FC2ブログ

マズローの欲求段階説を超える新理論を作ってみた - 貴方を幸福にするFXブログ

マズローの欲求段階説を超える新理論を作ってみた

マズローの欲求段階説より電池の方が大事
電波と電池の方が欲しかった!?

人間の欲求を表すものとして有名なのがマズローの欲求段階説
ピラミッド構造をなすリストで、人間の欲求は一番下から順に段階を追って満たされていくというものでした。

参考⇒マズローの欲求5段階説 経営哲学がないと成功できないのか?

しかし、下記の理由からこのマズロー説も最近間違いではないかと思うようになってきました。

・複数の欲求を同時に持つことはある
・下等な欲求と崇高な欲求に分けるのはおかしい
・下位を満たす前に上位を満たそうとすることもある


「他人より優れていたい」という願望は「美味い物が食いたい」より崇高で、食べた後にしか現れないのでしょうか?
そんなことはないはず。

ピラミッド方式を止めてマレーの欲求リストのように欲求を70種類並べれば、それぞれの項目は対等になります。
けれど、マズローのように各欲求の関係性や心理変化を表すことはできません。

なので、人間の欲求を対等に扱いつつそれぞれの関係を可視化できるグラフを作りました。
(心理学者でもないのに勝手に作るなよ)

これはあなたの人生の目的を教えてくれるグラフなので、ぜひ印刷して壁に貼っておいてください。
特に「自分がなにをしたいのかわからない」という人に見てほしい。
エセ賢者は毎日これを見て、自分の夢や願望を確認しています。

欲求の平面座標

見ての通り中学校の数学で習う座標グラフです。
人間の感情や欲望を、縦軸と横軸のパラメータで分割しています。

縦軸と横軸の意味

縦軸:上は自分に対する欲求、下は他人との関係に対する欲求

横軸:右は現在を維持する欲求、左は状況を変える欲求


人間は自分のことが一番だけど、人間関係も気になる動物です。
自分のことを考えながら他人のことを考えるのは難しいので、この二つはトレードオフになります。

内的⇔外的

また人間は現状を変えたいと思いながら、やっぱりそのままでいたいと考える生き物です。
だからこの二つもトレードオフになります。

維持⇔変化

故にこの二つのパラメータから、あらゆる欲望は4種類に分類されます。

①自分の維持 → 安定欲求

②自分の変化 → 成長欲求

③人間関係の変化 → 優越欲求

④人間関係の維持 → 交友欲求


それぞれの欲求に最も適当な名前を付けていますが、単独の欲求ではなくグループです。
例えばマズローで言う生理欲求や安全欲求はいずれも本人の生命維持に必要なので、①安定欲求の一部になります。

どの欲求を持っているか?

①安定欲求

②成長欲求

③優越欲求

④交友欲求


一見すると血液型のようなタイプ診断に見えますが、あなたがこのどれかに該当するというわけではありません。
人柄やその時の気分によって変動はありますが、誰でも全ての欲求を備えています。

とある戦闘民族サイヤ人の場合

「オラ腹減ったぞ~!」→安定欲求

「修行してもっと強くなるぞ!」→成長欲求

「オラもっとつええ奴と戦いてぇんだ!」→優越欲求

「地球のみんな、オラに元気を分けてくれ!」→交友欲求


オラに金をわけてくれ

あなたの抱いている願望はどれ?

あなたが抱く願望がどんな形だとしても、このグラフのどこかに該当します。
4つの分類のどこかかもしれないし、複数の分類にまたがっているかもしれません。

例えばスポーツは自己鍛錬と競争の側面を併せ持つので、あなたの心持ちによって②成長~③優越のあたりをウロウロすることになります。
マズローのピラミッドの通り自己実現に進むなら、①安定→④交友→③優越→②成長のように時計回りに回っていくことになります。

感情は欲求を確認する重要なパラメータです。
心の中にある気持ちを確認すると、どの領域を見ているのかわかります。

・不安、恐怖→①安定欲求
・興味、関心→②成長欲求
・嫉妬、憎悪→③優越欲求
・愛情、尊敬→④友好欲求


試しに今の自分がやりたいことを考えて、グラフに点を打ってみてください。
その点が上に偏っていれば自分のことばかり考えてて、下に偏っていれば他人のことばかり考えていることになります。
右に偏っていれば現状維持思考で、左に偏っていれば変化を望んでいます。

キスするカップルに嫉妬

欲求の相反性

四種類の欲求はしばしば相反します。
人間は複数の願望を同時に持ちますが、一つの場所に集中すると他が疎かになります。
特にグラフ上で離れているものほど、両立するのが難しくなっています。

安定欲求⇔優越欲求

成長欲求⇔交友欲求


安定と優越は、攻撃と防御
独りで引きこもっていれば安全ですが、他人を打ち負かしていくことはできません。

成長と交友は、孤独と連帯
鍛錬に集中してスキルを身に付ければ突出した存在になれますが、仲間との距離は離れていくことになります。

私達の中には様々な願望が渦巻いていて、このグラフの上を動き続けています。
自分がどこにいるのかがわかれば、叶えようとしているものと逆に遠ざかりつつあるものがわかります。
猫賢者は極端に②成長に偏っているので、いつも④交友がダメになっていると嘆いています。

できればこのグラフを部屋の壁に貼って、道に迷った時に眺めてみてください。

第二話⇒四大欲求の正体 人は何のために生きるのか?

欲求の平面座標

<追伸>
このグラフを世界中に広めたいんですが、何かいい方法はないでしょうか?
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

ぜひ各欲求の細かい説明をお願いします。
ちなみに、もっと細かい分類は不可能でしょうか?もう少しグラデーションのようになる気がしたので。

2019-12-15 22:58 | from ヨクト

Re: No title

> ぜひ各欲求の細かい説明をお願いします。
> ちなみに、もっと細かい分類は不可能でしょうか?もう少しグラデーションのようになる気がしたので。

次回詳しい説明と細かい分類を用意します。
4つの欲求は非常にたくさんの欲求から構成されています。

2019-12-15 23:17 | from 幸福賢者

No title

確かに、マズロー説のような典型的な人物はフィクションにしか出てこない俗物で、実際の人間はもっとアンビバレンツな価値観でもだえ苦しんでいますからね。

2019-12-17 10:30 | from 山中 一人

Re: No title

> 確かに、マズロー説のような典型的な人物はフィクションにしか出てこない俗物で、実際の人間はもっとアンビバレンツな価値観でもだえ苦しんでいますからね。

腹が減ったり、面白いものを見たがったり、波風を立てないようにしたり、他人にマウントを取ったり。
現実の私達は崇高な使命ではなく、陳腐な欲望の中をグルグル回っています。
大層な自己実現より先に自身の関心がどこに向いているかを考えるべきだと思います。

2019-12-17 10:50 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1538-befcd3bc