてもらうために子供をつくるのではないし、社会保障を手厚くすれば老老介護や金銭面などの家族の負担も少なくなります。孤独死などは逆に減るのではないでしょうか?
保険とは、人はいくら気をつけていたとしても、病気や怪我をするので、その時に掛け金以上の保障がされるから入るのだとおもいます。

悪いのは社会保障や保険の制度やシステムではなく、本来政府が支出や投資をするべき分野を財政破綻という嘘を理由に無駄といって切り捨て、その裏で選択と集中で忖度していることだと思います。

日本政府にはインフレ以外の財政制約などないのだから、高齢者も救い。若者も救い。防災、防衛、インフラ、エネルギー安全保障、食料安全保障など、今まで蔑ろにしてきた全てに投資すべきだと思います。忖度も政府も集中もいらない、全てやればいいし、やるべきだと思います。

2019-12-15 17:17 | from 名無しもほどほどに

すみません、最後から二行目、「政府」ではなく、「選択」です。訂正します。

2019-12-15 17:23 | from 名無しもほどほどに

Re: タイトルなし

> 人は自分の老後の世話をしてもらうために子供をつくるのではないし、社会保障を手厚くすれば老老介護や金銭面などの家族の負担も少なくなります。孤独死などは逆に減るのではないでしょうか?

孤独死は増え続けていますよ。
施設に入れば避けられますが、家族との関係はどんどん希薄になっています。

> 保険とは、人はいくら気をつけていたとしても、病気や怪我をするので、その時に掛け金以上の保障がされるから入るのだとおもいます。

そうですね。
だから各自が自分に合った民間保険に入ればいいと思います。

> 悪いのは社会保障や保険の制度やシステムではなく、本来政府が支出や投資をするべき分野を財政破綻という嘘を理由に無駄といって切り捨て、その裏で選択と集中で忖度していることだと思います。
>
> 日本政府にはインフレ以外の財政制約などないのだから、高齢者も救い。若者も救い。防災、防衛、インフラ、エネルギー安全保障、食料安全保障など、今まで蔑ろにしてきた全てに投資すべきだと思います。忖度も政府も集中もいらない、全てやればいいし、やるべきだと思います。

資源には限りがあるので、全てをやることはできません。
日本は少子高齢化が進んでいるのでなおさらです。
誰がそんな膨大な仕事をやってくれるのでしょうか?
お金は仕事をしてくれませんが。

2019-12-15 20:01 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1536-87331e2e