FC2ブログ

MMTに騙されるな④ ゼロ金利政策は格差を拡大する - 貴方を幸福にするFXブログ

MMTに騙されるな④ ゼロ金利政策は格差を拡大する

定期預金で利子がつく
こんな時代に戻して!

「景気回復にはゼロ金利が必要」→大嘘
「低金利だから日本国債は安全」→国民は貧困


なぜか勘違いますがが、ゼロ金利・マイナス金利政策は格差を拡大する政策です。
異次元緩和の超低金利状態で日本企業は内部留保を増やし、その一方で庶民は収入を削られています。
エセトレーダーもゼロ金利のせいで投資の成績が下がっています。(責任転嫁すんな)

格差を縮小したいと思うなら、ゼロ金利政策を解除しなければいけません。
そもそもゼロ金利政策は不況に対する一時的な措置であり、恒久的に行うような政策ではありません。

金利とは何か?

多くの人は「金利は日銀が決めるもの」と思っていますが、それは社会主義・共産主義の考え方です。
資本主義における金利は企業の利益率を基準に決定されます。

例えば、株式会社の配当は企業と株主が決めています。
上場企業は株式公開によって資金を調達し、それを原資に経営を行っています。

コンビニ経営

経営の結果10%の利潤を得たのなら、その一部が株主への配当として分配されます。
10%を超える利回りが生じることは通常ありません。

このように、金利(利回り)はその企業活動の利潤によって決定されます。
株式・債権・銀行預金などの形で投資した結果の見返りが、金利の本質なのです。
こう考えると、政府と金利は全く関係ないのがわかりますよね。

なぜ預金に金利が付くのかというと、銀行が企業に融資しているからです。
信用創造が行われる現代でも、銀行はあなたの預金を担保にして企業にお金を貸しています。

正確な表現ではありませんが、日本全体の預金が企業の活動資金になっているようなもの。
だから企業の収益性が高くなれば、あなたにも利息として分け前が生じるわけです。
高度経済成長期のように日本経済が拡大すればそれに応じて金利も高くなり、国民の預金も増えていきます。

しかし、近年は経済成長が停滞し、企業の事業拡大も思うように進まなくなってしまいました。
そうなると株や社債の利回りが下がって国債が買われ、長期金利が下がっていくことになります。

さらに悪いことに、日本政府はゼロ金利政策を行い、日本中の金利を極めて低くしてしまいました。
それでも足りないと思った安倍政権は異次元緩和を行い、国債や株式を買い占めて市場に資金を注入しました。

日銀黒田量的緩和比較

金利が低いと、企業の資金調達コストは非常に少なくて済みます。
けれどその一方で、利益率の低い企業も延命できるようになります。
ゾンビ企業が淘汰されないと新陳代謝が起こらず、有望な事業が生まれにくくなります。

日銀が株を買ってくれるおかげで、大企業の資金需要は激減しました。
企業は利益貯め込むようになり、内部留保は過去最大に膨れ上がりました。

外資のモノ言う株主が増えたおかげで一部企業の株式配当は増えましたが、金利がゼロなので一般預金者の取り分は全くなくなりました。
ゼロ金利はあなたが得るはずの利息収入を企業の内部留保に変えてしまったわけです。

大企業の内部留保と民間平均賃金の推移

MMT派は、
「低インフレなら赤字国債を発行しても金利は上がらないから大丈夫」
と喧伝しますが、財政破綻がどうこう言う前に政策の方向からして間違っています。

金利が上がらないのは全く良いことではありません。
低金利は日本経済の衰退か、もしくは利益の分配が正常に行われていないことを表しています。

日本政府の目指す「ゼロ金利+インフレ2%」なんて気が狂っているとしか思えません。
分配せずにインフレだけしたら、国民が貧しくなるだけでしょう。

日本はこれまで1000兆円以上の国債を発行して市場に資金を供給してきましたが、金利はひたすら下がるばかり。
つまり政府支出は経済成長を促さず、むしろ衰退を招いたのだと考えられます。

ケインジアンの言う
「政府支出を増やせば経済が成長する」
はとんでもない詭弁ですね。

金利は経済成長の証拠であり、投資に対するリターンでもあります。
それがマイナスであったり、政府の力でコントロールされる社会は異常です。

金を撒けば勝手に経済が成長すると思っているリフレカルトから、正常な日本と正常な金利を取り戻しましょう。

日銀黒田緩和の悩み

⇒MMTに騙されるな⑤ 政府の支出は国民の負担!
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

みんクレの記事がでてますね。白井元社長の戯れ言が→https://toyokeizai.net/articles/-/321956?page=5
みんクレには投資しませんでしたが、もうちょっとで手を出してしまってたかも知れない案件。投資家保護の為にもこういう輩には天誅を。ご武運お祈りしてます。

2020-01-04 17:28 | from 応援してます。

Re: タイトルなし

> みんクレの記事がでてますね。白井元社長の戯れ言が→https://toyokeizai.net/articles/-/321956?page=5
> みんクレには投資しませんでしたが、もうちょっとで手を出してしまってたかも知れない案件。投資家保護の為にもこういう輩には天誅を。ご武運お祈りしてます。

みんクレについては現在山場。
近いうちに詳しい話をする予定です。
「白石の言い訳」がものすごいので、ぜひ聞いてもらいたいと思います。

2020-01-04 17:56 | from 幸福賢者

No title

金利=信頼では?

実際高金利を出す会社はだいたい業績悪くなるし
fxでも高金利通貨は長期的に見て必ず売られると言われていますし

つまり高い金利を払わなければ金が集まってこないということでしょう
ギリシャの国債みたいに

2020-02-18 01:20 | from 質問者

Re: No title

> 金利=信頼では?

金利は市場が決めるものです。
信頼という曖昧なものではなく、売買の結果で決定されます。
国債の格付けと金利は全く一致していません。

> 実際高金利を出す会社はだいたい業績悪くなるし
> fxでも高金利通貨は長期的に見て必ず売られると言われていますし

高金利通貨はインフレ対策に金利を高く設定しているので、高金利になるのは当たり前です。
別に国家に信頼がないからではありません。
米国(1.75%)が日本やEU、オーストラリア、イギリスより危険ということはありません。
企業もその業績と株主還元、リスクプレミアムを考慮して配当を決めています。

> つまり高い金利を払わなければ金が集まってこないということでしょう
> ギリシャの国債みたいに

金利を決定する要素にはリスクプレミアムが含まれるので、
デフォルトの確率が高くなれば金利が高くなるのはあります。

2020-02-18 09:26 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1546-35338a89