FC2ブログ

みんなのクレジットの真相⑪ 裁判を汚す白石伸生の言い訳 - 貴方を幸福にするFXブログ

みんなのクレジットの真相⑪ 裁判を汚す白石伸生の言い訳


止める女性も痴漢
反省の色がまるでない!

⇒みんなのクレジット事件の真相⑩ レンダータウンはなぜ閉鎖したのか?

みんなのクレジットの行政処分から始まった民事訴訟。
私達投資家が騙し取られた金額は約30億円

複数の弁護士事務所が立ち上がり、みんなのクレジット(スカイキャピタル)に対して損害賠償請求訴訟を行った。
紆余曲折の末に裁判は進行し、とうとう元社長の白石伸生と阿藤豊も証人喚問の場に立つことになった。

融資の90%以上は親会社であるブルーウォールジャパン。
当初はSLの匿名性を利用して複数の企業に分散投資できるように見せかけていたが、実態はグループ企業への横流し。
さらに白石の預金口座への送金やキャッシュバックへの流用などが発覚し、二度の業務停止命令を受けた。

客観的に見れば虚偽の説明を伴う投資詐欺なのは明白。
しかし、白石は決してそれを認めなかった。
30億円を奪ってなお居丈高に開き直る態度は、逆に感心するほどであった。

詳しい話は東洋経済に記載されているので、そちらを参考にしてほしい。

東洋経済⇒「みんクレ」元社長が裁判でぶちまけた恨み節

白石伸夫みんなのクレジット


白石伸生の発言

「私を信じて、日本のフィンテックを信じて投資していただいて、この結果を申し訳なく思う。
一般の投資家に落ち度はない」

「金商法の透明性と貸金業法の匿名性のどっちを信じていいのか、監督官庁の指導が真逆だったので悩んだところがある。
金融庁の政策ミスも指摘してほしい」

「初年度は(融資の)90~95%を親会社などグループ向けで回すけれども、2年目、3年目は70%、50%と落としていく。
3年目にグループ向けが50%になればいいでしょうということで許認可をもらった」

「潔く判決には従いたいが、私たちの子どもたちが投資家からの嫌がらせやストーカー行為を受けている
原告(投資家)だけでなく、私たちの被害を救う裁判にもしてもらいたい」


まとめると、

金融庁にも責任がある!
私も子供も嫌がらせを受けた被害者!


お前は何を言っているんだ

家族に対する嫌がらせやストーカー行為は確かに許されないことだ。
だが、その原因を作ったのは間違いなく白石伸生本人
彼が投資家を裏切らなければ、そもそも事件は起こり得なかったはずだ。

本当に問題を解決したければ、騙し取った金を全額返金して、投資家に謝罪すれば済むこと。
それをせずに自分の被害だけ救ってほしいとは、虫の良すぎる話ではないだろうか?

何より許せないのは、彼が官庁に責任を転嫁したことだ。

親会社への融資は当局も認めていたので、問題はない。
複数の企業に融資を行う予定であるかのように記載をしていたのは当局にも責任がある。

事業が失敗したのも行政処分で信用を失ったのが原因。
それがなければBWJが上場して資金が調達できていた。


これが白石側の主張だ。
なんとも馬鹿げている。

みんなのクレジットはブルーウォールジャパン(テイクオーバーホールディングス)に資金の殆どを貸し付けていたが、募集の際の説明は完全にバラバラで、同一企業に融資しているとはとても思えなかった。

・関東から東海地区までファミリー物件の開発を手がけるハウスメーカー
・関東圏に展開する都内の投資会社

・事業者C
・事業者D
・事業者F
・事業者H


みんなのクレジット不動産投資案件

番号もアルファベットもバラバラ。
名称も「不動産ローンファンド、中小企業支援ファンド、M&Aローンファンド」など、多種多様。
利率、運用期間、募集金額も案件によって全く異なる。

これで同一の会社に融資しているとわかる人がいるだろうか?
故意に表現を変えて、別々の会社・用途に投資しているように見せかけたとしか思えない。

白石は「東京都の指示に従った」と証言したが、東洋経済が東京都貸金業対策課に尋ねたところ、そのような指示をした事実は確認できなかったという。

確かに日本の法律は借り手保護に傾いていて、その匿名性が出資者にとって不利に働いている事実はあるだろう。
みんクレは第二種金融商品取引業の登録業者なのだから、金融庁も蚊帳の外ではいられない。
これはみんクレだけでなく、全てのSL業者とその顧客のために法制度の改善が必要だ。

ソーシャルレンディング投資家が安心して使える仕組みが必要

だが、それはみんクレが行った不正に対する免罪符にはならない。

・虚偽の説明で資金を集めた
・資金をを自分の口座に送金した
・資金をキャッシュバックや利息に流用し、ポンジスキームを行った
・債権を回収せず、3%で債権回収会社に売却した


彼等がSLの匿名性を悪用して資金を集め、投資家に30億円の損失を与えたのは間違いない。
この罪はあまりにも重い。

行政に責任を転嫁する詭弁を許してはならない。
みんなのクレジットの被害者のためにも、これから他業者と係争を行う全てのSL投資家のためにも、絶対に負けられない。

厳正な裁きを。

死刑

⇒ソーシャルレンディングで年利6%を得る方法

世界の信用市場をひとつに、海外投資ならクラウドクレジット





関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

こういう場合「応援してます」で正解ですかね?

もしかしたら今後のクラウドリース(maneo)にも影響ある判決になるかもしれないので、厳正な裁きを僕も期待しています。

2020-01-15 21:52 | from ヨクト

Re: No title

> こういう場合「応援してます」で正解ですかね?
>
> もしかしたら今後のクラウドリース(maneo)にも影響ある判決になるかもしれないので、厳正な裁きを僕も期待しています。

「応援ありがとうございます」
ってことにしときましょう。

きっとどこかの猫が勝訴判決を勝ち取ってくれるでしょう。

2020-01-15 22:22 | from 幸福賢者

No title

プロスペクト理論って、要は…

人の恨みは一生消えない

ってだけなんですよね。
負の感情が増大した結果、どうなるかは…

歴史は繰り返す


ツァラトストラかく語りき

2020-01-15 22:44 | from autotrader

Re: No title

> プロスペクト理論って、要は…
>
> 人の恨みは一生消えない
>
> ってだけなんですよね。
> 負の感情が増大した結果、どうなるかは…
>
> 歴史は繰り返す
>
>
> ツァラトストラかく語りき

恨みを忘れて終わりってわけにはいかないんですよ。
取られたお金は取り返す。
最低でもこれ以上の被害者が出ないようにしないと、何のためにやってきたのかわかりません。

2020-01-15 23:26 | from 幸福賢者

トラックバック

https://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1550-66b6b120